CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 11月7日(土) #5「危険なドレス」

M7_05_1 最先端の液晶タッチパネルを導入したブティックのバーチャル試着室で、17歳のキム・ウォルダーマンが白いドレスに着替えてファスナーを上げようとした瞬間に突如爆発が発生。隣の試着室にいた友人のエイミーは軽傷で済んだものの、キムは吹き飛ばされて死亡する。現場に駆けつけ、店の前で店長のオスカーから事情を聞くホレイショ。偶然にも、すぐそばで巡査ともめ事を起こしているジュリアに遭遇する。巡査によれば、不渡りの小切手を使おうとするジュリアに対して、詐欺の被害届が出されているとのこと。ジュリア自身は、金銭管理を任せていたレナードが金を使い込んだのだと言うが…。

ホレイショはその場を収めてジュリアを家まで送ってから、レストランでランチ中のレナードに会いに行く。レナードは、ジュリアは何百万ドルも投資で損を出しており、今や破産寸前だとホレイショに語る。
タラはキムの検視を行い、傷が腹部に集中していること、ドレスのファスナーから2本の銅線が出ていたことなどをウルフに報告。ウルフは、ドレスのウェスト部分に縫い込まれた爆弾の痕跡を発見する。ファスナーが閉じられた瞬間に銅線が接触して爆発が起きる仕組みになっていたようだ。
また、キムが試着室に据えられた液晶タッチパネルには、最後の2分間の記録が残されていたことも判明。オスカーが記録を確認した結果、爆弾付きの白いドレスは別の店の商品で、何者かによって店内に持ち込まれたものと分かってくる。
一方、レナードとの話を終えたホレイショは、その足でジュリアの家に向かい、家の前で向かいの家の住人、ブライス・カーウィンと争っているカイルの姿を目撃する。ホレイショは2人を引き離すと、家に戻るようカイルに指示。後に、ブライスがジュリアの躁鬱剤を盗んでいたことが争いの原因だったことが分かる。
その後、ブティックの天井裏に吹っ飛んでいたキムのバッグが発見され、中から5,000ドルもの大金が見つかる。さらに、バッグには多数の盗難防止タグや、マッチやナイフなど万引きに使う道具が入っていたことも判明。ケガの処置を終えたエイミーから事情を聞いた結果、エイミーとキムは一緒に万引きを繰り返していたことが明らかになる。
その頃、ホレイショは不動産屋から出てくるジュリアを待ち構えていた。どうやら、ジュリアは金に困って自宅を売ることにしたらしい。ホレイショは、ジュリアの力になろうとするが、ジュリアはホレイショを振り切って車で走り去る。
デルコは、5,000ドルの出どころを突き止めるため、札束から指紋を採取。一番上と一番下の紙幣に付着していた共通の指紋から、形成外科医のロバート・ラングリーが捜査線上に浮上する。カリーはラングリーを訪ね、5,000ドルについて追及。ラングリーは、キムから5,000ドルで豊胸手術を頼まれたが、キムがまだ17歳だったため金を返して断ったと説明する。
そんな中、ジュリアの家の前でひき逃げ事件が発生する。被害者は、カイルともめていたブライス・カーウィン。ひいた車はジュリアのポルシェで、ブライスのポケットにはジュリアに処方された躁鬱病の薬が入っていた。状況証拠を見た限りでは、ジュリアあるいはカイルが事件にかかわっている可能性が高い。ホレイショはジュリアに事情を聞くが、ひどく混乱している彼女は「ブライスは私の薬を盗んでいた」と言うだけでらちが明かない。カイルはブライスをひいていないと断言し、ジュリアが犯人なら自分が罪をかぶりたいとホレイショに訴える。
ホレイショは、ジュリアとカイル以外にひき逃げ犯がいる証拠を見つけるべく、ジュリアのポルシェをくまなく調べるが、第三者の存在を示す証拠は見つからず。すっかり肩を落とすホレイショだったが、デルコが車を調べ直した結果、運転席のマットに落ちたカニの殻が見つかる。ランチの席でレナードがカニを食べていたことを思い出すホレイショ。結局、レナードがジュリアからの報酬を取り損ねたくない一心でポルシェを奪い、突然飛び出してきたブライスを誤ってひいてしまったというのが真相と判明する。
こうして、ひき逃げ事件については解決したが、ブティックでの爆発事件の捜査はまだ進行中。カリーのアドバイスで、爆弾が仕込まれたドレスの縫い目をほどいてみたウルフは、犯人のものらしき血痕を見つける。血痕の主は、爆弾絡みの前科があるスタン・カーライル。ウルフはデルコとともにスタンのアパートを訪ね、ルームメイトのバリーから事情を聞く。バリーはスタンの裏の顔は知らない様子だったが、鍵がかかったスタンの部屋のドアをぶち破って中に入ると、そこには爆弾作りの道具とミシンが。さらに、爆発が起きた店の向かいにあるブティック「フェラテリズ」の洋服も多数見つかる。もしや、営業妨害を狙ったライバル店の犯行か?
カリーは、「フェラテリズ」の店長であるフェラテリを訪ねる。彼女は、爆弾が仕込まれたドレスは確かに自分の店のものだが、ベビーカーを押した若い女に盗まれたと説明。女が逃走時に残していったベビーカー内の毛布を調べた結果、アルミホイルが仕込まれていることが判明する。アルミホイルは導電性素材。犯人はセキュリティチェックをかいくぐるためにこのような工作をしたらしい。とすると、犯人は万引きの常習犯、すなわちエイミーか?
エイミーに疑いの目を向けたCSIは、彼女の携帯電話の記録を調べる。そこには、現場ブティックの試着室前でキムを撮った写真が。デルコは、写真に写り込んだ男に手に見覚えのある腕時計を見つける。スタンのルームメイト、バリーのものだ。さらに調べを進めたCSIは、バリーは、半年前に両手と顔にヤケドを負い、ロバート医師に顔の再生手術をしてもらったスタン本人であることを突き止める。ヤケドで指紋は消え、顔が別人のように変わってもDNAまでは変えられない。動かぬ証拠をつかまれたスタンは、すべては新しい顔を与えてくれたロバート医師のためにやったことだと白状する…。
カリーは再びロバート医師の元へ。スタンが自白したと聞かされたロバート医師は、経営不振でも妻や娘にいい暮らしをさせてやりたくて、エイミーに万引きを依頼したことを告白。報酬が5,000ドルでは足りないとキムに脅されたため、スタンに爆弾付きのドレスを作らせてキムの試着室に置かせたことを認める。
事件解決後、ジュリアの家の前。そこには、落ち着きを取り戻したジュリアに優しく寄り添うホレイショの姿があった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ジョン・ウォールデン

ホレイショが囮捜査で使用していた時の偽名。ジュリアと知り合った際、ホレイショはこの名前を名乗っていた。錯乱していたジュリアは、思わずこのホレイショの偽名を口にしたようだ。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「だめだ、2人の容疑を晴らす証拠が何も見つからない。もしなければ、カイルは拘置所に逆戻りだ」 by ホレイショ

いつになく弱気なホレイショの一言。必死になって証拠を捜していたのに何も見つからなかった割には、途中から証拠探しに加わったデルコがあっさりカニの殻を発見。いつもは隙のないホレイショだが、身内がかかわっていることで冷静さを失っていたのかも。それにしても、そもそもホレイショは身内の捜査を担当してよかったのだろうか…。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
凹むホレイショ!!

ホレイショの急所は、やはり家族か!? いつもなら、千里眼(?)で証拠のありかを言い当てる勢いのホレイショが、まったくダメダメな感じに…。あんなに弱気なホレイショの姿は珍しい(しかも白衣姿!)。
そして、今回は父としての顔だけでなく、一度は愛した女、ジュリアにも慈悲の表情を見せる。エンディングで彼女の頭にそっとキスをするホレイショ。ホレイショファンにとってはグッとくるワンシーンだ。
ロバート医師は、「4400 未知からの生還者」のジャクリーン・マッケンジーがレギュラー出演していることで知られる「メンタル:癒しのカルテ」で、カール・ベル医師を演じているデレク・ウェブスター。
オスカーの店のライバル店「フェラテリズ」の店長役は、「スタートレック エンタープライズ」のトゥポル役で有名なジョリーン・ブラロック。
バリーことスタン役は、「ドクタークイン 大西部の女医物語」のマシュー・クーパー役で知られるチャド・アレン。ゲイであることを公表している彼は、ゲイの探偵が活躍する「私立探偵ストレイチー」シリーズのストレイチー役でも有名。ちなみに、「私立探偵ストレイチー」はアメリカのゲイ専門チャンネルhere!で放送されているシリーズ。第1作目と第2作目はWOWOWでも放送された実績あり。

2009.11. 7|CSI:マイアミ7、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/46697978

この記事へのトラックバック一覧です: 11月7日(土) #5「危険なドレス」:

コメント

ドレス爆弾bomb
Dr.ラングリー…なんちゅう依頼を…pout
バリー〓スタン役チャド・アレン←懐しい!でもゲイなんだよねcatface

こんなに、凹んでるホレイショ…初めて。 ジュリア達を…支えていくのかなチーフ。
今回も、ラボに‘新顔の女性’が…韓国系!?中国系!?

投稿: ホレイショ好き | 2009.11.07 23時18分

まだ、若い女の子を爆死させて、万引きさせてお金に替えてまでも、守らなければいけない生活って?そして、平気な顔をしているとはね。
ホレイショも大変ね。ジュリアにカイル。家族のことは、どこの国問わず、あるものだけど、苦悩がつきまとう。この先、どうなるんでしょ?
衣装のことで、あら?と思った。カリーは、紫かかったショッキングピンク、デルコは、紫かかったピンク、ウルフは、柔らかいパステルカラーピンク。これって、スタイリストの意図的な意味があるの?それとも偶然、三人が選んだシャツの色が似てたの?出演者同志、仲良く家族のようだと言うので、偶然かもね。

投稿: マック娘 | 2009.11.09 17時05分

ホレイショ・・!!
ジュリアに優しすぎるんぢゃない!?

マリソル・・天国でブチギレ中ぢゃないっスか!?

・・・んでも・・ホレイショぎっくり腰にゎ気をつけなきゃダメよお!

車の捜査中にかがみすぎでしたよお・・!!

しかも・・チーフが蟹の甲羅の破片を見逃すか・・!!これゎかなり目が・・視力がああ!!笑

でも・・カイル・・なんであんなに問題ばっかおこしてんのっ!?

投稿: ゆゆぅ | 2009.11.09 21時37分

コメントを書く