CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 5月24日(土) #7「ウォリック・ブラウンの墓」(原題:Fallen Angels)

Lv13_07

元副保安官のマッキーンよって殺害された元CSI捜査官ウォリック・ブラウンの墓前で、近くの教会の牧師、リック・レンケンの死体が発見される。死亡推定時刻は深夜0時。死因は頭部への被弾だった。ウォリックがかつて住んでいたこのあたりは、地元ギャングの親玉アーロン・ヴォスが牛耳る治安の悪いスラム街。何らかの発砲事件の流れ弾に当たった可能性も考えられる。ブラスとニックは署にアーロン・ヴォスを呼んで事情を聞くが、彼は高慢な態度で「何も知らない」と言い放つ。

 

ニックは、スラム街の一画に住むウォリックの元妻のティーナを訪ねる。そこは、ウォリックが以前に祖母と暮らしていた家。ウォリックは離婚後、ティーナと息子のイーライをここに住まわせてやっていたのだ。ニックが久しぶりに会うイーライはすっかり大きくなり元気そうだったが、ティーナはかなりすさんだ様子。「ここには来ないで!」と彼女は冷たくニックを追い返す。ニックはこの時、ティーナの家の様子をうかがう一人の青年の姿を見かける。

 

ホッジスは牧師の着衣や靴などを調べ、着衣にオキシコドン、靴底に青いチョークの粉の付着を確認する。ニックは家の前でイーライがチョークで青空を描いていたことを思い出し、牧師が生前最後に立ち寄ったのがティーナの家だったのではないかと推察。サラはフィンを連れて4年ぶりにティーナの家を訪ねる。ティーナは露骨に拒絶反応を示すが、サラとフィンは半ば強引に家の中へ。荒れ果てた部屋には、ポケットに大麻が入った男物のジーンズや、玩具の横に無造作に置かれたオキシコドンの錠剤が……。幼い子どもを住まわせる環境にないと判断したサラとフィンは、児童保護局に連絡し、泣き叫ぶティーナを制してイーライを保護させる。

 

ブラスは、ティーナの家にあったオキシコドンの錠剤と大麻の持ち主で粗暴な前科者クリフ・ポールの逮捕に向かう。しかし、クリフは自宅アパートの窓から転落死していた。死亡推定時刻は午前2時。モーガンとラッセルの鑑識により、クリフの部屋から牧師殺害の凶器とおぼしき銃が見つかる。また、足跡の様子から見て、クリフは部屋にやって来た何者かに恐れを成して窓の方に後ずさりし、そこから飛び降りて逃走しようとしたらしいと分かってくる。さらに、血の付いた鑑識用の懐中電灯とやや古い滴下血痕も見つかる。後のグレッグの分析で、懐中電灯の血はクリフのもの、滴下血痕は身元不明の別人のものと判明。電池の指紋から、懐中電灯は何とウォリックの遺品だったことが明らかになる。

 

ロビンスはクリフの検視を行い、死因は頸椎離断と断定。数日前に鈍器で殴られた跡が額に残されていたことも確認する。また、クリフはレンケン牧師から振り出された千ドルの小切手を持っていたことが分かり、フィンの調べにより彼のアリバイも成立する。おそらく、犯人は牧師を射殺後、クリフを訪ねて彼を窓から転落させ、牧師殺害の凶器を彼の部屋に置いていったのだろう。
レンケン牧師とクリフの接点を探るべく金銭面を洗うことにしたチームは、牧師が陰でクリフを雇い、地元住民たちの土地家屋を奪い取っていた事実を突き止める。ティーナも無理やり譲渡証書にサインさせられた一人で、そのことで牧師ともめていたのだ。

 

あらためて事情を聞かれることとなったティーナは、牧師との土地譲渡取引を白紙に戻そうと必死だったことは認めるが、殺人への関与は否定。ウォリックの懐中電灯は、近所の子にあげたと説明する。その近所の子というのが、ニックがティーナの家の前で見かけた青年、ジェームズ・ニューマンだった。幼い頃伯母に引き取られ、父親の名も知らないジェームズは、自分を気遣ってくれるウォリックを父のように慕っていた。だからこそ、ティーナとイーライを苦しめる連中を許せず、クリフを懐中電灯で殴り、牧師を脅すために裏街で銃さえ買おうとしたのだ。しかし、取調室でジェームズは殺害を否認。殺したいほど憎い相手が都合良く死んだことについては、以前にも似たようなことがあったと話す。近所の不良ベン・ドレイトンに盗まれたスニーカーが、翌日に玄関前に置かれていて、それ以来ベンは姿を消し、自分はいじめから解放されたというのだ。死んだウォリックが天の守護神のごとく自分を見守ってくれているのではないかと思ったと、ジェームズは真顔で話すが……。

 

その後、ベンに盗まれた後で戻ってきたというスニーカーを調べたフィンは、そこに血痕の付着を見つける。その血痕はベンのものと確認され、彼が姿を消す前日にジェームズのスニーカーを履いて防犯カメラに映っていたことも明らかになる。
ニックとフィンは、スニーカーに付着していた痕跡を手がかりに近くの廃車置き場へ。そこでトランクマットにくるんで埋められていたベンの死体を発見する。ベンは靴を履いておらず、トランクマットには毛髪が付着していた。
その後のヘンリーによるDNA鑑定の結果、毛髪の主はジェームズの血縁者、おそらくは父親であることが明らかに。ジェームズの元に定期的に届いていた亡き母の死亡保険金は、何者かがウォリックの口座を通じて送金していたものと分かる。

 

そんな折、アーロンが敵のギャングに車中で撃たれ、腕を負傷したことにより事件は一気に解決に向かう。彼の車のシートからレンケン牧師のハンカチが見つかり、ウォリックの口座に入金していた企業の黒幕もアーロンと判明。さらに、彼がジェームズの実の父親であることがDNA鑑定により証明されたのだ。つまり、ジェームズを守るために殺人を繰り返してきたのはアーロン。アーロン本人は自分がジェームズの“天の守護神”であることを素直に認めようとはしなかったが、レンケン牧師、クリフ、ベンの殺害容疑で逮捕される。アーロンが自分の父親だと知らされたジェームズは、その事実を複雑な気持ちで受け止める。

 

一方、ティーナの家の譲渡契約は無効に。サラに立ち直れと諭されたティーナは、前向きにやり直す決心をし、イーライとの将来の見通しも立ってくる。ようやく明るい表情になったティーナは、サラのなかだちにより最愛のイーライとの再会を果たすのだった。


【豆知識】
UFCファイト・ウィーク

2012年から毎年ベガスで開催されることになったUFCの祭典。
ブラスは、ウォリックならUFCファイト・ウィークに興奮したはずだとニックに話した。

 

煤暈(ばいうん)
射入口付近に放射状に付着する未燃焼火薬及び炭末。火薬輪とともに近射の場合に見られる特徴。

 

【決めゼリフ】
「それには及ばん。眠らせておいてやろう」by ブラス

牧師殺害の捜査をウォリックに手伝ってもらいたかったと話すラッセルに対する一言。今回は、ブラス、そしてニックの口から語られるウォリック絡みのセリフに、印象深いものが多かった。

 

【ゲスト出演者】
ティーナ役で、「クリミナル・マインド FBI行動分析課」でジョーダン役を演じたメタ・ゴールディングが再登場。
ウォリックの息子のイーライ役は、「CSI:ニューヨーク」シーズン9の#4「静かなる銃声」で銃を暴発させて少女を死なせてしまった少年役が記憶に新しいテレル・ランサム・ジュニア。
アーロン役は、「ブレイクアウト・キング」のシェイ・ダニエルズ役や、映画「フリーランサー NY捜査線」への出演などで知られるマルコム・グッドウィン。
ジョレン役は、「キル・ポイント」のコニー警部補役や、「THE WIRE/ザ・ワイヤー」へのゲスト出演などで知られるマイケル・ハイアット。
レンケン牧師役は、「犯罪捜査官ネイビーファイル」へのゲスト出演や「ウルトラマンパワード」のエドラント役で知られるハリソン・ペイジ。

 

【鑑賞MEMO】
ウォリックの妻ティーナと息子イーライが登場!

今回は、副保安官のマッキーンによって命を奪われたウォリックの墓で死体が見つかるという事件に端を発し、ウォリックの元妻ティーナと息子のイーライが再登場した。二人の姿を見るのは、ウォリックの葬儀のシーン以来。あの時、ティーナの腕に抱かれておしゃぶりをくわえていたイーライがこんなに大きくなっていたなんて。イーライの成長ぶりには驚いたが、ティーナの落ちぶれぶりにも本当に驚かされた。以前はきれいな女性だったのに……。
これではあの世のウォリックも安心できないといった状況だったが、間違ったかたちで息子を支えようとしてきた一人のギャングの歪んだ親心により、図らずも事態は好転した。アーロンが犯した3件の殺人は到底許されることではないが、それもこれも息子を思うがゆえ。その点だけは、イーライの養育権を得て愛情を注ごうとしていたウォリックと同じ。思わず、シーズン9の第1話、ウォリックが養育権争いに使うために用意していた精神鑑定の様子を録画したあのDVDの映像が思い出された。さらには、ウォリックの葬儀のグリッソムの弔辞も……。
なお、ウォリックの墓石には、「OCT 10 1971 - MAY 17 2008」の文字が。ウォリックの命日は、ちょうど先週の今日ということになる……。
とにもかくにも、ウォリックを偲ばずにはいられない今回のエピソードで、ティーナが前向きになったのは何より。定期的にウォリックの墓を訪れているニック、ティーナに力を貸したサラら、メンバーたちのハートフルな描写も良かった。

 

次回は、フィンが主役!彼の元夫も登場!

2014.5.24|CSI:13 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/59689947

この記事へのトラックバック一覧です: 5月24日(土) #7「ウォリック・ブラウンの墓」(原題:Fallen Angels):

コメント

復活エピソードを作ってください。
亡霊系でもいいですよろしくお願いします。

投稿: ウォリック | 2014.05.25 17時03分

コメントを書く