CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 3月10日(土) #22「非常事態発生」

M9_227カ月前、メモ・フィエロらとともにマイアミ西刑務所を脱獄したジャック・トラーが捕らえられ、ホレイショとトリップは、彼をチャーター機でアリゾナからマイアミへと護送する。ところが、飛行機は着陸直前に針路を変更。ホレイショに理由を問われたパーサーが銃を取り出したため銃撃戦となり、機長とパーサーは死亡する。残った副操縦士は本来の目的地であるマイアミ国際空港に飛行機を緊急着陸させるが、トラーは扉を開けて逃走。機長らともどもトラーに買収されていたことを認めた副操縦士は、「エバーグレイズへ向かうよう指示されていた」と白状するものの、正確な目的地は知らされていなかったと話す。

 

その後、トラーの逃走経路で女性の遺体が発見される。どうやら、トラーにカージャックされ、命までも奪われたらしい。そんな中、ナタリアは脱獄時にトラーと同房だったランディ・ノースを署に出頭させる。彼は、4年前に薬物所持の罪でナタリアによって逮捕された人物。仮釈放になってからは、保護観察の身でありながらも会計士の資格を取り、自宅で開業して幼い二人の子どもを真面目に育てている。ナタリアはホレイショとともに彼にトラーの情報を求めるが、そもそもランディはトラーと連絡を取っていないらしく……。

 

カリーとウォルターは、これまでに分かっている情報を整理し、トラーが目指していた小さな飛行場を特定。ウォルターはホレイショとともにこの飛行場に出向き、経営者のマーセルと女性従業員に事情を聞く。しかし、二人とも「着陸予定などなかった」と話し、トラーとの関わりを否定する。

 

やがて、トラーがカージャックした車がシーサイドの廃車置き場で見つかったとの連絡が入り、ナタリア、ウルフ、トリップが現地へ。手分けして周囲を捜索し、怪しい男を捕らえるが、その男の正体は何とランディだった。「子どもたちを襲うとトラーに脅され、仕方なく車の処分に協力した」と語るランディ。この廃車置き場に来る前、トラーをアクシオン・ホテルへ送ったと供述する。

 

ホテルの一室にはトラーとマーセルの姿があった。やはり二人は通じていたのだ。しかし、何らかの取引の分け前をめぐってもめていたのか、マーセルはトラーに射殺されてしまう。その直後、ホレイショ、デルコらがホテルに到着。隠れて一部始終を目撃していた飛行場の女性従業員をバスルームに見つける。さらに、部屋で1枚の偽札を発見したホレイショたちは、トラーとマーセルの取引は偽札絡みと見て女性従業員を署に連行する。

 

一方、トラーとの関わりが児童福祉局に問題視されたランディは緊急審問に臨むこととなり、4年前からランディを知っているナタリアは彼に有利な証言をする。しかし、判事はナタリアの主張を認めず、ランディの親権を剥奪。彼の二人の子どもは里子に出されることとなる。この決定に納得がいかないランディは、「もう一度判事に掛け合ってほしい」とナタリアに頼み込むが、そこにケイリーという16歳の少女がトラーに拉致されたとの連絡が。ナタリアは、ひとまずケイリーの捜査を優先する。
その頃ケイリーは、トラーを乗せた車をある目的地へと涙目で走らせていた。

 

カリーとウルフは偽札を分析し、印刷の状態から、トラーが偽札の精巧な印刷板を持っているに違いないと確信。ただし、偽札に適した紙やインクは持っていないことから、それを手に入れるためにどこかへ向かっているのではないかと推測する。
ホレイショの方は飛行場の女性従業員を厳しく尋問。観念した彼女は、自分が国土安全保障省の偽札調査官レネー・ロックリアで、1年半前に盗まれた100ドル札の印刷版3セットを追って潜入捜査をしていたのだと明かす。要するに、トラーが持っているのは本物の紙幣の印刷板なのだ。レネーによると、印刷板の買い手を見つけたマーセルから仲介料の値上げを要求されたため、トラーは彼を殺したとのこと。そして、逃走前にトラーは、マーセルのそばにかがんで何かを取ったらしいというのだが……。
トラーが取ったものとは何なのか。マーセルの着衣に手がかりを求めたウルフは、ジーンズのベルト通しに付けられたキーホルダーが壊れているのを見て、トラーがマーセルの飛行場の格納庫の鍵を奪ったのだろうと推察。ホレイショとデルコはマーセルの飛行場へと急ぐが、あいにくそこにトラーとケイリーの姿はなかった。けれども、飛行場の事務所のパソコンでマーセルが立ち上げていたテレビ会議のシステムが手がかりとなり、印刷板の買い手は詐欺歴のある投資銀行家バーナード・アシュクロフトと判明。デルコ、トリップ、レネーは彼の自宅へ急行し、トラーの指示で印刷板の運び屋にされたケイリーを宅内に踏み込んで保護するとともに、バーナードのことも逮捕する。
ところが、まだ問題が残されていた。バーナードの手に渡ったケースには、印刷板が2セットしか入っていなかったのだ。トラーは、1セットを持ったまま行方をくらましたということになる。

 

そんな中、ナタリアにはランディから「埠頭へすぐ来いとトラーに電話で脅された」と連絡が入る。ナタリアはホレイショとともに待ち合わせ場所の埠頭へ。ところが、突然ホレイショが撃たれ、ナタリアも背後から銃で殴られてしまう。やったのはランディ。子どもたちを奪われたのはナタリアたちのせいだと逆恨みし、復讐に走ったのだ。ランディはナタリアを車のトランクに閉じ込めると、車ごと海へ。ホレイショは被弾した痛みをこらえながら必死の思いでランディに向けて発砲するが、ナタリアを乗せた車は非情にも海底へと飲み込まれていくのだった……。


【決めゼリフ】
「俺はオバマ大統領。よろしく」by ウォルター

自分は偽札調査官だと明かすレネーの言葉を疑うウォルターの皮肉。
ちなみに、「CSI:ニューヨーク」のホークス役のヒル・ハーパーは、ハーバード大のロー・スクール時代、オバマ大統領とクラスメイトだったとのこと。インテリはドラマの中だけじゃないところがスゴイ。

 

【ゲスト出演者】
トラー役は、「ハーパーズ・アイランド 惨劇の島」のジョン・ウェイクフィールド役や、「バトルスター・ギャラクティカ」のレオーベン・コノイ役、「シャッタード -多重人格捜査官-」のベン・サリバン役などで知られるカラム・キース・レニー。
レネー役は、「弁護士イーライのふしぎな日常」のテイラー・ウェザーズビー役のナターシャ・ヘンストリッジ。
ランディ役は、「ブラザーフッド」のデクラン・ギッグス役のイーサン・エンブリー。
マーセル役は、「ナース・ジャッキー」のモーモー役のハーズ・スレイマン。

 

【鑑賞MEMO】
ホレイショ、今度こそ本当に撃たれた!

オープニングは機内での銃撃戦。スリルのあるアクション・シーンで幕を開けたシーズン・フィナーレ。ホレイショが撃たれてナタリアを乗せた車が海に沈んでいくという、クリフハンガーでの幕引きとなった。シーズン6の最終話も、「ホレイショが撃たれた!? 」というシーンで終わったが、あの時の場合は偽装工作。しかし、今回のホレイショは本当に撃たれてしまったようだ。

 

主役のホレイショが死ぬとは思えないが、ナタリアの方はどうなるのか。あの状況で電話がつながったとしても、応援が到着するまでナタリアの命が持つか疑問だ。今シーズン、演じ手のエミリー・プロクターの妊娠・出産で出番の少なかったカリーの分まで大活躍を見せたナタリア。インチキ霊能者に幻覚剤を盛られたり、連続殺人鬼のサイコ夫婦に殺されそうになったり、脱獄囚に拉致されたりしながらも、ひるむことなく難事を乗り越えてきているだけに、今回も何とか危機を脱してほしいのだけれど……。
そして、被害者たちを残酷に燃やしたことから“焼却炉”の異名を持つ脱獄囚のトラー(演じるカラム・キース・レニーの存在感はピカイチ!)もいまだ逃走中。トリップを怒りでブチ切れさせた彼との決着も含め、すべて次シーズまでお預けかと思うと本当にもどかしい。

 

なお、次シーズンの初回には、何とマリソルが再登場する予定(どんなかたちで再登場となるのかは見てのお楽しみ)。
「24 -TWENTY FOUR-」のトニー・アルメイダ役でおなじみのカルロス・バーナードもホレイショの敵役で登場するというシーズン10に、みなさんどうぞご期待を!

2012.3.10|CSI:マイアミ9、エピソードガイド|コメント(7)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/54187346

この記事へのトラックバック一覧です: 3月10日(土) #22「非常事態発生」:

コメント

ホ、ホレイショ−!?
ナタリア−!?
秋まで待てない。

投稿: ホレイショ好き! | 2012.03.15 22時01分

NEWSで知りましたが……シーズン製作がキャンセルされたらしく……[10シーズン]で終了だそうです。………哀しい寂しい ホレイショに会えなくなるなんて…
NYも危ないらしいけど、新シーズン製作される。ベガスも13シーズンGOサインなのに…

投稿: 凪ぎ子 | 2012.05.15 13時22分

凪ぎ子さんと同じく、NEWSで打ち切りを知りました。次回放送の10で終了なのですね。
同じ終わるなら、唐突な打ち切りではなく、ちゃんと終わりにしてほしいなぁ。クリフハンガー形式は、こういうときにつらいよなぁと思います。10がどういう展開になっているかはしりませんが・・・

個人的にはマイアミは初めてCSIのドラマを見た作品なので、思い入れはあるのですが、正直言って、ホレイショのキャラが最近くどくて苦手になりつつあるので、なんとも言えません。打ち切るまでしなくてもいいのになぁ。撮影にお金がかかっているといわれたらそうだろうなぁと思いますが。

投稿: ゆらら | 2012.05.15 20時23分

マイアミシリーズの終了、とても残念です。
CSIの中でも一番好きです。
ホレイショチーフ、最初は怖くて、とっつきにくかったけど、今では家族ではまっていて
彼の凄みのある台詞をまねしています。

サングラスの奥は穏やかな眼をしていて
子供にはとっても優しいですよね。
納得の行くラストを期待しています。
最初のシリーズからの再放送もぜひぜひお願いします。

投稿: asayan | 2012.05.15 23時08分

こんにちは。
いつもブログを拝見させていただいております。
マイアミシリーズが次回の10で終了とは・・・・・悲しい(T_T)
せめてモヤモヤした気持ちを残さないで終了してほしいっす。

投稿: なみちん | 2012.05.18 11時56分

こんばんわ!いつも拝見させて頂いてます。
CSで見て次が気になるときにいつも見てます。
マイアミが次シーズンで最後なんてとても悲しいです。
私がアメリカドラマにはまったのもCSIマイアミがきっかけですし。
すっきりした最後になることを祈ります。

これかも楽しみにしています。
ありがとうございまいした。

投稿: ピエール | 2012.05.18 20時25分

出来るなら、[第1シーズン]から…再放送をお願いしたいです。

投稿: 凪ぎ子 | 2012.07.14 12時51分

コメントを書く