CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 7月9日(土) #12「1/100のマジックショット」

Lv10_12コッパー・グレン・カントリークラブで開催中のプロゴルフ・トーナメントの2日目、カートに乗った男性の死体がOBエリアで発見される。被害者は、クラブ会員で元プロゴルファーのラッセル・ハントリー。死亡推定時刻は前日深夜で、死因は銃創と思われたが、後の調べで鋭器損傷と判明。ただし、凶器と思われるクラブのシャフトは見当たらず、犯行現場も不明のままだ。

ブラスは、ラッセルの元妻ミッシェル・ナガノに話を聞く。彼女によるとラッセルを最後に見たのは前夜のクラブハウスでのパーティー。ラッセルは、今回のトーナメントにも出場しているプロゴルファーの息子、ダニー・ナガノの初日首位の好成績に文句を垂れた挙げ句、彼とミッシェルのことを罵って出て行ったという。どうやら、ダニーは父親のラッセルと折り合いが良くないらしい。ダニーがあえて継母であるミッシェルの名字を名乗っているのもそのせいだろう。
その後、ブラスはトーナメントの2日目のプレーを終えたダニーを捕まえ、彼にも事情を聞く。その日のスコアは散々だったダニー。継母ミッシェルと同様、昨晩のパーティーで父親と口論になったと語るだけだった。

 

調べは進み、ラッセルの死体のそばにあった種類の異なる2つのゴルフボールのうち、1つにはラッセルの指紋が、1つにはダニーのキャディーを務めるジョン・デューデックと西ラスベガス大学物理学部の女子学生でミッシェルの妹のエリン・ナガノの指紋が付着していたことが判明。まずはニックが西ラスベガス大学のラボでレーザーの実験中のエリンを訪ね、彼女に事情を聞く。エリンは、「験を担ごうとするダニーのため、トーナメントのたびにゴルフボールをプレゼントするのがお決まりになっていたが、なぜダニーにあげたボールをラッセルが持っていたのかは分からない」と話す。
その後、グレッグの調べで、ダニーのキャディーのジョン・デューデックは以前プロゴルファーで、親友だったラッセルにドーピングを告発されたために引退を余儀なくされたことが分かってくる。ラングストンは、さっそくデューデックに会いに行くが、彼もまた、なぜ自分の指紋が付いたボールをラッセルが持っていたかは分からないと言い…。

 

やがて、ラッセルの着衣のポケットに入っていたスポーツ賭博のチケットが手がかりとなり、彼が第1ラウンドで息子のダニーがスコアを崩す方に5,000ドルを賭けていたことが明らかになる。けれども、その日のダニーのスコアは61という驚異的な数字。ラッセルは大損したことになる。もしや、ダニーは何か反則をして好成績を出したのだろうか? そして、それが父親にバレたために彼の口を封じようとしたのだろうか?
ラングストンとニックはダニーのボールやクラブを調べるが、どれも異常なし。ダニー自身の薬物検査の結果も陰性で、彼の不正行為を否定する証拠がそろう。しかし最終的には、飛距離が伸びるようレーザーでコアに細工を施したボールが使われていたことが判明。大学のラボでレーザーを扱っているエリンならボールへの細工が可能と見たニックは、彼女がデューデックと結託してダニーを勝たせようとしたのではないかと推測する。
取り調べでは、エリンもデューデックもボールへの細工を認めるが、殺人には関与していないと主張。事件当夜、2人がセックスに興じている様子がエリンのラボの研究記録用ウェブカメラに録画されていたため、彼らのアリバイは決定的なものとなり、ここで捜査は行き詰まる。けれども、ホッジスが突破口を開く。ラッセルの靴底に付いていた芝生がカビに冒されていたことを突き止めたのだ。これにより、犯行現場は第2コース裏のプライベート練習場である可能性が高まる。
サラとグレッグは練習場へ。そこにはラッセルのゴルフバッグ、折れたクラブのシャフト部分などがあり、地面には血痕が。さらにコンクリートにはドライバーのヘッドの塗料と見られる赤い痕跡が付着しているのが見つかり、ここが犯行現場だと特定される。そして、練習場の利用記録に名前が残されていたことから、今度はダニーが取り調べを受ける。ダニーは、パーティーの後で父親に呼び出されて実は練習場に行っていたことを白状。細工されたボールを目の前で打って反則の事実を突きつけられた上で、「競技委員に申し出ろ」とラッセルに詰め寄られたが、反則には身に覚えがないことから地面にクラブをたたきつけながら喚き散らす父をその場に残して立ち去ったと語る。その際ダニーは、継母のミッシェルとすれ違ったようだが…。
ブラスはあらためてミッシェルにも事情を聞く。「気晴らしをするため練習場に向かったが、ダニーとすれ違ったので彼を追ってクラブハウスに戻った」と説明するミッシェル。ラッセルに何が起きたかは知らないと、彼女も事件への関与を否定する。
CSIは、ダニーとミッシェル、どちらかが相手をかばっているか、2人で共謀してラッセルを殺したかの2つに1つと推察。練習場で何者かに首を刺されたラッセルは何とか自力でカートに乗ったが、途中で力尽きてしまったのではないかと見て、現場付近を捜索。ようやく凶器のクラブヘッドを探し当てる。しかし、凶器から検出されたのはラッセルの指紋のみ。一同はすっかり落胆するが、そこでラングストンがシャフトに残っていたラッセルの掌紋の向きから大胆な推理を展開する。それは、ラッセルが怒りにまかせてクラブを地面にたたきつけた際、ヘッド部分が折れて自分の首に突き刺さってしまったというもの。ガレージでロボットを使って実証実験を行ったラングストンは、その推理が正しかったことを証明してみせる。要するに、ラッセルの死は事故死だったのだ。


【豆知識】
プロプラノロール

CSI:ニューヨークのシーズン3#15「五番街のゴースト」にも出てきたベータ遮断薬。不整脈、高血圧、心筋梗塞などの治療に用いられる薬で、トラウマ治療にも効果があるとされている。
デューデックは、この薬物を用いたためにプロゴルファーを続けられなくなったとの設定。
ちなみに、全米プロゴルフ協会(PGA)では、2009年、初めてドーピング違反者(ダグ・バロン)を処分している(1年間の出場停止)。

 

【決めゼリフ】
「あ~、答えはゴルフコース」「ハイオー!」by ホッジス&デヴィッド

犯行現場を突き止めてくれとキャサリンに言われた際のホッジスの返答と、それを受けてのデヴィッドの一言がこのセリフ。実は、この2人のやりとりはアメリカの深夜トーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」でジョニー・カーソン演じる“Carnac the Magnificent”(偉大なるカルナック)というキャラクターとアシスタントのエド・マクマホンが繰り広げたやりとりのパロディ。

 

【ゲスト出演者】
ダニー役は「ヴェロニカ・マーズ」のローガン・エコールス役のジェーソン・ドーリング。
デューデック役は、「マイ・ビッグ・ファット・ライフ!」のトーマス・ミラー役や「Lの世界」のヘンリー役で知られるスティーヴン・エクホルト。
ミッシェル役は「新スタートレック」「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」でケイコ・オブライエンを演じていたロザリンド・チャオ。
ラッセル役は、「犯罪捜査官ネイビーファイル」のA・J・チェグウィデン役で知られるジョン・M・ジャクソン。
そのほか、プロゴルファーのナタリー・ガルビス、ロッコ・メディエイト、ダフィ・ウォルドルフ、ケビン・ナらが本人役でゲスト出演。

 

【鑑賞MEMO】
現役プロゴルファーが続々本人役で登場!

今回のエピソードの舞台はゴルフの世界。美人ゴルファーとしても知られる実力派ナタリー・ガルビス(パーティーシーンに登場)をはじめ、ロッコ・メディエイト(死体にボールを打ち込んだゴルファー)、ダフィ・ウォルドルフ(パーティーでスピーチ役を務めたゴルファー)、ケビン・ナ(サインを求められたと勘違いしたゴルファー)ら、現役プロゴルファーが続々と本人役で登場! ゴルフファンにはたまらない、かなり豪華な顔ぶれとなった。
そして、ラングストンはゴルフについての知識を披露。凝り性の彼は、集中力が求められる上に“中毒性”が高いゴルフを“ハマり過ぎてしまう危険性のある趣味”と自覚しているようだったが、そうは言ってもすでにゴルフに関する詳細な知識を蓄えている様子だった。一方、試打ではニックがなかなかのナイスショットを披露!

 

キャサリンは、ゴルフではなく人心掌握の分野でその手腕を発揮。ホッジスを無能呼ばわりして、逆にやる気を引き出すとはさすが。キャサリンいわく「侮辱されるとやる気になるタイプ」というホッジス。何だかんだ言っても結果を出すところはすごい。

 

今回もサラが登場したが、サラの出番が増えるとグリッソム絡みの話題が多くなるのがうれしいところ。グレッグとの会話では、夫婦円満をアピールしたサラ。グレッグは、いまだにグリッソムとサラが夫婦であることが信じられないようだが、とにかくサラの表情を見れば彼女が幸せであることは疑う余地もなし。今後も、サラを通してグリッソムの存在を感じ続けていくことができれば…と願ってやまない。

2011.7. 9|CSI:10 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/52135430

この記事へのトラックバック一覧です: 7月9日(土) #12「1/100のマジックショット」:

コメント

本編終了後のサブキャラのキャストがhimself,herselfばかりなのがちょっと笑えました。ゴルファーだったのですね、正直判らなかった(^^;)
ナタリー・ガルビスだけは分かりました。アプレンティスに出てましたもんね。

投稿: ぷー | 2011.07.12 21時07分

良きにせよ、悪きせよ、1/100のマジックショットってあるんだなって納得しました。
私的には良い意味で1/100のマジックショットがあってほしいのですが(*^_^*)。

投稿: Kぴ | 2011.07.14 11時06分

コメントを書く