CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 3月20日(土) #23「爆風、そしてダメージ」

M7_23

レストラン「ティサノ」で会食中のエマーソン一家のテーブルに、窓から手榴弾が投げ込まれて爆発。ロビイストのウォーレン・エマーソンとその部下のラクエルが死亡し、妻デボラと息子スティーヴも負傷する。駆けつけたCSIは現場検証を開始。手榴弾は手製のものであり、店の外には目撃者がいないことを確認する。店のオーナー、ジェイソン・モリーナも、厨房にいたため経過を見ていないとのこと。ホレイショは、モリーナの顔に殴られたような痣を見つけて事情を聞くが、酔っ払いにからまれただけで事件とは無関係だと彼は説明する。

ホレイショとナタリアは、エマーソン一家のテーブルの給仕を担当していたウェイトレスのトーニャにも話を聞くが、彼女はどういうわけか「何か言ったら子どもたちを取り返せなくなる」と言って多くを語るのを躊躇する。
トーニャの歯切れの悪い物言いが気になったホレイショは、児童福祉局のチャールズに会い、トーニャの娘マギーと息子エイダンが、6日前に自宅アパートに置き去りにされているのを保護されたことを知る。チャールズによれば、トーニャはマリア・ロペスという名前の子守に子どもたちの世話を頼んだと主張しているとのこと。どうやら、トーニャは何とかして子どもたちを取り返そうとしている最中であり、そのため、警察絡みの厄介事を避けようとしていたことが分かってくる。ホレイショはその足で児童福祉局の保育施設へ。マギーとエイダンに会い、確かにマリアという名前の子守が来ていたという事実をマギー本人から聞き出すが…。
エマーソンとラクエルの遺体は解剖室に運ばれる。モルグの助手として勤務するカイルは、解剖台に移されたエマーソンの遺体を袋から取り出そうとするが、その瞬間、ちぎれた脚のズボンの裾に入り込んでいた2個目の手榴弾が転げ落ちて爆発。幸い負傷者はなかったものの、その場に居合わせたウルフは、タラが爆発の直後に必死でオキシコドンを拾い集める姿を目撃。彼女が薬物中毒に陥っていることに気付き、すぐに薬をやめるよう彼女に忠告する。
その後、ホレイショはレストランの窓際の席に予約を入れた張本人の息子スティーヴに事情を聞く。スティーヴは、父親の誕生祝いのためにしたことだと説明し、事件への関わりを否定。母親のデボラは、店の外に黄色い車のようなものを見たと話す。
モルグの爆発跡からかき集めた破片を分析していたウルフは、手榴弾を発火させるための電極にカメラの内蔵フラッシュが使われていたことを突き止める。そして、犯人にたどり着くための手がかりを得るべく、フラッシュのメーカーを調べることにする。
ホレイショはトーニャのアパートに行き、保育施設で子どもたちに会ったことを彼女に報告。マリアという子守に世話を頼んだという彼女の主張を信じ、マリア捜しに協力しようとする。けれども、マリアは名前や住所を偽っていたことが判明。ホレイショは、マリアに子守代を支払った際の使用済み小切手を集めておくようトーニャに指示する。
ウルフとデルコは現場に戻り、デボラが見たという黄色の車の痕跡を探す。その結果、車がぶつかってコンクリートがはがれ落ちた跡や、衝突の衝撃で駐車サービスのスタンドに移ったナンバープレートの型などが見つかり、車の所有者ケン・ジャービックが捜査線上に浮上する。彼を捕らえて車を捜索すると、中からはホログラムシールを作るのに使うラミネートホイルなどクレジットカード偽造のための道具が。トリップの容赦ない取り調べに怯えたジャービックは、レストランの爆発には関わっていないと主張しつつも、スティーヴと一緒にクレジットカード偽造を行っていたことを認める。
ホレイショとデルコは、ジャービックから聞き出したクレジットカード偽造の拠点である倉庫に急行。その場でスティーヴを逮捕する。スティーヴは、儲けの一部と引き替えにクレジットカードの番号をレストランのオーナー、モリーナから入手していたことを白状。実は数週間前、自分とジャービック、モリーナの3人が盗み撮りされた写真がパソコンに送信されてきたが、脅しとは気付かずに無視したと話す。レストランに手榴弾を投げ入れた犯人は、スティーヴたちのせいでカード詐欺の被害に遭った被害者なのだろうか?
どうやら、すべてはスティーヴへの報復が目的であり、その巻き添えでエマーソンらが犠牲となったと見るのが正しいようだ。スティーヴは、自分のせいで父親が死ぬことになったと聞かされてショックを受ける。
カリーはベントンの協力を得て、スティーヴの元に送られてきた写真の画像処理のアルゴリズムを解析。撮影したカメラとレンズは、CSIメンバーの様子を隠し撮りしたサーノフの手下のパパラッチ、キャメロン・ウェストのものと判明する。そう、爆破の犯人はキャメロンだったのだ。実は、カード詐欺の被害に遭った客の中にロシアン・マフィアが。キャメロンは組織の指示でスティーヴへの報復を計画。カメラの内蔵フラッシュを使った手榴弾を作り、スティーヴらが食事するレストランに投げ込んだのだ。けれども、キャメロンを逮捕するには証拠が不十分。CSIは仕方なく彼を釈放する。しかし、本来の標的であるスティーヴの殺害に失敗したキャメロンが組織の手で始末されるのは時間の問題だろう。
一方、ホレイショは、トーニャがマリアに渡した小切手が換金された食料雑貨店へ。そこで、マリアとおぼしき女性がイベット・セルバンテスという名前で換金していた事実をつかむ。ホレイショは早速イベットに電話をかけ、「子どもを預かってほしい」と言って彼女を公園に呼び出す。そして、“マリア・ロペス”という女性のせいでトーニャの子どもたちが児童福祉局に引き渡されたことを彼女に告げ、真実を話してほしいと諭す。イベットは、過去にモリーナのレストランで働いていた際、チップの一部を申告せずに着服していたことで「言う通りにしないと国税庁に通報する」とモリーナに脅され、仕方なくトーニャの子守を途中で抜け出し、児童福祉局に偽の通報をしたことをホレイショに告白する。
一方、カード詐欺への協力をトーニャに拒まれたことから、口封じのために彼女を子どもたちから引き離そうと画策していたモリーナは、カード偽造及び恐喝容疑で拘置所へ。ホレイショの活躍でイベットの供述書を得ることに成功したトーニャは、無事子どもたちを取り戻す。ようやく再開を果たした親子。その幸せそうな姿に、ホレイショは目を細めるのだった。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ロビイスト

政府の政策に影響を及ぼすことを目的として、私的な政治活動を行う人物または集団。政党や議員や官僚、さらにはマスコミや世論に働きかけ、特定の個人や団体に有利な政治的決定を行わせようとする。

持参人払いの小切手
特定の者を受取人とせず、小切手を持参した人にお金が支払われるタイプの小切手。

使用済み小切手
使用済み小切手(Canceled Check)は、銀行から本人に郵送で戻る仕組み。受取人の裏書きや銀行の決済記録がスタンプされているので領収書代わりになる。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「すぐやめるんだ。この次はもう見なかったフリはできない」 by ウルフ

前回、カイルも指摘していたタラの薬物問題。やはり事態はかなり深刻なよう。爆発の直後に、真っ先にオキシコドンを拾い集めるとはかなり重症。ウルフの忠告に従って、タラは更正できるのか?

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ホレイショ、子どもたちのために大活躍!

今回は、再びロシアン・マフィア絡みの事件。そんな中、ホレイショが女性と子どものために大活躍! 子どもを児童福祉局に連れていかれてしまったトーニャのために奔走。そのおかげで、トーニャは無事2人の子どもたちを取り戻すことができた。子どもたちに優しく話しかけてやったり、トーニャの言い分を信じてやったりするホレイショの優しさが光ったエピソード。
そして、問題なのはタラ。本当に薬物中毒に陥っているのだとすれば、そう簡単には抜け出せないはず…。ウルフの忠告を、タラがどう受け止めるかが次回以降の見もの。
トーニャ役は、「24 -TWENTY FOUR-」第7シーズンのオリヴィア・テイラー役や「ジェリコ ~閉ざされた街~」のヘザー・リシンスキー役で知られるプラグ・グレイデン。
デボラ役は、「KYLE<カイル>XY」にニコル・トレガー役で出演しているマルグリット・マッキンタイア。「CSI:ニューヨーク5」の#7「地下室の死体」にはアニー役でゲスト出演している。
なお、デルコが研修で教わった知識をフルに生かして、駐車スタンドに残っていたナンバープレートの型にシートを吸着させるシーンがあったが、浮かびあがった下3桁の「190」という数字、本来鏡文字になっていなければいけなかったのでは…。

2010.3.20|CSI:マイアミ7、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/47860394

この記事へのトラックバック一覧です: 3月20日(土) #23「爆風、そしてダメージ」:

コメント

チーフ=トーニャの子供に向けた笑顔が、良いですねconfident pout…またロシアン・マフィア…あの息子も馬鹿な事をangry

投稿: ホレイショ好き | 2010.03.20 23時54分

コメントを書く