CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 ブログ引越しのお知らせ

「CSI:14 科学捜査班」が10/4(土)スタート!

第14シーズンからはブログをこちらに変更することになりました。
今まで同様、放送終了後に毎週更新します!
引き続きチェックをお願いします!

新ブログをチェック >>

2014.10. 8|CSI:13 科学捜査班|コメント(0)トラックバック(0)

 9月6日(土) #22「地獄の9つの円」(原題:Skin in the Game)

Lv13_22サヴォア・マガジンの取材を受けることになったCSI。記者のジョン・マチストンがチームへの密着を始めた矢先、変死体発見の一報が入る。現場はポルノスタジオ。モーテルの一室を思わせるセットのベッドの上に、新品の下着を身に着けた女性のミイラ化遺体が遺棄されていた。鑑識に訪れたフィンとニックは、ページがくり抜かれた聖書の中に木工細工を発見。ニックがそれを開けると、中からクモが出てくる。これは犯人からのメッセージだろうか?

続きを読む >>

2014.9. 6|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 8月23日(土) #20「イーグルの翼」(原題:Fearless)

Lv13_20アラン・クインが主催するマインドフォース・セミナーの会場である美しいスパ・リゾートの泥湯温泉で、ホッジスの婚約者エリザベッタと同行の男性が遺体を発見する。知らせを受けたホッジスも現場へ。エリザベッタは、「一緒にいたのは兄のサント。彼と苗字が違うのは自分がかつて結婚していたことがあり、離婚後に苗字を戻さなかったから」と説明する。

続きを読む >>

2014.8.23|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 8月16日(土) #19「普通じゃない愛情」(原題:Backfire)

Lv13_19住宅地にあるグッドウィン家で、住人のスティーヴン・グッドウィンと、その友人と思われるJ・D・キーシー、デューク・ギブンズの3人が、ドラッグでハイになっていたところを何者かに撲殺される。通報したのは、6歳の少女モリー。叔父のスティーヴンと母親のグレースとこの家に同居していたが、グレースの姿は見当たらない。どうやら、彼女は自分の車に乗せられ、犯人によって連れ去られたようだ。CSIチームが現場で鑑識を進める中、グレースとスティーヴンに家を貸していたという彼らの祖母でモリーの曾祖母のアグネスがやって来る。彼女は思いもよらぬ出来事に狼狽しながら「モリーの父親はイラクで命を落とした」と話すと、自分の息子でスティーヴンとグレースの父親であるブルースに急いで連絡を取る。

続きを読む >>

2014.8.16|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 8月9日(土) #18「アンダーグラウンド」(原題:Sheltered)

Lv13_18高架下に両手を切断された青年の遺体が遺棄されているのが見つかる。IDは所持しておらず、切り離された両手も残されていないことから身元確認は難航。そんな中、被害者が膝に装着していたニーブレースの発注者がディラン・トリッグと判明。彼がニーブレースを貸した友人のカール・エイブラムズが被害者と確認される。ディランいわく、カールはコーヴァルリッジ保護区の鉱山地帯でよくキャンプしていたとのこと。本来なら、この週末もキャンプに出かける予定だったことが分かる。

続きを読む >>

2014.8. 9|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 8月2日(土) #17「15年後の女王」(原題:Dead of the Class)

Lv13_17出産間近の妻エイミーを家に残し、セージブラッシュ高校98年卒業組の同窓会に出席したデヴィッド。当時内向的だった彼は、話し相手もなく手持ち無沙汰。悲惨だった高校生活に逆戻りした気分を味わう中、演出用のシャボン玉が赤いことに気付く。不審に思ったデヴィッドは、バブルマシンのチューブをたどって用具室へ。そこで、血で赤く染まったシャボン液が入ったトレイと、今回の同窓会の幹事、ベッカ・セービンの刺殺体を発見する。ベッカは、かつての学園クイーンで現在はセレブ妻。そんな彼女に起きた悲劇にデヴィッドは衝撃を受ける。

続きを読む >>

2014.8. 2|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 7月26日(土) #16「ポーカーフェイス」(原題:Last Woman Standing)

Lv13_16ポーカーの世界大会パレルモ・ポーカー クラシックの準決勝の夜、この試合に敗れた97年度のパレルモ・ポーカー クラシックのチャンピオン、ピーター・コウが、自宅マンションのエレベーターで何者かに喉を裂かれて死亡する。エレベーターの扉から出入り不可能な数秒間のうちに犯行が行われたと見られたが、エレベーターの天井ハッチには人が出入りした形跡はなく、凶器も見当たらない。死因は、頸動脈と頸静脈を切断されたことによる大量失血。傷口からは何らかの残渣、着衣からは粉末が採取される。

続きを読む >>

2014.7.26|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 7月19日(土) #15「孤独な誕生日」(原題:Forget Me Not)

Lv13_15この日はサラの誕生日。ドレスアップした彼女は一人、ホテルのレストランにいた。待ちぼうけを食らっているのか、はたまた元々一人なのか。寂しげな様子の彼女のテーブルに誕生日ケーキが運ばれてくる。差し入れたのは謎の男。サラは彼と一緒に食事をし、その後ホテルの彼の部屋に立ち寄る。
翌日、サラはホテルにやって来たグレッグと出くわす。18階の部屋で刺殺体が発見されたのだ。グレッグと一緒にその現場に付いて行ったサラは、被害者を見て驚く。昨晩の男だ。IDによると、男の身元はテイラー・ワイナード。サラはすぐにラッセルを捕まえると、夕べテイラーの部屋に行ったが、彼とは何もなかったと事情を説明する。しかし、ベガス市警署員たちの中には、サラがグリッソムを裏切り不倫していたと疑いを持つ者も少なくなかった。

続きを読む >>

2014.7.19|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 7月12日(土) #14「ラ・シーヤ 拷問」(原題:Exile)

Lv13_14ルンバソン・クラブの控え室で、ベガスでのデビューが決まっているキューバの人気歌手シルバナ・クエルトの姉マルタの惨殺死体が見つかる。ほかの場所で殺害されてから運び込まれたようだ。シルバナのポスターが飾られた額の裏には、「シルバナ、次はお前だ」という脅迫文も残されていた。
ラッセルは、マネージャーのアントニオとともに姉の死体を発見したシルバナに事情を聞く。彼女によると、最後にマルタに会ったのは昨日とのこと。まるで分身を失ったようだと、シルバナは姉の悲劇を嘆く。アントニオは、自身がシルバナを無事キューバに連れ戻すため派遣された政府関係者であることを認めると、シルバナが亡命キューバ人から度重なる脅迫を受けていたことに触れ、亡命キューバ人コミュニティーのリーダー格であるエディ・サントスにいつも見張られていたと供述する。

続きを読む >>

2014.7.12|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 7月5日(土) CSI:13×CSI:NY9合同捜査スペシャル #15「ニューヨークからの来訪者/ラスベガスからの追跡者」(原題:In Vino Veritas/Seth and Apep)

Lv13_13【ニューヨークからの来訪者:ワイン殺人事件】
顔面を撃たれワイン樽に詰められたタキシード姿の男性の死体が深夜の空き地で発見され、サラ、グレッグ、モーガンらが捜査にあたる。胃の内容物に含まれたクジラの寿司から、被害者は競売人アルバート・ヴォーゲルの屋敷で催されたワイン・オークションに参加していた世界的なワイン・コレクター、ジャック・ダヴァーリと判明。ヴォーゲル邸を訪ねたサラとブラスは、ワイン1本が金塊並みの値段で取引されていると使用人のトムから聞いて驚かされる。ヴォーゲルによると、事件の夜、ジャックは世界に600本しか現存しない世紀のヴィンテージワイン、シャトー・ラテール36年を1ケース出品したとのこと。製造元ワイナリーの当主、マーク・ラテールは「20万ドルで買い戻したい」と申し出ていたようだが、ジャックはそれを断って出品し、結局ラテール36年は100万ドルで落札されたという。

続きを読む >>

2014.7. 5|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 6月28日(土) #12「悪夢のセミファイナル」(原題:Double Fault)

Lv13_12女子プロテニス・トーナメント・ツアーのセミファイナルで格上のタラ・ジャンセンを破り、決勝進出を果たした期待の若手選手クローディア・ウェバー。試合後、彼女の無残な遺体が深夜の練習コートのボールマシンの中から見つかる。夫でありコーチでもあるアイヴァンと、たった一人の家族を失った父サイモンはショックを隠せない。

続きを読む >>

2014.6.28|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 6月21日(土) #11「殺しの生中継」(原題:Dead Air)

Lv13_11嵐の夜、KVKCニュース放送局の生放送中に停電が発生。自家発電が作動するまでの20秒間の間に、業界きってのアンカーウーマンのテレサ・シェーが殺害されるというショッキングな事件が発生する。テレサの死因は、後頭骨のすぐ下を刺されたことによる脳幹切断。急所を一突きにされていた。ラッセルとヴァルタンは、スタジオの目の前にある調整室にいたプロデューサーのフレッド・ポールセンに話を聞く。彼によると、テレサは気難しい性格で、多くのスタッフから嫌われていたとのこと。犯行時にテレサの近くにいたのは、気象情報担当のレイニー、テレサの助手のチャド、そして照明&IT係のデニーの3人であることを確認する。

続きを読む >>

2014.6.21|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 6月14日(土) #10「恐怖のフライト」(原題:Risky Business Class)

Lv13_10ベガスを飛び立って18分後、無線で緊急事態を告げて引き返したチャーター機が、メディテレニアンのカジノタワーに突っ込みそうになりながらベガス市街地の公園に墜落、炎上する。CSIのメンバーは、NTSB(国家運輸安全委員会)のダグ・ウィルソン調査官と捜査にあたることに。サンフランシスコのラボにいた時代、ともに墜落事故を担当したことがあるサラは、彼と久しぶりの再会を果たす。
やがて、コクピットから男性1名、客室から男性2名、女性1名の遺体の一部が回収される。コックピットの男性はおそらくパイロットのキース・マンハイム。ニックとフィンは、LVNチャーター社をキースと共同経営し、私生活でもキースのパートナーだったダルトン・バークを訪ねて事情を聞く。彼によると、キースは単独飛行のはずだったというが……。

続きを読む >>

2014.6.14|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 6月7日(土) #9「警部の指輪」(原題:Strip Maul)

Lv13_09パトロール・チームに協力することになったCSI。ニックは刑事への昇格が決まった警官のクロフォードと組み、他人のデビットカードを持っていた売春婦チャスティティ、麻薬ディーラーのエイドリアン・ディナンらを次々と逮捕していく。
そんな矢先、カジノの前で生首を振り回している男がいるとの通報が。ニックやサラが駆け付けると、若い男マルコが「パパの首だ」と血まみれの生首を振り回しており、周囲は騒然としていた。しかし、結果的に生首は作り物と分かる。マルコは、彼女のリディアに一部始終をビデオカメラで撮影させ、それをネットに拡散して人気動画にするつもりだったのだ。その騒ぎの直後、ニックは通りに止まっている車の中に射殺死体を見つける。

続きを読む >>

2014.6. 7|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 5月31日(土) #8「燃える女フィン」(原題:CSI on Fire)

Lv13_08砂漠に埋められていた8人の女性の遺体。フィンは、その一人が身に着けていたペンダントを見て驚愕する。2年前、シアトルで行方不明になったジャネット・ウォレンのペンダントと同じものだったのだ。フィンは、その遺体がジャネットであり、当時の被疑者でシアトルの権力者の息子トム・クーリーが犯人だと確信。ほか7名の女性もクーリーが殺害したに違いないと断言する。ラッセルは、当時の捜査で暴走してクーリーのDNAを違法に入手、そのせいで解雇されたことを忘れるなとフィンに釘を刺すが……。

続きを読む >>

2014.5.31|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 5月24日(土) #7「ウォリック・ブラウンの墓」(原題:Fallen Angels)

Lv13_07

元副保安官のマッキーンよって殺害された元CSI捜査官ウォリック・ブラウンの墓前で、近くの教会の牧師、リック・レンケンの死体が発見される。死亡推定時刻は深夜0時。死因は頭部への被弾だった。ウォリックがかつて住んでいたこのあたりは、地元ギャングの親玉アーロン・ヴォスが牛耳る治安の悪いスラム街。何らかの発砲事件の流れ弾に当たった可能性も考えられる。ブラスとニックは署にアーロン・ヴォスを呼んで事情を聞くが、彼は高慢な態度で「何も知らない」と言い放つ。

続きを読む >>

2014.5.24|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 5月17日(土) #6「傷心」(原題:Pick and Roll)

Lv13_06

ラッセルの息子チャーリーが所属する西ラスベガス大のバスケチームのコーチ、トム・バーンズの撲殺死体が体育館のシャワールームで発見される。実は前日、チャーリーはバーンズから激しく叱責されコートから追い出されていた。しかし、チャーリーは事情を聞きにきたラッセルにこのことは言わず、コーチが大学を支援する資産家のオックスフォードと口論しているのを見たと供述する。ラッセルとブラスはオックスフォードを署に呼んで尋問。「大金を投資している大学の評判を損ねるような真似はしない」と、オックスフォードは事件への関与を否定するが……。

続きを読む >>

2014.5.17|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 5月10日(土) #5「相棒」(原題:Play Dead)

Lv13_05

高級住宅地で離婚弁護士のバリー・スローンが何者かに射殺され、フィンとモーガンが捜査にあたる。近隣に住む通報者のヤングによると、バリーに恨みを持つ者は多く、近所でも迷惑がられていたとのこと。別の隣人で老女のマージョリーは「バリーとは友達だった」と言い、彼を悪く言うヤングを非難するが……。

続きを読む >>

2014.5.10|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 5月3日(土) #4「シナトラの亡霊」(原題:It Was a Very Good Year)

Lv13_04

砂漠の真ん中、グランドピアノの中に遺棄された女性の刺殺体……。ブラス、ラッセルとともに現場に出向き被害者の顔を見たグレッグは愕然とする。彼女は、2年前にベガス・マフィアの歴史本を出版した際に協力してくれた音楽ジャーナリストのアリソンだったのだ。グレッグは、捜査に合流したモーガンとともに不透明な破片や黒い糸状の微物などをグランドピアノの鍵盤の間から採取。その後、モーガンにだけ秘密を打ち明ける。アリソンは、1週間という短い期間ではあったものの親密な時間を過ごした相手だ、と。

続きを読む >>

2014.5. 3|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 4月26日(土) #3「怯えた花」(原題:Wild Flowers)

Lv13_03

レイブ会場で発砲事件が起こり、少女一人が犠牲になる。身元が分かる物は身に着けておらず、手足には拘束具の痕が。目撃証言では連れの少女がいたとのことだが、その少女の行方はつかめない。ラッセルは、被害少女のサンダルに砂漠地帯特有のキノコが付着しているのを見つける。モーガンは、銃弾で穴が開いて吹っ飛んだ亜酸化窒素のタンクを発見。そのタンクに当たってケガをしたというアマンダに事情を聞く。彼女は医者の卵。ただ踊りたくてレイブに来ただけで、少女が撃たれるところは見ていないというが……。

続きを読む >>

2014.4.26|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(4)トラックバック(0)

 4月19日(土) #2「皆殺しのダイナー」(原題:Code Blue Plate Special)

Lv13_02

ある晩、ニック、サラ、グレッグは、ベガス署員行きつけのダイナーに食事に向かう。
兄のヴィンセントと弟のオーウェンが、亡き父フランクから継いで共同経営している店だ。店の前には、「ドアが勝手に閉まって保冷庫に閉じ込められた」とヴィンセントから通報を受けたエイカーズら警官もいた。一同は一緒に店の中へ。そこで、まさかの惨状を目の当たりにする。店内で8名が射殺されていたのだ。保冷倉庫から出てきたヴィンセントは、「こんなことありえない」と激しく動揺する。

続きを読む >>

2014.4.19|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 4月12日(土) #1「カルマの決着」(原題:Karma to Burn)

Lv13_01

ウォリックを殺害した罪で終身刑となった元副保安官のマッキーン。逮捕後も刑務所内から手下を動かして裏社会を牛耳っていた。しかし、殺人事件の捜査の過程でエクリーによって息子を射殺され、その恨みからエクリーの銃撃およびラッセルの幼い孫娘ケイティの誘拐を手下に実行させた。その頃、刑事のモレノの相棒クレンショーとバーにいたフィンも、エクリーとケイティの件を知る。クレンショーの態度から、彼もマッキーンの仲間だと直感したフィンは、モレノにメールを送信した上で、あえてクレンショーの誘いに応じてバーを出る。

続きを読む >>

2014.4.12|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 「CSI:13 科学捜査班」4月12月(土)スタート!

世界中でロングランヒットを続ける犯罪捜査ドラマ「CSI:科学捜査班」。
4/12(土)より第13シーズンの放送がいよいよスタートします。
前シーズンからラッセル主任、ジュリーら新メンバーが加わり、よりパワーアップしたCSIの活躍をお見逃しなく!


また、4/14(月)~18(金)に前シーズンの一挙放送も行います。
この機会に「CSI:12 科学捜査班」を振り返ろう!
スケジュールはこちら >>

2014.3.28|CSI:13 科学捜査班|コメント(0)トラックバック(0)