CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 3月13日(土) #10「マンハッタン・トライアングル」

Ny5_10

エンパイア・ステート・ビルの近くで、ハイ・アイ・セキュリティ社の現金輸送車内にいた警備員カールが、突然、火花の中で苦しみ出して死亡する。異変に気付いた輸送車の運転手グレッグは応援を要請しようとするが、なぜか無線は通じず。付近では信号機が一斉に故障し、携帯電話も通じなくなっていた。都市伝説によれば、この一帯はバミューダ・トライアングルのごとく、車が勝手にロックされたり人が消えたりすると噂されている場所。エンパイア・ステート・ビルのせいで電磁的異常現象が起きると言われているのだが…。

マックらCSIは現場に到着。グレッグは規則を守って運転席を離れずにいたのに、なぜか輸送車の後部ドアが開いていたことが分かる。目撃情報によると、何者かが後部ドアのノブを回していたとのこと。けれども、実際には後部ドアにノブは付いておらず、ドアを開けた人物の性別すら定かでない。
カールの遺体はモルグに運ばれ、シドが検視を行う。一見、銃創のように見えた外傷は、カールの体内に埋め込まれていたペースメーカーが破裂したことによるものと判明。肝臓は電子レンジにかけられたような状態になっており、強いマイクロ波を浴びたせいでペースメーカーのリチウム電池から発火したらしいと分かってくる。また、カールの袖口には、小さなパイナップル型のステッカーが付着していたことも明らかになる。
現場付近の防犯カメラの映像は午後4:56で途切れており、それを境に信号機が機能しなくなっていたことが確認される。また、カールのペースメーカーの心電図データも午後4:56で途絶えていたことが判明。マック、ダニー、ホークスの3人は、エンパイア・ステート・ビルの電波塔に上ってマイクロ波の計測を行うが、電波の数値は問題ない範囲内で、エンパイア・ステート・ビルのせいで電磁的異常現象が起きるという都市伝説は科学的に否定される。では、マイクロ波はどこから? ホークスは、国防高等研究計画局(DARPA)に問い合わせて情報を求める。
そんな中、ハイ・アイ・セキュリティ社の現金輸送車からは現金が盗まれていなかったことが判明。事件は強盗目的だろうと考えていたCSIは、なぜ金を取るつもりもないのに警備員を殺さなければならなかったのか、首をかしげる。
その後、現金輸送車の後部扉を調べていたアダムは、電子錠の周囲に円形の跡、さらに錠の周りに工具痕が付いているのを確認。犯人は、電子錠を開けるために強力な磁石を内蔵したリング状の物体、通称「悪魔のリング」を利用したのではないかと推測する。銀行強盗特捜班にいたこともあるフラックは、過去に「悪魔のリング」を使って強盗をはたらいた元服役囚バーニー・ベントンの存在を思い出す。そして、彼が経営するバーに出向くが、すでに強盗稼業から足を洗ったと主張するバーニーは、自分は膵臓癌で余命9カ月であり、事件には関わっていないと語る。
一方、カールの袖口に付着していたパイナップル型のステッカーには、日焼け止めの成分と何者かの上皮が付着していたことが分かる。また、現金輸送車が次に立ち寄る予定になっていた、現場から4ブロック先のアンダーソン貯蓄貸付組合から窃盗の被害届が出されたことが判明。現金輸送車の中でカールが死んだ直後の午後5:00過ぎ、ハイ・アイ・セキュリティ社の警備員が25万ドルを持ち去っていたことが明らかになる。受け取りのサイン名は、カール・カスター。すでに死んでいる被害者がサインをすることは不可能なことから、何者かがカールになりすまして金を奪ったことが分かってくる。これにより、犯人が強力なマイクロ波で現金輸送車をエンストさせたのは、次のルートの金融機関から金を奪うためだったことが明らかに。犯人にとって、マイクロ波でカールのペースメーカーが爆発するのは想定外のことだった可能性が強まる。
有力な手がかりが得られないまま、捜査に行き詰まるCSI。マックは、エンパイア・ステート・ビルに設置されたカメラの映像から、目撃者を捜し出せないか確かめてみることにする。その結果、バミューダ・トライアングルの都市伝説に取りつかれているヤートという男が、アンダーソン貯蓄貸付組合の前で犯人の車と接触していたことが判明。ステラとダニーは彼を訪ね、犯人からもぎ取ったハイ・アイ・セキュリティ社の制服の肩章を証拠として預かる。
肩章が誰の制服のものか調べるため、リンジーは警察犬の力を借りることに。その結果、肩章は現金輸送車の運転手グレッグのものと判明。マックとフラックは、グレッグが犯人の一味だと見て取り調べを行うが、彼は「制服はクリーニングで盗まれた」と弁明。あくまでも、自分は無実だと強く訴える。フラックは、バーニーがグレッグの制服を盗み、変装してアンダーソン貯蓄貸付組合に行って25万ドルを手にしたのではないかと推測。マックはフラックの説に納得しつつも、マイクロ波を生じさせた方法を解明する必要があると指摘する。
やがて、DARPAからホークスの元にようやく情報が寄せられ、ミッドタウンにあるサノン研究所が携帯可能な最新型マイクロ波銃を開発したことが分かる。また、パイナップル型のステッカーは日焼けサロンなどで使われるタントゥー用のステッカーであり、付着していたDNAはバーニーの娘のものであることも明らかになる。
バーニーの娘がマイクロ波銃で現金輸送者を止めたと見たCSIは、再びバーニーのところへ行って彼を追及する。バーニーは「強盗稼業も楽じゃない。死んでも家族には一銭も遺らない」と言って、娘に金を遺すために最後の一仕事に出たことを暗に認める発言をするものの、娘の居所については一切明かさず。けれども、バーニーの携帯電話の履歴から、彼の娘はサノン研究所に勤めるジェイミー・サンダーランドと判明する。すぐに全域に緊急配備を敷くCSI。しかし、その頃ジェイミーは、すでにヘリでニューヨークの街を発った後だった。
マックは、トラブル処理を専門とするフィクサー、アン・スティール殺害事件の証拠のフラッシュメモリがなくなったと、FBIのウォルシュ捜査官から報告を受ける。ウォルシュはマックが盗んだのではないかと疑うが、マックはもちろんそれを否定。その後、その証拠の保管手続きをしたケヴィン・クロス巡査が、射殺体となって発見されるという事件が起きる。一体、誰が彼を消したのか?
一方、リンジーの妊娠にいまだ動揺するダニー。リンジーの家族に遺伝病の疾患があるか尋ねるなど、何とか状況に適応しようと自分なりに努力していた。そして、覚悟を決めたダニーは、「結婚してくれ」とリンジーにプロポーズ。リンジーは、妊娠を理由に結婚を急ぎたくないと言ってその申し出を断るが、2人はあらためて互いの愛情を確認。一歩ずつ順を追って進んでいくことに決め、マックに妊娠を報告に行く。マックは、そんな2人を温かく祝福するのだった。


【鑑賞MEMO:豆知識】
バミューダ・トライアングル

フロリダ半島の先端と大西洋に浮かぶプエルトリコ、バミューダ諸島を結ぶ三角形の海域のこと。ここでは100年以上前から船や飛行機、その乗組員が消息不明になるという伝説があり、“魔の三角地帯”として恐れられている。原因にはブラックホール説や宇宙人説、メタンハイドレード説などが唱えられてきたが、いまだに謎を解くに至ってはいない。
バミューダ・トライアングルは米サイ=ファイ・チャンネルで「バミューダ・トライアングル」としてTVドラマ化されたことも。このドラマは、過去にWOWOWでも放送されている。
ちなみに、ニューヨークでも、エンパイア・ステート・ビルを中心にした“バミューダ・トライアングル的”な現象が都市伝説として存在しているのも事実らしい。

国防高等研究計画局(DARPA)
軍隊使用のための新技術開発および研究を行うアメリカ国防総省の機関。通称ダーパ。

タントゥー
肌の一部をブロックして日焼け跡を残すことで楽しむ一種のタトゥー。「ソーラー・タトゥー」と呼ばれることも。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「ねえ、彼女に伝えてくれる?『おめでとう』って」 by ステラ

ニュージャージーのCSIラボにいる友人が妊娠し、ラボ内の危険薬物が胎児に与える影響を心配している、とステラに相談するリンジー。ステラは、リンジー自身が妊娠しているのだと察して、最後にこのセリフを付け加えた。さすが!

【鑑賞MEMO:キャラクター】
リンジーとダニーの決断は?

リンジーの妊娠と向き合い、意を決して彼女にプロポーズするダニー。けれども、リンジーの返答は“No”。妊娠したからという理由からではなく、互いに本心から結婚を望む時がくるまで、一歩一歩順を追って進めていきたいという思いが強かったようだ。しかし、互いの思いが確かなものであると認め合った2人が仲良くマックに報告に行った姿は、実に微笑ましかった。
なお、リンジーの妊娠の背景には、リンジーを演じるアンナ・ベルナップ自身の妊娠がある。アンナは、第一子を2007年1月に、第二子を2009年2月に出産。第一子は、第3シーズンで一時リンジーがニューヨークを離れてモンタナに帰っていた間に出産し、第二子の妊娠・出産が現在放送中の第5シーズンと重なったかたちとなる。
ちなみに、リンジーの吹き替えを担当する園崎未恵さんが「クリミナル・マインド FBI行動分析課」で声をあてているJJも、現在放送中の第4シーズンで出産しているというのは何とも奇遇!
バーニー役は「ツイン・ピークス」のハンク・ジェニングス役で知られるクリス・マルケイ。

2010.3.13|CSI:ニューヨーク5、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/47801698

この記事へのトラックバック一覧です: 3月13日(土) #10「マンハッタン・トライアングル」:

コメント

バーニー=死期が迫り…馬鹿な事をpoutそれも娘と一緒になんて…。バーニー役の方=[ツイン・ピークス]出てましたよね。

ダニー達は、マックに報告しましたねsign01捜査官同士の結婚って…全シリーズ通して…初めてですよね。…でも必要なEpisode要らないような……。(アンナ・が妊娠したから、ダニーと結婚させるだけですよねthink第1子の時のようには、いかないから…でしょうが)

投稿: ダニー大好き | 2010.03.15 15時58分

ダニーとリンジーこれからも二人の仲を応援しますよ。

投稿: ちえ | 2010.03.15 16時54分

コメントを書く