CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 12月3日(土) #9「天使が生まれた日」

M9_09ホレイショは、私用で任務を離れ、車である場所に向かおうとしていた。ところが、目の前に助けを求めるランナーが現れる。道路脇の土手で重傷を負った妊婦を発見したというのだ。彼の案内で妊婦の元に駆けつけたホレイショは、すぐに救急車を呼んで彼女を病院に搬送する。
所持品から、被害者は妊娠8カ月のヘザー・チャップマンと判明。携帯電話のメールの記録から、直前にマーシーという女友達とケンカをしていたらしいと分かり、ウルフとウォルターが彼女を署に呼んで尋問する。マーシーは、「不妊治療に苦しんできた自分とは対照的に、ヘザーは完璧な夫と結婚してすぐに妊娠した」と敵意とも取れる言葉を口にするが、彼女を傷つけたりはしないと言う。

 

やがて、ヘザーの夫のゲイリーと、彼と前妻の間の子でヘザーにとっては継子にあたるジョシュが病院にやって来る。病院に詰めていたカリーは、彼らを病室へと案内する。

そんな中、ナタリアとウォルターは現場付近を調査。血痕をたどるうち、停車中のヘザーのメルセデスが故意に追突を受けた痕跡を確認する。どうやら、ヘザーはカージャックの被害に遭ったらしい。緊急配備でテールランプの割れたメルセデスを捜索すると、程なくして該当の車が。ホレイショらはそれを追跡。最終的には、トリップの車が正面衝突して強引に車を止めるが、犯人2名は車を降りて逃走。とあるクラブのパーティー会場に紛れ込む。ホレイショとデルコも彼らを追ってパーティー会場へ。腕力を駆使して犯人の一人ルーベン・フランコを捕らえるものの、もう一人の犯人は取り逃がしてしまう。

 

フランコたちが奪ったヘザーの車を調べていたウルフとウォルターは、エアバッグが取り外されていること、車体の側面に鍵のようなもので傷を付けられた跡があることに気付く。エアバッグについては、追突時に開いたために運転の邪魔となり、犯人たちが捨てたものと思われるが…。

 

一方、フランコは相棒の名前を「知らない」と言い張っていたが、パーティー会場で押収された銃が決め手となり、もう一人の犯人は前科持ちのサム・ノバクと判明。ホレイショは、逮捕時に負ったケガを診せるため病院に連れて行かれることになっていたフランコをナタリアに引き留めさせ、「ノバクはどこだ?」と自らのハマーに閉じ込めて脅しにかかる。ホレイショが本気だと悟ったフランコは、ノバクが盗んだ車をとある解体屋に持ち込むつもりでいたことを明かす。
ホレイショとトリップは、SWATとともに解体屋へ。そこにノバクの姿はなかったが、ヘザーの継子のジョシュがいた。彼はここで働いているのだ。さらに、何者かが隠し撮りしたヘザーの写真が見つかり、ジョシュが誰かを雇ってヘザーを襲わせた可能性が出てくる。けれども、署に連行されたジョシュは、父親に車を買ってもらえない腹いせに、ヘザーのメルセデスに鍵で傷を付けたことを認めるだけで、暴行については否定する。
ホレイショは、隠し撮りされたヘザーの写真、およびフランコとノバクの顔写真を手に病院へ。ゲイリーがそれらをヘザーに見せる。その結果、隠し撮りの現場は、2日前にマーシーと食事をしたレストランで、ノバクはマーシーのパーソナルトレーナーだったことが明らかに。一気に、マーシーへの疑いが強まるが、本人は関与を認めようとせず…。

 

そんな矢先、隠し撮りされたヘザーの写真に白い筋のような傷を見つけたウルフ。意外なことに、ノバクがクラブでの逃走時に投げつけた写真にも同じ傷があると分かる。その写真を撮ったのは、クラブで昼間の支配人を任されている自称カメラマンのヴィッキー。調査の結果、彼女のカメラ固有のセンサーの欠陥により写真に傷が入ったことが確認される。ヴィッキーは、以前付き合っていたノバクにヘザーを撮るよう頼まれただけだと語るが、「ヘザーが亡くなれば重罪謀殺の罪に問われる」とウルフに詰め寄られると、共犯にされたくない一心でノバクの所在を吐く。
ホレイショとデルコは、さっそくノバクが潜伏しているモーテルへ。逃走を図ろうとする彼を取り押さえるとともに、部屋でヘザーの車のものらしきエアバッグを回収する。

 

ノバクはそのまま署に連行されるが、そこにナイフを手にしたゲイリーが襲いかかる。妻を瀕死の状態にした犯人への敵討ちだ。結局、ホレイショとデルコの介入により事なきを得るが、当然ながらゲイリーは逮捕されてしまう。

 

その後、ホレイショとデルコは、モーテルの部屋から回収したエアバッグが確かにヘザーのメルセデスのものであることを確認。どういうわけか、エアバッグが開いていないことに目を付けたホレイショは、車のチルトレバーを削り取ることで、ハンドルの角度が低い位置に固定されるよう細工されているのを見抜く。この状態で追突されたら、ヘザーのお腹の子に危害が及ぶ。要するに、車に細工した人物の目的はお腹の子を死なせることだったのだ。
犯人の目的を知ったホレイショは、即座にゲイリーを疑う。彼が一度も胎児の心配を口にしなかったことを思い出したのだ。そこで、ノバクを襲おうとした際にゲイリーが持っていたナイフの刃型とエアバッグの傷を照合。それが見事一致し、すべてはゲイリーの仕業と分かる。

 

証拠を突きつけられたゲイリーは、「先妻との離婚原因は、ジョシュが生まれた途端、夫婦ケンカが絶えなくなったから。子どもは疫病神」と供述。産まれてくる子どものせいでまた妻の愛情を失うことを恐れ、ヴィッキーに相談の上で当て逃げを依頼したことを白状する。本来、ゲイリーの目的はヘザーを流産させることだけだったが、ヴィッキーが犯行を依頼したノバクとフランコはヘザーに暴力を。この点はゲイリーの誤算だった。

 

その間、ヘザーは生死をさまよっていたが、手術で一命を取り留め、帝王切開によって無事女の赤ちゃんを出産。ずっとヘザーに付き添ってきたカリーも赤ちゃんの誕生を祝福する。
そしてホレイショは…、マリソルが眠る墓地へと向かう。奇しくもその日はマリソルの誕生日であり、そもそもホレイショの“私用”とはマリソルに誕生祝いを言いに行くことだったのだ。ヘザーの赤ちゃんがマリソルの生まれ変わりのように思えたのか、君のようなかわいい女の子だったと報告するホレイショ。墓前に腰を下ろし、マリソルを思い浮かべながら空を見上げるその顔に、優しさが戻るのだった。


【豆知識】
DIC

播種性血管内凝固症候群。さまざまな重症の基礎疾患のために、過剰な血液凝固反応活性化が生じ、血管内に微小血栓が多発、臓器不全などの障害が起き、出血傾向の見られる予後不良病態のこと。
ヘザーを診ていた医師は、彼女の腕に表れたアザを見てDICを疑った。

 

【決めゼリフ】
「もし、この赤ん坊が命を落としたら、お前はバラバラ死体になってビスケーン湾に浮かぶ」by ホレイショ

このセリフの直後、ハマーのドアをナタリアに閉めさせたホレイショ。彼の脅しにフランコも完全に震え上がった!

 

【ゲスト出演者】
ゲイリー役は、「ゴースト ~天国からのささやき」のジム・クランシー役のデヴィッド・コンラッド。
マーシー役は、「TRU CALLING トゥルー・コーリング」のメレディス・デイビーズ役のジェシカ・コリンズ。
ヴィッキー役は、「リスナー 心を読む青い瞳」のチャーリー・マークス役のリサ・マルコス。
ドクター役は、「デクスター ~警察官は殺人鬼」のラモン・プラド役のジェイソン・マヌエル・オラザバル。
ヘザー役は、「失踪-VANISHED」のサラ・コリンズ役や「ウェアハウス13 ~秘密の倉庫 事件ファイル~」のマイカ・ベリング役などで知られるジョアンヌ・ケリー。

 

【鑑賞MEMO】
通算200話到達!

今回のエピソードで通算200話に到達した「CSI:マイアミ」。記念エピソードだからといって豪華な仕掛けがあったわけではないが、ホレイショの回想としてマリソルが登場するなど、節目を意識したプロットとなっていた。エンディング、マリソルの墓前で彼女を思いながら空を見上げるホレイショの表情は最高!
…が、今回もホレイショは凄みがパワーアップ。特に、ハマーの中でのフランコへの脅しっぷりには、やり過ぎのきらいが。お目付役だったリックがいなくなったこともあり、ホレイショったらやりたい放題!? これ以上エスカレートして、彼の紳士的な部分までもが損なわれていくのは、正直言ってあまり見たくない。

 

一方、存在感が光ったのはカリー。エピソードの中では、終始重傷を負った妊婦ヘザーに付き添っていたが、演じるエミリー・プロクターはこの時妊娠中。それだけに、ヘザーの望みに応じて祈りの言葉を捧げるシーンや、無事に産まれた赤ちゃんを抱くシーンには、エミリー自身のリアルな感情が反映されていたように思えた。妊娠のせいでふっくらした彼女だが、表情の美しさは変わらないし、より一層輝いているようにすら見える。

 

なお、今回ヘザーは妊娠8カ月とのことだったが、産まれた赤ちゃんは意外と大きくてビックリ。それもそのはず、アメリカと日本では妊娠月数の数え方が違うのだ。おそらく、日本の妊娠月数で言えば、ヘザーは妊娠9カ月の後半くらいだったのでは?

2011.12. 3|CSI:マイアミ9、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/53393610

この記事へのトラックバック一覧です: 12月3日(土) #9「天使が生まれた日」:

コメント

マリソルの誕生日って……………

投稿: ホレイショ好き | 2011.12.05 21時42分

何か変だと思ったら、放送順が入れ代わってるんですね。

米国放送では、8話目が「天使が生まれた日」で、9話目が「砂糖地獄」です(つまり、通算200話目に相当するのは「砂糖地獄」なんですよね…)。まあ、どっちでも問題ないけど…。

投稿: ジョン・ドゥ | 2011.12.15 09時17分

ジョン・ドゥさん、現地で200話目エピソードとして放送されたのも「天使が生まれた日」になります。
ただし、本国では制作順と放送順が一致せず、199話目での放送でした。そのため、日本語版では放送順でも200話目となるように8話と9話を入れ替えて放送したのだと思います。

投稿: Lumi | 2011.12.15 09時45分

コメントを書く