CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 5月26日(土) #21「17年目の真実」(原題:Life Sentence)

Ny7_21ビル・ハントがマックのオフィスにやって来る。マックにメールで呼び出されたというが、マック自身に覚えはなく……。次の瞬間、ラボは外から激しい銃撃を受け、数名の職員が負傷。ビルも腕を撃たれる。犯人は真向かいのビルの空室からラボを狙ったらしく、そこには凶器のライフルAK-47と、ダイナーでマックの財布をすり取ったレイモンド・ハリスが持っていたのと同じ地下鉄路線図が残されていた。銃撃犯はハリスだと見たマックは、むやみに彼に接触したせいだと言わんばかりにビルを責める。

用意周到なハリスは、目撃者のいない日と時間を選んで今回の銃撃の計画を練った模様。ダニーの調べにより、凶器のライフルAK-47は17年前に起きた麻薬強盗事件で使われたものと分かる。当時、ハリスは警察による尋問を受け、ハリスが逮捕時に隠れ家にしていたアパートの家宅捜索も行われたが、見つかったのは拳銃だけで、肝心のライフルは見つからなかったという経緯がある。ホークスは、今回見つかったAK-47にアスベストや古い銅管の微細物が付着していたことから、ハリスがライフルをアパートの壁の中に隠していたのではないかと推察する。
マック、ダニーらはさっそくハリスの隠れ家だったアパートへ。中に踏み込んだ矢先、寝室のドア越しに発砲されたため応戦し、相手を射殺する。死んだのはハリスではなく、この部屋の現在の住人。押し込み強盗で逮捕状が出ているトレヴァー・アーネットという男だった。マックとダニーは内務調査の対象となるが、最終的には発砲は適正だったと見なされ事なきを得る。

 

一方、ハリスは署に姿を現し、「男に襲われ銃を突きつけられた」と訴え出て、容疑者リストにビルを加えるよう要求。フラックは、仕方なく面通しにビルを並ばせるが、ハリスはいざとなると「特定できない」と言い出し……。マックは、ハリスのふざけた行為に憤慨しながらも、その意図がつかめず頭を悩ませる。そして、ハリスの尾行とビルの護衛をフラックに指示する。

 

そんな中、ハリスの隠れ家だったアパートの捜索を続けていたホークスとリンジー。ホークスは、AK-47と弾薬が隠されていた場所を発見。リンジーは、ハリス逮捕以降に敷かれたカーペットの下から少量の血を、床板の下に大量の血溜まりを見つける。

 

ハリスの犯行の動機と目的を突き止めたいマック。当時の状況をジョーに説明しながらハリスの逮捕時のファイルを見直すうち、金が入れられていた押収品のバッグに重要な手がかりが隠されていることに気付く。それは、バッグに付着したハリスの鼻血の血しぶきの丸い形だ。本来なら、バッグの中に目一杯金が入っていない限り、血しぶきの形は丸くならないはず。けれども、マックがビルからそのバッグを渡された際には、容量の半分を満たす程度の金しか入れられていなかった。ビルがバッグから大量の金を抜き取って着服した可能性が高いと見たマックは、ジョーとともに実証実験を行い、その見方が正しいと確信。その後、ビルのアパートを訪ねると、ドアを開けた彼をいきなり殴りつけ「何をしたか知ってる」と迫る。ビルはハリスの金を盗んだことを認めるが、重窃盗罪の時効は5年のため、現時点でビルを起訴することはできない。しかしながら、もっと重大な何かをビルが隠しているものと見たマック。新たな死体が出たとの連絡を受けると、ビルを連れて現場に向かう。

 

今度の死体の身元は、ハリスのボスだった麻薬の売人ルシアス・ウッズ。17年前、ハリスから押収した例のバッグの金を受け取るはずだった人物だ。ウッズは自室のベッドに縛り付けられており、死因は飢餓と脱水で死後2週間ほど経過している模様。マックとビルは、ハリスが拷問の末にウッズが死んでいく姿を眺めていたのではないかと推測。後の調べで、ウッズを縛るのに使われていたロープの指紋など、ハリスがウッズの部屋にいた証拠が出る。また、室内に落ちていたロザリオに付着していた上皮組織のDNAが、ハリスの隠れ家だったアパートの血溜まりのDNAと一致。その主が、94年に撲殺死体となって高速道路脇で発見されたミランダ・トーマスのもので、彼女がハリスの婚約者だったことも明らかになる。おそらく、彼女を殺したのはウッズ。金を抜き取ったハリスへの報復行為だろう。けれども、ハリスは金など抜き取っていない。ハリスは、ビルあるいはマックが金を盗ったとにらみ、ミランダが殺される原因を作った彼らを狙うと同時に、ミランダ殺害の実行犯であるウッズを殺したに違いない。

 

しかし、ミランダを殺害したのはウッズではないことにマックは気付く。ミランダの血溜まりのそばに、ビルの指輪が付けた凹みが残されていたのだ。マックはビルを自分の車に乗せると、運転しながらミランダ殺害の件で彼を追及。観念したビルが、抜き取った金をアパートに隠し、それを取りに行った際に遭遇したミランダを口封じのために殺害したことを認めたため、マックは彼に逮捕を宣言して黙秘権の説明を始める。すると、そこにいきなり別の車が突っ込んでくる。そして、衝撃から目覚めた二人の前にハリスが姿を現し、ビルに向けて発砲。車を降りたマックと銃撃戦を繰り広げる。
結局、マックによって肩を撃たれたハリスは、死にゆくウッズの目を見て、ミランダ殺しの真犯人は別にいる、つまりビルとマックのいずれかが犯人だと悟り、二人を新たな標的として狙ったと話すと、マックの説得に応じず銃を構える。マックは、仕方なくその時点でハリスを射殺。すぐにビルの元に駆け寄るが、間もなく彼は息を引き取る。その直後、GPS信号をたよりにマックの行方を捜していたフラックらが現場に到着。やるせない表情のマックを前に、フラックは掛ける言葉を失うのだった。


【豆知識】
クローン携帯

正式に契約された携帯電話と同じ電話番号やID(識別番号)を持つ、事業者側でその識別が不可能な携帯電話のこと。海外では実際にクローン携帯の被害が確認されているものの、日本の携帯電話事業者各社は、技術的な理由から日本にクローン携帯は存在し得ないとの見解を示している(日本の携帯電話の基地局は同じIDの接続を受け付けないため)。
今回、ビルをラボに呼び出すのに、マックの携帯電話のクローン携帯が用いられた可能性が指摘された。

 

ESU
Emergency Service Unit(緊急活動部隊)の略。ニューヨーク市警察の特殊部隊のこと。人命救助等の任務も担当するため、「SWAT」ではなく「ESU」と称している。

 

【決めゼリフ】
「ムダだ。脅しても今度ばかりは身を守れん」by マック

かつての相棒で先輩でもあったビルの罪に気付いたマック。彼に会いに行っていきなりパンチをお見舞いし、この一言。“ワイルド・ビル・ハント”の異名を取るビルも、本気のマックには太刀打ちできない!

 

【ゲスト出演者】
前回に引き続き、ビル役でピーター・フォンダ、ハリス役でクリフトン・コリンズ・Jrがゲスト出演。

 

【鑑賞MEMO】
17年前の真実がついに明らかに

ラボに対する激しい銃撃シーンで幕を開けた今回のエピソード。ハリスがどうしてビルとマックを狙うのか、その理由がついに明らかになり、ビル、ハリス双方とも死亡というかたちで幕引きとなった。

 

何より驚いたのは、ビルがハリスの金を盗んだだけではなく、彼の婚約者ミランダを殺していたという事実。まさか、ビルが罪のない人を殺せるような人物だったなんて、マックもそこまでは想定していなかったはず。同じ志を持つ二人だったはずなのに、なぜ一方はダークサイドに? ビルが象徴する邪悪さ、マックが象徴する善良さの対比が印象的で、見応えのあるエピソードに仕上がっていたと思う。特にエンディング、フラックの前で見せたマックの苦渋の表情は忘れられない。

 

それにしても、ハリスの尾行を任されていた刑事。大きなトラックで視界をふさがれているというのに、なぜあんなにも悠々としていられたのか不思議。マックも、ハリスに狙われていると分かりながら、ビルを自分の車に乗せて二人きりで行動するなんて、ちょっと判断が甘かったのでは? ビルは最初の相棒、だから二人きりでカタを付けたかった、その気持ちは理解できるけれど……。

 

さて、次回はいよいよシーズン・フィナーレ! マックにこれまでで最大のピンチが!?
どうぞお見逃しなく!

2012.5.26|CSI:ニューヨーク7、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/54801047

この記事へのトラックバック一覧です: 5月26日(土) #21「17年目の真実」(原題:Life Sentence):

コメント

「マックとフラックは内務調査の対象~」とありますが「フラック」ではなく「ダニー」の間違いでは?

投稿: ジェリコ | 2012.05.28 09時27分

ジェリコさん、ご指摘ありがとうございます。
おっしゃる通りです。訂正させていただきました。

投稿: Lumi | 2012.05.28 09時37分

いえ、こちらこそ読みかえしてみたらなんだか棘のある物言いになってしまい申し訳ありません。素早い対応ありがとうございました。

次回でシーズン7もいよいよ最終回とのことですが、シーズン8は18話までしか制作されていないとか。マイアミの終了など少しさみしいニュースが続きますが、どんな展開になっていくのか楽しみです。

投稿: ジェリコ | 2012.05.28 14時44分

コメントを書く