CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 2月19日(土) #18「アラブの娘」

M8_18軍に入隊し、イラクに赴任していたカイルが帰還。ホレイショは久々に息子との食事を楽しむが、今度はアフガニスタン東部の山岳師団に転属が決まったと聞かされてショックを受ける。そんな中、カイルに友人から電話が。カイルの親友ブライアンと連絡が取れないというのだ。カイルはホレイショとともにブライアンの元へ。ブライアンの自動車修理工場の中に様子を見に入ったカイルは、中で炎に包まれた人の姿を目撃する。ホレイショに助けを求め、必死に炎を消そうとするカイル。しかし、被害者はすでに死んでいた。

その後、被害者はタイヤをかぶせられた上、ガソリンをまいて火をつけられるという残忍な方法で殺害されていたことが判明。カイルは、殺されたのはブライアンだと決めつけて激しく動揺。現場にベトナム戦争時代の軍用品の懐中電灯があったと知るや否や、ブライアンの隣人グレンが犯人と見て、トリップに事情を聞かれている彼のところへ突進。「逃げようったってそうはいかない!」と怒鳴って彼を突き飛ばす。カイルによれば、グレンはブライアンがイスラム系というだけで偏見を抱き、帰還して以来ブライアンを監視し続けていたとのこと。ホレイショは興奮するカイルをなだめ、グレンに事情を問う。グレンは「アメリカはイスラム過激派がやすやすと暮らせるところじゃない」と、ブライアンへの敵意をむき出しに。ブライアンが仲間たちとテロを計画しているとにらみ、偵察をしていたことを認めるものの、殺害については否定する。
そんな中、被害者の検視を行ったローマンから、死んだのはブライアンではなかったとの連絡がホレイショに入る。ブライアンの歯の治療記録が、死体と一致しなかったのだ。では被害者は誰か? トリップは、ブライアンの工場の前に止まっていたレンジローバーがラヒム・ファルークという人物のものであることを調べ上げ、その人物の歯の治療記録を入手。それが死体と一致し、殺されたのはラヒムと断定される。
カリーとジェシーはラヒムの自宅へ。ラヒムの妻サルメから事情を聞くとともに、念のため彼女の指紋を採取。それが、現場に残されていたポリタンクに付着していた指紋と一致する。サルメは「ラヒムが車に置いていたポリタンクだと思う」と弁明するが…。
やがて、死んだのは親友ではないと分かり胸をなでおろすカイルの元に、ブライアン本人から電話が入る。どこかで内密に会って、一連の事情を説明したいというのだ。ブライアンは、自分の話すことは他言しないようカイルに釘を刺すが、カイルはホレイショらを連れて待ち合わせ場所へ。ブライアンは、一緒にいたガールフレンドでラヒムとサルメの娘、マヤとともに署に連行される。
署で取り調べを受けることとなったマヤとブライアン。2人から揃ってガソリンの痕跡が出たことから、CSIは彼らへの疑いを強める。ラヒム殺害には、ガソリンが使われていたからだ。しかしマヤは、「父親が自分にガソリンをかけてきた。父親に殺されそうになった」と主張する。では、なぜ父親が娘を!? その理由は、父親が決めた結婚相手アハマドがいるにも関わらず、ブライアンに夢中になったマヤへの制裁だった。イスラム文化には、不貞を働いた娘を親が殺害するという「名誉殺人」が今もなお残っており、ラヒムは本気でこの「名誉殺人」を実行しようとしていたのだ。けれども、マヤに襲いかかるラヒムをブライアンが突き飛ばし、2人はその場から逃げたとのこと。2人の言い分が正しいとしたら、誰がラヒムにタイヤをかぶせて火をつけたのか?
親友のブライアンが容疑者として扱われることにカイルが憤慨する中、ラヒムのポケットに入ったまま黒こげになった紙にはペルシャ語が書かれていたことが判明。ホレイショはカイルにそのペルシャ語を解読させる。カイルは、「A.サリブ」と書いてあるようだと指摘。ホレイショは、それがマヤの婚約者のアハマドのサインであり、婚姻の契約書の一部であることに気付く。
アハマドは署に呼ばれ、ウルフによる取り調べを受ける。アハマドはラヒムが死んだことは知らなかったと話すが、そこに現れたウォルターが、「今朝ブライアンの工場の外でお前を見たという人がいる」と彼を追及。アハマドは、結婚に同意していたはずのマヤが心変わりしたので、理由を知りたくて彼女の跡を付けただけと説明。マヤがブライアンとキスする姿を目撃したため、婚姻の契約書を手に、結婚はやめにしようとラヒムに言いに行ったが、娘の不貞を知ったラヒムの表情にただならぬものを感じたため、マヤたちはショッピングモールにいると嘘をついて帰ったと話す。
一方、マヤの携帯の通話記録から、ラヒムをブライアンの工場へ呼び出したのはマヤ本人と判明。カリーは、なぜ父親を呼び出したのかマヤに問う。マヤは何もかも父親に打ち明けて、ブライアンとの交際を認めてもらうつもりだったと弁明するが…。
CSIは、ブライアンと共謀したマヤが殺害目的で父親を呼び出したとの見方を強めるが、彼らの犯行を裏付けるだけの証拠はない。そこで、ジェシーとナタリアは、殺害現場であるブライアンの工場に行き、推測を立証するためにグリッド捜索を実施。その結果、ハイヒールのかかとがめり込んだ穴が見つかり、穴の底には灰が付いていたことから、ハイヒールを履いた人物が、ラヒムが燃えている最中に現場を歩いていたことが分かってくる。当初、ハイヒールはマヤのものかと思われたが、彼女のヒールのかかとと形状が一致せず。結局、それが母親サルメのものと分かる。
証拠を突きつけられたサルメは、「夫が娘を殺そうとしているのを黙って見ているわけにはいかなかった」と犯行を認める。逮捕されて警官に連れて行かれるサルメに抱きつき、「行かないで」と涙ながらにすがるマヤ…。ブライアンはそんな彼女の心情を気遣い、軍に休暇の延長を申請する。一方のカイルは、ホレイショが見守る中、新たな赴任先へと旅立つのだった。


【豆知識】
名誉殺人

婚前、婚外交渉を行った女性を身内の恥と見なし、「家族の名誉を汚した」との理由で父親や男兄弟が女性を殺害する風習のこと。

 

zNOSE(ジーノーズ)
米国EST社の世界最速ガスクロと高感度SAWセンサーを組み合わせたヘッドスペースガス分析ツール。
今回はこれを使い、ブライアンたちにガソリンの痕跡があることを突き止めた。

 

【決めゼリフ】
「まあだいたい迷走神経と副神経が副交感神経系に心筋の制御を伝えるくらい確実だ」 by ローマン

死んだのはブライアンではなく本当に別人だったのかと問われたローマンの返答がこのセリフ。このたとえ、むしろ分かりづらいんですけど…。このセリフを聞いて、唖然とするカイルの表情も笑えた!

 

【ゲスト出演者】
今回は、「24 -TWENTY FOUR-」のファイナルシーズンに出演しているナヴィド・ネガーバン、ネカー・ザデガン、イーサン・レインズ、アサフ・コーエンの4人が揃ってゲスト出演。それぞれ、ラヒム、サルメ、ブライアン、アハマドを演じた。

 

【鑑賞MEMO】
ホレイショとカイルの親子愛に涙

今回は、一時帰還したカイルが登場。前回スカイプで登場した時は、てっきりアフガニスタンに行っていたものと思っていたが(ホレイショがアフガニスタンでのニュースを気にしていたので)、実はイラクに赴任していたよう。そして、次の赴任先はアフガニスタンに決定。危険な地域への転属に不安をあらわにした時のホレイショは、まさに親の顔。エンディングでカイルを見送る際のこらえた表情も、見ているこちらまで辛くなるほどで…。
しかしながら、カイルも成長したもの。番組に初登場した頃とは別人のよう。軍への入隊も勇気があるが、今回も黙ってブライアンに会いに行かず、きちんとホレイショにも事情を打ち明けたところが偉い。友達を裏切る形にはなったものの、正しい判断だったことは確かであり、戦地でも今回のように正しい判断を心がけて危険をくぐり抜けてもらいたい。

 

なお、今回のエピソードにあった「名誉殺人」。ちょっと調べてみたところによると、今も年間5,000人以上が犠牲になっているとのこと。文化の違い、宗教の違いは理解できるものの、自分の家族を殺すことを正当化する社会が現存することには驚かずにはいられない。

2011.2.19|CSI:マイアミ8、エピソードガイド|コメント(6)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/50903847

この記事へのトラックバック一覧です: 2月19日(土) #18「アラブの娘」:

コメント

最後に流れていた曲はなんですか?
ホレイショとカイルの二人のシーンです。

投稿: CSI最高! | 2011.02.20 13時18分

名誉殺人←現実にもあるんですね
カイルを、見送る時のホレイショ…今にも涙が溢れそうだった。 悲しい

投稿: ホレイショ好き! | 2011.02.20 13時54分

ラヒム一家は亡命イラン人(ペルシャ語を話す)なので題名「アラブの娘」ではおかしいのでは?ちょっと気になったので。

投稿: ジェーン | 2011.02.20 18時22分

ホレイショの父親の愛をすごく感じました・・・。ぼろぼろ涙溢れました。なかなか日本人はなかなか愛してる(二回も)って言わないし・・・。あのホレイショの父親の表情はたまりませんでした。

投稿: mayumi | 2011.02.21 05時58分

CSI最高!さん、エンディングの曲ですが、Snow Patrol "Give Me Strength" ではないでしょうか?
Snow Patrolはグレイズ・アナトミーでもおなじみですよね。私も好きです。

投稿: サプリ | 2011.02.22 12時15分

ジェーンさんに賛成です。私も同じ感想を持ちました。ペルシャ人とアラブ人とでは民族的にも言語も全く異なります。多分、「名誉殺人」がムスリム独特の考え方だから、「ムスリム=アラブ」としたのではないかと思いますが…。もし、ペルシャの人がこれを見たら、「おいおい!」って思うかもしれませんよねぇ。だって、『サキルの刀』のエピは日本人からすると、ツッコミ所満載だった訳ですし。今回のエピの原題は知りませんが、日本語版制作スタッフの判断なら、もう少し考えて頂けてもいいのかなぁ~と思いました。(←期待し過ぎでしょうか…?)

ホレイショは、悲しみで眉が45゜になっちゃってましたよ! アフガニスタン山岳部隊ですもんね…。
よく決心したなぁ、カイル…。
カイルも初登場時の少年からたくましい青年へと成長しましたよねぇ…。何だか母のような気分になっちゃっいました。

投稿: さかさま | 2011.02.24 19時14分

コメントを書く