CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 7月10日(土) #25「殉職」

Ny5_025

大陪審に向かうダンブルックの息子コナーを護衛中のジェシカ。裁判所前にあるダイナーに立ち寄り、ほかの仲間と朝食を取るコナーを監視しながら、フラックに電話をかける。フラックの方は、情報提供者のテレンスに会い、任務終了の書類にサインをさせている最中。2人はしばし恋人同士らしくホットな会話を交わすが、いきなりフラックの耳に銃声が鳴り響く。武装した4人組の男がトラックごとダイナーに突っ込んでコナーを誘拐。応戦したジェシカに向けて発砲して逃走したのだ。すぐに現場に駆け付けたフラックは、被弾して瀕死のジェシカを抱きかかえると、パトカーに乗せて病院へと急ぐ。

知らせを受けたマックたちも現場に集結。ジェシカを撃った犯人たちを一刻も早く逮捕すべく、捜査を開始する。マックは、コナーが大陪審で自分に不利な証言をするのを阻止するためにダンブルックが仕組んだことではないかと推測。息子が誘拐されたと聞いて現場に駆け付けたダンブルックに対し、事件への関与を追及する。ダンブルックは、疑われるとは心外だと反発するが…。
程なくして、病院に搬送されたジェシカは、手術のかいなく息を引き取る。フラックはすっかり消沈。やって来たシドにジェシカの遺体を託し、病院を後にする。
その頃マックは、ジェシカの無念を晴らすべく犯人逮捕に全力を尽くそうと署の面々の闘志を喚起。そんな中、犯人グループが逃走に使ったハマーがマンハッタン・ブリッジ近くで発見されたとの連絡が入り、マックとダニーは現場に急行。合流したフラックとともにハマーの検証を進める。結果、ハマーの窓やタイヤは防弾仕様になっており、装甲車並の装備が施されていることが判明。車内に残された人工血液のパックを見つけたマックは、犯人たちの装備はすべて軍用規格だと気付く。
一方、誘拐犯の1人はジェシカの発砲によって撃たれて負傷していることが確認されているものの、その血痕から有力な情報は得られず。薬莢からも手がかりは得られない。しかし、ジェシカの命を奪った凶器は50口径のデザートイーグルと判明。ダイナーに突っ込んだトラックの中にあった毛は、真菌に冒されたコウモリのものであることも分かり、ホークスはこの情報をもとに犯人たちのアジトの特定を急ぐ。
また、いまだダンブルックが事件を企んだ可能性を否定できないことから、ステラとアダムはダンブルック・メディアの駐車場に忍び込んで彼の車に追跡装置をセット。間もなく、ダンブルックが銀行に寄ったあと、ラガーディア空港に向かっていることが分かり、マック、ダニー、フラックの3人は、ダンブルックが高飛びするのを阻止すべく空港に向かう。
やがて、マックらは空港に到着。ダンブルックの車が格納庫に入っていくのを見届けると、追跡装置の送信機が拾う格納庫内の会話に耳を傾ける。どうやら、ダンブルックは事件の首謀者ではなく、コナーを救おうと犯人グループに身代金を受け渡そうとしているようだ。このまま金を渡せばダンブルックの命が危ない。マックたちは、やむを得ず格納庫に突入することにするが、犯人側のスナイパーに気付かれて銃撃戦に。結局、犯人らの逃走を許してしまう。警察が介入したことでコナーを取り戻せなかったダンブルックは、「お前たちは息子を殺した!」とマックたちを激しく非難する。
その後、オフィスに戻ったマックは、犯人グループがダンブルックに送りつけてきた脅迫DVDの映像を確認。カメラのレンズを塞ぐように映り込んだ犯人の手から指紋を読み取ることに成功する。手の主は元傭兵のサイモン・ケイド。2年前、彼を含む傭兵チーム4名が、イラクで民間人を多数射殺。過失致死の容疑で1週間前に裁判にかけられることになっていたが、全員姿をくらましていることが分かってくる。
フラックは、ジェシカが祖父の代から引き継いでいた警察バッジを返却するため、彼女の実家へ。父親のクリフと話をし、必ず犯人を捕まえると約束する。そして、なかなか進展しない捜査にいら立ちながら署に戻る途中、情報提供者としての任を解かれたばかりのテレンスに声をかけられる。フラックに借りがあるテレンスは、例のハマーを装甲車に改造したトニー・タルダラという人物の情報を提供。フラックは、その情報をもとにマック、ダニーらとトニーの作業場へ行き、ハマーの改造を頼んだのはやはりケイドだったことを確認し、改造前のハマーのタイヤを押収する。
やがて、真菌に冒されたコウモリの生息域や押収したハマーのタイヤから採取した土の成分などが手がかりとなり、フォート・ハミルトンの宿舎として軍が使用していた、現在では閉鎖されているビルがコナーの拘束場所であることを割り出したCSI。ESU(緊急活動部隊)とともにビルに向かい、犯人たちを次々と逮捕。ジェシカを撃ち殺し、自分もまたジェシカに撃たれて傷を負ったケイドと対峙したフラックは、彼に向けて引き金を引く。
その後、息子コナーが無事救出されたことに安堵するダンブルックは、ジェシカの追悼記事を一面にした翌日の朝刊を携えてマックのもとへ。いくら自分に不利な証言をされても息子への愛情は変わらないと、自分も人の親であるところをマックに見せる。
こうして、ジェシカ殺害およびコナー誘拐については一件落着。しかし、仲間を失った悲しみは決して癒されることはない。ジェシカの死を悼むため、メンバーたちはバーに集まる。つい湿っぽい雰囲気になるのを、何とか明るい方向に持って行こうとするステラ。すると、バーの前を通る正体不明の車から突然発砲が! 乱射によってガラスが砕け散る中、ほかの客とともに床に伏せる一同。犯人の目的は!? そして、メンバーたちの安否は!?


【鑑賞MEMO:豆知識】
ESU

Emergency Service Unit(緊急活動部隊)の略。ニューヨーク市警察では、Special Weapons And Tactics(特殊火器戦術部隊、通称SWAT)が人命救助等の任務も担当しているため、通常のSWATと区別してESUと称している。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「フラック、ジェシカはいつも笑顔だったが、この数カ月は違ってた。今までにない笑顔だったよ」 by クリフ(ジェシカの父)

最愛の人、ジェシカを失うことになったフラック。そんな彼に対し、ジェシカの父親クリフが言った一言。もちろん、“この数カ月”がフラックと付き合い始めてからを指していることは言うまでもない。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ジェシカが殉職!

CSI:シリーズきっての美人キャラとして、そして今シーズンはフラックの恋人として、私たちを楽しませてくれていたジェシカが殉職という憂き目に…。フラックとの仲がいかにも順調そうだっただけに、シーズンの最後にこのような展開が待っているとは思いもよらず…。ニューヨークでは、セクシーな捜査官エイデンも殉職に近い結末を迎えており、またしても魅力的な女性キャラが番組を去ることとなったのが残念でならない。
そして、心配なのが残されたフラックのメンタル面。ジェシカを殺したケイドに向けて、思わず引き金を引かざるを得なかった彼の心情を思うと、ドラマの中の出来事と分かっていても胸が痛む。もちろん、それもエディ・ケイヒルの見事な演技があってこそ。今回の彼の演技には、特に賞賛を送りたい。
そして! ジェシカの殉職だけでもショッキングだというのに、エンディングでは銃の乱射事件が勃発! バーにいたCSIメンバーたちの安否も分からないまま、続きは次シーズンまで持ち越しとなった。またしても最終回はクリフハンガー。殉職者が出た直後だけに、全員無事なのか実に気がかりだ。
また、今シーズンでは、複数話を通して描かれたマックとダンブルックの因縁対決。ジェシカの死を偲ぶ追悼記事を一面にすることで、ダンブルックがマックたちにある種の敬意を示すかたちで決着した。ダンブルックも血が通った人間だったのだと、ちょっとホッとさせられる結末だった。
さらに、今シーズン、テレンス役でゲスト出演を重ねてくれたR&B歌手ネリーも再登場。ジェシカがフラックの恋人だと見抜いて捜査に協力するなど、なかなか情に厚い一面を見せてくれた。彼は来シーズンも登場予定があるのでお楽しみに。
というわけで、第5シーズンもこれにて幕。悲しいながらも非常に完成度の高い最終回だったこともあり、ますます次シーズンへの期待が高まる。すでにご存じの方も多いと思うが、次シーズンではニューヨーク、ラスベガス、マイアミの3シリーズにまたがるクロスオーバーエピソードが実現。最近レギュラー入りしたレイモンド・ラングストン(ローレンス・フィッシュバーン)がニューヨークにやって来るのも楽しみだ。また新シーズンの放送が近付いたら、見どころなどをご紹介するのでお楽しみに!

2010.7.10|CSI:ニューヨーク5、エピソードガイド|コメント(8)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/48848032

この記事へのトラックバック一覧です: 7月10日(土) #25「殉職」:

コメント

エンジェルを、亡くしたフラックの気持ちを考えたら…あの行動は正しかったかな!?
事件は、解決したと思ってたら………【SEASON6】へクリフハンガーなんて−早くみたい! ダニーが…心配です。

投稿: アライバ | 2010.07.11 10時59分

あのフラックの行動。エンジェルと呼ばず、ジェシカと呼ぶのも、愛する人だからだし、パトカーで搬送したのもジェシカを助けたいがために出たこと。どちらが正しく、どちらが悪いとは言えない。しかし、ダンブルックって、来シーズンも絡んできそう。マック達をしかも、マシンガン!で銃撃するなんて!そこで終わり?あの車、ダンブルックの車に似てたような…
ダニーが重傷のようだった。パパになったばかりなんだから、リンジーを泣かさないでね。
来年まで、待てって?マックの着信ボイスのように、残酷だなぁ~!

投稿: マック娘 | 2010.07.11 22時42分

正義感に溢れ刑事仲間でもあるエンジェルを失ったばかり、
復讐したところで彼女は絶対に喜ばない。
そう知っているはずのフラックだから、
私は犯人を射殺していないと信じています。
しかしまた乱射でドキドキ・・・。
「サード・ウォッチ/NY事件ファイル」5シーズン最終回の
ER襲撃を思わず思い出しました。

投稿: hoehoe | 2010.07.12 18時17分

(ノ_-。)13日「シネマトゥデイ」発。ステラ役のメリーナ・カナカレデスがCSI:NY降板するというニュースが飛び込んできました!ジェシカに続いてステラまで!!シリーズが長くなると入れ替えが激しくなるんだね、アメリカのテレビ番組はcrying寂しい。

投稿: yass | 2010.07.13 16時51分

ステラも・・・?!,残念です。
クリミナルマインドでも女性キャストの降板が決まり,ファンからの非難轟々ですが,,CSI:NYの場合は俳優さん側の事情ということでちょっとほっとしました。ゲイリー・シニーズが制作側にいるんですから同じようなことにはなりませんよね。
もちろん,ステラのいないラボ,誰が〆るのかしら??って思ったりしますよね。マックとラボのスタッフの間でなくてはならない存在ですから。
あまりにハマり役で残念です。でも俳優さんとしてみた場合,ステラのイメージが鮮烈すぎて,他の主演映画がなんとも平板に見えてしまったのも事実。別の場面で会えるのを楽しみにしましょう!
ま,その前に来年の放送ですけどね。

投稿: hatrick | 2010.07.14 01時31分

カーマインが、『ビバリーヒルズ青春白書』でジーナを演じていたウ゛ァネッサ・マーシルと11日夜NYで挙式。と某サイトに記事が掲載されていました。 もし…本当なら…ショック!? 彼女確か年上、バツイチ+息子もいますよね。確かブライアン・オースチン・グリーンとの子が………

投稿: アライバ | 2010.07.16 23時26分

ブログを読んで、えっ~!と、ものすごくショックで、それと同時に皆さん、良くご存知だなぁ~と思うことしきり。私は、日米問わず、俳優さん達の動向にあまり興味がなく、知らないことが多い。ただ、海外ドラマを長く見ていると次のシリーズに出ていない俳優さんがいると、ん?あれ?となり、セリフで説明されて納得するが、シリーズが始まる時は、チェックはしてる。ステラ役のメリナ・カナカレデスさんが、プライベートなことで降板せざるえない…契約でもめたとか、何かあって…ということはないそうなので、仕方ないかなぁ~と思う。私は、主婦なのでゆっくりと週末ぐらいしか、それも夜10時以降の海外ドラマを見ている方なので、降板のニュースは残念。ステラのような女の人、マックとの信頼関係の強さ。他にいないのでは?
来年、さびしい思いをしながらドラマを見ることになるのか…ああ、さびしい思い、残念な思いだ。

投稿: マック娘 | 2010.07.17 02時19分

TY東京でのCIS;NY5が終了しました
次は『ロイヤルペインズ 救命医ハンク』で
CISシリーズとは少しのお別れです 
 (TOKO MXで、CSI:3科学捜査班やってますが)

難しい専門用語、複雑な人間関係、社会情勢
こちらのブログのおかげで、よくわかり
楽しく見られました。
いろいろとありがとうございました。
                   、
少し心配は、こちらの記事、読み物としても大変面白く、
つい先の記事を読んじゃいそうで!!
ああ!!!私、気になります!!
しかも、こんなラストでは!!!あああ!!
              、
また、近くお会いできる日を楽しみに待っています

                   


投稿: ありがとう、そして、ありがとう | 2012.07.05 14時19分

コメントを書く