CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 6月1日(土) #7「脳の落とし物」(原題:Brain Doe)

Lv12_07

通りで交通事故が発生し、強盗の前科があるダニー・クレッグ、飲酒運転の大学生ジェームズ・マーシャルらドライバー3名が死亡。同時に、身元の分からないむき出しの脳が見つかる。ニックはクレッグが車に積んでいたクーラーボックスを調べ、脳の組織を発見。これにクレッグが脳を入れて運んでいたことが分かるが、脳の主の死体は見つからない。また、車内にあった薬物と後の検視により、クレッグは事故ではなく薬物の過剰摂取で死んだことが判明する。

 

その後の調べで、この日、研究用に運ばれることになっていた献体の脳二つは、アルツハイマーを患っていた77歳のノラ・バビットと、自殺した42歳のライアン・デンプシーのもので、研究用にそれぞれ大学と病院へ無事運ばれていたことも確認される。
そんな中、安置所に置かれていたセリグソン中尉の遺体が荒らされ、無理やり脳が取り出されるという事件が発生。交通事故現場で見つかった脳は、このセリグソン中尉のものである可能性が濃厚となるが、DNA鑑定の結果、意外にも別人のものと分かる。ただし、安置所に残された靴跡から、脳を取り出して持ち去ったのはクレッグと判明。毒物検査により、彼がGMTという薬物でハイになっていたことも分かってくる。

 

クレッグが、安置所に押し入ってから死亡するまでおよそ5時間。この間になぜか脳が入れ替わったことになる。その謎を解く鍵は、クレッグの胃の内容物にあった。彼は、死亡する2、3時間前にチキンナゲットを食べており、レシートから深夜にファストフード店に立ち寄っていたことが明らかに。その店の監視カメラの映像をチェックしたグレッグとサラが、クレッグが何者かと脳を交換する姿を確認したのだ。そして、クレッグと脳を交換した人物の車のナンバーから、医師のハンソン・エラーが捜査線上に浮上。研究用に運ばれた脳の主、ライアン・デンプシーの死亡診断書にサインしたのも彼だったことが明らかになる。

 

ラッセルは、ライアンの妻ジョイスを署に呼んで話を聞く。彼女によると、夫のライアンは総合格闘家で、CTE(慢性外傷性脳症)の疑いがあったとのこと。本当にCTEなのか確認するには死後に脳を調べるしかないことから、ライアンは真実を明らかにしようと自ら命を絶ったというのだ。そうとは知らずに息子とハイキングから帰宅したジョイスは、自殺したライアンの姿を見つけてすぐ、彼のトレーナーだったビル・ペルナンに連絡を入れたという。そして、ライアン自身の遺志でCTEの研究用に使われることになっていた彼の脳は、その後エラー医師により取り出された。しかし、エラー医師はどういうわけかライアンの脳をクレッグが安置所から盗み出したセリグソン中尉の脳とすり替えて病院に送った。つまり、事故現場で見つかった脳はライアンのものということになる。エラー医師から直接事情を聞きたいCSIだったが、とある駐車場で、エラー医師は射殺体となって見つかる。

 

やがて、一連の検視とロビンス、デヴィッド、モーガンの考察により、ライアンがCTEを患っていたことを公にされたくない何者かが、エラー医師とクレッグに脳を交換させた可能性が浮上。また、クレッグの所持品に付着していた黄色い粉をホッジスが分析した結果、とあるジムが捜査線上に浮かび上がる。しかも、そのジムの経営者はライアンの妻が夫の自殺後に連絡を取ったというトレーナーのペルナン。ライアン、エラー医師、クレッグの3人の共通点は、このジムにあると分かる。サラとグレッグは、ジムの広告塔だった格闘家のライアンがCTEだと発覚すればジムの評判に傷が付くことから、それを恐れたペルナンがライアンの脳をすり替えさせたものとにらむが……。

 

そんな矢先、あらためてライアンの自殺時の写真を見たブラスは、体に発射残渣が付いていないことに気付く。要するに、ライアンの自殺は偽装。真相は殺人だったのだ。ラッセルはメンバーを集めて事件について再検討。ニックは、クレッグが摂取していたDMTをペルナンがほかの選手にも与えていた可能性を指摘。ライアンの脳組織を分析した結果、予想通りDMTが検出される。さらには、ペルナンがライアンの妻ジョイスと不倫関係にあったことも判明。サラとブラスはペルナンを署に呼び、ライアンに浮気の事実を知られたジョイスが彼を殺害し、それをペルナンが自殺に偽装したのではないかと追及するが、それを立証する決め手はない。

 

その後、クレッグの車のトランクにあったラグビーボールの中から注射器が出て、それに付着した指紋がペルナンのものと一致。さらに、ペルナンの自宅で見つかった銃が、エラー医師殺害の凶器と断定され、ペルナンは殺人容疑で逮捕される。しかし、ペルナンは、ジョイスを守ろうとしているのか、事件の背景に彼女の存在があることには触れようとしない。
実は、思いも寄らぬところに真相はあった。ライアンの息子のデクランが、「母親に暴力を振るう父を止めるために自分が撃った」とブラスの前で自白したのだ。ライアンを殺害したのは、ほかでもない彼の息子だったのだ……。

 

一方、キャサリンは保安官のリストンから、上院司法委員会が設置を検討している科学捜査委員会で働かないかと打診される。また、ラッセルの息子で西ラスベガス大のバスケットボール選手のチャーリーは、門限に遅刻したためコーチの怒りを買い、試合のメンバーから外されてラボに顔を出す。どうやら、新入りのチャーリーは仲間の輪に入れず、その鬱憤晴らしにボルダリングに夢中になりすぎて、門限に遅れてしまったようだ。事情を知ったラッセルは、自分も周囲に理解されずに変人扱いされることもあると話した上で、コーチに謝って次の試合で挽回するよう息子を諭すのだった。


【豆知識】
NR200.033

ネバダ州の修正法の条項で、第一級殺人に刑が加重される状況の意。

 

ジメチルトリプタミン(DMT)
熱帯地域の植物であるアヤワスカやヒキガエルやヒトの脳細胞などに存在する物質で、幻覚剤の一種。ちなみにアヤワスカは、アマゾンのシャーマンの儀式では欠かせない植物。

 

CTE(慢性外傷性脳症)
反復性頭部外傷を受けたことのある人に見られる変性脳疾患。ホッケー選手やアメフト選手、ボクサーなどに見られる。
これまでは、死後に脳を解剖して初めてCTEと確認されてきたが、生存中のアメフト選手の脳をスキャンし、慢性外傷性脳症の手がかりとなるたんぱく質の存在を確認したという研究報告もなされており、生存中にCTEの診断ができる可能性も出てきている。

 

【決めゼリフ】
「それ鶏肉じゃないかもよ?」by サラ

被害者の胃からチキンナゲットが出たと知りつつ、あえてそれを食べるホッジス。何でも、チキンナゲットが大好物なんだとか。さらに、意外にもジム通いしていてマッチョ(?)という新事実も! シャツを脱いでその肉体美(?)を見せようとする彼を制したサラは、去り際にこの一言。ファストフード店で売られているチキンナゲットの材料や製造工程については、日本だけでなくアメリカでもさまざまな噂や都市伝説があるようだ。

 

【ゲスト出演者】
ペルマン役は、「ハーパーズ・アイランド 惨劇の島」のハンター・ジェニングス役や、「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」のジョシュ役などで知られるヴィクター・ウェブスター。
ジョイス役は、「犯罪捜査官ネイビーファイル」へのゲスト出演などで知られるロビン・ライヴリー。

 

【鑑賞MEMO】
ラッセルの息子登場。キャサリンに仕事のオファー

今回は、ラッセルの息子のチャーリーが初登場。変わり者のラッセルの息子だけあって、彼も西ラスベガス大のバスケットボールチームでちょっと浮いた存在のようだ。ラッセルはそんな息子に適切な助言を与え、父親としても高いコーチング能力を持っていることを見せつけてくれた。家族と電話で軽く言い合うシーンでも、会話の最後には「愛してる」という言葉を忘れない家庭的なラッセル。陰惨な事件と日々向き合うCSIのラボでは、そんな彼の存在が異色に映ることもあるが、そこが何とも面白い。なお、彼の妻はどんな人物なのか気になっている人も多いと思う。実は、今シーズンの終盤に登場する。お楽しみに。

 

今回はブラスにも見せ場があった。ライアンの息子デクランと会話するシーンでは、自分の父親が警官で、小さい頃はベルトで叩かれたこともあると告白し、15歳の頃に父親にさからって殴り返したという昔話を話して聞かせた。これが、デクランの共感を呼び、最終的には彼の自白を引き出すことにつながるわけで……。自分が父親を殴った時の心境を「最高で最悪の気分」と語ったブラスの言葉を借りて、父親を殺した時の気持ちを「最高の気分」と言い放ったデクラン。エンディング、彼とのやり取りで見せた、ブラス演じるポール・ギルフォイルの表情の演技には魅せられた。

 

一方、キャサリンは保安官のリストンから、新しい職のオファーを受けた。どうやら、なかなかいい話のよう。今回は久々にヴァルタンとのツーショットも見せてくれたキャサリンだが、彼女はベガスを離れてしまうのか? 展開が気になる。

2013.6. 1|CSI:12 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/57504919

この記事へのトラックバック一覧です: 6月1日(土) #7「脳の落とし物」(原題:Brain Doe):

コメント

海外ドラマはハマりすぎるので、
見ないようにしています。。

投稿: 吉野@BRAINPOWER | 2013.06.06 11時42分

クレッグは脳を交換したあとライアンの脳をどうするつもりだったんだろう?ペルナンはどうさせたかっのか。
しかし脳の採り出しなんで素人にできるものですかね?ましてハイになってるジャンキーに。
なんともツッコミどころの多いエピソードだった気がします。

投稿: nightmareplus | 2014.07.24 02時15分

コメントを書く