CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 5月8日(土) #5「そばにいてほしい」

Lv9_005

雨の降る夜、街はずれのガソリンスタンド跡で男の遺体が発見される。キャサリンは現場でタイヤ痕の保存に奔走。デヴィッドは、死体に手足の指がないこと、両手首の外側に索痕があるのを確認し、死後2~4時間と所見を述べる。グリッソムは、遺体は車に括り付けられていたものの走行途中に落下、犯人が引きずって遺棄したのだろうと推測する。後の検視では、胴体の9カ所に及ぶ刺し傷はいずれも死後のもので、乳輪周囲には穿刺創があり、乳首に腫れが見られることが確認される。

雨が上がり、キャサリンは保存したタイヤ痕の型を取る。応援にやってきたホッジスは、被害者を車に括り付けるのに使われたロープを発見する。
そんな中、被害者の身元はイアン・ウォレスと判明。ニック、ライリー、ブラスは彼の自宅を捜索する。廊下の壁の下には気泡を含んだ血痕が。ソファーにも血痕を掃除した跡が見つかる。どうやら、ここが第一現場と見て間違いなさそうだ。ニックは、ガレージに真新しいオイルの染みとロープのこすれた跡を発見。犯人が自分の車をこのガレージに入れたのではないかとにらむ。部屋を見回ったライリーは、イアンは女性と同居していたはずだと確信。ジャスティーン・ステファーニという女性宛に送られた雑誌を見つける。おそらく、彼女がイアンの恋人だろう。
やがて、検視の詳しい結果が出て、イアンの乳輪の穿刺創は18ゲージの針によるもので、舌の上下の表皮には軽度の電気熱傷が見られることが明らかに。素手で首を絞められたことによる窒息死と判明する。イアンがSM愛好者であることに気付いたグリッソムは、レディ・ヘザーに助言を求めに行く。
へザーは現在、SMの仕事からは足を洗い、心理学の修士号を取得してセラピストとして活動中。グリッソムは、そんな彼女にイアンの死体写真を見せ、乳輪の穿刺創と舌の熱傷は針刺しと感電のプレイによるものだという見解を得る。また、へザーは、イアンの部屋の写真も確認したいとグリッソムに要求。グリッソムは現場にいるニックに連絡し、各部屋の写真を撮ってデータを送信するとともに、部屋にSMの道具がないか探すよう指示する。
グリッソムの指示に従い、部屋の捜索を続けるニック、ライリー、グレッグ。グレッグは、テレビに臀部の跡を見つける。ライリーはベッド下のトランクの中にSMの道具を発見。ニックは洗濯かごに血痕の付いたシャツが入っているのに気付く。血痕の付着位置は、イアンの乳輪の穿刺創とほぼ一致。つまり、イアンはプレイの後でシャツを着たということになる。そして、これらの情報は、ヘザーの家にいるグリッソムの元へ送られる。
現場から送られてきた情報に目を通したヘザーは、針刺しと感電のプレイには特別な道具が必要だと指摘。イアンの部屋からロウワー・リンクスというアマチュアのSMクラブの品々が見つかっていることから、プレイが行われたのはロウワー・リンクスの専用室ではないかと意見を述べる。ニックとブラスはロウワー・リンクスに行き、クラブのオーナー、ミッシェル・トゥルネイに専用室を案内させる。そこには、イアンが使ったと思わせる道具の数々が置かれていた。
そんな中、ウェンディの調べにより、イアンの部屋のテレビ台から採取したサンプルは、精液と膣分泌液の混合だったことが明らかに。精液はイアンのものだが、膣分泌液はジャスティーン以外の女性のものと判明する。どうやら、イアンにはジャスティーンという恋人以外に、SMのプレイ相手(支配者)がいたようだ。
その後、自分のSUVの中で丸焦げになったジャスティーンの焼死体が、イアンの遺棄現場から南東へ約32キロ離れたボルダーシティの砂漠地帯で発見される。キャサリンとグレッグは現場検証を行い、彼女が自分の車から逃げ出し、その車に追われてひき殺された後で、破損して運転不能になった車もろとも焼かれたらしいことを確認。サイズ9の靴跡と、ジャスティーンのSUVと異なるタイヤ痕も見つける。おそらく犯人は、この車で逃走したのだろう。けれども、タイヤ痕の特徴から車種の特定はできず。車種はおろか、通りがかりの車なのか共犯者の車なのかも分からない。
一方、ロウワー・リンクスから押収してきた感電プレイ用の金属製の箸に、イアンの唾液が付着していたことが判明。さらに、採取された上皮のDNAは、イアンの部屋のテレビ台から採取した膣分泌液のDNAと一致すると分かる。ニックは、イアンのことを知らないと嘘を付いたトゥルネイをあらためて尋問。彼女は、イアンと寝たことを認めるが、犯行については否定する。ニックは令状を盾に、嫌がる彼女からDNAサンプルを採取する。
また、ジャスティーンの通話記録を調べた結果、最後の着信はマーティン・デブリンからと判明。ブラスはデブリンを呼び出して事情を聞く。デブリンは、生命保険の売り込みでジャスティーンに1度だけ電話したと説明するが、洗濯かごに入っていた血痕付きのシャツの背中側に、服役囚ジョージ・デブリンの兄弟、つまりマーティン・デブリンの血液が付着していたことが分かり、彼が事件に関わった可能性が出てくる。ヘザーによれば、犯人が“支配者”だとすれば性別は女性であり、自分と好みが似ている男性を“奴隷”として共犯者にした可能性も考えられるという。もしや、マーティンは“支配者”の奴隷で、事件の共犯者なのだろうか?
その後、マーティンは女性弁護士シンクレアの同席のもとで、ブラス、ライリーによって取り調べを受ける。ライリーはマーティンからDNAサンプルを採ろうとするが、それをシンクレアが激しく拒否。しかしながら、ブラスはマーティンにシャツを脱ぐよう強制し、彼の乳輪に針刺しプレイの跡、舌に感電プレイによる熱傷があるのを確認する。ブラスは、マーティンこそトゥルネイの奴隷であり、イアンとジャスティーンの殺害に手を貸した共犯者と見て彼を追及するが…。
アーチーは、マーティンのSIMカードの情報をチェックし、イアンとシンクレアがSMプレイをしている写真を見つける。また、マーティンはジャスティーンの電話番号と1桁違いの番号に間違い電話をかけていたことも明らかに。ブラスは、今度はシンクレアを尋問する。彼女は、ロウワー・リンクスでイアン、マーティンと3Pをし、陶酔するあまり彼にキスをしたら、マーティンが嫉妬のあまり自分の役割も忘れて怒り出したことなどを話し始める。
シンクレアの供述に基づいて、事件のいきさつを整理すると次のようになる。シンクレアはロウワー・リンクスでの3Pの後、SMの掟を破ってイアンを自宅まで尾行して関係を持った。そして、イアンに「愛してる」と伝えるものの彼からは「ただのセックスだ」と突っぱねられる。一方で、イアンに嫉妬したマーティンもシンクレアの後を追い、ジャスティーンの携帯電話に電話をしてイアンの浮気を暴露。鍵が開いていた裏口から家へ入り、浮気現場の証拠写真を撮影し、それをジャスティーンに携帯メールで送信しようとしたが、慌てて電話番号を1桁間違えて、マーシャル・ジェフリーズと言う第三者に送信。その直後、イアンに襲いかかって彼と殴り合うが、結局、シンクレアと一緒にイアンに追い帰された。イアンが殺害されたのはその後。そこへ、マーティンからの電話でイアンの浮気を知ったジャスティーンが帰宅し、事件に巻き込まれたものと思われる。さらに犯人は、イアンの遺体をジャスティーンのSUVの車台に括り付け、ジャスティーンを拉致した上で車を走行。途中で落下したイアンの遺体を遺棄し、そこからさらに32キロ走った地点でジャスティーンを殺害した…。
CSIのメンバーたちは、レイアウト室にこもって捜査で明らかになった事実を整理する。容疑者はシンクレアとマーティン。被害者であるイアンとジャスティーンの殺害の手順はほぼ明らかになったが、シンクレアとマーティンは、ジャスティーンの殺害現場に残されていた靴跡と足のサイズが一致せず。2人の車も、現場のタイヤ痕とは一致しない。要するに、容疑者と現場がつながらないのだ。ヘザーの見立てでは、イアンを殺した人物はSM愛好者ではないとのこと。では犯人は誰なのか? CSIの面々は、何か証拠を見落としていることに気付かされるのだった。
一方、ヘザーに助言を求めに行っていたグリッソムは、捜査への協力は単なる口実だったことをヘザーに見抜かれてしまう。実は、グリッソムは旅に出たサラからビデオメールを受け取り、彼女との関係にどう決着を付ければいいか分からず混乱し、ヘザーを頼ったのだ。ヘザーは、そんなグリッソムのためにゲストルームを提供。「そばにいてくれ」と頼む彼に付き添うのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ダウバート基準

法廷で専門家証言を証拠として容認できるかどうかの判断基準のこと。

SIMカード
携帯電話に入っている抜き挿し可能なICカードのこと。電話番号を特定するための固有のID番号などが記録されている。

オプラ・ウィンフリー
アメリカの人気TV司会者で、女優、プロデューサー。「全米で最も好きなテレビタレント」「最も影響力のある女性」といった調査では常に上位にランクインするカリスマで、彼女が司会を務める「オプラ・ウィンフリー・ショー」は、史上最高のトーク番組と高く評価されている。
グレッグは、SM界におけるレディ・ヘザーのカリスマ性を強調するために、彼女の名前を引用した。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「ヘザー、そばにいてくれ」 by グリッソム

グリッソムとの絶妙なケミストリーでファンを魅了してきたレディ・ヘザーが、またまた登場。現在はSMの館の主ではなく、セラピストして活動しているという彼女。サラのことで悩むグリッソムの心を、瞬時に見抜く観察眼はさすが。今回、グリッソムはそんなヘザーの懐の深さに甘える格好となった。エンディングでは、ヘザーの手によってゲストルームのドアが閉じられたが、あの後2人は…? 想像力がかき立てられる。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
サラからのビデオメールが…

グリッソムの元に届いたサラからのビデオメール。決断を渋ったグリッソムを残して、サラは1人でガラパゴスへの旅へと出ていたのだ。ビデオメールの中の彼女は、グリッソムのことを吹っ切った様子だったが…。さあ、どうするグリッソム!
また、今回は珍しく事件は未解決のまま。消化不良な終わり方だったが、今後の放送で続きを楽しめそうなので、どうぞご安心を。
シンクレア役は、映画『トワイライト~初恋~』『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のヴィクトリア役や、「恋するブライアン」のヘザー役で知られるレイチェル・レフィブレ。「CSI:ニューヨーク」の第4シーズン#3「消されたスパイ」には、フラックの恋人デヴォン役で登場している。
トゥルネイ役は、「MAD MEN マッドメン」にジェーン・シーゲルでゲスト出演し、「フラッシュ・フォワード」にニコール・カービー役でレギュラー出演しているペイトン・リスト。彼女は、「CSI:マイアミ」の第4シーズンと「CSI:ニューヨーク」の第2シーズンのクロスオーバーエピソードにもアレクサ役で登場している。
マーティ役は、「ER緊急救命室」の第14シーズンにインターンのグレイディ役で出演しているギル・マッキニー。
なお、今回のエピソードの原題は「Leave Out All the Rest」。オープニングとエンディングを飾ったリンキン・パークの楽曲 "Leave Out All the Rest" と同名である。

2010.5. 8|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/48305588

この記事へのトラックバック一覧です: 5月8日(土) #5「そばにいてほしい」:

コメント

サラに黙って出て行かれた主任の苦悩…
レディ・ヘザーに、話を聞いてもらい…解決の糸口は見付かるのか!?


ホッジス、久々現場に…と思ったらぁ…指に刺…


犯人は…!?誰!?

投稿: アライバ | 2010.05.09 23時58分

コメントを書く