CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 10月9日(土) #24「捜査官の十字架」

Lv9_024ハイウェー脇の砂漠で、男性の射殺体が発見される。その知らせは、病院のERで医師のボランティアをしている最中のラングストンの元にも。術衣を脱いだラングストンは、すぐさま現場へと向かう。
男性は首の後ろを中口径の銃で近射されており、付近には車のタイヤ痕のほか、被害者のものではないスニーカーとブーツの靴跡が。それらの様子から、車を運転していたのは被害者本人であること、車には被害者以外に少なくとも2人の人物が同乗しており、ブーツの人物は徒歩で、スニーカーの人物は出血しながら車で逃走したらしいと分かってくる。

続きを読む >>

2010.10. 9|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 10月2日(土) #23「処刑ライダー」

Lv9_023ハーレーダビッドソンを乗り回すギャング団「ベガス・ブラスターズ」が集うバーで、メンバーらしき男が刺されて死亡する。匿名の通報を受け、現場に急行するCSI。到着が早かったのが幸いし、ライダーたちほぼ全員の身柄を拘束するが、みな“沈黙の掟”を守って何もしゃべらない。これだけの人数がバーにいたなら、間違いなく何人かは犯行を目撃していたはずなのだが…。

続きを読む >>

2010.10. 2|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 9月18日(土) #22「検視官の掟」

Lv9_0223週間で3件の死因不明の死体が出たことを不審に思ったロビンス。キャサリンに同行を頼み、6日前に亡くなった3人目の故人、ブレント・ケリーの母親ダーラを訪ねることにする。外は激しい雨。ロビンスより一足先にケリー家に足を踏み入れるキャサリンだったが、いきなりダーラに襲われて手にかみつかれてしまう。そして、必死に抵抗して銃を構えた瞬間、ダーラは突然倒れてそのまま死んでしまう。

続きを読む >>

2010.9.18|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 9月11日(土) #21「時の過ぎゆくままに」

Lv9_0211991年、2件立て続けに空き巣を働き、3件目で91歳の老人トーマス・ハロットを殴り殺した容疑で有罪判決を受けたジェレミー・ケント。服役して18年になる彼は、独学で法律を学び、この度、再審を請求する。彼の主張は、同房の服役囚による嘘の証言と公選弁護人の裏切りにより、公正な裁判を受ける権利を奪われたというもの。それが判事に認められ、CSIは過去の証拠をすべて洗い直すことになる。91年当時と現在では、証拠の判断基準や提出書類などが大きく異なるためだ。

続きを読む >>

2010.9.11|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 9月4日(土) #20「宇宙船CSI」

Lv9_020SFドラマ「アストロ・クエスト」のコンベンション会場にプライベートでやって来たホッジスは、番組に登場するキャラクター、ヨーマン・マロイのコスプレをしたウェンディに遭遇。2人は、同じ番組のファンということですっかり意気投合する。そんな中、「アストロ・クエスト」のリメイク版「帰って来たアストロ・クエスト」の製作者、ジョナサン・ダンソンの死体が試写会の上映ブースで発見される。死亡推定時刻は昨夜午前0時から3時。金属片が付着した鼻の下にある裂傷は、角張った銀色のものが凶器であることを示していた。

続きを読む >>

2010.9. 4|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 8月28日(土) #19「スカイハイ」

Lv9_019_2スカイダイビングのジャンプスクールを経営するピエールが、ミンクとスカイラーという2人の女性とともに、上空の飛行機から飛び出し、フリーフォールを楽しむ。ところが、ピエールのパラシュートだけが開かず。地上に激突したピエールは、一命を取り留めるものの大ケガを負う。それにしても、ピエールは、これまで1,500回以上のジャンプ経験を積むスカイダイビングのベテラン。装備の安全はしつこいほどチェックしているはずであり、このような事故を起こすとは考えられない。事件性を排除できないことから、CSIが捜査に乗り出す。

続きを読む >>

2010.8.28|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(4)トラックバック(0)

 8月21日(土) #18「オグンのいけにえ」

Lv9_018ルチャ・リブレの試合観戦中に意識が朦朧となり、ふらつきながら会場を出る1人の女性。よろよろと夜道を歩くうち、突如姿を現した覆面の巨漢に襲われ、第3、第4、第5頸椎を砕かれて死亡する。キャサリン、ブラスとともに現場に駆け付けたラングストンは、女性の顔を見て愕然とする。何と、被害女性は、ラングストンが西ラスベガス大学の教授だった時代に彼のもとで犯罪病理学を学んでいた大学院生、シルヴィア・マリックだったのだ! ラングストンの脳裏には、4カ月前、彼女にCSIへの転職を打ち明けた時のことが思い出される…。

続きを読む >>

2010.8.21|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 8月14日(土) #17「コード4」

Lv9_017閑静な住宅街のエルム通りで銃撃戦が発生。自警団の団長で退役軍人のビル・フレンチが犯人たちと撃ち合いの末に射殺され、7歳の少年ジェイソンが流れ弾に当たって命を落とす。目撃者によると、犯人は2人以上で車は濃色のSUV。プリシラ・ハッチャーの家に押し入り、プリシラと彼の息子で西ラスベガス大学に通う秀才のレジー、その従弟フランキーの3人を襲い、その後、銃撃戦を繰り広げたらしい。頭をケガしたプリシラは手当のために病院に運ばれるが、レジーとフランキーの2人は現在行方不明。プリシラによれば、レジーは犯人の男と取っ組み合って窓から外へ出たというが…。

続きを読む >>

2010.8.14|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 8月7日(土) #16「16歳」

Lv9_016

今日はニックの誕生日。メンバーたちが彼にバースデイケーキをお披露目した矢先、パークパインズ・モーテルで刺殺体が見つかったとの連絡が入る。被害者は、モーテルの管理人、ジョーンズ夫妻の娘ヘイリー。ニックが彼女に初めて会ったのは、ちょうど今から1年前。このモーテルで宿泊客の遺体が見つかった時だった。

続きを読む >>

2010.8. 7|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 7月31日(土) #15「目撃者ガレス」

Lv9_015_2

リッチな美術商カーステン・ペニングトンが、ホームパーティーを終えた深夜に自宅のプールで死体となって発見される。一方、モーテルの一室では、ハリウッドからの旅行者ジェナ・マッキンの死体が、カジノに駐車中のレンタカーの中からは、私立探偵のショーン・ヘイガンの死体がそれぞれ見つかる。CSIは、これら3つの事件の捜査を同時進行していく。

続きを読む >>

2010.7.31|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 7月24日(土) #14「チームワーク」

Lv9_014

グリフィン下院議員が、愛人アンバーを射殺した容疑で裁かれることとなり、ラングストンが証言台に立つ。捜査の結果に基づき、議員がアンバーを殺した嫌疑は濃厚と説明するラングストン。そんな中、突然一発の銃声が鳴り響く。法廷前の廊下で、議員の首席補佐官ドミニク・ハンフリーズが拳銃自殺したのだ。彼は、検察側の重要証人。アンバーの死体を発見した議員から連絡を受け、死体遺棄を手伝った人物である。彼は、減刑と引き替えに司法取引に応じており、生前に自身の知る限りを自供していた。その録画が証拠として残っていたため、裁判は審理無効とならずに継続の運びとなる。

続きを読む >>

2010.7.24|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 7月17日(土) #13「さわやかな凶器」

Lv9_013

深夜、ファーストフード店「チュージーズ・チキン」の厨房で、地域マネージャーのボブ・グラハムが床に倒れて死んでいるのが発見される。死因は頚椎離断。店頭の大きなチキンのマスコット人形が倒され、店の窓は大きく割られていた。厨房には、大男のボブのものにしては小さいジーンズが入ったリュックが残されており、従業員の誰かがこっそり店をネグラ代わりに使用しているらしいことも分かってくる。もしや、それをボブにとがめられた従業員による犯行なのだろうか? しかし、従業員なら、合い鍵で店の中に入れるはず。わざわざ大がかりな手で店のガラスをたたき割る必要はない…。

続きを読む >>

2010.7.17|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 7月10日(土) #12「ラ・マンチャの男たち」

Lv9_012

ガソリン・スタンドのトイレで、FBI捜査官のウィリアム・レイ・ハットフォードが凄まじい暴行を受けて死亡。目撃者のコナーは、犯人は超人ハルクのごとき巨漢の男で、血まみれのまま車に乗り込んで立ち去ったと証言する。現場に駆け付けたラングストンとキャサリンは、早速トイレの検証を開始。犯人が引きちぎったハットフォードの片腕や、得体の知れない肉片を発見する。
その後の調べで、肉片は被害者であるハットフォードのものではないと判明。また、ハットフォードはなぜかマイクロピーリングによって指紋を除去していたことも明らかになる。

続きを読む >>

2010.7.10|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 6月26日(土) #11「レベル1」

Lv9_011

グリッソムの勧めに応じて、CSI捜査官への転身を図ったラングストン。シフト勤務の初日となるこの日、ニックとともに窃盗事件の捜査に向かう。被害に遭ったのは、イーストサイドにあるヒリアード家。ガラスが割られ、宝石類やノートパソコン、腕時計などが盗まれているのを、帰宅した主人のヒリアード氏が発見した。ラングストンは早速指紋採取を始めるが、初めての経験で手こずるばかり。ニックは、そんなラングストンに指紋採取のコツを伝授する。

続きを読む >>

2010.6.26|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 6月19日(土) #10「最後の授業[後編]」

Lv9_010連続殺人犯、ネイサン・ハスケルの供述通りの場所で、彼の最初の被害者、ジョエル・スタイナーの白骨死体が発見された。また、その近くには別の男性の死体が…。被害者の身元はジェフリー・マスターズ。死因は絞殺で、死後24時間未満。10カ所の刺し傷は、ハスケルの模倣犯による犯行であることを示していた。

続きを読む >>

2010.6.19|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

 6月12日(土) #9「最後の授業[前編]」

Lv9_009

薄暗い部屋の中。怯える女性の動画を観る男が2人。すると突然、一方の男がもう一方の男を絞め殺す。死体をゴミ袋に入れて車に積むと、男はマウント・チャールストンの森へ。ゴミ袋ごと小川に遺棄された死体は、徐々に腐敗が進行していく…。

場面は変わり、CSIのオフィス。グリッソムはいつものように部下たちに仕事を割り振る。ニックは放火の疑いがある火災、キャサリンはグリーン・ヴァレーで見つかった死体、ライリーはゴミ集積場の不審物。レベル3に昇格してご機嫌のグレッグは、マッカランで発見された盗難車を担当することになる。そして、仕事を終えた後、みんなで朝食をとるという話もまとまり、この日も変わりない1日が始まるかに思われたが…、そこでグリッソムから衝撃的な発言が飛び出す。何と、CSIを去るというのだ。チームのみんなが呆然とする中、マウント・チャールストンで新たな死体が見つかり、グリッソムは現場へと向かう。

続きを読む >>

2010.6.12|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 5月29日(土) #8「今宵、シャトールージュで」

Lv9_008

未来のスター歌手を発掘するオーディション番組「オーバーナイト・センセーション」。プロデューサーのドゥルー・リッチは、決勝のリハーサル会場で参加者のレイラとキップにげきを飛ばす。彼の容赦ない批判に耐えきれなくなったレイラは「もうこんなことできない」と言って会場を飛び出すが、その晩、ウェストサイド地区の高架下で死体となって発見されることに…。レイラはリハーサルを抜けた後、部屋で12時頃に入眠したはずだったが、彼女の目付役は一晩中スロットに明け暮れていたため、本当のところはどうか分からない。

続きを読む >>

2010.5.29|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(4)トラックバック(0)

 5月22日(土) #7「ナタリーの模型」

Lv9_007

ピーター・ロウの自宅で、妻のジャネルの死体と、頭部にひどい裂傷を負った娘ノラが発見される。捜査開始直後に帰宅したピーターは、取り乱して警官に暴行を働き逮捕される。
室内ではイスが倒されており、犯人と被害者が争った可能性も考えられるが、詳細は不明。そんな中、車から見つかった空の薬莢入りの38口径のリボルバーや、発射残渣のテストの結果から、ピーターが最近銃を撃っていることが判明する。ピーターは射撃に行っただけだと弁明するが、それを証明する人物はいない。

続きを読む >>

2010.5.22|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(4)トラックバック(0)

 5月15日(土) #6「K・ドラゴンの息子」

Lv9_006コリアンタウンで男女が射殺される事件が発生。野外パーティの最中で多くの住民たちが集まっていたにも関わらず、誰もが証言を拒む。コリアンタウンに暮らす人々は、言葉の壁がある上に、同胞を守ろうという意識が強いのだ。CSIは、犯人は同じ韓国人だろうと推測する。
程なくして、所持していたIDから、男性の身元は刑務所から今朝出所したばかりのバン・ソンと判明。現場からは血しぶきにまみれた子ども用のサングラスが見つかり、子どもが事件の一部始終を目撃していた可能性が出てくる。グリッソムらは、子どもの行方を追う。

続きを読む >>

2010.5.15|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 5月8日(土) #5「そばにいてほしい」

Lv9_005

雨の降る夜、街はずれのガソリンスタンド跡で男の遺体が発見される。キャサリンは現場でタイヤ痕の保存に奔走。デヴィッドは、死体に手足の指がないこと、両手首の外側に索痕があるのを確認し、死後2~4時間と所見を述べる。グリッソムは、遺体は車に括り付けられていたものの走行途中に落下、犯人が引きずって遺棄したのだろうと推測する。後の検視では、胴体の9カ所に及ぶ刺し傷はいずれも死後のもので、乳輪周囲には穿刺創があり、乳首に腫れが見られることが確認される。

続きを読む >>

2010.5. 8|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 5月1日(土) #4「死神」

Lv9_004

ハロウィーンの前夜。ニックとライリーは、警官の制服を着た酒屋強盗に遭遇。ニックはライリーに応援を呼ぶよう指示し、自分は強盗を追いかける。結局強盗は、逃げ込んだ建物の2階の窓から身を投げてゴミ容器に転落。ライリーは強盗の死亡を確認すると同時に、同じゴミ箱に捨てられている若い女性の死体を発見する。
その後、強盗が着ていた警官の制服は本物と判明。記章を頼りにリノ市警に問い合わせた結果、出張でベガスに来ていたブレイディ巡査が持ち主と判明する。ニックは、ブレイディを署に呼び、なぜ制服が強盗の手に渡ったのか質問。ブレイディは、カジノで声をかけてきた娼婦とホテルの部屋にしけ込み、制服を使ってプレイを楽しんだことを白状し、制服はホテルのクリーニングに出したきり戻ってこなかったと説明する。

続きを読む >>

2010.5. 1|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 4月24日(土) #3「芸術的な死体」

Lv9_003

公園で、ひったくりを捕まえようとしていた男性が若い女性の死体を発見。グリッソム、キャサリンらが現場に駆け付ける。女性はまるで生きているかのように、立ったまま街頭にもたれかかっており、死斑の様子から、この姿勢のまま死んで硬直したらしいと判明。雷に打たれた可能性も考えられるが、詳しい死因は分からない。また、なぜか彼女のバッグの中身は空だったことも明らかに。強盗が目的なら、中身だけをきれいさっぱり抜き取るようなマネをするとは思えず、グリッソムは首をかしげる。

続きを読む >>

2010.4.24|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 4月17日(土) #2「ここにはいられない」

Lv9_002

スプリッグ・グレニジャーという女性が、ビキニ姿で高層マンションのバルコニーから飛び降り、バスの屋根に落下して死亡する。ニックとキャサリンは、彼女が婚約者のブレットと一緒に住んでいる2204号室を捜索。部屋には押し入ったり争ったりした形跡はないこと、スプリッグはブレットとの結婚式を再来週に控えていたこと、今夜はブレットの両親をディナーに招待するべく、スプリッグはポットローストを作っている最中だったことなどを確認する。幸せの絶頂にいるはずの彼女が、なぜ飛び降りを? その後、スプリッグが死の直前に受けた電話が、マンションの向かいの公衆電話からかけられていたことが明らかに。ブレットの話から、スプリッグが結婚式までに痩せようと必死になっていたことや、1万ドルの窃盗に加担したと疑われ、銀行の出納係を解雇されていたことも分かってくる。ブレットは、スプリッグは窃盗を働くような人物ではないと主張するが…。

続きを読む >>

2010.4.17|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 4月10日(土) #1「さらば友よ Part2」

Lv9_001

あやうくルウ・ゲッダ殺害の罪を着せられそうになったウォリック。結局、CSIの捜査により真犯人はダニエル・プリチャード巡査(現在逃亡中)と判明したが、一介のパトロール警官がなぜゲッダのような大物を始末したのか納得がいかないウォリックは、警察上層部に黒幕がいるはずだとにらんでいた。そんなウォリックの存在が邪魔になったのが、ゲッダのスパイとして暗躍し、ついにはウォリックの犯行に見せかけてプリチャードにゲッダを始末させた張本人である副保安官のマッキーン。彼は、非情にもウォリックを銃で射殺し、その後、平然と本部に連絡を入れ、「警官が負傷。犯人は白人男性」と報告する。

続きを読む >>

2010.4.10|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

 「CSI:9 科学捜査班」、いよいよ4月10日(土)スタート!

いよいよ4月10日(土)より、「CSI:9 科学捜査班」の放送がWOWOWでスタートします。
前シーズンの最終回では、ウォリックが撃たれるというショッキングな出来事が! その後の展開が気になる第1話は、無料での放送となります。
そしてWOWOWでは、「CSI:9 科学捜査班」と、同じく4月にスタートする「ミディアム5 霊能者アリソン・デュボア」の放送を記念して、豪華賞品が当たる海外ドラマクイズ・キャンペーンを実施! それぞれのドラマの第1話に関するクイズに全問正解すると、抽選でデジタルカメラなど豪華賞品が当たります。この機会にぜひご応募を!


★クイズ対象ドラマ★  
「CSI:9 科学捜査班」 4月10日(土)よる10:00~
「ミディアム5 霊能者アリソン・デュボア」 4月7日(水)よる11:00~
※いずれも第1話は無料放送!


Photo_6

★賞品★
【1】象印食器洗い乾燥機「ミニでか食洗機」 5名様
【2】Wチャンス! 残念ながら外れてしまってもソーラー電卓 100名様


ご応募はWOWOWキャンペーンサイトから!
※4月10日(土) の「CSI:9 科学捜査班」放送後から応募開始になります。

続きを読む >>

2010.3.29|CSI:9 科学捜査班|コメント(1)トラックバック(0)