CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 3月6日(土) #9「新しい命」

Ny5_09

夜の廃車置き場に忍び込んで、「LARP」を楽しむ男たち。ふざけて仲間の1人を廃車のトランクに閉じ込めると、そこに1台の車が近付いてくる。てっきり従業員か警察がやって来たのだと思い込んだ男たちは、トランクの仲間を置き去りにしてその場から逃走。その翌日、廃車置き場の従業員が異変に気付く。プレスされた車から、何かが漏れ出しているのだ。それは、腐敗した人間の体液だった…。

現場に駆けつけたマックたちは、早速現場検証を開始。リンジーがボルトカッターで壊された鍵を発見した矢先、廃車のトランクの中から助けを求める声が聞こえてくる。ダニーはトランクのロックを壊し、「LARP」に参加していたマイク・ヘスを救出する。けれども、彼も「LARP」の仲間たちも事件とは無関係。誰も廃車置き場に車でやって来た人物の顔を見ていないと分かる。
シドとホークスは、プレスされた車の中から遺体のパーツを1つ1つ回収。被害者は17歳~25歳前後の白人女性で、死後3週間ほど経過していることが分かってくる。また、車内に残されていた車両登録番号が削り取られたプレートを分析した結果、車の所有者は25歳の白人女性、エリザベス・バーカーと判明。彼女が被害者と見たダニーとステラはバーカー家に向かうが、意外にもエリザベスは無事と分かる。彼女は、「今朝、車が盗まれたのに気付いて盗難届を出した」と説明。赤ちゃんを連れて散歩から戻ってきた夫のスティーヴも、彼女の話を裏付ける。
その後、プレスされた車から原形を保ったロケットペンダントが見つかる。中には被害者の両親と思われる写真が。フラックは写真をマスコミに流し、情報を募ることにする。また、被害者のポケットからは体液にまみれた名刺のようなものが見つかり、被害者の頭蓋骨には、ALSライトに反応する細かなひび割れのような筋が確認される。
一方で、壊された鍵に付着した指紋が、加重暴行の前科があるレジー・ダナムのものと一致。マック、ダニー、フラックは、レジーが車両窃盗のテクニック教室を開いている現場に乗り込み、彼の身柄を拘束して署に連行する。レジーは、廃車置き場に侵入して触媒コンバータを盗み出したことは認めるものの、殺人については否定。警察から自白を強要されたふりをしようと、自ら頭をデスクにたたきつける。けれども、マックに科学で説き伏せられ、無駄に痛い思いをしただけに終わる。
車からはいくつかの指紋が検出されるが、いずれもレジーのものとは不一致。手がかりは尽きたかに思われたが、運転席側のドアの取っ手に血痕が付着していたことが分かる。被害者はトランクの中にいたはずなのに、なぜ運転席側のドアの取っ手に血痕が? マックは、血痕のDNA鑑定を急がせる。
ホークスは、被害者の割れた頭蓋骨を元の形に復元。頭部に鈍器損傷の跡を確認する。ところが、腰椎には死後に刃物で傷つけられた跡が。犯人は、被害者を殴り殺した後で腹部を切り裂いた可能性が出てくる。また、ダニーは頭蓋骨から復顔像を作成し、失踪者リストと照合する。しかし、データベースに該当者はなし。少なくとも3週間前から行方不明になっていたはずなのに、なぜ両親は捜索願を出していないのだろうかと、ダニーは首をかしげる。
その後、新たな手がかりとして、被害者のポケットから赤ちゃんの誕生祝いなどに贈られるシルバーのスプーンが見つかる。また、アダムの調べにより、体液にまみれていた名刺は、ミッドタウンにある医療センターに勤務するローリ・ウィントン医師のものと判明。ステラとダニーは医療センターにローリを訪ねるが、彼女は復顔像に見覚えはないと話す。なお、この時ダニーは、医療センター内でリンジーの姿を見かける。
調べは進み、被害者の頭蓋骨のひび割れのような筋は、テトラサイクリンによるものと判明。また、骨盤の状態とDNA鑑定の結果から、被害者は妊婦であり、ドアの取っ手に付着していたのは胎盤の血液だったことが明らかになる。おそらく犯人は、死んだ妊婦の腹から胎児を取り出したのだろう。
徐々に謎が解き明かされつつも、いまだ被害者の身元がつかめない中、復顔像を見たリンジーが、被害者は知り合いの妊婦のニコール・ハリスだと気付く。オールバニーから呼び寄せられたニコールの両親は、世間体を気にするあまり、妊娠した娘を家から追い出したまま何カ月も連絡を取っていなかった事実をマックやステラの前で明かす。
やがて、テトラサイクリンをニコールに処方したのはローリだったことが判明。また、ニコールがポケットに入れていたシルバーのスプーンに付着したDNAはエリザベスの夫スティーヴのもので、通話記録から彼とローリが連絡を取り合っていたことも明らかになる。こうして、ローリとエリザベス、スティーヴの夫妻がつながり、マック、フラックたちはバーカー家に急行。捜査が身辺に及んだことを察知したエリザベスはすでに赤ちゃんを連れて逃亡した後だったが、自宅にいたスティーヴは駆けつけたフラックの手によって逮捕される。
その後、取り調べを受けることとなったスティーヴは、エリザベスが不妊症と診断されて以来、生きる気力を失ってしまったこと、エリザベスの精神状態がネックとなりで養子縁組も叶わなかったこと、妻のためにどうしても赤ちゃんを手に入れようと思うようになったことなど、これまでのいきさつを語り、エリザベスと幼なじみであるローリの仲介で、中絶に訪れたニコールの赤ちゃんを医療費全額プラス5万ドルでもらい受ける約束を交わしていたことを白状する。そして、心変わりしたニコールが、「赤ちゃんは渡さない」と言いにきたこと、何とか彼女を説得しようとしている矢先、弾みでニコールが階段から転落し、頭を打って死亡したこと、救急車を呼べば赤ちゃんがもらえなくなると考え、その場でニコールの腹を切り裂いて赤ちゃんを取り出したこと、さらに、ニコールの死体を車のトランクに入れて隠したものの、腐敗が進んだため車ごと廃車場に捨てに行ったことを認める。これにより、ローリも違法な養子斡旋と司法妨害の罪で逮捕される。
そんな中、赤ちゃんを連れたまま逃亡中のエリザベスが、ガソリンスタンドのトイレに立てこもっているのが見つかる。現場に駆けつけたステラは、ハサミを手に興奮するエリザベスを何とか説得し、無事赤ちゃんを保護する。
ダニーは、なぜリンジーが医療センターから慌てて姿を消したのか、その理由を彼女に問う。最初は答えをはぐらかすリンジーだったが、最終的にはダニーの子を妊娠していると告白。被害者のニコールと知り合いになったのは、彼女自身が妊婦として医療センターに通っていたからだったと分かる。リンジーは胎児の超音波写真をダニーに見せるが、何も彼に要求せず。そんなリンジーの態度に戸惑ったダニーは、成り行きでニコールの両親であるハリス夫妻に今の心境を打ち明ける。娘への仕打ちを後悔している夫妻は、ダニーの悩みを受け止め、悔いの残らない決断をするよう助言。その後ダニーは、ニコールの赤ちゃんが祖父母であるハリス夫妻の手に委ねられる様子を、リンジーとともに複雑な思いで見届けることになるのだった。


【鑑賞MEMO:豆知識】
LARP

ライブアクション・ロールプレイングゲーム(Live Action Role Playing Game)の略で、現実の街や建物をファンタジー世界に見立て、生身の人間が行うロールプレイングゲームのこと。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「妊娠したの」 by リンジー

何とリンジーがダニーの子を妊娠! CSIのシリーズを通してみても、チーム内のカップルに子どもができるというのは初めてのケース。リンジーは、ダニーが妊娠という事実を受け止められないと最初から諦めているのか? ダニーは、今後どのような態度に出るのか?

【鑑賞MEMO:キャラクター】
リンジーの妊娠にダニーは…

ダニーが自分の過去を語るシーンから始まった今回のエピソード。実は、被害者の両親であるハリス夫妻に悩みを打ち明けていたのだということが、最後になって分かるというひねりのある構成。マイナーリーグで活躍する野球選手だったダニーが、ケガをきっかけにCSIに転職するいきさつなども語られ、ダニーの戸惑いが効果的に伝わってくる内容となっていた。
ちなみに、ダニー演じる カーマイン・ジョヴィナッツォ自身も、ケガでプロ野球選手の道を断念して俳優に転身したのだとか。ダニーのキャラクター設定には、カーマイン・ジョヴィナッツォ自身のプロフィールが反映されているというわけだ。
また、一方でちょっと見過ごせないのがアダムのステラに対する態度。体液まみれになっていた名刺の内容を突き止めたことで、ステラから「あなたって最高!」と言われた時のアダムの嬉しそうな表情といったら。前回、ステラと同姓同名探しをしていた時も、何だかとても嬉しそうだったアダム。どうやらステラに気があるようだ。
ローリ役は、「特殊能力捜査官 ペインキラー・ジェーン」のモーリーン役で知られるアライナ・ハフマン。「スターゲイト」シリーズの3作目となる「Stargate Universe」にもレギュラー出演中。「LARP」をしていて車のトランクに閉じ込められたマイク役は、「エイリアス」でマーシャル・フリンクマンを演じていたケヴィン・ワイズマン。レジー役は「THE WIRE/ザ・ワイヤー」のオマール・リトル役や「キル・ポイント」への出演で知られるマイケル・K・ウィリアムズ。

2010.3. 6|CSI:ニューヨーク5、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/47740849

この記事へのトラックバック一覧です: 3月6日(土) #9「新しい命」:

コメント

子供が望めないからと言って、違法な養子斡旋するなんて…
ニコールの両親も、世間体気にせず彼女を受け止めておけば…良かったのに。 リンジー妊娠ダニーの子(アンナ・ベルナップ第二子妊娠なんですね) 第一子=女の子でしたよね!

投稿: アライバ | 2010.03.07 00時38分

ダニーとリンジー、このままハッピーエンドに突っ走って行ってほしいですねup

投稿: ちえ | 2010.03.07 08時24分

コメントを書く