CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 11月24日(土) #8「鉄壁のアリバイ」

M10_08連続殺人の疑いがあるエステバン・ナヴァロの監視を、警察とCSIが24時間態勢で続ける中、新たな犠牲者が出る。今回の被害者は、何度か売春での逮捕歴があるヴァネッサ・ティルマン。殺害の手口はニッキーのときとまったく同じで、死亡推定時刻は過去12時間の間。警察とCSIの監視記録が、皮肉にもエステバンのアリバイを裏付けるかたちとなる。

 

続きを読む >>

2012.11.24|CSI:マイアミ5、CSI:マイアミ10|コメント(2)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#24「Yのメッセージ」で使われた曲をご紹介

#24「Yのメッセージ」のエンディングで使われていた曲は、英国人シンガー・ソングライター、マット・ヘイルズのソロ・プロジェクト、Aqualungの"Something to Believe In"。2007年3月にリリースされたアルバム『Memory Man』に収録されています。

2008.3.23|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 3月22日(土) #24「Yのメッセージ」

クラブで朝まで遊んでいたルームメイトのアレクシスとシェリー。アレクシスはバイクの男と帰ることに決め、シェリーは1人でタクシーを拾うことに。その後、帰宅したアレクシスが発見したのは、何者かに刺し殺されたシェリーの姿だった。彼女の胸には、ナイフで刻まれた「Y」の文字が。これは何かのメッセージなのか?
カリーはこの事件の担当刑事ジェイクとともに、アレクシスから事情を聞く。彼女はバイクの男に自宅の住所を教えたが、セックスを拒んだことで彼を怒らせたらしい。男はアレクシスをビーチに置き去りにして帰っていったという。カリーは、バイクの男が投げ捨てたパラソルから指紋を採取。その頃、胸に「Y」の文字を刻む手口の事件が、過去にボストンで3件発生していたことが分かる。

続きを読む >>

2008.3.22|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(6)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#23「彷徨える狼」で使われた曲をご紹介

#23「彷徨える狼」のエンディングで使われていた曲は、ブルックリンを拠点とする4人組バンド The Jealous Girlfriendsの"Carry Me"。この曲が収録されたアルバムはまだ未発売ですが、今年春にも本国で発売予定だとか。
ちなみに、彼らの曲は「グレイズ・アナトミー3」でも2曲フィーチャー。そのうちの1曲、"Something In The Water"は、サウンドトラック『Grey's Anatomy, Vol.3』に収録されています。

2008.3.16|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(1)トラックバック(0)

 3月15日(土) #23「彷徨える狼」

女子大生のシェリーがカージャック犯に襲われ、防犯ビデオの映像がテレビで公開される。その映像の解説を行ったのはウルフ。現在テレビ解説員の職に就いている彼は、専門家然として犯人の顔を鮮明にしてみせる。その直後、ビーチではカージャック犯が遺体となって発見される。自警団を気取った何者かが私的な制裁を加えたのか? 遺体には尿がかけられた痕跡があった。

続きを読む >>

2008.3.15|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(7)トラックバック(0)

 3月8日(土) #22「燃え尽きて」

クレアとブレットのカップルが住む家が火事になり、ブレットは死亡、クレアはプールに飛び込んで一命を取り留める。ドアのガラスは内側に割られており、状況から見て放火の可能性が高い。デルコは、割れたガラスに指紋が付いているのを見つける。
ホレイショは、生き残ったクレアから事情を聞く。彼女によると、元恋人のアンソニーからストーキング行為を受けていたらしい。ホレイショは、さっそくアンソニーを捜しに行き、彼の車を見つけて銃を構える。しかし…そこにいたのはイエリーナだった。現在、私立探偵をしている彼女は、アンソニーの依頼を受けて彼を監視していたらしい。イエリーナは、奇しくもアンソニーのアリバイの証人となる。

続きを読む >>

2008.3. 8|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#21「修羅場」で使われた曲をご紹介

#21「修羅場」の冒頭で使われていた曲は、Kings of Leon "Pistol of Fire"。彼らは米国テネシー州出身の4人組。今回使われた曲は、2004年にリリースされたアルバム『Aha Shake Heartbreak 』に収録されています。

2008.3. 2|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 3月1日(土) #21「修羅場」

離婚が泥沼化したアサートン夫妻が、財産分与をめぐり港で騒ぎを起こす。妻のローリーは、チェーンソーで夫ハンクのヨットを壊そうとし、ハンクはハンクで、それなら自分で沈めるとばかりにヨットに向けて発砲。そこへ、通報を聞いたホレイショたちが駆けつける。アサートン邸の中では、ハンクの専属トレーナー、マンディが死んでいた。

続きを読む >>

2008.3. 1|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#20「セレブのヒミツ」で使われた曲をご紹介

#20「セレブのヒミツ」で、ホレイショとデルコがリハビリ施設を訪れるシーンで使われたのはAmy Winehouse "Rehab"。新人ながらにして、第50回グラミー賞主要4部門すべてを含む6部門でノミネートされていたAmy Winehouseは、先日行われたばかりの授賞式で、主要3部門を含む5部門でグラミー賞を受賞。そんな彼女がブレイクしたきっかけが、この"Rehab"(リハビリの意)です。
「セレブのヒミツ」では、リハビリ施設に入院する有名人がストーリーの中心でしたが、自らもリハビリ施設に入所経験ありのAmy Winehouse。薬物中毒やアルコール依存症などスキャンダルでタブロイド紙を賑わすこともしばしばで、今回のグラミー賞授賞式も、米政府から入国ビザの発給を拒否されて欠席に。その後発給が認められたものの、結局ロンドンから衛星生中継でパフォーマンスを披露しています。

2008.2.24|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(3)トラックバック(0)

 2月23日(土) #20「セレブのヒミツ」

映画の撮影中、スタントに使われた車のトランクから主演俳優ブロディ・ラシターの死体が発見される。トランクの中にクラブの名前が入ったケミカルライトが残されていたことから、前夜、スタントマンのロッドが彼と一緒だったことが判明。ブロディは依存症の治療のためリハビリ施設に入院中だったことも分かる。ロッドは施設の前でブロディと別れた後、車の中で仮眠をとってから帰宅したらしい。

続きを読む >>

2008.2.23|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(4)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#19「黒い手帳」で使われた曲をご紹介

#19「黒い手帳」で、ナタリアがアンナの着衣を調べるシーンで使われていた曲は、Marsmobil "Call me"。2006年リリースのアルバム『Minx』に収録されています。

2008.2.17|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 2月16日(土) #19「黒い手帳」

ホテルで血まみれになって目覚めたアンナ・シヴァーロから、ホレイショに助けを求める電話が入る。現場に向かったホレイショは、ホテル前のビーチで怯えるアンナを発見。部屋には、腹部を刺され頭皮をはがれたダグ・ランシングの死体が残されていた。
ホレイショは前夜の出来事をアンナに尋ねるが、彼女の記憶は断片的でルームサービスが来たことくらいしかはっきりしない。さっそくルームサービスが運んだ食事を調べると、意識と記憶を奪う即効性のある薬物が盛られていたことが判明。アンナの供述とも一致し、これで彼女の容疑は晴れる。

続きを読む >>

2008.2.16|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(7)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#18「仮面の下」で使われた曲をご紹介

#18「仮面の下」の冒頭で使われていた曲は、The Chemical Brothers "Let Forever Be"。1999年にリリースしたアルバム『Surrender』の収録曲です。OASISのNoel Gallagherをフィーチャーしたこの曲は、当時大ヒットを収めています。

2008.2.10|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(3)トラックバック(0)

 2月9日(土) #18「仮面の下」

マイアミ一の不動産開発業者、ドミニク・ウィットフォードの妻アシュリーが主催するパーティーの最中、ドミニクが胸を撃たれて2階のバルコニーから転落。氷のオブジェに体を貫かれて死亡する。
現場に到着したホレイショたちCSIは、さっそく捜査を開始。ドミニクの秘書ジョシュは捜査に協力的で、有力者だったドミニクには多くの敵がいたとホレイショに語る。デルコは2階の部屋を検証し、床に落ちた銃を見つける。さらにデルコは、血痕に証拠マーカーを置いていくが、負傷の後遺症による複視のため同じ血痕に2つマーカーを置いてしまう。ウルフは、離れた場所に別の血痕を見つけ、ラボで鑑定させることにする。そして、デルコのミスに気付き、それをそっと指摘。しかしデルコは、後遺症はないと突っぱねる。

続きを読む >>

2008.2. 9|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#17「マイウェイ」で使われた曲をご紹介

#17「マイウェイ」の後半、ピンク・ベルベット・クラブのストリッパーのダンス・シーンで流れていた曲は、Akon featuring Eminem "Smack That"。Eminemをフィーチャリングしたこの曲は、2006年発表のアルバム『Konvicted』に収録。Akonは、「CSI:6 科学捜査班」#20「クレイジーストリート」で本人出演も果たしていましたね。覚えていらっしゃる方もいるのでは?

2008.2. 3|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 2月2日(土) #17「マイウェイ」

エバグレーズにハンティング・ツアーに訪れたデニス、アンディ、ロブの3人が、ガイドのチャックとともに鬱蒼とした藪をかきわけて進む。間もなく、動物の気配を感じて立ち止まるチャック。姿を現したのは大きなクマで、デニスが襲われて死亡する。
3人のハンターたちのベストには、クマをおびき寄せるためのバニラ・ジェルが塗られていたことから、ジェルを購入したチャックに疑いがかかる。しかし彼は、ツアー客を喜ばせるために近くの木にジェルを塗っただけだという。

続きを読む >>

2008.2. 2|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(1)

 【ミニコラム】#16「クラウリー家の崩壊」で使われた曲をご紹介

#16「クラウリー家の崩壊」のエンディングで流れていた曲は、Paolo Nutini "Rewind"。スコットランド出身の若手シンガー・ソングライター、Paolo Nutiniは、2006年に発表した1stシングル“Last Request”でUKシングル・チャート最高第5位をマーク。デビュー・アルバム『These Streets』はUKアルバム・チャートで初登場第3位を記録し、その後もアルバムは6週間連続でTOP10圏内、3月連続TOP20圏内をキープしてロング・セラーに。今回使われた"Rewind"も、『These Streets』に収録されています。

2008.1.27|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 1月26日(土) #16「クラウリー家の崩壊」

高級住宅地、ココナツグローブにあるモンタヴォ家で、ベビーシッターで16歳のヘザー・クラウリーとモンタヴォ家の息子で12歳のジャスティンが2人で夜を過ごしていた。そこへ突然やってきたのが、隣に住むヘザーの父親エドワード・クラウリー。頭部に傷を負い血だらけで倒れた彼は、そのまま息絶える。
通報を受けて現場に到着したホレイショたちは、モンタヴォ家のプールのそばでヘザーの母であるキンバリー夫人の遺体を発見する。彼女の死因は首の刺し傷。ウルフは現場で、凶器らしき庭道具を発見する。ケガから復帰したデルコは、ヘザーを含む証人たちから事情聴取を行い、ナタリアはクラウリー氏の傷口に付いた虫について調べる。

続きを読む >>

2008.1.26|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(4)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#15「サラバ猛獣よ」で使われた曲をご紹介

#15「サラバ猛獣よ」の序盤、ホレイショたちが入れ代わり立ち代り病床のデルコを見守るシーンで流れていた曲は、Beck "Round the Bend"。この曲は、2002年にリリースされたアルバム『Sea Change』に収録されています。

2008.1.20|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 1月19日(土) #15「サラバ猛獣よ」

クラーボが車のトランクに置き去りにした人質、速記官のキャシーの捜索中に頭を撃たれたデルコは、心停止してすでに11分が経過していた。仲間たちが蘇生を祈る中、医師たちの懸命な処置でなんとか一命を取り留めるデルコ。それを確認したホレイショたちは、さっそく狙撃者の捜索を開始する。
カリーとウルフは事件が起きた駐車場に戻り、狙撃の台として用いられた車を発見する。車の所有者は警備員のスタン。彼は事件現場で犯人らしき男とすれ違ったことを認め、警備員でありながら何もせずに逃げたことを恥じて通報をためらった経緯を説明する。

続きを読む >>

2008.1.19|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(11)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#14「心停止11分」で使われた曲をご紹介

#14「心停止11分」の冒頭で使われたのは、2XL "Rock on"。2XLは、ヒップホップ界の老舗レーベル Tommy Boyからデビューを果たしたヒップホップ・デュオ。なかなかのイケメンの彼らは、弟Laze(レイズ)と兄Royal(ロイヤル)の双子の兄弟。幼い頃、父親は家族のもとを離れ、母親は末期がんと診断。学校からも見放されるという壮絶な生い立ちを持つ彼らは、16歳の若さでその才能を認められてデビュー。敏腕プロデューサーScott Storchのバックアップを受け、アルバム『Neighborhood Rapstar』を昨年リリース。E-40、Ak'sentらも参加したこのアルバムに、今回使われた"Rock on"も収録されています。

2008.1.13|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 1月12日(土) #14「心停止11分」

警察が押収した1年分の武器を積んだトラックが爆破され、乗っていたクランビー捜査官が死亡する。トラックには武器を略奪しようとする者たちが群がり、もう1人の同乗者、ライダー捜査官は男と揉み合いの末、自らの銃で撃ち殺されてしまう。彼の手には、犯人のものと思われる毛髪が残されていた。ホレイショは、この毛髪のDNA鑑定を最優先で処理させることにする。

続きを読む >>

2008.1.12|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

 1月5日(土) #13「熱い砂」

マイアミのビーチで、キューバ人難民の青年が地雷を踏んで死亡する。ホレイショとともに現場に駆けつけたトリップも地雷を踏むが、爆弾処理班の働きにより事なきを得る。現場にはほかにも地雷が埋まっており、爆弾処理班はそれらを爆発させて処理。ウルフとナタリアは、タイヤ痕をたどって防波堤に向かい、双眼鏡のレンズを発見する。
被害者の検死をし、彼がただの難民ではないと見抜いたアレックスは、彼がキャビアやロブスターを食べていたことをカリーに伝える。カリーは署内で非番のデルコに出くわし、事件の状況を話して聞かせる。デルコは、金持ちなら誰かがビーチまで迎えにきたはずだと話し、難民が市民権の申請で頼りにしているバーに行ってみると伝える。そして、さっそくバーでバーテンのロベルトから話を聞いていたデルコは、酔った男が女性を突き飛ばすところを目撃する。仲裁に入って男を殴り倒すデルコ。女性はカルメン、男は彼女の夫ヴィンスだった。

続きを読む >>

2008.1. 5|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

 ホレイショ来日密着レポ「プレミア試写会」編

071218_05 今回は、先日レポートした「ホレイショ来日密着レポ」前編に引き続き、12月18日(火)、東京都新宿区のパークタワーホールで行われた「CSI:マイアミ プレミア試写会」の模様についてレポートいたします。
当日は、生のホレイショ会いたさに集まった多くのファンの前で、自ら舞台挨拶に立ったホレイショ・ケインことデヴィッド・カルーソ。さてその模様は…。

続きを読む >>

2007.12.24|CSI:マイアミ5、お知らせ |コメント(5)トラックバック(1)

 【ミニコラム】#12「愛の残骸」で使われた曲をご紹介

#12「愛の残骸」の冒頭で使われたのは、Eminem, 50 Cent, Lloyd Banks & Cashis "You Don't Know"。昨年リリースされたEminemのレーベル"Shady Records"所属のアーティストによるコンピレーションアルバム『Eminem Presents: The Re-Up』に収録されています。
このアルバムには、Eminem自身がプロデュースを担当する新人のほか、50 CentやObie Trice(「CSI:6 科学捜査班」#20「クレイジーストリート」に出演)、D12、Lloyd Banksらの新曲も収録。"You Don't Know"はこのアルバムからのファースト・シングルです。

2007.12.23|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 12月22日(土) #12「愛の残骸」

ナタリアが運転する車をジェイクが乗るパトカーが追う。スピーカーで呼び止められたナタリアは、車から降りるなり逮捕される。元夫ニックの殺害容疑だ。
場面は8時間前にさかのぼる。ナタリアは、自宅で殺されたベンジャミン・ローズの事件を調べるためローズ邸へ。現場には、清掃員としてニックも来ていた。彼からデートの予定があると聞かされたナタリアは心中穏やかではなかったが、ウルフらと現場検証を行い石版から指紋を採取。ホレイショは、ベンジャミンのズボンに何者かの血液が付着しているのを見つける。

続きを読む >>

2007.12.22|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(6)トラックバック(0)

 ホレイショ来日密着レポ「来日記者会見」編

071218_06 「CSI:マイアミ」の熱血チーフ、ホレイショ・ケインを演じるデヴィッド・カルーソが緊急来日! 12月18日(火)、東京都新宿区のパークタワーホールにて「ホレイショ捜査官来日記者会見」および「CSI:マイアミ プレミア試写会」が開催されました。
当日は、15:00よりプレス向けの「ホレイショ捜査官来日記者会見」、19:00からは「CSI:マイアミ プレミア試写会」がスタート。記者会見には、CSIの大ファンという叶姉妹もスペシャル・ゲストとして登場し、CSIシリーズの中でも最も熱い男ホレイショにふさわしい、華やかなイベントとなりました。今回は、その中から、記者会見での模様をレポートいたします!

続きを読む >>

2007.12.20|CSI:マイアミ5、お知らせ |コメント(3)トラックバック(1)

 速報!ホレイショ来日!

071218_01 ついにホレイショがやってきた!
「CSI」シリーズの中でも最も熱い男、ホレイショ・ケインを演じるデヴィッド・カルーソが緊急来日。12月18日(火)、東京新宿のパークタワーホールにて、来日記者会見とプレミア試写会が開催されました。

ホレイショの魅力はそのままに、ダンディーでチャーミングな一面も見せてくれたデヴィッド。記者会見では、日本の印象や「CSI:マイアミ」の魅力、ご自身が演じるホレイショというキャラクターについて語ってくれました。

続きを読む >>

2007.12.19|CSI:マイアミ5、お知らせ |コメント(10)トラックバック(1)

 12月15日(土) #11「落日のテロリスト」

プロのテロリスト、ソニヤの予審が開かれる。罪状は、ピーター・キンケラの家族誘拐。ホレイショは、原子力発電所爆破を計画したテロ組織アルカーディルと彼女の関係についても証言するが、弁護士タニンジャーは本件と無関係だと主張。結局、司法取引でキンケラの妻子解放に役立つ情報を提供したという理由で、ソニヤの保釈が認められる。
そして、刑務所を出て車に乗り込もうとするソニヤとタニンジャー。ホレイショが遠巻きに見守る中、1台の車が2人に近付き乗っていた射手がタニンジャーを射殺する。車は猛スピードで逃走し、ソニヤもタニンジャーの車で走り去る。

続きを読む >>

2007.12.15|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(8)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#10「非情の戦場」で使われた曲をご紹介

#10「非情の戦場」のエンディング、パトリックの葬儀のシーンで使われていた曲は、Johnny Cash "Like a soldier"。Johnny Cashはアメリカの超有名カントリー、ロック歌手で、2003年に死去するまでに放ったヒット曲は数知れず。ロックの殿堂、ソングライターの殿堂、カントリーの殿堂に殿堂入りしています。

2007.12. 9|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 12月8日(土) #10「非情の戦場」

民間の射撃場で、戦闘の真似事をするマシューとデリック。デリックが狙った最後の標的の裏には、制服姿の男性がいた。彼は海兵隊勧誘担当官のヒックス軍曹。手首には索状痕、遺体の周囲には引きずられた跡があり、銃創に出血が見られないことから、すでに別の場所で死んでいたことが分かる。
ヒックスの検死を行ったアレックスは、彼の鼻腔から白い粉を見つける。この粉の正体は、通称スペシャルKと呼ばれる麻薬で猫用の麻酔剤ケタミン。ヒックスの妻ドナは獣医のため、彼が手に入れることは容易だ。さっそくドナを訪ねるカリーとウルフ。ヒックスは入隊させた兵士の死亡通知を立て続けに受け取り、罪の意識に苛まれていたとドナは語る。彼がケタミンを盗み出した可能性は高い。また、2日前に泥棒が入ったとドナが明かしたことから、カリーたちは不法侵入の形跡も調査することにする。

続きを読む >>

2007.12. 8|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#9「自爆」で使われた曲をご紹介

#9「自爆」の冒頭、コーンスパンが女性たちを寝室に連れ込んだシーンで流れていたのは、UKのエレクトロ・ユニット、Goldfrappの"Strict Machine"。2000年にファースト・アルバム『goldfrapp』を発表。2003年にセカンド・アルバム『Black Cherry』をリリースし、この直後、FUJI ROCK FESTIVAL '03で初来日。2005年にリリースされた『Supernature』はビルボードでも上位に食い込み話題を集めました。今回使われた"Strict Machine"は、2003年に発表されたシングル曲。

2007.12. 2|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(1)トラックバック(0)

 12月1日(土) #9「自爆」

ピーター・キンケラが主催する、美女のチャリティ・オークション。ジョージ・コーンスパンは、ケイティとレベッカという2人の美女を競り落とす。美女とデートの内容は交渉次第。同意があれば性交渉もOKだ。コーンスパンは、キンケラ邸の寝室に2人を連れ込み、バイアグラを飲むためにいったん部屋を出る。そして寝室に戻ると…ケイティの姿はなく、なんとレベッカは刺し殺されていた…。
寝室に残された黒髪を手がかりに、デルコは姿を消していたケイティを見つけ出す。彼女は、コーンスパンに3Pを求められたが応じるつもりはないので逃げたと語る。ホレイショはキンケラに話を聞き、客のリストを用意させる。

続きを読む >>

2007.12. 1|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(6)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#8「監禁の餌食」で使われた曲をご紹介

#8「監禁の餌食」の終盤、ホレイショがアニヤを救出、彼女とナタリアと抱き合うシーンで流れていた曲は、Emily Haines & The Soft Skeleton "Our Hell"。
カナダの人気バンド、MetricのリードシンガーでBroken Social SceneのメンバーでもあるEmily Haines。父親はジャズ詩人Paul Haines。2006年、初のソロアルバム『Knives Don't Have Your Back』をリリースし、"Our Hell"もこのアルバムに収録されています。

2007.11.25|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 11月24日(土) #8「監禁の餌食」

高速道路の料金所で、ある車に同乗していた女性が「殺される」と書かれた血染めの紙幣を手渡す。ホレイショとカリーはさっそく料金所に向かい、紙幣に付着した血痕は人間のものだと確認。カリーは監視カメラの映像を調べるが、ナンバープレートは特殊なシールが貼られていたため判読不能。同乗女性の手首に索痕が見られることと、どこかの駐車券が写っていることだけが手がかりだった。
ホレイショはカリーを現場に残し、別の死体発見現場へと移動する。向かった先は防波堤。被害者はレズリー・アンダーソンで、手首に索痕が見られた。料金所で血染めの紙幣を手渡した謎の女性と同一人物かと思われたが、アレックスの検死により、死後2日以上経過していることが判明。謎の女性とは別人で、2人は同じ犯人に襲われた可能性が強まる。

続きを読む >>

2007.11.24|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(10)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#7「残酷な性」で使われた曲をご紹介

#7「残酷な性」の冒頭、サイドショーのスタートシーンで使われていた曲は、Ludacris "Money Maker"。通算5枚目となるアルバム『Release Therapy』からのファースト・シングルで、Pharrellプロデュース&ゲスト参加のパーティ・チューン。2006年10月から11月にかけて、全米シングル・チャートでも2週連続で1位を獲得しています。

2007.11.18|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 11月17日(土) #7「残酷な性」

改造車で危険な技を見せるイベント「サイドショー」。出場者のデクスターは、サンルーフから身を乗り出したまま疾走する大技(ジャック・イン・ザ・ボックス)を披露している最中、電飾のケーブルにひっかかって首を切断、死亡してしまう。サイドショーが行われているとの通報を受けた警察が現場に到着したときには、観客たちはすでに現場を立ち去った後。現場の状況を見たホレイショは、ただの事故ではないと推測する。
デルコとウルフが詳しく現場を検証していると、マイクというドキュメンタリー監督が撮影の許可を求めにやって来る。デルコはマイクを追い返すが、後にウルフが撮影を許可する。

続きを読む >>

2007.11.17|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(9)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#6「危機一髪」で使われた曲をご紹介

#6「危機一髪」のエンディング、海外へと逃げ延びたダニエルがビーチでくつろぐシーンで使われていた曲は、Chris Isaak "Baby Did a Bad Bad Thing"。1985年のデビュー以来、アメリカのアダルト・ロック界を代表するヴォーカリストであり続けるChris Isaak。今回使われた"Baby Did a Bad Bad Thing"は、スタンリー・キューブリック監督作『アイズ・ワイド・シャット』のテーマ・ソングとして起用されたほか、日本では2003年初頭、SMAP出演のNTT東日本の企業CM「光篇」でも使われていました。

2007.11.11|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(1)トラックバック(0)

 11月10日(土) #6「危機一髪」

アリッサという女性が自宅で殴殺される。第一発見者は彼女の友人ダニエル。部屋でアリッサが倒れているのを発見したが、物音がしたので車を盗んで逃げたと語る。ダニエルが盗んだのはマイアミ・デイド署のおとり車両で、窃盗犯を捕まえるためにわざと放置された車だった。
アリッサはゴルフクラブで頭を殴られたようで、遺体の上には小さな棺が置かれていた。これは、事件から手を引くようにとの脅しなのか? はたまた何かの呪いか? 部屋では本物のヤギの頭をしつらえたサンテリア教の祭壇も発見される。敬虔なカトリック信者であるデルコは、敬意を表するという理由から祭壇には触れようとせず、ウルフがその調査を一任される。やがて、凶器のゴルフクラブは、アリッサの元夫トレヴァーのものと判明するが、彼の犯行を裏付けるだけの証拠はまだ見つからない。

続きを読む >>

2007.11.10|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(11)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#5「悪徳対決」で使われた曲をご紹介

#5「悪徳対決」の冒頭で使われていた曲は、Sebastian "Ross Ross Ross"。Sebastianは、DAFT PUNKのマネージャー PEDRO WINTERが運営する超人気レーベルEd Bangerで、Justiceと肩を並べる看板アーティスト。次世代のダンスミュージック界を担う存在として期待されています。

2007.11. 4|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 11月3日(土) #5「悪徳対決」

コバルト通りの空き家で男の刺殺体が発見される。死後数日経過し遺体は膨満。現場に駆けつけたアレックスは、ウルフの目の前でシリングを刺して遺体のガスを抜く。遺留品から、被害者はブリッジス市会議員と判明。ブリーフケースに付着した皮膚片から、不法侵入や窃盗の犯歴があるゲイリー・ローガンの名前が浮上する。
カリーとナタリアはローガンの家を訪ねて事情を聞くが、ローガンは議員のPDAを盗んだだけだと弁明する。しかし、裏庭には不審な穴が…。カリーたちが中を調べると、そこには死蝋があった。死蝋の形成には数ヶ月かかるのため、これは議員のものではない。では、いったい誰のものなのか?

続きを読む >>

2007.11. 3|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(14)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#4「美しい男たち」で使われた曲をご紹介

#4「美しい男たち」のエンディングで流れていた曲は、Imogen Heap "Hide and Seek"。Imogen Heapは、イギリス・北ロンドン生まれの女性シンガー。今年2月に授賞式が行われた、グラミー賞2007の最優秀新人賞部門へのノミネートは記憶に新しいところ。
10代の時にソロ・アーティストとしてAlmo Soundsと契約した彼女は、1998年、デビュー・アルバム『imegaphone』をリリース(矢井田瞳は、Imogen Heapを敬愛。このアルバムは、矢井田瞳の所属レーベルである青空レコードより2002年に再発されています)。音域、表現力の素晴らしさなどが高く評価され、Bjorkなどと共作経験を持つプロデューサー、Guy Sigsworthとユニット“Frou Frou”を結成するなど活躍。人気ドラマ「The OC」に楽曲提供したことでも認知度を上げ、この"Hide and Seek"は、「The OC」の第2シーズンのファイナル・エピソードでも起用されています。
この曲を含むアルバム『ひとりごと~Speak For Yourself~』は、今年3月、ソニーミュージックから発売になっていますので、ぜひチェックしてみて!

2007.10.28|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 10月27日(土) #4「美しい男たち」

マリーナで、プロペラに巻き込まれた男性の遺体が発見される。検死の結果、男性の死因はプロペラに巻き込まれたことではなく、車に轢かれたことと判明。脚から見つかった部品をもとに、彼を轢いたと思われる黒のベンツが特定される。
さっそく黒のベンツを回収したボブを訪ねるホレイショたち。ボブの話では、車の借主はJAモデルズ社に所属するモデル、ジェイソン。ベンツからは人間の頭皮組織や女性のショーツが見つかり、ドアからはステロイド入りの健康ドリンクが検出される。

続きを読む >>

2007.10.27|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(10)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#3「デスプール100」で使われた曲をご紹介

#3「デスプール100」のエンディング、ホレイショたちがビーチを歩くシーンなどで使われていた曲は、Death Cab For Cutie "Transatlanticism"。Death Cab For Cutieは、シアトル出身のギター・ポップバンドで、バンド名は、ビートルズの映画『マジカル・ミステリー・ツアー』でザ・ボンゾ・ドッグ・ドゥー・ダー・バンドがパフォーマンスした曲名に因んでいるとか。

2007.10.21|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(2)トラックバック(0)

 10月20日(土) #3「デスプール100」

セレブを顧客にする高級宝石デザイナー、ミスター・アイス主催のパーティーに、2人組の強盗が押し入る。銃を撃ちながら次々と宝石を奪う2人。フロリダの名家の御曹司イーサンと、セレブとして有名なダコタ・ハドソンが殺される。
ナタリアが現場で発見したマスクから、強盗の一人はロドリゴ・ガルザと判明。ガルザはイーサンを撃ったことを認めるが、ダコタを撃った犯人は依然不明。もう一人の強盗犯の行方も分からない。

続きを読む >>

2007.10.20|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(12)トラックバック(0)

 【ミニコラム】#2「抹殺された男」で使われた曲をご紹介

#2「抹殺された男」の冒頭シーンで流れていた曲は、スウェーデン出身の5人組、The Sunshineの"Saturday Night"。ヨーロッパでは、彼らの曲"Love"がコカ・コーラのTVCMソングに抜擢。その"Love"が収められたファースト・アルバム『Love』は、2006年に日本でもリリースされました。"Saturday Night"もその中に収録されています。

2007.10.14|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(0)トラックバック(0)

 10月13日(土) #2「抹殺された男」

クリプト・キングスという暴走族のメンバー、ビリー・ゴールトが、マンションのバルコニーで射殺される。現場検証を終えたカリーは車で署に戻ろうとするが、途中で不審車に激突されて車ごと運河に沈んでしまう。命からがら、窓を割って何とか水中から脱出するカリー。証拠品のほとんどは使い物にならなくなるが、ホレイショは「君が無事でよかった」とカリーを励まし、デルコに水中捜査を命じる。

続きを読む >>

2007.10.13|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(12)トラックバック(1)

 【ミニコラム】「CSI:マイアミ5」の日本語版OP曲、END曲は?

「CSI:マイアミ5」のWOWOW日本語版OP曲、END曲は、CSIシリーズでお馴染みのTHE WHOのナンバー。OP曲は"Baby Don't You Do It"、END曲は"Time Is Passing"です。彼らのアルバム『ODDS & SODS』に、どちらの曲も収録されています。ご興味のある方はぜひチェックしてみてください!

2007.10. 7|CSI:マイアミ5、ミニコラム|コメント(1)トラックバック(0)

 10月6日(土) #1「リオの決闘」

ホレイショの妻マリソル殺害の命令を下したアントニオ・リアズ。司法取引の末、ブラジルに送還されることが決まったものの、祖国に戻れば釈放されることは目に見えていた。ホレイショとデルコは、リアズに正しい裁きが下されるのを見届けるため、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロへと飛ぶ。

リオの警察は、案の定、証拠不十分を理由にブラジルに戻ったリアズを釈放。彼の行方を追うホレイショは、スラム街など裏の世界に詳しい弟レイモンドの家を訪れ、イエリーナと再会する。しかし、そこにレイモンドの姿はなかった。レイモンドは家族を守るためにリアズの元で働き深みにはまっていたのだ。成長したレイ・ジュニアはそんなレイモンドを崇拝していた。

続きを読む >>

2007.10. 6|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(15)トラックバック(1)

 WOWOWでデヴィッド・カルーソ主演映画特集!

10月6日(土)より、いよいよ待望の新シーズンの放送がスタートする「CSI:マイアミ5」。WOWOWではその放送直前に、ホレイショを演じるデヴィッド・カルーソ主演映画を大特集!
10月4日(木)午後9:15からは『コールド・ハート』、10月5日(金)午後1:10からは『死の接吻』をオンエア。しかも『コールド・ハート』は、ホレイショの声でお馴染みの石塚運昇さんによる吹替版でお楽しみいただけます! ぜひお見逃しなく!

●『コールド・ハート』(WOWOW映画サイト)
●『死の接吻』(WOWOW映画サイト)

2007.9.22|CSI:マイアミ5、お知らせ |コメント(0)トラックバック(0)

 みんなで盛り上げよう「CSI:マイアミ 100」!!

10月6日(土)午後10:00からいよいよスタートする「CSI:マイアミ5」。この第5シーズン第3話で、「CSI:マイアミ」は通算100話を迎えます。今回WOWOWでは、これを記念して「キャラクターキャッチ」  「100話お祝いコメント」  「CSI:マイアミ ベストエピソード」 を大募集中です。
募集した内容は、放送や番組サイトなどで紹介されるほか、抽選で100名様にCSIグッズが当たります。


■キャラクターキャッチ大募集!!
日本語版オープニング時の「キャラクターキャッチ」を投稿しよう!あなたのキャッチが放送で使われるチャンス!
【応募締切:9月30日(日)】

■100話お祝いコメント大募集!!
通算100話を迎える「CSI:マイアミ」へ“おめでとう!”のメッセージを!
【応募締切:10月28日(日)】

■あなたが選ぶ「CSI:マイアミ」ベストエピソード投票!!
「CSI:マイアミ」第1~第4シーズンで、あなたが一番好きなエピソードは?
【応募締切:10月5日(金)】

詳しくはWOWOWのホームページで

2007.8.20|CSI:マイアミ5、お知らせ |コメント(3)トラックバック(0)