CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 1月7日(土) #1「34階からの訪問者」

Ny7_01子供部屋で、ルーシーを抱いたケイシーに銃を向けられたダニー。なすすべもない彼の元に、異変に気付いたリンジーが駆けつける。そしてリンジーは、挑発的な態度でルーシーにまで銃を向けるケイシーに我慢ならず、ついに発砲。撃たれたケイシーは死亡し、一件落着する。
5カ月後。リンジーはケイシーの一件における勇敢な行為をたたえられ、警察戦闘十字章を与えられることに。授賞式にはラボの職員ほぼ全員が出席する。

 

その頃、人の出払ったラボには、ステラに代わる新任のCSI捜査官ジョー・ダンヴィルが到着。そこで彼女は、若い女性の刺殺体を発見していた。ラボに戻ったマックも、この珍事には驚愕。ダニー、ホークス、リンジーらも加わり捜査を開始する。

 

遺体の様子から見て、女性は死後8時間以上経過している模様。手荷物を持っていなかったことから、同じビルで働いていた女性と見られ、刺された後、エレベーターに乗って35階のCSIに助けを求めにきた可能性が高いと分かってくる。しかし、本来ならアクセスコードを知らないと、35階にエレベーターを止めることはできないはず。なぜ彼女は厳重な警備をクリアして35階にたどり着けたのか、その疑問をフラックが解く。実は、前夜警備システムに異常が起きていたというのだ。殺人とシステムの異常、これは単なる偶然か?

 

その後、ビルの全フロアをしらみつぶしに調査したCSIは、34階の建築会社の新入社員サラ・ネルソンが被害女性であることを突き止める。そして、現場検証をしたダニーとホークスは、この34階のオフィス内で彼女が刺されたものと特定。一方で、警備システムが停止していたのは午前12:04から1:24で、サラの死亡推定時刻と重なっていたことが判明する。

 

サラの検視を行ったシドは、凶器は2枚の刃があるはさみのようなものと推定されること、片目に繊維のようなものが刺さり点状出血が起きていたこと、彼女が妊娠初期だったことなどを明らかにする。

 

ホークスとジョーはサラの着衣を調べる。ブラウスには犯人の返り血が付着。このブラウスを含む着衣は、どれも彼女の稼ぎに不釣合いな高級ブランドばかりだったことから、ジョーはサラに年上の裕福な愛人がいたのではないかと推察する。

 

一方、リンジーは犯人を殺害した警察官に義務付けられている精神科医のカウンセリングを続けていたが、この日のカウンセリングではいら立ちを見せ、「何も話すことはない」と突然離席。授与された勲章をゴミ箱に投げ入れる。
その後、オフィスに戻ったリンジーは、ステラが送ってきた受賞祝いの小包を開ける。中には、ニューオリンズでチーフとして忙しい毎日を送っていると記された手紙と、額装された「恐れを知る者こそ勇敢である」という言葉が。リンジーはそれを見てため息をつくと一人屋上へ。その様子を見かけたマックは後を追い、「人を殺せば心が揺れるのは当然。恥じることはない」と声をかける。リンジーは、「勲章を首に掛けられた瞬間、初めてあの事件への恐怖を感じた」と拭い去れない記憶に押し潰されそうになっている心情を吐露。マックは、「戦士の精神を持つ君なら必ず乗り越えられる」と励ます。そして、マックと入れ替わりに屋上に現れたダニーは、「生命を奪ったことではなく救ったことが賞賛に値する」と言って、ゴミ箱に捨てられていた勲章を彼女に返す。

 

そんな矢先、アダムはサラのスマートフォンのロックの解除に成功。これにより、彼女は特定の人々と会うのを避けるため、携帯電話のGPS信号で彼らの位置を知るアプリを使っていたことが分かり、彼女が避けていた人物の一人で、2日前に突如頻繁な連絡を途絶えさせたルディ・アロニカが捜査線上に浮上。ジョーが彼を取り調べる。「サラは僕が既婚者であることを好んで付き合っていた。そのため、妻と別れようとしたら離れていき、最終的には妊娠を打ち明けられた。自分はパイプカットしているので、彼女がほかの男の子を身ごもったと分かり打ちのめされた」と胸の内を語るルディ。ガラスの外から取り調べの様子を見守るマックは、彼の無罪の主張を信じる。

 

やがて、サラのブラウスに付着していた血液が、前夜起きた路上強盗の現場の血痕と一致することが判明。さらに、その強盗事件の被害者は、サラの勤める会社の経営者であるテディ・ウェストウィックと分かる。彼いわく、「レストランから出たところをいきなり襲われ、はさみで腕を切りつけられた」とのこと。何とかはさみを奪い取り、犯人の背中を刺し返したが、逃げられたという。犯人に見覚えはなく、サラのことも知らないとウェストウィックは言うが…。

 

リンジーは、強盗現場から回収された凶器のはさみを調べ、付着していた指紋のDNAが、過去12件の高級品専門強盗の犯人のものであることを知る。強盗犯の素性は分かっていなかったが、はさみがサラ殺害の凶器と特定されたことから、指紋の照合の範囲を広げた結果、アレックス・ブロデヴェスキという男がホシと判明。彼が勤めるバーを訪れたフラックとダニーは派手な追跡劇の末、ついにアレックスを取り押さえる。
署に連行されたアレックスは、ウェストウィックの会社に強盗に入るために警備システムを止めたこと、34階に忍び込んで偶然ウェストウィックがサラを殺す現場を目撃したこと、あわてて外へ逃げたものの追いかけて来たウェストウィックにはさみで背中を刺され、身を守るためはさみを奪って彼の手を切り返したことなど、一連の経緯を説明。警備システムを停止させるほどの計画的犯行の凶器がはさみだったことに違和感を抱いていたジョーは、強盗と痴情に基づく殺人が別の事件であることに納得。「それを証明するための証拠がいる」というマックからの指摘を受け、アダム、ホークスとともに実証実験を行う。そして、ウェストウィックが先に攻撃したこと、彼のシャツの袖の内側に滴った血の跡は、サラを刺したからこそ付いたものであることを見事に証明してみせる。さらに、サラの目に刺さっていた繊維は、ウェストウィックが個人事務所で飼っているタランチュラの毛だったことも判明。妊娠を打ち明けてきたサラが邪魔になり、ウェストウィックが彼女を殺害したことが決定的となる。

 

マックとフラックは、ヘリで高飛びしようとしていたウェストウィックを、彼の個人事務所があるクライスラービルの屋上で追い詰める。逃げ場を失い、思わず隠し持っていた銃に手を掛けるウェストウィック。その瞬間、マックとフラックがすかさず発砲。サラ殺害事件は、被疑者死亡というかたちで幕を閉じる。

 

こうして、目まぐるしいニューヨークでの初日を過ごしたジョー。ヴァージニアとの違いに驚きつつも、マックの歓迎には笑顔で応えるのだった。


【豆知識】
警察戦闘十字賞

Police Combat Cross。ニューヨーク市警(NYPD)において、上から2番目にあたる勲章。最高位の勲章はMedal of Honor(名誉勲章)。

 

【決めゼリフ】
「このメダルは、命を奪ったことじゃなくて救ったことをたたえてるんだ」by ダニー

ほかに選択肢がない状況だったとはいえ、ケイシーを殺したという事実の重みに苦しむリンジー。そんな彼女のことを「戦士」と励ますマックのセリフも良かったが、夫としてリンジーに寄り添うダニーのセリフが心に響いた。

 

【新レギュラー】
ジョー・ダンヴィル役は、自身がレギュラー出演したTVドラマ「Sisters」と「Once and Again」でエミー賞ドラマ部門主演女優賞を受賞している演技派女優セラ・ウォード。

 

【鑑賞MEMO】
ステラはニューオリンズへ。代わりにジョー・ダンヴィルがチームに加入

前シーズンのフィナーレでは、ニューヨークを去るそぶりも見せていなかったステラだが、今はニューオリンズのチーフに。栄転という喜ばしい理由ではあるが、彼女が突然いなくなってしまったのが寂しくて仕方がない。
けれども、代わりになかなか個性的な新入りがチームに加わった。その名はジョー・ダンヴィル。元FBIで豊富な知識を持つクールな女性だ。「死体は持ち込み制?」とダニーたちに冗談を飛ばしたり、アダムをからかってみたりと、なかなかユニークな一面も。ヴァージニアとニューヨークの違いに戸惑いながらも、ひるむところを見せない彼女、ステラに負けず劣らず芯の強そうな女性だ。彼女がメンバーたちといかに関係を築いていくのか、この先が楽しみだ。

 

なお、ケイシーの事件については、ルーシーやダニー、リンジーが撃たれたという展開ではなかったことに安堵。けれども、家族を守るためだったとはいえ、人の命をあやめてしまったリンジー。勲章を受け取って始めて、その事実の重みと向き合うことになったよう。かつては殺人を目撃するという衝撃的な経験を乗り越えている彼女だけに、今回の件も何とか折り合いを付けて成長の糧にしてほしい。

2012.1. 7|CSI:ニューヨーク7、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/53677963

この記事へのトラックバック一覧です: 1月7日(土) #1「34階からの訪問者」:

コメント

ドラマが長期に続けば、キャストが交代するのが常ですが…。ステラの扱いがちょっとねぇって感じです(+_+)。“大人の事情”とががあったのかな。マイアミのアレックスみたいに降板後の出演してくれるのを期待してるんですけど…。
話は違いますが、CSI:NYのラボって複合ビルのとある一階にあったのね。知りませんでした(*^_^*)。深く考えた事がありませんでした。
マイアミはマイアミ・デイト署の外観が出ているからイメージあるけど。そう言えばベガス署の外観を見た覚えがない…(^_-)-☆。

投稿: Kぴ | 2012.01.08 15時39分

ジョー・ダンウ゛ィル、好きなキャラかな! ステラ降板は残念だけど彼女(メリーナ)が決めた事だから仕方ないですね。

投稿: ダニーLOVE | 2012.01.08 21時32分

コメントを書く