CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 9月14日(土) #22「カルマ」(原題:Homecoming)

Lv12_22リストン保安官の再選に向けて、警察関係者を集めたパーティーが開かれる。資金集めにはリストンの友人で金持ちの起業家ジャック・ギルモアが協力しており、彼はもちろん、ラッセルと妻バーバラ、エクリーとモーガンの親子、ホッジスとオリヴィアの親子も参加。そして、パーティーが終わる頃、三重殺人の一報が入る。パーティー会場近くのモーテルで、麻薬ディーラーのプライスと用心棒らが殺害されたのだ。麻薬取引現場を押さえるために潜入捜査していたモレノ刑事と彼の相棒マイク・クレンショーいわく、これは単なる麻薬強奪事件ではなく、事態は複雑とのこと。実は、プライスと用心棒とともに殺害されていたのは、ギルモアの妻ヴェロニカだったのだ。

 

CSIは現場で捜査を開始。デヴィッドは、死亡推定時刻を割り出すためにヴェロニカの肝臓の温度を測ろうとするが、どういうわけか肝臓が見つからない。臓器がスープ状につぶれるほど、激しく滅多打ちにされていたのだ。このことから怨恨の線と見たフィンは、夫ギルモアに疑いの目を向ける。自分の元を離れてプライスの元に走ったヴェロニカを、彼が恨んでいた可能性は十分考えられるからだ。しかし、何せギルモアはリストンの友人。自由に捜査はできない。

 

ホッジスは、ヴェロニカの体に付着していた繊維を分析。これにより、ヴェロニカ殺害の凶器はアルミのバットのようなものだと分かる。また、ギルモアの犯行を強く疑うフィンは、彼が犯人に違いないとラッセルに断言。シアトル時代、被疑者となった大物のDNAを違法に採取したことでフィンをクビにしているラッセルは、今回も彼女が行き過ぎた行動を取るのではないかと心配するが……。
とにかくギルモアの犯行を証明したいフィンは、彼がパーティー会場と犯行現場を行き来したのではないかと、ニックとともに実際に足で歩いて調査。路地のゴミ容器から血痕付きのジャージとカーボンファイバーのホッケーのコンポジット・スティックを見つける。それらには、ギルモアがオーナーを務めるホッケーチームのロゴが。ギルモアがタキシードの上からジャージを着てヴェロニカを殺害、血の付いたジャージと凶器を途中で捨てた可能性が濃厚となり、警察はギルモアのホッケーチームのアリーナを捜索する。その結果、逮捕歴のあるピーター・ガニエという男のロッカーから盗まれたスティックが凶器として使われたことが判明。ただし、ガニエには完全なアリバイがあると分かる。
そこで、現在はアリーナの設備管理の責任者で、今は亡き大物マフィアのルウ・ゲッダの元手下だったドミニク・ブルーノが容疑者に浮上。けれども、彼はギルモアが以前かけてきた電話の録音を提示し、自分は犯人ではないと主張する。録音には、ギルモアがプライス殺害を依頼し、断られるまでの会話が残されていた。ギルモアはこれを証拠に逮捕されるが、彼を一番疑っていたはずのフィンが彼はシロだと気付く。実は、ギルモアはALSを患っていた。そんな彼に、内臓をスープ状にするほど激しくヴェロニカを殴打する力はない。フィンはこれを実証実験で証明し、何者かがギルモアに罪を着せようとしたことが分かってくる。

 

捜査は振り出しに戻り、リストンとラッセル、エクリーは、プライスに潜入捜査を仕掛けていた風紀課のキンブル警部補に話を聞く。彼によると、組織の内通者はヴェロニカであり、なおかつ捜査状況が署から漏れた疑いがあるとのこと。要するに、ベガス署内に組織とつながっている者がいる可能性が高いのだ。その後の調べで、ギルモアはアリーナの建設協力者と会うために路地に行ったというが、その相手は実在しなかったことが判明する。しかしながら、以前にギルモアが相手と何度も会っていたことは事実だ。やがて、防犯カメラの映像が手がかりとなり、その相手はキンブル警部補だと分かる。つまりギルモアをハメようとしたのは彼自身だったのだ。
さらに驚くことに、プライスと用心棒を撃った銃は、元副保安官ジェフ・マッキーンのものだったことがグレッグの調べで明らかになる。マッキーンは、あのウォリックを殺害した罪で終身刑になっている人物。当時新人だったキンブルの相棒がマッキーンだったことも分かり、マッキーンとキンブル、二人のつながりも見えてくる。CSIは、マフィアのシマを受け継ぎ商売していたマッキーンが、逮捕後も塀の中から指示を出し続けているものと確信。ラッセルとニックは刑務所からマッキーンを呼び出すと、「捜査に協力しなければ家族は車上生活になる」と脅してゆさぶりを掛ける。
その後、案の定慌てたマッキーンは、塀の外の仕切り役ウィノックに指示を出し、キンブルを高飛びさせようとする。エクリーらはそれを見張っていたが、気付いたキンブルは逃亡。追い詰められたウィノックは抵抗したため、エクリーによって射殺される。

 

その後、意外な事実が明らかになる。ウィノックはマッキーンの実の息子だったのだ。一方リストンは、キンブルのほかにも署内の者にマッキーンの息が掛かった者がいるかもしれないことから、この件をマスコミに発表。署を徹底的に浄化すると約束する。しかし、ニックはこのリストンの言葉を信用することができなかった。現在の状況は、友人であるウォリックが死んだ4年前とまるで変わらない。嫌気がさしたニックは、CSIを辞めると言い残して出て行ってしまう。

 

その頃、バーでモレノと飲んでいたフィン。モレノが帰って一人になったところに、彼の相棒のクレンショーが接触してくる。クレンショーは、フィンが化粧室に席を立つと「ターゲット確保」と何者かに連絡を入れる。また、モーガンと一緒に散歩をしようとしていたエクリーは何者かに狙撃されてしまう。さらに、その連絡をサラから受け取ったラッセルの家でも事件が起きる。たまたま家に遊びに来ていた孫娘のケイティが何者かにさらわれてしまったのだ。これはすべて、息子ウィノックを奪われたマッキーンによる復讐なのだろうか!?


【豆知識】
グッドフェローズ

1990年のアメリカ映画。
バットでの撲殺シーンがあることから、ヴェロニカを殺した犯人の手口は「グッドフェローズ的」だとラッセルは語った。

ALS
筋萎縮性側索硬化症。
手足・喉・舌の筋肉などが徐々に萎縮、能力低下をきたす難病。

 

【決めゼリフ】
「檻は快適だ。俺がサツだったことは塀の中で知られてる。だが、サツを殺してる。お仲間のウォリックに2発ブチ込み。俺はヒーローなんだよ」by マッキーン

あまりにも卑劣な一言。これでは、ニックが彼を殺したくなるのも当然。ウォリックも浮かばれない!

 

【ゲスト出演者】
ホッジスの母オリヴィア役でジャクリン・スミスが再登場。
マッキーン役でコナー・オファレルが再登場。
バーバラ役は、「そりゃないぜ!? フレイジャー」のロズ・ドイル役でおなじみのペリ・ギルピン。
マヤ役は、プロアイスホッケーリーグNHLの元選手ボブ・ネヴィンを父に持ち、「ブレイクアウト・キング」のジュールス役や「4400 未知からの生還者」のニッキー・ハドソン役などで知られるブルック・ネヴィン。
ジャック・ギルモア役は、「リバー・ランズ・スルー・イット」でブラッド・ピット演じるポールの兄ノーマンを演じ、「One Tree Hill」にキース・スコット役で複数話出演しているクレイグ・シェイファー。
ブルーノ役は、映画『ブラック・ダリア』『トラブル IN ベガス』などに出演しているマイク・スター。

 

【鑑賞MEMO】
あのマッキーンが再び!

シーズン8で、ウォリックを殺害した悪徳副保安官のマッキーン。逮捕後も刑務所内から手下を動かし、裏社会の金で家族を養っていたことが発覚した。そして、図らずもマッキーンの息子を射殺したエクリーだけでなく、捜査を仕切っていたラッセルまでもが彼の恨みを買うことに。エクリーは撃たれ、幼いラッセルの孫娘がさらわれるという最悪の事態となった。しかも、マッキーンの息の掛かった人物は、まだ署内にゴロゴロいる可能性もある。おそらく、モレノの相棒のクレンショーもその一人。彼は何やらフィンに仕掛けようとしている……。ラッセルたちは、この事態にどう対処するのだろうか!?

 

エクリーとラッセルの孫娘の安否はもちろん気になるところだが、CSIを辞めると宣言して出て行ってしまったニックの動向も気がかりだ。今回、非道なマッキーンに挑発され、ウォリックの死の傷跡を思いっきりえぐられてしまったニック。もうこの仕事を辞めたいと思う気持ちも理解できるが、古株の彼にはぜひラッセルとフィンをサポートしてもらいたいところ。彼がCSIに戻って来てくれると信じたい。

 

ラングストンが去り、さらにはキャサリンも去り、ラッセル、フィン、モーガンという新たなキャラクターが加わった今シーズンは、こうしてコテコテのクリフハンガーでフィナーレを迎えた。来シーズンの、新生CSIの活躍に期待がかかる!

2013.9.14|CSI:12 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/58190480

この記事へのトラックバック一覧です: 9月14日(土) #22「カルマ」(原題:Homecoming):

コメント

はじめまして
CSIは好きでずっと観ています。
最終回のカルマは、終わっていないような
終わり方で、続きが気になります。
この続きは、近日中に放送されますか?
それともDVDとかじゃないと観られませんか?
すぐにでも観たいのですが、続きを観る方法を教えて下さい。

投稿: りか | 2015.01.26 22時12分

コメントを書く