CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 4月17日(土) #2「ここにはいられない」

Lv9_002

スプリッグ・グレニジャーという女性が、ビキニ姿で高層マンションのバルコニーから飛び降り、バスの屋根に落下して死亡する。ニックとキャサリンは、彼女が婚約者のブレットと一緒に住んでいる2204号室を捜索。部屋には押し入ったり争ったりした形跡はないこと、スプリッグはブレットとの結婚式を再来週に控えていたこと、今夜はブレットの両親をディナーに招待するべく、スプリッグはポットローストを作っている最中だったことなどを確認する。幸せの絶頂にいるはずの彼女が、なぜ飛び降りを? その後、スプリッグが死の直前に受けた電話が、マンションの向かいの公衆電話からかけられていたことが明らかに。ブレットの話から、スプリッグが結婚式までに痩せようと必死になっていたことや、1万ドルの窃盗に加担したと疑われ、銀行の出納係を解雇されていたことも分かってくる。ブレットは、スプリッグは窃盗を働くような人物ではないと主張するが…。

キャサリンとニックはラボに戻り、スプリッグが窃盗に加担したと疑われる原因となった客とのやり取りを、防犯カメラの映像で確認する。相手の客はひげ面の男。男は銃も脅迫状も持っていないのに、なぜかスプリッグは自発的に50ドル札2枚を100ドル札100枚に両替していた。スプリッグは、この客のことも両替のことも記憶にないと支店長に説明したらしいが、実は別の銀行でも同じ手口の事件が起きていたことが発覚する。出納係のグレイス・パウエルが、同じひげ面の男に1ドル札10枚を渡す代わりに100ドル札100枚を渡していたのだ。スプリッグと同様に、グレイスもひげ面の客のことや両替のことはまったく覚えておらず。彼女を事情聴取したキャサリンは、スプリッグとの共通点を探すため、ダイエットをしているかとグレイスに問う。グレイスは「タバコをやめても1.3キロしか太っていない」と反論し、自分が禁煙プログラムで世話になった催眠療法士の名刺をキャサリンに見せる。そしてこの名刺がきっかけとなり、スプリッグが同じ催眠療法士によるダイエットプログラムを受けていたことが判明する。
キャサリンとニックは、スプリッグとグレイスの催眠療法士、ビビアナ・コンウェイが開催しているショーの会場へ。ビビアナの一声で、生タマネギをリンゴだと思い込んでかぶりつく催眠の被験者の様子を目の当たりにする。ショーを終えたビビアナは、自分は個人客相手のセラピーを本業にしており、スプリッグについては痩せたいという彼女の願望を視覚化する手伝いをしただけだと説明。小さなビキニを着たスリムな自分が、羽織っていたタオルを脱ぎ捨てて、ハワイのビーチを走って海に飛び込むという視覚を植え付けたと語るが…。
その後、別の催眠療法士がグレイスの記憶を呼び覚まそうとするが、やはりグレイスは事件の詳細を思い出すことができず。催眠療法士の話から、グレイスは「後催眠暗示」をかけられている、つまり、グレイスは何者かによって“記憶を残さないように”と命令されていることが分かってくる。そして、犯人の手が女性のように小さかったとグレイスから聞かされたキャサリンとニックは、1ドル札と100ドル札を間違えるようビビアナがグレイスに暗示をかけたものと推測。ひげ面の男とビビアナの顔を生体認証システムで比較した結果、銀行でグレイスやスプリッグから金をせしめていたのはビビアナ本人だったことが判明する。
やがて、スプリッグが飛び降りの直前に受けた電話がかけられた公衆電話に、ビビアナの指紋が付着していたことも判明する。キャサリンとニックは、ビビアナが電話であるキーワードをスプリッグに聞かせ、暗示の通り彼女がビキニに着替えて海へ飛び込むよう(バルコニーから飛び降りるよう)促したものと確信。生体認証システムの結果という動かぬ証拠をビビアナに突きつけ、スプリッグとグレイスを利用して銀行から金をせしめたことを白状させる。しかし、ビビアナは反省する様子も見せず、「スプリッグの死に私が関与した証拠はないはず」と開き直るのだった。
一方、深夜の路地では女性の撲殺死体が発見され、グリッソムが捜査にあたる。指紋から、被害者の身元は高校の進路指導員のポーラ・ボンフィリオと判明。両目は潰されており、犯人の激しい憎悪が感じられる。ポケットには、カジノのピットボスが管理しているホテルの部屋のカードキーが入っており、昨晩、カジノでの負けを帳消しにしてもらうため、彼女がピットボスと寝ていたことも明らかになる。
グリッソムは、刑事のウィリアムズとともに高校3年のポーラの息子スコットに会いに行く。彼によれば、ポーラは昨晩10:00頃に電話してきた時には元気で、2歳になる彼女の長女レクシーも一緒だったはずとのこと。けれども、遺体発見現場付近でレクシーの姿は見つかっていない。では、レクシーは今どこに? CSIは乳児誘拐の恐れがあると見て、レクシーが行方不明になっているというニュースをマスコミに流し、広く情報を募る。
スコットは、母親はギャンブル好きで外泊も頻繁であり、隠しておいたバイト代までギャンブルに使い込んでしまうことなど、母親の日頃の悪行をグリッソムに説明。自分の父親も、レクシーの父親もどこの誰だか分からないと話す。
アーチーは、クレジットカードの履歴やカジノの監視カメラの映像などから、昨日のポーラの足取りを追う。その結果、ポーラはレクシーをカジノ内の託児所に預けた後、2時間ほどギャンブルをして大負け。その後、いったんピットボスと消えた後、再びポーカーテーブルに戻ったのもつかの間、500ドルのチップをつかんだまま眼鏡をかけた男と一緒にテーブルを離れて、託児所でレクシーを引き取ってから遺体発見現場近くの質屋に行っていたことが明らかになる。質屋の裏の路地に割れた眼鏡が落ちているのが見つかっていることから、グリッソムらは眼鏡の男が事件に関わっているものとにらむ。
やがて、ポーラの車を運転していた娼婦が捕らえられる。彼女は、通りがかりの男から「赤ちゃんを託児所に届ければ礼として車を渡す」と持ちかけられ、それに承諾しただけだと弁明。彼女の案内により、ホテルの託児所に預けられたレクシーは無事にスコットの手に戻る。
その後、ポーラの車に残されていた指紋から、眼鏡の男は金貸し屋のレオンと判明。彼は、ポーラから借金を取り立てるべく、車とレクシーを奪ったが、彼女を殺してはいないと主張する。元々、車とレクシーはポーラに返すつもりだったが、ニュースでポーラの死を知り、慌てて通りがかりの娼婦に前述の依頼をしただけだと言うが…。
そんな中、ポーラが持っていた500ドルのチップの無線識別装置の情報から、チップを換金にきたのは何とスコットだったことが判明。さらに、スコットとポーラは実は親子関係になく、スコットはポーラの以前の職場であるオハイオ州の高校の生徒で、レクシーはスコットとポーラの子どもであることも明らかになる。
取り調べを受けることとなったスコットは、当時、進路指導員だったポーラに真剣に心の悩みを聞いてもらううちに彼女と深い仲になったこと、本気でポーラと幸せな家庭を築こうとしたものの、彼女にはその気がないばかりか、愛娘のレクシーまで借金の形にされたのが許せず犯行に至ったことを認める。
まだベガスに残っていたサラは、8年前、性的暴行を受けて昏睡状態に陥り、延命治療を続けていたパメラの人工呼吸器を、夫のアドラーが外して安楽死させたとグレッグから知らされる。当時、刑事のベガとともに事件を担当していたサラは、今回もアドラーのことを放っておけず。自分も病院に駆け付け、なぜ安楽死させたのか彼に事情を聞く。アドラーによれば、パメラを襲った犯人トニー・ソープから嫌がらせの電話が何度もかかってくるようになり、ある日病室に行くと「またレイプした。1回目より喜んでいた」とソープが書き込んだ当時の新聞記事が置かれていたとのこと。怒りのあまり記事は燃やしてしまったと語るアドラーは、妻を守るには安楽死させるしかなかったと辛い胸の内を語る。
サラはますますアドラーへの同情を強めるが、彼の自宅にソープからの電話がかかっていた履歴はなく、パメラの病室にソープがいたという証拠も見つからないまま…。結局、ソープは昨年のクリスマスに脚を撃たれて車いすの体となっており、再びパメラを襲うのは不可能だったことが明らかになる。そして、8年にわたって昏睡状態のパメラを世話し続けていたアドラーが、自らを苦しみと疲れから解放するために安楽死という手段をとった、という真実が判明。こうして、肩入れしていたアドラーに裏切られた格好となったサラは、自分がCSI捜査官としてベガスにいられなくなった理由をあらためて自覚し、1人ベガスを後にするのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
後催眠暗示

催眠のトランス状態から覚醒した後である行為をするよう、催眠状態中に被験者に与える暗示のこと。被験者は催眠状態ではその内容をよく理解するが、覚醒後には暗示の内容を思い出すことができない。

ピットボス
複数のカジノテーブルを統括するカジノのマネージャーのこと。高額の両替の承認やトラブル発生時の対処などを担当する。

オイディプス
実の父を父と知らず殺し、実の母を母と知らずに交わったギリシャ神話の登場人物。「CSI:ニューヨーク」の第3シーズンの#5「オイディプスの悲劇」を参照。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「人は誰しも、一方的な愛だけでは生きていけない」 by グリッソム

パメラを安楽死させたアドラーが、自分の行為を正当化するためにソープの話をでっちあげたのではないかと指摘したグリッソム。「そんなのあり得ない」と反論するサラに対する一言がこのセリフ。この一連の会話の後、サラは「それ、誰の話?」とグリッソムに聞き返していたが、どうやら彼女は、グリッソムが自分との関係を間接的に語ったものと受け取ったようだ。
しかしながら、今回のエピソードを通して、別れた今もグリッソムとサラは互いを思い合っていることが明らかに。「2人で旅に出たい」というサラの言葉は、ウォリックを失った悲しみのさなかにあるグリッソムの心にどう響いたのか、気になるところだ。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
サラが過去の事件に直面

ウォリックの件でベガスに残っていたサラ。以前、自分が担当した事件に再び向き合うこととなったが、その事件が描かれたのは第1シーズンの#16「氏名不詳の女 ジェーン・ドー」。被害者であるパメラは、犯人のソープにレイプされた末に頭を撃たれ、昏睡状態に。サラは、当初身元が分からなかった彼女をまるで友達のように“ジェーン”と呼び、その不幸な境遇に同情。グリッソムを心配させるほど、事件にのめり込んだ。この時グリッソムは、「間隔を置くことを覚えない限り、いつか燃え尽きる」とサラに忠告しているが、年月を経て、サラはこの言葉の意味を思い知ることになるのである。
また、この事件では、たとえパメラが一生植物状態のまま2度と目を覚まさなかったとしても、1年と1日以内に死亡しない限り、犯人を殺人罪に問えないという法律の矛盾がポイントに(現在は法律が変わり、パメラの死亡原因が性的暴行だった場合、何年経過しても殺人罪に問えるようになった)。しかも、当時のソープは未成年。そのためソープは、たった4年、少年院に入るだけで済んでしまったのだ。当時から、被害者あるいは被害者家族よりも加害者が守られるシステムに強く憤りを感じていたサラ。今回、彼女がアドラーに肩入れしたのは当然のことと言える。
なお、#16「氏名不詳の女 ジェーン・ドー」が刑事のベガの初登場エピソードである。
ビビアナ役は、「ER緊急救命室」第3シーズンの小児外科医、アビー・キートン役で知られるグレン・ヘドリー。彼女は、マック・テイラーを演じるゲーリー・シニーズ主催のステッペン・ウルフ劇団に所属していた時期が。ステッペン・ウルフ時代に知り合ったジョン・マルコヴィッチと結婚したこともあるが、6年後に離婚している。
ポーラ役は、「デクスター ~警察官は殺人鬼」でバーバラ・ジアナ役を務めたクリスティン・ダッティーロ。アドラー役は、「HEROES/ヒーローズ」のウスツ役のンタレ・ムワイン。ソープ役は、「レバレッジ ~詐欺師たちの流儀」のアレック・ハーディソン役で知られるオルディス・ホッジ。
ちなみに、今回エピソード冒頭で使われていた曲は、コールドプレイの"42"。バスで席を譲ろうとしない若者をにらみつける老婆の目力と相まって、独特のムードを醸し出していた。

2010.4.17|CSI:9 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/48109763

この記事へのトラックバック一覧です: 4月17日(土) #2「ここにはいられない」:

コメント

サラの再登場に「氏名不詳の女 ジェーン・ドー」を絡めてきたのには関心しました。
失意のサラを見るのは辛いですが・・・。
早くサラの笑顔が見たいです。

投稿: moody | 2010.04.19 15時52分

ギャンブル中毒のポーラにお金を貸してた男の人
名作ヒルストリートブスースに出てた
Bruce Weitz でしたね。
ベルカー刑事懐かしい~!
色々なドラマに出てこられるから嬉しいな~♪
ERでアビーキートン役の人も老けたけど
すぐに分かりました。
カーターとつきあってた頃 
実際に妊娠してたから
上半身の映像が多かった
こちらも懐かしい~♪

投稿: dimbula✿ | 2010.04.24 10時47分

コメントを書く