CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 4月28日(土) #17「優等生の秘密」(原題:Do or Die)

Ny7_17マンハッタンの選り抜きの私立進学校アーチフォード学園。ウェンデル・アンドリューズ校長が見学に来た入学希望者とその保護者を案内していると、血塗れの後頭部を押さえた女子生徒がよろめきながら歩いて来て倒れ、その場で死亡する。死んだのは、オリヴィア・プレスコット。ほかの生徒とは別格の優等生で、卒業生総代だ。死因は、頭蓋骨に達する傷。ただし、防御創は見られない。トイレには彼女のバックパックが残されており、何者かが洗面台の角に頭を打ち付けて死なせたことが明らかになる。便座の上に靴の跡を発見したジョーは、犯人は個室に隠れていたのではないかと推察するが……。

 

オリヴィアは直前の授業を選択しておらず、死ぬ直前の80分間の行動は不明。両親も生徒たちも、人気者であるオリヴィアに恨みを持つ者にまったく心当たりはなかった。
そんな中、シドの検視により、オリヴィアの膝に接触性皮膚炎が確認される。そして、後の調査でそれが図書館のカビに起因するものと分かり、ダニーとリンジーは図書館を調査。オリヴィアが借りていたギリシャ悲劇の本が収まっていた書棚の奥の小部屋のテーブル上に、セックスの痕跡を見つける。もしかすると、オリヴィアは誰かの秘密を目撃したせいで、口封じのために殺されたのかもしれない。
やがて、テーブルの指紋は泥酔乱交の前科のあるベン・ゴールドのものと判明。彼のロッカーからは、自作のポルノ映画が見つかる。マックに事情を聞かれることとなったベンは、図書館で密かに映画を撮っていたこと、それをオリヴィアに見られたことを認めるが、殺害については否定。「出演した女子生徒たちとは出演同意書を交わしており法的に問題はない」と主張し、彼の映画に出演した女子生徒のベッキーも、フラックによる聴取の際、彼の言い分を裏付ける。さらにベンは、「オリヴィアは自分も出演したいと契約を申し出た」と供述。後に、オリヴィアの所持品から出演同意書が見つかり、ベンの話は真実と分かる。

 

そんな中、便座の上の足跡にダイオウサソリの痕跡を見つけたホークスは、マックとともに生物教師のブッカーの元へ。昨日、教室で飼っているダイオウサソリの1匹を男子生徒の一人がいじめの標的エミー・トーマスのそばに放ち、怒った彼女が教室を飛び出す際に、そのサソリを踏みつぶしていたことを知る。そして、この後にマックとホークスから事情を問われることとなったエミーは、「笑いものにされるのに耐えられずトイレに行ったが、その直後にクラスメート二人が入って来て自分の悪口を言い始めた。個室から出るに出られず便座の上に乗って隠れていた」と弁明。クラスメートたちも、エミーの言ったことは事実で、彼女が個室に隠れていたことも知っていたと認める。

 

こうして捜査は振り出しに戻り、マックたちはあらためてオリヴィアの所持品を調べ直すことに。そして、ミネラルウォーターのラベルが世界史のテストのカンニングペーパーになっていることに気付く。しかし、優等生である彼女がカンニングをするとは思えない。もしかすると、オリヴィアはカンニングをしようとしていた生徒を見つけたためトラブルに巻き込まれたのかもしれない。

 

オリヴィアのブレザーに付着していた土が、どういうわけか火星の土に酷似していることに頭を悩ませていたアダムは、それがチリのアタカマ砂漠の土であることをようやく突き止める。そして、その事実がヒントとなり、アタカマ砂漠の土を入れたケージでヨウガントカゲを飼育し、エミーとともに体色変化についての共同研究をしていた男子生徒、アレン・ウィルソンが容疑者に浮上。フラックとジョーによる取り調べを受けることとなったアレンは、教師のコンピューターをハッキングしてテスト問題を盗んでカンニングペーパーを作ったことを認めるものの、オリヴィアに頼まれてしたことだと主張。自分が不正のために利用されていると分かっていながらも、憧れの的であるオリヴィアと一緒にいたいがために彼女の頼みを聞き入れたと説明し、好きな相手を傷つけるわけがないと犯行を否定する。

 

アレンにオリヴィアを殺害する動機がないとは言い切れないものの、彼が殺害現場である女子トイレにいたという証拠も見つかっていない。ふとオリヴィアが持っていた学校新聞の写真に目をやったマックは、オリヴィアとアレンが話す後ろにエミーが写っている点に着目。そのエミーの表情から、彼女が嫉妬からオリヴィアを殺したのではないかと直感する。
マックはジョーとともにエミーに会いに行き、あらためて彼女を追及。「オリヴィアに引かれるアレンを見るのは辛かったはず」と核心を突かれたエミーは、親友のアレンのことがずっと好きだったことを認めると、トイレに隠れていた時、クラスメートと入れ違いにオリヴィアとアレンが入って来てペットボトルを渡すのを目撃したことや、アレンが出て行ったあとオリヴィアと口論になり、自分とアレンの思いを馬鹿にされカッとなって彼女を殺したことを白状。オリヴィアを死なせてしまったことは後悔しているものの、アレンを擁護したことは悔やんではいないと言い切る。そして、大勢の生徒たちが好奇の目を向ける中、署へと連行されていくのだった。


【豆知識】
アド・ヴィタム・パラムス(Ad vitam paramus)

英語の「We are preparing for life」と同意のラテン語で、人生に備えあれという意味。
アーチフォード学園の校章には、この文が盛り込まれていた。

デューイ十進分類法
アメリカの図書館学者メルヴィル・デューイが考案した図書分類法。
リンジーはこの分類法をよく知っていたようだが、ダニーにはさっぱりだった様子で……。

 

【決めゼリフ】
「あんな子たち、チアガールの風上にもおけないわ」by ジョー

エミーへのいじめを悪びれもせずに認めたクラスメートたちを非難するジョーの一言。どうやら、ジョーは学生時代チアガールをしていた模様。「チアガールだったの?」と驚くリンジーに、「とぼけないで。あなたもでしょ?」と返していたが、リンジーがチアガールだったかどうかは不明だ。
ちなみに、ジョーを演じるセラ・ウォードは、アラバマ大学在学時代、本当にチアガールをしていたとのこと。脚本家たちは、そんな彼女の個人的な背景をサラッと台本に反映させたのかもしれない。

 

【ゲスト出演者】
ベン役は、ヴァネッサ・ハジェンズの恋人として知られるオースティン・バトラー。
エミー役は、「CSI:科学捜査班」シーズン10の#13「暴走ストリート」にもゲスト出演し、ホラー映画の絶叫クイーンとしても名高いスカウト・テイラー=コンプトン。

 

【鑑賞MEMO】
ルーシーは公立向き!? アダムは火星の土に四苦八苦

今回は、学園内のいじめをテーマにしたエピソード。「CSI:マイアミ」シーズン9の#14「ハイスクールの魔女」を思い出させる内容だった。

 

ストーリーそのものに新鮮さはなかったが、こちらをニヤリとさせる場面がちらほら。一つは、リンジーとダニーが夫婦揃って学校の図書館を調べるシーン。娘のルーシーの進路についての二人の会話では、進学校に興味のあるリンジーと、公立で十分というダニーの意識の違いが浮き彫りになった。この問題を本気で話し合うのは当分先のことになるだろうが、リンジーとダニー、意外と教育方針の違いでもめたりして!? でも、現時点では意見の違いこそあれ、いまだラブラブの二人。図書館内の個室で何が行われていたのか、二人で実演!

 

そして、今回も絶好調だったのがアダム。“火星の土”に翻弄されてアタフタ。でも、それが砂漠の砂であることを突き止めてガッツポーズ。「参照するサンプルがないから苦労したけどやりました!どうよ~~?」と、マックとホークスの前で自画自賛。マックとホークスのあきれ顔と、慌てて話を本題に戻すアダム、このお決まりの展開にはいつもホッとさせられる。

 

なお、今回リンジーは、オリヴィアが殺されるシーンを目撃した生徒たちのトラウマを心配し、かつて友人が殺害されるのを目撃したことにも言及。シーズン3の#18「死への誘い」でのフラッシュバックシーンも再登場した。ただし……、リンジーの心配はアーチフォード学園の生徒にはあまり必要なさそう。逮捕されるエミーの様子を、ケータイで写しまくっているくらいだから。

2012.4.28|CSI:ニューヨーク7、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/54577398

この記事へのトラックバック一覧です: 4月28日(土) #17「優等生の秘密」(原題:Do or Die):

コメント

コメントを書く