CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 2月16日(土) #18「さようならマイアミ・ファミリー[後編]」(原題:Habeas Corpse)

M10_19顔を殴られ、ジョシュのアパートで意識を取り戻したウルフ。目の前には、ジョシュの死体があった。そもそも、なぜウルフがジョシュのアパートに? 話は前夜にさかのぼる。
その夜、とあるクラブで仲間たちと一緒だったウルフ。証拠の薬莢をすり替えた犯人はジョシュだと断言し、彼を追及する決意をみんなに表明していた。ナタリアは、ジョシュの恋人であるサマンサもグルではないかと意見し、それをサマンサ本人に聞かれてしまう。サマンサは自分が疑われていることに憤慨してその場を立ち去る。そして、彼女の後を追うようにクラブを出たウルフは、真相を突き止めようとサマンサの制止を無視して一人ジョシュのアパートへ。そこで、薬莢をすり替えたのはサマンサだと言い逃れをするジョシュともみ合いになり、最終的には殴られて気を失った。その間に、何者かがやって来て彼を殺害したのだ。駆けつけたCSIの捜査により、凶器はワインボトルで、ジョシュの死因は鈍器損傷と分かる。

続きを読む >>

2013.2.16|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(9)トラックバック(0)

 2月9日(土) #18「さようならマイアミ・ファミリー[前編]」(原題:Law & Disorder)

M10_18とあるクラブ前で女性が車に轢かれる。CSIが現場に駆けつけた時には、すでに女性は息絶えており、死体を見たローマンは、神経ガスによる毒殺が死因で、車に轢かれる前に死んでいたはずだと指摘。クラブの中で毒をもられたと見たCSIは、クラブを封鎖して客や従業員たちから聞き込みをする。そして、女性がフラフラしながらトイレから出てきたという情報を得たカリーとデルコは、トイレを捜索。ゴミ箱に死んだ女性のバッグを見つける。IDによると、身元はデニース・ベインズ。液体サリンが仕込まれた目薬をさしたせいで死んだと分かる。

続きを読む >>

2013.2. 9|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 2月2日(土) #17「シャワールームの魔物」(原題:At Risk)

M10_17有名テニススクールの名コーチ、ラリー・ホッパーが、ロッカールームに閉じ込められ、中に放たれていた野犬に襲われる。彼の「助けてくれ!」という声を聞きつけ、スクールのメンテナンス・マネージャー、ロス・へメットがドアにかけられたラケットのかんぬきを抜いて助けに入るが、逆に彼の方が野犬に噛み殺されてしまう。状況から見て、犯人のターゲットはコーチで、ロスは巻き添えになった可能性が高い。

続きを読む >>

2013.2. 2|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 1月26日(土) #16「般若降臨」(原題:Rest in Pieces)

M10_16何者かの手でビーチに生き埋めにされた男性が自力で脱出、保護される。男性の身元はカーク・アームストロング。彼は、ずっとチェルシーという名前を呼び続けており、程なくしてビーチに埋められたチェルシー・バートレットの遺体が見つかる。彼女はまだ19歳。両眼がくりぬかれているところを見ると、エステバンの手口だ。現場のビーチもナヴァロ家の私有地であることから、CSIはエステバンの逮捕に向けて捜査を急ぐが、そこにエステバンの祖母でディエゴの母であるヴィーナ・ナヴァロが、自家用ヘリで25年ぶりに姿を現す。彼女は、孫が犯人なら逮捕はいとわないと捜査に協力する姿勢を見せると、エステバンを署に連れて行くことに応じる。

続きを読む >>

2013.1.26|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 1月19日(土) #15「残念な聖人君子」(原題:No Good Deed)

M10_15パドルボードをしていた40代の男性ヘンリー・ダンカンが、死体となって海辺に打ち上げられる。傷から見て、何者かにわざとボートで衝突され、殺された可能性が高い。

 

やがて、ディラン・ペレスという男性が盗難届を出していたボートが、ヘンリーの殺害に使われたことが分かる。ボートのハンドルにはバイク用のエンジンオイルが付着していたが、ペレスいわく「盗まれる前は付いていなかった」とのこと。ヘンリーの息子でモトクロス・チャンピオンのショーンが容疑者に浮上する。カリーとデルコは、さっそくヘンリーの自宅へ。ショーンに父の死を知らせるとともに、先週、大きなレースでヘンリーと口論した後に棄権した理由を尋ねる。自分が疑われていると気付いたショーンは、大いに憤慨。厳格過ぎる父親とうまくいっていなかったことは認めるが、殺害については強く否定し、父親とトラブルになっていた隣人のコニー・ジェイデンが怪しいと訴える。

続きを読む >>

2013.1.19|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 1月12日(土) #14「美しき性悪女たち」(原題:Last Straw)

M10_14鞍に血の付いた馬が走り回っているとの通報を受け、現場に駆けつけたCSI。馬の扱いに慣れているカリーが馬をなだめる間、ウルフは周辺を捜索。馬の乗り手と見られる30代とおぼしき女性の死体を発見する。どうやら、殴られた上、馬にロープで引かれる格好で首を吊られたようだ。状況から見て、恨みがある者の犯行の可能性は高い。

続きを読む >>

2013.1.12|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 1月5日(土) #13「100人の我が子」(原題:Terminal Velocity)

M10_13スカイダイビング中の事故で、ケヴィン・ラムジーという男性が道路に叩きつけられて死亡する。事故の原因は、硝酸が仕込まれていたことによるパラシュートのロープの損傷。ケヴィンの高度計が3千フィートも高く誤設定されていたことも判明する。ウルフとナタリアは、高度計の設定義務を負うパイロットのアーニーに事情を聞くことに。アーニーは、燃料節約のため意図的に誤設定したことを認めるが、パラシュートには触っていないと主張し、一昨日、ケヴィンの車が壊されたことに言及する。デルコとウォルターはケヴィンの家へ。壊された車に、何者かの皮膚片が付着しているのを見つける。

続きを読む >>

2013.1. 5|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 12月22日(土) #12「知能化弾」(原題:Friendly Fire)

M10_12スマートフォンの開発を手がけるソラマージ社のCEO、マシュー・ストーンが自宅ペントハウスの屋上で射殺される。ストーンは、スティーヴ・ジョブズより影響力が大きいとされる人物。末期ガンに冒されていて余命幾ばくもなかった。そんな彼を、一体誰が殺したのか? 銃創に火薬輪がないところを見ると遠射だが、周囲にはマシューのペントハウスを狙えるような場所がなく弾道が分からない。

続きを読む >>

2012.12.22|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

 12月15日(土) #11「地獄へ堕ちろ」(原題:Crowned)

M10_11ホテルで美少女コンテストが開催される。この日はコンテストの二日目で次は水着審査。ところが、出場者の一人で優勝候補である6才のメルローズが姿を見せない。ホテルの部屋まで彼女を呼びに行ったスタッフは、顔面にティアラが突き刺さった状態で倒れて死んでいるメルローズの母親のスザンヌをベッド脇に発見する。メルローズはバスルームに隠れていたらしく、何を目にしたのかは分からない。後の調べで、ティアラは前のコンテストでメルローズが勝ち取ったもので、娘を鼓舞するためにスザンヌが自ら持参したものと分かる。

続きを読む >>

2012.12.15|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 WOWOW公式サイトで吹替キャスト座談会の様子を公開中!

現在放送中の第10シーズンにて惜しまれながら終了する「CSI:マイアミ」。現在、WOWOWの「CSI:マイアミ」公式サイトでは、吹替版の制作現場で開催された、ディレクターの本吉伊都子さん、そして吹替キャストのみなさんによる座談会の模様を公開中です!
ここでしか聞けない裏話ももりだくさん。

今すぐチェックしてください!   

 

■WOWOW「CSI:マイアミ」公式サイト インタビューページ

2012.12.10|CSI:マイアミ10、お知らせ |コメント(0)トラックバック(0)

 12月8日(土) #10「裏庭」(原題:Long Gone)

M10_10とある住宅地。ノーラン家から外に水が流れ出ているという隣人からの通報を受け、CSIはノーラン家に踏み込む。中には誰もおらず、家人は朝食を作りかけだったのか、キッチンの水道が出しっ放しでシンクから水があふれ出ていた。忽然と消えた家族……。おそらく何者かが一家を拉致したのだろう。
隣人の話から、ノーラン家で暮らしているのは家主のアンドリューと妻のキャロル、息子のボビーと判明。娘のオリヴィアは一人暮らしで、週に何度かノーラン家を訪れていることが分かってくる。カリーとトリップ、巡査のデラレンゾは、さっそくオリヴィアのアパートへ。そこにオリヴィアの姿はなかったが、彼女のボーイフレンドだという男がいた。しかしデラレンゾは、飾られた写真に写ったオリヴィアのボーイフレンドと男が別人であることに気付く。カリーたちが男を捕らえようとした矢先、突然男は発砲し逃走する。

続きを読む >>

2012.12. 8|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 12月1日(土) #9「19年の呪縛」(原題:A Few Dead Men)

M10_091992年、まだトリップが制服警官だった頃、14歳の少年トロイ・フェイバーが森の中で拷問を受け殺害される事件が発生。当時高校の陸上のスター選手だったロッコ・ダマラ、ヴィクター・シェットランド、ダレン・リグスの3人が被疑者として逮捕され、彼らに終身刑が言い渡された。そして2011年。3人は19年服役を続けていたが、有罪の決め手となった重要証言が覆されたため、有罪判決が破棄されて自由の身となる。シンガーソングライターのケイラ・ブレッドソーら彼らの支援者たちは、3人の自由を祝うパーティーを開催。その最中、ロッコが何者かに殺害される。ロッコはトロイと同じように、複数の鋭器損傷を負っていた。

続きを読む >>

2012.12. 1|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 11月24日(土) #8「鉄壁のアリバイ」

M10_08連続殺人の疑いがあるエステバン・ナヴァロの監視を、警察とCSIが24時間態勢で続ける中、新たな犠牲者が出る。今回の被害者は、何度か売春での逮捕歴があるヴァネッサ・ティルマン。殺害の手口はニッキーのときとまったく同じで、死亡推定時刻は過去12時間の間。警察とCSIの監視記録が、皮肉にもエステバンのアリバイを裏付けるかたちとなる。

 

続きを読む >>

2012.11.24|CSI:マイアミ5、CSI:マイアミ10|コメント(2)トラックバック(0)

 11月17日(土) #7「捨て身のギャンブラー」(原題:Sinner Takes All)

M10_07

タワーホテルの高層階で行われていたセレブたちによる賭けポーカーの席に、ワイヤーロープを装着した強盗がアクション映画さながらに窓ガラスを突き破って突入。銃を乱射すると、一同が身を伏せて恐怖におののいている間に200万ドルもの賭け金を奪って姿を消す。強盗はデビルマスクを身に着け、自動拳銃TEC9を手にしていた。大きなポーカーゲームに頻繁に出没、いまだ捕まっていない連続強盗犯だ。現場に駆け付けたCSIは、ハリウッドの超大物プロデューサーのベンジャミン・パクストンがテーブルに突っ伏して死亡しているのを確認する。

続きを読む >>

2012.11.17|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 11月10日(土) #6「青い死体」(原題:By the Book)

M10_06

フェリーを使わなければ渡れない島の豪華な館で死体発見の通報があり、カリーとデルコが現場へ。メイドのアンドレアが逆さ吊りになって死んでいるのを見つける。死体は血の気がなく青ざめていて、首筋にはヴァンパイアに咬まれたかのような跡が残されていた。周囲に血液の痕跡がないところを見ると、ほかの場所で殺されたのは確かだ。現場には、ホレイショやウルフ、ローマンも合流。さっそく死体を調べ始めたローマンは、指先に違和感を覚える。臭いからして、ドクニンジンのようだ。館の庭にはドクニンジンの鉢植えがあり、ウルフとウォルターは庭師のケニーを署に連行させる。

続きを読む >>

2012.11.10|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 11月3日(土) #5「暗殺者の涙」(原題:Killer Regrets)

M10_05

メキシコのラ・カンシオンで、女性保安官アニタ・トーレスの夫ヘラルドが、車に仕掛けられた爆弾の爆発によって死亡する。アニタはマラ・ノーチェ撲滅に熱心で、先日もこのラ・カンシオンで、メモ・フィエロの右腕ともいうべき人物を収監したばかり。今もマラ・ノーチェを牛耳るフィエロの指示による報復に違いないと考えたアニタは、爆弾の残骸を集め、弟のカルロスを連れてマイアミへ飛び、ホレイショに捜査協力を求める。

続きを読む >>

2012.11. 3|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

 10月27日(土) #4「眼球の絶叫」(原題:Look Who's Taunting)

M10_04

アントン・ルドーと名乗る犯人からの電話で、妹のアンジェラが誘拐されたことを知ったジェニファー・オルセン。警察に駆け込んで助けを求める。CSIはさっそく捜査を開始。アントン・ルドーという名前の人物はすでに亡くなっていることを調べ上げると、ホレイショがルドーの墓地の調査へ。そこで、両目とも眼球が取り出され、代わりにガラスの目玉がはめられているアンジェラではない女性の死体を発見する。死斑から見て、別の場所で殺害されてから墓地に運ばれた可能性が高い。

 

やがて、ほかのCSIメンバーたちも墓地に到着。デルコは死体の発見場所近くで裸足のように見える独特な足跡を見つける。大きさから見て男のもの。くっきりと跡が残っているのは濡れた地面を踏んだせいだ。どうやら犯人は、雨がやんだ直後の今朝4時頃、ここに死体を捨てたらしい。

続きを読む >>

2012.10.27|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 10月20日(土) #3「風速65メートルの殺人警報」(原題:Blown Away)

M10_03竜巻警報が発令され、地域住民たちが避難を済ませたトレーラー・パーク。殺人事件の通報を受けて現場に到着したウルフとウォルターは、サットン家のトレーラーハウスで置き去りにされたパジャマ姿の若い女性の死体を確認する。死体の身元は、サットン家の一人娘のエリー。どうやら、ゴルフクラブで撲殺されたらしく、そばにはゴルフバッグが倒れていた。ウルフとウォルターは、これ以上天候が荒れる前に証拠を確保しつつ遺体を運び出そうと試みるが、そんな矢先、竜巻が二人を直撃。ウォルターは、クローゼットで見つけた電飾のコードを投げ、竜巻に吹き飛ばされそうになっているウルフを引っ張り助けようとする。しかし、手の痛みに耐えかねて思わずコードを手放してしまい……。その後、竜巻が過ぎ去りウォルターが外へ出ると、ウルフも遺体もトレーラーハウスごと吹っ飛んでいた。

続きを読む >>

2012.10.20|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 10月13日(土) #2「ジゴロの花道」(原題:Stiff)

M10_02エンバー・ホテルのカバナで男性の変死体が発見される。ホレイショらとともに現場に向かったウルフは、施錠されたカバナの中をのぞき込んで驚愕。何と、変死体の10センチほど上に帽子がフワフワと浮いているではないか! ウルフはその様子を収めようとケータイのカメラのシャッターを切るが、反射で自分が写り込んでしまいうまく撮影できず。鍵を開けてカバナの中に入ると帽子は浮いておらず、ナタリアはウルフの話に半信半疑だ。

続きを読む >>

2012.10.13|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 10月6日(土) #1「私は死なない」(原題:Countermeasures)

M10_01海辺のレストランには、ホレイショとマリソルの姿があった。再会を喜び合う二人。しかしマリソルは、「立ち上がるのよ。もう行って」とすぐにホレイショを促す。そして、ホレイショは意識を取り戻す。そう、ホレイショは100ドル札の原版を持って逃走中の連続殺人犯ジャック・トラーに協力したランディ・ノースが撃った弾に当たり、倒れていたのだ。その間、ランディに逆恨みされたナタリアは、車のトランクに押し込まれたまま海に突き落とされ、沈みゆく車の中で必死に助けを求めていた。その声は誰かに届くものではなかったが、何とホレイショが腹部から血を滴らせながらも海へ飛び込み、ナタリアを救出。九死に一生を得た二人は救急車で病院へと運ばれる。

続きを読む >>

2012.10. 6|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

 「CSI:マイアミ10 ザ・ファイナル」、10月6日(土)スタート!

ファンに惜しまれつつも、ついにシリーズ完結を迎えることとなった「CSI:マイアミ」。10月6日(土)より最終シーズンの放送がいよいよスタートとなります。

 

前シーズンは、容疑者を追い詰める最中にホレイショが撃たれ、ナタリアは車のトランクに閉じ込められて海へ……。最終シーズンの第1話では、ホレイショたちの運命がついに明らかになります。
また、第4話、第8話には「24 -TWENTY FOUR-」のトニー・アルメイダ役のカルロス・バーナードが、第14話では映画『テン』で点満点の美女を演じたボー・デレクがゲスト出演。第16話には、世紀最高のグラマーと謳われた伝説的な女優ラクエル・ウェルチがCSIチームと対決するナヴァロ・ファミリーのボスとして登場。その強烈な存在感は全米でも大きな話題をさらいました。
さらに、マイアミ最後の大事件を描くラスト話(第18話、19話の前後編)では、映画『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェルが第8シーズン以来の怪演を披露。第17話ではデルコ役のアダム・ロドリゲスが前シーズンに引き続き監督・脚本の手腕を見せるなど、シリーズ最終話まで見どころ満載! ホレイショ率いるCSIチーム最後の勇姿を、思う存分お楽しみください!

 

なお、第1話「私は死なない」は9/29(土)の無料放送「WOWOWドラマ博」の中で先行放送されます。そして、本放送がスタートする10月6日(土)からは、「CSI:マイアミ10周年スペシャル」と題して、過去9シーズンのベストエピソードと特別番組がともに放送されます。どうぞご期待ください!

 

■9/29(土)午後 3:20 「CSI:マイアミ10 ザ・ファイナル」第1話を先行放送
■10/6(土)午後 0:00 「CSI:マイアミ10周年スペシャル」スタート!
■10/6(土)よる10:00 「CSI:マイアミ10 ザ・ファイナル 初回拡大版スペシャル!」

2012.9.22|CSI:マイアミ10、お知らせ |コメント(0)トラックバック(0)

 シリーズ完結「どうして終わっちゃうのよー!!!」記念、『CSI:マイアミ』アワード開催中

ただいま海外ドラマNAVIでは、「CSI:マイアミ」のシリーズ完結を惜しんで、『CSI:マイアミ』アワードが開催されています。これまでの「CSI:マイアミ」の軌跡を、好きなエピソードや好きな決めゼリフ、好きなキャラクターへの投票を通して振り返る企画です。
ノミネートの選出には、ホレイショ役の石塚運昇さんをはじめ、デルコ役の阪口周平さん、カリー役の宮島依里さん、ウルフ役の浪川大輔さん、ナタリア役の藤貴子さんらボイスキャストの皆さんのほか、番組プロデューサーの本吉伊都子さんら「CSI:マイアミ」を知り尽くしたそうそうたるメンバーが参加されており、みなさんのコメントもご覧いただくことができます。

「CSI:マイアミ」のファンなら、きっと楽しんでいただける企画ですので、ぜひこの機会に「CSI:マイアミ」への熱い思いを投票にぶつけてください!

 

■海外ドラマNAVI シリーズ完結「どうして終わっちゃうのよー!!!」記念、『CSI:マイアミ』アワード開催!

■「CSI:マイアミ10 ザ・ファイナル」WOWOW公式サイト

2012.9.19|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)