CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 2月12日(土) #6「つまずき」

Ny6_06夜のストリートで、血まみれの男性の毒殺死体が発見される。死体の身元は、ベンチャー企業ケンジントン・ソフトウェアのCEOマーティン・スタフォード。マック、ステラとともに現場に駆け付けたホークスは、死体の顔を見て顔色を変える。実はこの日の夕方、ホークスはセントラル・パークで救急医療班のボランティアとしてマーティンを診察していたのだ。通報してきた連れの若い女性は、「吐き気とめまいの症状があり、2、3回転んだ後に鼻血を出し始めた」とマーティンの症状を説明したが、マーティンも女性も酒の臭いを漂わせていたことから、ホークスはただの酔っ払いカップルと判断。ぞんざいな応対をして放置した。きちんと診察していたら彼を救えたかもしれないと自分を責めるホークスは、このことを翌朝になってからマックに報告。マックは事後報告に腹を立てつつも、まずは連れの女性を捜すよう指示する。

シドはマーティンの検視を行い、毒物検査が陰性であることを確認。けれども、死因は毒以外に考えられないことから、代謝の早い毒物が使用された可能性を疑う。またシドは、背中のひっかき傷から粒状の微物を採取。内腿に付着したリングイネも見つける。ダニーはこのリングイネに付着した指紋と毛髪を調べるとともに、マーティンの経歴についても調査。彼が3カ月前に自分の会社の破産を申し立てていたことを突き止める。
その後、リングイネに付着した2つの指紋と1本の毛髪は、マーティン以外の人物の物で、それぞれ別人の物と判明。指紋は2つとも女性の物で、毛髪は男性の物と分かる。アダムは、マーティンがスプロッシング・パーティーに出ていたのではないかと指摘(スプロッシングとは、さまざまな食材を互いの裸体になすり合い、性的に高め合う行為のこと)。その後の調べで、毎日ランチタイムに高層ビルの一室でスプロッシング・パーティーが行われているという情報をつかんだステラとフラックは、パーティー会場へ。前日、イタリア料理をテーマにしたパーティーが行われていたが、マーティンは参加していなかったことを知る。
スプロッシング・パーティーの異様な光景にあきれて窓を眺めたフラックは、向かいのマンションの一室にいるダニーの姿に目を留める。実は、ダニーはマーティンの家を捜索している最中。破産を苦に自殺した可能性が否定できないため、自殺に結びつく証拠がないか調べていたのだ。マーティンの部屋は差し押さえられていて段ボールだらけ。窓際に置かれた望遠鏡は、まっすぐスプロッシング・パーティーの会場へと向けられていた。ダニーは、冷蔵庫の中のオレンジジュースなどサンプルを採取し、ラボに持ち帰る。
アダムは、ダニーが回収してきたサンプルの分析を開始。オレンジジュースを蒸発させようとした矢先にいきなり炎があがったことから、かなり引火性の高い成分が混ぜられていることが分かってくる。また、リンジーはひっかき傷の微物の正体を探るべくEDNAサンプルライブラリーをあたり、それがアメリカでは販売禁止の中国製殺虫チョークの痕跡であることを突き止める。購入者は、オンラインで中国の業者に直接注文して取り寄せた人物だろうか?
ダニーとホークスは、前日のスプロッシング・パーティーの映像を入手してチェック。セントラル・パークでマーティンに付き添っていた女性によく似た人物が、窓からマーティンのマンションの方向を見ながら、何やらジェスチャーしている様子を確認する。パーティー会場に戻って窓ガラスを調べてみると、そこには上向きの矢印の跡が。どうやら女性は、指で上向きの矢印を描いてマーティンを屋上に誘い出したらしい。さっそく屋上に行ってみると、そこにはオレンジの果肉が付着した2人分のグラスやシェイカー、ウォッカや精液の痕跡、トレーシーという女性の名前が刻印されたアクセサリーなどが。ホークスは、セントラル・パークでマーティンに付き添っていた女性が、似たようなアクセサリーを身に付けていたことを思い出す。
その後、発火したオレンジジュースには、強力な毒薬ジメチルニトロソアミン(DMN)が含まれていたことが判明。さらに、ビルの屋上に残されていたグラスやシェイカーにはマーティンの指紋が付着し、彼の精液の痕跡も見つかったことから、間違いなく屋上にマーティンがいたことが証明される。さらに、殺虫チョークの購入者を調べた結果、アッパーイースト在住のトレーシー・ウォレスという女性の存在が浮上。彼女がマーティンと性行為に及び、背中に爪を立てて殺虫チョークの痕跡を残した人物であり、セントラル・パークで具合が悪くなったマークに付き添っていた女性である可能性が高いと分かってくる。だとすれば、トレーシーもマーティンの家から持ち出された毒入りのオレンジジュース入りのカクテルを飲んだはず。彼女も命が危ない。
マック、ホークス、フラックは、トレーシーの自宅に急行。しかし、時すでに遅し。トレーシーは風呂に入ろうとしていたのか、水浸しの部屋の中で失血死していた。どうやら、トレーシーはマーティンの巻き添えになって死亡したようだ。では、マーティンを狙った犯人は一体!?
シドはトレーシーの検視を行い、彼女の血中アルコール濃度がマーティンよりも少なかった、つまり毒入りのオレンジジュース入りのカクテルの摂取量がマーティンより少なかったために死亡までに時間がかかったことを突き止め、あの時、セントラル・パークでホークスが処置したところで、救えなかっただろうとダニーに述べる。さらにシドは、毒がいつ仕込まれたものか特定できないと頭を抱えるダニーに対し、ピッチャーに残った毒の痕跡の結晶化の速度から、毒が仕込まれた日時を逆算できるのではないかとアドバイス。ダニーと一緒に実験を行い、毒が仕込まれたのは2日前の土曜日であることを明らかにする。
調べは進み、2日前には差し押さえ物件見学ツアーの参加者10名がマーティンの部屋を訪れていたことが判明。ところが受付リストに書かれた名前は11名分で、リストにない11番目の人物が犯人である可能性が高まる。ステラは受付リストの記入用に使われたペンの指紋を蛍光標識法で分類し、犯人の指紋の特定を試みる。

その頃、ホークスは友人ブライアンの家に身を寄せていたが、そこに警官がやって来て、ブライアンは横領の容疑で逮捕されてしまう。逮捕者の家に寝泊まりしていた事情を問われたホークスは、「ブライアンの大学時代の友人。救急医療班のボランティアの後、疲れてまっすぐ家に帰る気分になれない時にたまに泊めてもらっていた」と説明。横領については知らなかったと話すが、マックはホークスが何か隠しているように思えてならない。またステラは、ホークスほど優秀な元外科医が、なぜセントラル・パークでマーティンの中毒症状を見逃したのか、ホークスらしからぬ迂闊さに不審を抱く。

その後、ペンに付着した犯人の指紋が特定され、3カ月前に破産したマーティンの会社の社員ジョン・シモンズが捜査線上に浮かび上がる。マックら一同は、シモンズのアパートへ。警察に追い詰められたシモンズはビルの非常階段の柵を乗り越え、今にも飛び降りそうな構え。さらには、マーティンの投資の失敗により、全財産である年金基金をすべて失った恨み辛みをぶちまけ、マックとホークスの説得にも耳を貸さずに「この気持ちは誰にも分からない」と言い放つ。するとホークスが、「いや分かる」と切り出す。そして、「自分も投資目的で退職年金を人に託し、1カ月前にそのすべてを失った」と苦い経験を赤裸々に告白。このホークスの言葉に泣き崩れたシモンズは、柵から手を放してしまう。しかし、マックとホークスが危機一髪で彼を引っ張り上げることに成功。シモンズは死なずに済む。

こうして事件は解決。ホークスが抱えていた事情も分かり、マックやステラのホークスへの不信感も消える。マックは、家を手放した上に、友人宅にもいられなくなったホークスを気遣い、彼に自宅の鍵を無造作に渡すのだった。


【豆知識】
ジメチルニトロソアミン(DMN)

発がん物質として知られる毒薬。

【決めゼリフ】
「1日休んだらこのざまだ。あいつ、このラボを乗っ取る気かも」 by アダム

アルバイトのヘイレンに道具の位置を動かされたことに腹を立てたアダムの一言。アダム、かなりヘイレンの存在に危機感を覚えているよう。

 

【ゲスト出演者】
シモンズ役は、映画『レジェンド・オブ・ゾロ』や『ウルトラヴァイオレット』のニック・チンランド。

 

【鑑賞MEMO】
ホークスが家を失い、退職年金もパー!?

聡明なホークスが、救急医療班のボランティアで中毒症状を見逃した裏には、やむを得ない事情が…。それにしても、そもそもホークスが投資に失敗するなんて、それ自体が疑問。というより、ホークスほどの人物でも、誤った判断をすることもあるという点が、今回のエピソードから得られる最大の教訓なのかも。
ただ、ホークスがスゴイのは、ジェシカの死や今回の金銭トラブルでやりきれない思いを抱える中、救急医療班のボランティアを支えにしてきたということ。酒や女、薬物、ギャンブルなどに逃げることもなく、誰かの役に立つことで正気を保とうとするなんて…。こういう考え方のできる人だから、きっとこの先グングン浮上していけるはず。「部屋ならある。黙ってウチへ来い」 と言ってくれるマックをはじめ、いい仲間に恵まれていることだし。
いよいよ次回はクロスオーバー。「CSI:マイアミ8」の放送時に先行して見たという方も、ぜひもう1度ご鑑賞を!

2011.2.13|CSI:ニューヨーク6、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/50847753

この記事へのトラックバック一覧です: 2月12日(土) #6「つまずき」:

コメント

ホークスの態度が変なので“何か”あるなと…思ってましたが…ホークス頑張れ!

投稿: ダニーLOVE | 2011.02.17 18時52分

さっき、録画したのを見ました!!
最後のマックが自分の家のカギを渡したところで鳥肌が立ちました^^

投稿: 万事屋 | 2011.02.20 22時07分

コメントを書く