CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 6月15日(土) #9「殺人兵器」(原題:Zippered)

Lv12_09

銃声がしたとの通報があり、マイケル・ニューバリーの家に向かったブラス、ラッセル、キャサリン。キッチンには銃撃の跡や血痕が残されていたが、どういうわけかそこに死体はなかった。現場に落ちていた薬莢のサイズは、5.7×28と非常に珍しいもの。ブラスは、隠し部屋のような地下室に下り、ニューバリーの銃のコレクションを発見する。
現場にはCSIのほかのメンバーも合流。グレッグは車庫前に残された人体の痕跡と思われる血痕や肉片を調査。モーガンはバスルームでペルシャ語のラベルの付いた薬瓶を見つける。サラとキャサリンは、発砲時の犯人と被害者の位置関係から、二人は顔見知りだったと推測する。

 

ホッジスの調べで、モーガンが見つけた薬瓶は、中東にいる寄生虫が引き起こす黒熱病に対する処方薬と判明。さらに、被害者の毛髪の酸素同位体分析により、ニューバリーが公的な記録を残さずに海外の紛争地帯を飛び回っていたことも分かってくる。

 

シオマラは室内と屋外で見つかった弾を照合し、いずれも同じ銃によって発射されたものであることを確認。旋条痕はIBISでヒットしなかったものの、軍のデータベースで照合した結果、1カ月前にパキスタンで発生した軍用品の窃盗と守衛の射殺事件で使われた銃で発射されたことが分かり、それをラッセルに報告する。するとそこに、FBIのプラット特別捜査官とマックエイド捜査官が捜査に協力したいと姿を現す。彼らいわく、ニューバリーは当局のコンサルタントだったとのこと。今回の事件に使われた凶器は米軍がアフガニスタン掃討作戦に使用している「FN-P90」と呼ばれる銃であり、これが今回捜査協力を申し出たきっかけだと明かす。

 

キャサリンはマックエイドと組み、現場に戻ってニューバリーの死体を探すことに。車庫前の人体の痕跡と弾痕を見たマックエイドは、犯人はFN-P90を連射することで、まるでファスナーを開くように死体を二つに引き裂いたのだろうと指摘。それは死体を持ち運びやすくするためだと見たキャサリンは、ゴミ袋やハゲタカをヒントについにニューバリーの死体を発見し、マックエイドを感心させる。

 

その頃、ラッセルと組むことになったプラットは、パキスタンで発生した軍用品の窃盗と守衛の射殺事件の犯人はいまだ不明であること、凶器のFN-P90も未回収であることなどをラッセルに説明。現地でいわゆる“戦場科学捜査”を担当した軍の請負企業セレサス・ロジスティックスが、戦場での科学捜査を含め食糧や武器の供給など一切を仕切っていることに触れ、セレサス内部の者が事件に関与している可能性があると打ち明ける。ラッセルはプラット、ブラスとともに、セレサスのCEOのマーク・ガブリエルを署に呼んで事情を聞くが、マークは「身元が確かで優秀な者しか雇わない」と関与を否定する。

 

程なくして行方不明だったFN-P90が見つかる。それをたまたま拾った若者が強盗に使用し、誤って自らの脚も撃って逮捕されたのだ。こうして、すさまじい破壊力を持つ武器を回収できたことに安堵するラッセルたちだったが、プラットの表情は暗い。実は、パキスタンで盗まれたという窃盗品こそがFN-P90で、その数は実に144丁にも及んでいたのだ。ラッセルは、残りのFN-P90も即座に回収しなければラスベガスが戦場になると、危機感を募らせる。

 

サラは、犯人により切り裂かれたと思われるニューバリーの死体の腕のタトゥーを調べ、彼が陸軍レンジャー連隊に所属していたことを突き止める。また、ホッジスの調べによりFN-P90の弾倉の挿入口にペルシャ絨毯の痕跡がはさまっていたことが分かり、ようやく容疑者が浮上する。ニューバリーと同じ連隊にいた元戦友で、不名誉除隊になった後にトラック運転手となったレニー・ウェッソンだ。けれども彼はセレサスの社員ではない。ラッセルたちは、セレサスの誰かがペルシャ絨毯の中に銃を隠してレニーに運ばせようとしたが、レニーがその銃に気付いてその道の専門家である旧友のニューバリーに見せにいったのではないかとにらむ。

 

その後、CSIおよびFBIの全力の捜索により、走行中のレニーのトラックが発見される。現地に向かったキャサリンとマックエイドは、レニーがサービスエリアで次なる取引をしようとしていると推測。予想通りサービスエリアでレニーのトラックを見つけ、その荷台に閉じ込められていたレニー自身も発見する。ところが、何者かがキャサリンとマックエイドのことも荷台に閉じ込めて外から銃撃。しかしながら、キャサリンが見事に射手を射止め事なきを得る。おかげで、積み荷とされていた残りのFN-P90も回収される。
署に連行されたレニーは、セレサスの者から輸送を依頼された銃をかつての上官ニューバリーに見せに行ったものの、それが軍からの盗品だとニューバリーに見抜かれ、返却するよう諭されたため彼を殺害したことを認める。そして、セレサスの関係者全員の名前と引き換えに免責を求める。マックエイドは、キャサリンの反対を却下してそれを承諾する。

 

一方、今回の事件を通して、キャサリンは旧友のローラと22年ぶりに再会を果たす。実は、ローラはマーク・ガブリエルの妻なのだ。あらためて自分の家を訪ねてきた彼女の様子に違和感を覚えたキャサリンはマークの暴力を疑い、「何かあれば連絡して」と弁護士の名刺を渡す。

 

その直後、マックエイドもキャサリンの自宅に訪れ、独断でレニーとの司法取引に応じたことを詫びると、キャサリンの捜査能力を称える。キャサリンは、ともに銃撃をくぐり抜けた彼との間に通い合うものを感じ始めるが、そこに、レニーが護送中に心臓発作で死んだという連絡が入る。一同は、マークが口封じにレニーを殺害したと見るが、確たる証拠はなく捜査は打ち切りに。FBIの二人はCSIを去っていくのだった……。


【豆知識】
『マネー・ボール』

マイケル・ルイスによるノンフィクション書籍。ブラッド・ピット主演で映画化されている。
ニックの家の本棚には、この書籍のほか「スポーツ・イラストレイテッド」(アメリカで最も一般的なスポーツ週刊誌)などが並んでいるとのこと。いかにもニックらしい。

 

黒熱病
トリパノソーマ科の原虫リーシュマニアの感染を原因とする人獣共通感染症の一種。カラアザールとも呼ばれる。
ニューバリーは、この黒熱病の処方薬を所持していた。

 

アガベシロップ
アガベ(シュウゼツラン)という植物から抽出される甘味料。ヘルシーな食材として知られている。
ラッセルは、コーヒーにアガベシロップや豆乳を入れないのかとマックエイドに聞いた。

 

セーナ結び
パイル糸の代表的な結び方の一つで、ペルシャ結びとも呼ばれる。
ホッジスはこのセーナ結びについて、一人でうんちくを語った。

 

ヤマブシタケ
食用キノコの一種。神経成長因子の生産を促進させる効果を持つ物質を含有していることから、抗認知症効果や抗腫瘍活性が期待されている。
ラッセルは、このヤマブシタケのスライスをトーストに乗せて食べているとのことで、これをプラットに土産として持たせた。

 

【決めゼリフ】
「家族会議の拡大版をやる」by ラッセル

FBIとの合同捜査の開始を宣言すべく、CSIのメンバーたちをミーティング室に集めるラッセル。このセリフが、FBI vs CSIの緊張を和らげるのに一役買った!?

 

【ゲスト出演者】
ローラ役は、「X-ファイル」のモニカ・レイエス特別捜査官役や、「ザ・ホワイトハウス」のエリザベス・バートレット・ウェスティン(大統領の長女)役、「ブラザーフッド」のアイリーン・カフィー役や、映画『ミスティック・ピザ』の主演で知られるアナベス・ギッシュ。
マッケイド役は、「プライベート・プラクティス」のアーチャー役や「メルローズ・プレイス」のジェイク・ハンソン役でおなじみのグラント・ショウ。
プラット役は、「30 ROCK」や「LAW & ORDER クリミナル・インテント」へのゲスト出演で知られるマット・ローリア。
マーク役は、「TOUCH/タッチ」のランディ役や「グッド・ワイフ」のグレン・チャイルズ役、「Life 真実へのパズル」のカイル・ホリス役、「LOST」の黒服の男役などで知られるタイタス・ウェリヴァー。

 

【鑑賞MEMO】
キャサリンに恋の予感!?

今回は、FBIとCSIの合同捜査が展開。キャサリンは一目会った時からFBI捜査官のマックエイドに引かれた様子だったが、その後、捜査を通してますます彼に興味を抱くようになった模様。それはマックエイドも同じで、二人はなかなかいい雰囲気に! しかし、あえなく合同捜査は打ち切りとなった。今後、二人は再会することになるのだろうか!? 成り行きに注目だ。

 

さて、そんなキャサリンのロマンスの一方で、もう一つの大きな見どころとなったのが、ラッセルとプラット特別捜査官の即席コンビの活躍だろう。若いプラットに牽制球を投げながら、独自の人心掌握術を発揮してうまく協同していこうとするラッセル。プラットがCSIを去る際には、キノコのプレゼントまで! シーズン1の第1話、低血糖に陥った新人のホリーにバッタを食べろと勧めたグリッソムを思い出させる計らいだったが、捜査打ち切りという後味の悪い結末の割に痛快な印象が残ったのは、そんな彼のユーモアのおかげかもしれない。

 

とはいえ、限りなくクロに近い印象のマーク・ガブリエルは、このままおとがめなしなのだろうか!? (このあたりが、今後のキャサリンとマックエイドの展開に関係してきそう!?)

 

さて、次週はロビンスの奥様が初登場。これは必見!

2013.6.15|CSI:12 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/57600231

この記事へのトラックバック一覧です: 6月15日(土) #9「殺人兵器」(原題:Zippered):

コメント

キャサリンとヴァルタンの関係はこの時点でどうなってるのでしょうか?先週の放送で久しぶりのツーショットを観ることができ安心していたのですが・・・ヴァルタンファンにとってはとてもやきもきして嫌――――な感じです(苦笑)

投稿: はなぽこ | 2013.06.16 13時43分

コメントを書く