CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 5月21日(土) #20「埋もれた英雄」

Ny6_21ブルックリンの工事現場で、作業員たちがスト破りをめぐって対立。レスターはドリルを手にスト破りをしたジミーを追いつめ、仰向けに押さえつけた彼の身体のすぐ脇のコンクリートをドリルで削岩するという脅しに出る。すると、ジミーにドリルを当てたわけではないのに、どういうわけか血しぶきが上がる。コンクリートの下に何か埋まっているようだ。通報を受けて現場に駆け付けたCSIは、その血が人間のものであることを確認。地中レーダーで、コンクリートの下に埋められた死体を見つける。その体勢が防御姿勢だったことから、マックは中の人間は生き埋めにされたものと見るが…。

現場検証を進めるうち、夜には施錠してあった防犯ゲートが朝開いていたことや、入り口のチェーンロックが壊されており、工事車両とは異なるタイヤ痕が残されていたことなどが明らかに。後のリンジーの調べで、チェーンは黒のプッシュバンパーを付けた大型車によって引きちぎられたと見られるのに対し、残されていたタイヤ痕は小型のスポーツクーペのものだったことが判明。侵入した車は2台だった可能性が出てくる。
一方、死体は周囲のコンクリートごと掘り出され、ラボのガレージに運び込まれる。超音波画像から、被害者は身長約188cm、体重約90kgの男性と判明。ホークスとシドはコンクリートを丁寧に削り、男性の顔部分を露出させる。死因はコンクリートの塊による窒息。マックの読み通り、生きたまま埋められたことが分かってくる。
CSIは、被害者の身元を特定すべく指紋を照合するがAFISにヒットなし。工事関係者にも行方不明者はいないと分かるが、被害者の死体の爪からスカイハイ治療センターで処方されている医療大麻が見つかり、購入者リストから被害者と特徴が一致するコルビー・ジェンキンスが捜査線上に浮上する。フラックたちはさっそくコルビーのアパートへ。そこには、直前まで誰かがいた形跡が残されていたが、人の姿は見えず。けれども、程なくしてコルビー本人が戻ってくる。彼は、脳腫瘍のため医療大麻を使用しているとのこと。被害者の顔写真を見て「グラディエーター」だと話す。本名は分からないが、とにかく生前被害者はそう呼ばれていたらしい。
一方、死体まわりのコンクリートを取り除く作業が進み、被害者はコルビーの言うように本当に「グラディエーター」の扮装をしていたことが明らかになる。また、手にはボクサー特有のケガが見られ、脳出血もしていたことが判明。マックは、被害者がアマチュア・ファイティング連盟で3回チャンピオンになったボクサー、ジョー・ザ・グレディエーター・カーセッジではないかと気付く。そして、彼のトレーナーだったテリー・ガインズを訪ねて写真を見せ、確かに被害者はジョーであることを確認する。テリーによると、ジョーは試合で脳に損傷を負ったため、2度とボクシングできない身体になり引退していたとのこと。彼は皆から尊敬されており、敵はいなかったというが…。


その後、マックはジョーが用心棒兼雑用係として働いていたバーを訪ね、ウェイトレスのイヴォンヌに話を聞く。そして彼女の供述から、ある晩、ジョーがイヴォンヌに絡んだアレックス・コントゥーシとリック・コントゥーシの兄弟とトラブルになっていたことが判明。フラックはアレックスを、ステラはリックをそれぞれ署で尋問するが、兄弟はジョーを痛めつけようと企んだものの、グラディエーターの格好でバーから出てきた彼の姿に威圧されて、実は引き下がっていたことを告白。彼らはシロと分かる。
やがて、ジョーの甲冑に刺さっていたガラス片が、スイッチひとつで色を変えることができるブレーニーシェードと呼ばれる特殊ガラスと分かり、ニューヨーク周辺でこのガラスを使用している7つの物件のうち、空きオフィスとなっているミッドタウンの物件が犯罪現場である可能性が浮上。ダニーとホークスは該当の空きオフィスへ向かう。そして、壁にルミノールを噴射し、壁一面に血痕の痕跡が見られることを確認。天井にはカメラが設置されていたことから、ここで行われた一部始終を誰かが見ていた可能性が高いと見る。
その後、ダニー、ホークス、リンジー、アダムの連携により、空きオフィスの壁の血痕はジョーのものであり、ほかの人物の血痕の付着も見られたこと、ジョーの肩に刺さっていた骨がバイキングの兜に使われる鯨の骨で、空きオフィスの壁にも同じ骨が刺さっていたこと、さらに空きオフィスの壁には、バイキングの盾に見られる紋章の跡が残されていたことなどが明らかに。空きオフィスで行われていたのは、コスプレ・レスリング、その名も「流血のバトル」と判明する。ネット配信されて人気を博している「流血のバトル」にはスポンサーが付いており、かなりの大金が動くことで知られているが、ジョーはなぜ頭を殴られるリスクを知りながら試合に出たのだろうか?
その後、空きオフィスの天井のカメラの送信先IPアドレスから、「流血のバトル」のプロモーターのアル・ブランソンの居所が分かり、ステラはフラックとともに彼の元へ。ブランソンは、ジョーと“バイキング・モウラー”という名のレスラーを空きオフィスで対戦させたことを認めるが、バトル終了後もジョーは生きていたと言って、自分の潔白を主張。事実、これから配信される予定だったグラディエーター対バイキング・モウラーの対戦映像をチェックした結果、確かにバトル後もジョーが生きていたことが確認される。おそらく、ジョーはバトルで頭を殴られて脳出血を起こしたものの、その影響が現れたのはしばらくしてからだったのだろう。バイキング・モウラーは、意識を失ったジョーが死んでいるものと勘違いして、焦って死体を始末したのかもしれない。CSIは、バイキング・モウラーの身元の割り出しを急ぐ。
やがて、ブランソンの携帯電話の通信記録から、バイキング・モウラーの身元は保険会社勤務のエリック・オーヴァーソンと分かり、マックは彼を署に呼び出して取り調べる。しかし、オーヴァーソンはジョーの身体の事情など知らなかったと釈明。ジョーを殺してもいないし、死体を工事現場に運んでもいないと訴える。


そんな中、ジョーの死体が埋められていたコンクリートの中から、アマチュア・ファインティング連盟のペンダントが見つかる。それには「T・G」のイニシャルが。これにより、ジョーの死体を埋めたのは彼のトレーナーのテリーで、彼がブランソンと何度もメールで連絡を取り合っていたことが明らかになる。マックはジムへ行って、証拠のペンダントをテリーに突きつけると、一連の事件について追及。最初は何も知らないとはぐらかすテリーだったが、最終的にはジョーに目を付けたブランソンと結託し、金儲けのためにジョーに今は健康体だと思い込ませて、家族同然だった彼にバトルをさせたことを認める。「俺はジョーが死ぬ前に威厳を取り戻してやったんだ」と開き直るテリー。そんな彼にマックは、「(ジョーは)死を迎える最期の一瞬まで、決して諦めなかった。死んじゃいなかった」と告げる。ジョーを生き埋めにしてしまったとここで初めて知ったテリーは、無言のまま抵抗もせずに逮捕に応じるのだった。


【豆知識】
グラディエーター

古代ローマの戦士、剣闘士のこと。

 

マペット・ベイビーズ
映画製作者、TVプロデューサーとしても活躍した操り人形師ジム・ヘンソンによるアニメ。
容疑者に浮上したコルビーは、このアニメにハマっているとダニーに話した。

 

【決めゼリフ】
「ヤブに潜むヘビのように、ただ金欲しさにジョーのバトルへの情熱につけ込んだんだ」 by マック

家族同然だったジョーを金儲けに利用したテリーに対する、マックの一言。ボクシングのファンでもあるというマック。ジョーのアパートを訪ねるシーンでは、かつて栄光を手にした1人のボクサーに対し、畏敬の念を抱いているように見えた。金に目がくらんでジョーを死に追いやったテリーに対して手厳しい言い方になるのは、当然のことかもしれない。

 

【ゲスト出演者】
テリー役は、「バトルスター・ギャラクティカ」のジャック・フィスク役などで知られるグレアム・ベッケル。
ブランソン役は、「CSI:マイアミ」のラボスタッフ、ダン・クーパー役でお馴染みのブレンダン・フェア。

 

【鑑賞MEMO】
マックはボクシング好き

今シーズン、レースファンであることが明らかになったマック。実はボクシングも好きであることが分かった。1人のボクシングファンとして、ジョーとは家族同然だったトレーナーのテリーが、金儲けのために彼を死に追いやった今回の事件には、随分と心を痛めていたようだ。
そして、テリーとともにジョーを金儲けに利用したブランソン。演じていたのは「CSI:マイアミ」のラボスタッフ、ダン・クーパー役のブレンダン・フェア。こんなかたちで彼がNYに出演するなんて意外!

2011.5.21|CSI:ニューヨーク6、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/51728704

この記事へのトラックバック一覧です: 5月21日(土) #20「埋もれた英雄」:

コメント

マックって意外と多趣味ですよね…(^。^;)

投稿: ぎっちょ | 2011.05.22 22時22分

なにこれやるせない(´;ω;`)ジョーはもう一度ボクシングをしたかった。それが出来て良い戦いがしかも勝ってその時は胸がいっぱいだったと思う。
テリーは生き埋めだったと知ってどう思ったのか・・・。ジョーはバーでも優しくてかっこよくて・・・すげーやるせない・・・。そしてジョーの顔が性格がちょっと私の父に似ててやるせないw
これはなんだか泣いてしまった。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

投稿: 子犬 | 2011.10.18 12時27分

コメントを書く