CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 3月19日(土) #22「破壊の前兆」

※東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

M8_22_aローラ・ウィリアムズとチャック・ウィリアムズ夫妻の結婚20周年パーティーが開かれる。娘のアンドレアと息子のコーディ、そして大勢のゲストに祝福されてパーティーは盛況に終わるが、その直後、ローラが家の外で何者かに撲殺される。9度の殴打の跡から見て、恨みを持つ者による犯行の可能性が高い。
殺害時、ローラは家のライトを壊した犯人をビデオカメラに収め、警察に突き出すための証拠にしようとしていた模様。あいにく、ビデオに犯人の姿は映っておらずパーティーの様子が中心だったが、夫のチャックがブリジットという女性と怪しい雰囲気で映っているのが確認される。

チャックは第一容疑者として取り調べを受けることに。「奥さんに浮気を疑われて追い出されたため、腹を立てて殺したのでは?」とジェシーは彼を追及するが、「ブリジットはコーディの先生であり、コーディの話をしていただけ」とチャックは主張。同様にチャックとの関係を否定したブリジットは、コーディは虐待されている疑いがあると指摘する。
その後の調べで、先月、911に無言電話があって、パトカーがウィリアムズ家に行っていたことが判明。例のビデオに手がかりを求めたCSIは、ビデオを詳しく分析する。ラッキーなことに、カメラの消去ヘッドが壊れていたのか、上書きされる前の映像がかすかに残っており、ベントンがその映像を補正処理することに成功。感謝祭の日に、娘のアンドレアが母親のローラに虐待されている姿が撮影されていたことが判明する。
ウルフとウォルターは殺害現場を徹底的に調べ、通りに止めてあるチャックの車のフロント部分に飛沫血痕を見つける。ローラが倒れていた位置から考えると、車は後から現在の位置に動かされた可能性が高い。しかし、チャックは「車はずっとここにあった」と供述している。彼が何か隠していると見て、ホレイショとウルフはあらためてチャックを尋問。「救急車が来たときに備えて場所を空けようとして動かしただけ」と弁明するチャックに対して、ホレイショはローラがアンドレアを虐待していた事実についても追及。チャックは、あくまでもしつけの範疇で虐待ではないと言うが…。
ホレイショとナタリアは、ボーイフレンドのローガンと一緒にいるアンドレアに会いに行き、虐待について事実確認を行う。アンドレアは、「以前ローガンに会いに行こうとした際、母親に見咎められてベッドに手錠で繋がれた」と告白。ほかにも母親から様々なお仕置きをされており、911に無言の通報をしたこともあると話す。ローガンは母親が死んでもなお怯えているアンドレアを気遣うが、そんな彼の靴にガラスの破片が。どうやら、殺害現場で壊れていたライトの破片のようだ。
そんな中、ローマンの検視により、ローラの殺害に使われた凶器は直径およそ7、8cmの丸い金属と判明。それが金属バットだと気付いたカリーは、大学の野球部の選手であるローガンへの疑いをますます強める。ローガンは、ガールフレンドを守るためにローラを手にかけたのだろうか? トリップたちはローガンの家へ。彼の部屋や持ち物を調べ、血痕の付いた金属バットを見つけ出す。
取り調べを受けることとなったローガンは、バットは自分のものではないと主張。アンドレアとの交際をローラに反対されていたため、こっそりとアンドレアに会いにウィリアムズ家に行き、忍び込もうとした際にライトを壊しただけだと弁明する。そこに、アンドレアが「私が殺したの!」と割り込んでくる。「来年自分は大学に行くため家を出る。弟のコーディを残していくのが心配だった」と話すアンドレア。パーティーでピアノを弾かなかったことで怒った母親に平手打ちされたので、身を守ろうとしてバットで1度殴ったと説明する。しかし、ローラへの殴打は9度に及んでいたはず。アンドレアの話が事実と矛盾することから、ホレイショはアンドレアがローガンをかばっているものと見る。
ナタリアは、弟のコーディからも話を聞くことに。現実逃避をしようとしているのか、せっせと絵を描くコーディ。ナタリアは絵に描かれた人物が何を意味しているのか質問しながら、コーディから少しずつ話を引き出そうとする。そのうちコーディは、自分の下にブラッドリーという弟がいたことをポツリと漏らす。
その後の調べで、確かに2003年、当時5歳だったブラッドリーが死亡していた事実が確認される。死因は、ライターオイルを飲んだことによる事故死。それを知ったホレイショは、取り調べの際、アンドレアがしきりにオイルライターをいじっていたことを思い出す。アンドレアは「火を見ると落ち着く」と話していたが…。
ナタリアはブラッドリーのことをアンドレアに問う。アンドレアは、「カーペットをこがしたことに対するお仕置きとして、母親がブラッドリーにライターオイルを飲ませた。けれども、実はカーペットをこがしたのは自分だった」と白状。父親のチャックはローラの虐待のせいだと気付いていたものの、ローラを恐れるあまりブラッドリーのことを事故死として処理したのだと話す。
ホレイショは、アンドレアから聞いた話をチャックに伝え、子どもたちを守るためにローラを殺害したのではないかと追及。しかし、チャックは自分ではないという。となると、残る容疑者はコーディしかいない。やがて、凶器のバットにコーディが絵を描くのに使っていたマーカーのインクが付着していたことが判明。犯人はコーディと分かる。
ホレイショとナタリアは、コーディ本人に事情を聞く。コーディは、「パーティーの際、マーカーでソファに染みを作ってしまったので、また母親に激怒されると思った。ライトが壊されたことも自分のせいにされると思い、母親の虐待をやめさせるためにバットで殴った。姉のアンドレアは警察に通報せずに、凶器の隠蔽を手伝ってくれた」と自白。「母親が死んだと分かってホッとした。母親が言っていた通り、きっと自分は頭がおかしいのだ」という彼の言葉に、父親のチャックをはじめCSIのメンバーたちも胸を痛める。ホレイショは、虐待の被害者だったコーディを守るため、最善を尽くすとチャックに誓うのだった。

 

一方、デルコは州検事局のレベッカの指示で、デイド署の証拠保管庫から消えたダイヤの件を調査していた。隠しマイクを使ったり、CSIメンバーたちの口座を洗ったりしなければならないことに苦痛を感じながらも、着実に調べを進めていくデルコ。ダイヤの盗難後にウォルターの銀行口座に2万5千ドルの入金があったことが分かり、それをレベッカに報告する。
レベッカはウォルターを呼び出して尋問。入金は十分説明のつくものだったが、家賃の値上げのことまでレベッカが把握していたことにウォルターは驚く。なぜなら、このことはデルコにしか話していなかったからだ。自分のことを調査していたのがデルコだと知ったウォルターは、デルコ本人に怒りをぶつける。
その後、2006年の事件で押収されたヘロインの数も減っていることに気付いたデルコ。当時の担当者で、すでに警察を退職しているホレイショの元相棒、サリーを呼び出して事情を聞く。サリーは、警官の関与はないと言い張るが…。
重要な手がかりを得たデルコは、レベッカを公園に呼び出す。ところが、レベッカの車がデルコの目の前で爆発! レベッカは吹き飛ばされて爆死する。こうして、証拠品紛失事件は思わぬ展開を見せ始めるのだった。


【決めゼリフ】
「隠しマイクや友人の口座の調査までやりたくないんですよ」 by デルコ

レベッカの元で内密にCSIメンバーの調査をさせられていたデルコの一言。自分が調べることで、むしろCSIメンバーたちを守れると信じていたデルコだけれど、結局、ウォルターの信用を失う結果に。辛い思いをするのはデルコ自身だというナタリアの指摘は現実のものになってしまった…。

 

【ゲスト出演者】
チャック役は、「デスパレートな妻たち」のポール・ヤング役や「MAD MEN マッドメン」のハーマン・“ダック”・フィリップス役で知られるマーク・モーゼス。
コーディ役は、「スーパーナチュラル」で幼い頃のサム・ウィンチェスターを演じているコリン・フォード。

 

【鑑賞MEMO】
レベッカが爆死!!

ナタリアの活躍が光った今回の事件。何とも悲しい結末だった。ひどい虐待に遭っていたせいで、母親を殺した直後の感想が「ホッとした。生まれて初めてもう殴られなくて済むと思った」だなんて…。これには、ホレイショをはじめとするCSIメンバーたちも、やり切れない思いをしたに違いない。
今回のエピソードの原題は「Mommie Deadest」。これは、「CSI:科学捜査班」へのゲスト出演でも知られるフェイ・ダナウェイの主演映画『Mommie Dearest』(邦題:『愛と憎しみの伝説』)のもじりだと思われる。『Mommie Dearest』も虐待がテーマ。フェイ・ダナウェイ演じる女優が、養子にもらった娘を虐待するという内容だ。

一方、証拠品紛失事件が思いもよらぬ展開に! 何とレベッカが爆死! 爆弾をしかけたのは、ダイヤやヘロインを盗み出していた犯人なのか!? デルコが真相に近付き過ぎたということなのか!? また、爆発の際、どこからともなく現れたカリー。どうして彼女があの現場に!? 謎に包まれた衝撃的なエンディングに、次回のエピソードへの期待が高まる!

2011.3.19|CSI:マイアミ8、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/51166112

この記事へのトラックバック一覧です: 3月19日(土) #22「破壊の前兆」:

コメント

州検事補…爆死…。一時期付き合っていたチーフの心情は!?
カリーは…何故現場に!?
次週…ウルフが…一体何故!?

投稿: ホレイショ好き! | 2011.03.23 17時33分

コメントを書く