CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 11月10日(土) #6「青い死体」(原題:By the Book)

M10_06

フェリーを使わなければ渡れない島の豪華な館で死体発見の通報があり、カリーとデルコが現場へ。メイドのアンドレアが逆さ吊りになって死んでいるのを見つける。死体は血の気がなく青ざめていて、首筋にはヴァンパイアに咬まれたかのような跡が残されていた。周囲に血液の痕跡がないところを見ると、ほかの場所で殺されたのは確かだ。現場には、ホレイショやウルフ、ローマンも合流。さっそく死体を調べ始めたローマンは、指先に違和感を覚える。臭いからして、ドクニンジンのようだ。館の庭にはドクニンジンの鉢植えがあり、ウルフとウォルターは庭師のケニーを署に連行させる。

 

ホレイショ、トリップに事情聴取されることとなったケニーは、害虫よけのためにドクニンジンを植えているだけで、アンドレアの死とは無関係だと主張。雇い主である館の主人はミラノにいると聞いており、実際に会ったことはないが、いつ戻ってもいいようにきれいにしておけと言い渡されているのだと話す。CSIは、とにかく館の主人を捜すことから始めることにする。

 

そんな中、デルコが館で手紙を見つける。インクは独特な色で、「ダヴィ」というオカルト言語によって書かれていることが明らかになり、館の持ち主は若者に人気のヴァンパイア小説「愛のファースト・バイト」を手掛けるベストセラー作家、マリリン・ミルナーと分かる。手紙の内容は、「栄誉をたたえ、処女の血を飲む。永遠の信奉者より」。どうやら、小説のファンが血液で書いたようだ。

DNA鑑定の結果、手紙を書いたのはウェス・レイバーンと判明。カリーはウェスを追跡するが、姿を見失った矢先、彼に襲われ吸血鬼のような犬歯で腕を咬まれてしまう。そこにホレイショが到着。ホレイショは木に登って逃げるウェスの足下の枝を銃で撃ち、落下したウェスを捕らえる。ウェスは、「なぜマリリンが手紙の返事をくれないのか知りたくて館に行った。そこで、逆さ吊りになったアンドレアの死体を見つけ、血を飲もうと咬みついたが、血液は一滴も残っていなかった」と説明するが……。

 

アンドレアの血液がどこから抜き取られたのかローマンが調べる一方、デルコはアンドレアの髪に付着していた微物を採取。トラヴァースの調べで、ワインのコルクのかけらと分かる。デルコとカリーは、館でワインの管理をしていたシェフのローレンスを尋問。ローレンスは、いつ戻ってきてもいいよう食事の用意は欠かすなとマリリンに言い渡されていたと話し、ワインを開栓している最中に物音に気付いて書斎に行き、逆さ吊りになったアンドレアを発見したと説明。脈を見るため首筋に手を触れたときにコルク片が付着したのだろうと釈明し、警察に通報したのも自分だと語る。また、警察の到着を待たずに現場を離れたのは、その場にいたジョセフ・クランバウという編集者の指示だったことも明かす。

ホレイショとデルコはクランバウのオフィスを訪ねる。クランバウは自分のクルーザーを持っており、自由に島へ行き来できる。ホレイショは、殺人に関与しているのではないかとクランバウを追及。クランバウは、「アンドレアと寝ていた。それがマリリンにバレるのをおそれ、アンドレアの死体をそのままにして島を出た」と弁明する。

その頃、ウォルターとナタリアはクランバウのクルーザーの調査を開始。クランバウはまだ署にいるのにドアが開いており、中に入るとそこにはケニーとローレンスがいた。彼らは庭師でもシェフでもなく、実はマリリンのゴーストライター。殺されたアンドレアもゴーストライターの一人で、3人で協力してマリリンの本を執筆していたことが発覚する。ローレンスによると、マリリンはストーリーラインを伝えてくるだけだというが……。

 

そんな矢先、アンドレアが「ギャラの上乗せに応じられなければ原稿は渡さないし、ゴーストライターの件も公表する」と脅迫メールをクランバウに送っていたことが判明。クランバウが口封じにアンドレアを殺害した可能性が浮上する。しかしクランバウは、アンドレアの要求通り金を支払うつもりだったが、アンドレアが死んでいたのでそのまま原稿を回収して印刷に回しただけだと言い張る。

 

CSIは、ゴーストライターたちが書いた最新の原稿を読み、小説の中で起きる殺人が、アンドレアの殺害方法と酷似していることを知る。たとえば、小説の中の被害者は足の指の間から血を抜かれており、調べてみると、アンドレアの足の指の間にも針の痕跡が。それから間もなくして、アンドレアの血を抜くのに使われた車が発見される。車のキーはマリリンしか持っていない。CSIは、マリリンからクランバウ宛のメールの発信元の情報を入手し、マリリンがマイアミのビーチにいることを調べ上げる。

ホレイショとトリップ、ナタリアは、マリリンに会いに行き、彼女を追及。マリリンは「役にたつライターを殺すわけがない」と殺人への関与を否定する。また、小説の中で殺人犯および、メイドから抜き取られた血がどこにあるのか書かれていない点については「オーディオ版にのみ載っている特別最終章があるはず」と話す。

 

ラボに戻ったホレイショたちは、さっそくオーディオ版の最終章をチェック。「抜き取った血をワインのように飲み干した」と書かれていたことから、マリリンの館のワイン・コレクションを調べ、血の入ったボトルを見つけ出す。そして、ラベルの指紋から、アンドレアの血を抜いて、彼女の死体を逆さ吊りにしたのは、ローレンスであることを突き止める。彼は、自分が書いた文章を横取りして手柄を自分のものにしたアンドレアが許せず、彼女を殺したことを認めると、「血を抜くのに異様に時間がかかった」と供述する。

 

ホレイショは、ローレンスがアンドレアの血を抜くのに時間がかかったのは、アンドレアの遺体に付着していたドクニンジンの痕跡と関係があるのではないかと推察。その後の調べで、アンドレアが持っていたミラノ製の香水にドクニンジンが混ぜられていることが明らかになる。ミラノと言えば、マリリンが先頃まで滞在していた場所。ホレイショは、執筆の実態を暴くと脅してきたアンドレアをゆっくりと死に至らしめる目的で、ドクニンジン入りの香水を彼女にプレゼントしたことをマリリンに認めさせると、彼女を殺人未遂罪で逮捕する。

 

事件解決後、カリー、デルコ、ウルフ、ナタリア、ウォルターは、食事をして帰ろうとトリップに声をかける。しかし、「また今度」とトリップは誘いを断る。なぜなら、「愛のファースト・バイト」を読むのに忙しかったから。すっかりヴァンパイア小説に夢中になってしまったトリップなのだった。


【豆知識】

カウパセリ

ヨーロッパ原産の帰化植物「ノラニンジン」のことで、ニンジンの原種。白いレースのような花を咲かせる。

セリ科の有毒植物である「ドクニンジン」と葉のかたちが似ている(ウォルター談)。

 

【決めゼリフ】

「ハロウィンって嫌い」by カリー

青ざめた逆さ吊りの死体を見た際、また、殺人事件の犯人が“狼男”と聞かされた際に、思わずカリーの口をついた一言。

ちなみにアメリカでは、ハロウィンの日はお祭り騒ぎに紛れた悪質な事件が多いと言われている。

 

【ゲスト出演者】

マリリン役は、「NUMBERS~天才数学者の事件ファイル」でFBI特別捜査官ミーガン・リーブス役を演じていたダイアン・ファール。

ローレンス役は、「マッドTV!」へのレギュラー出演で知られる人気コメディアンで喜劇役者のオーランド・ジョーンズ。

クランバウ役は、クリスティナ・アップルゲイトの元夫で、映画『すべてをあなたに』『ヴァンパイア・ハンター』等に出演しているジョナサン・シェック。

 

【鑑賞MEMO】

トリップ、ヴァンパイア小説にハマる!

現地アメリカで、昨年の10月30日に放送された恒例のハロウィン・エピソード。「CSI:ニューヨーク」シーズン6の#14「血族」、「CSI:科学捜査班」シーズン11の#3「ブラッドムーン 満月の夜」に続き、マイアミでもついにヴァンパイアが扱われた。ハロウィンを意識した演出で、オーランド・ジョーンズ、ダイアン・ファールら、登場したゲスト陣もなかなか豪華。クスっと笑えるネタも満載で楽しめた。

 

「ハロウィンって嫌い」というセリフが光ったカリーは、私生活で妊娠・出産した前シーズンに比べると、グッと体も引き締まり、今回は犯人を走って追うシーンまで見せてくれた。

 

ローマン&トリップのおじさまコンビも大活躍。ローマンは、ドクニンジンにおびえて神経質になる姿が面白くて。トリップは、捜査の過程で目にしたマリリンの小説「愛のファースト・バイト」にすっかりハマってしまった様子。みんなからの誘いを断ってまで小説に没頭するエンディング・シーンは最高! トリップのおちゃめな人柄がよく表れていた。

 

トラヴァースは、ワインの知識を披露。「イギリス人の常識」と言ってのけるところが、いかにもトラヴァースらしかった。

 

ウルフとウォルターは相変わらず息がピッタリ。ウルフが大学の寮のネズミ捕りの臭いに、軽いトラウマを抱えているという小ネタも面白かった。

 

そんなこんなで、今回のハロウィン・エピソード、それぞれにバランス良く見せ場があったところが、なかなか良かったのでは?

2012.11.10|CSI:マイアミ10、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/56080393

この記事へのトラックバック一覧です: 11月10日(土) #6「青い死体」(原題:By the Book):

コメント

マリリンの身勝手さにイラッ(`ε´)

文才もないくせに、顔だけ出して高級車1台分のお金が入ることに驚き(゚◇゚)ガーン
それだけボロ儲けしてるなら、脅迫されて当然!
何、被害者面してんのか…“勘違いセレブ”のテンプレを見た気がした(>_<)

投稿: 紗弓 | 2012.11.11 19時11分

変質者のレイバーンの犬歯は、劇中では、本物扱い?それともなりきりたいが為の変装?あんな変態が本当にいたら不気味ですねf(^_^)

投稿: 安永紀代子 | 2012.11.18 21時52分

コメントを書く