CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 10月17日(土) #2「断末魔のマイアミビーチ」

M7_02_2_2ビーチパーティーに、突如火だるまの男が乱入。男は、波打ち際まで走って息絶える。現場には新入りの検視官タラ・プライスが到着。彼女は、被害者の体に燃焼促進剤がたっぷりと付着していたことを指摘する。
ホレイショは、パーティーのホストであるポール・サンダースに事情を聞くが、彼は被害者には心当たりがない様子。カリーとデルコは、燃焼促進剤の痕跡をMiniRAE(ミニレイ)でたどり、駐車場の一角を火元と断定する。そして、被害者が身に付けていた衣服と思われる、溶けた繊維を回収する。

ウルフは、溶けた繊維をCTスキャナーで分析し、それがパーティーの駐車サービスを担当していたサム・ラフリンの業務用ベストだと突き止める。これにより、被害者の身元が割れたかに思われたが、意外にもサムは生きていることが判明。サムは、ベストは盗まれたと説明する。
やがて、被害者の体に付着していた燃焼促進剤はハイオクガソリンであることが明らかに。また、熱傷の様子から、被害者はガソリンを飲んでいたことも分かってくる。
ナタリアは、被害者の歯を使ってDNA鑑定を行い、被害者の身元はデイド大学の学生、ダン・グレンジャーであることを明らかにする。ホレイショとトリップは、ダンのルームメイト、ジョニー・ヤンに事情を聞くことに。ジョニーは、自分が車の給油口を開け、ダンがホースでガソリンを吸い出すという役割分担でガソリン泥棒を繰り返していたことを白状。黒のエスカレードに引き続き、自分が2台目の車の給油口を開けようとしている時にダンが火だるまとなり、同時に黒のエスカレードが現場を走り去ったと供述する。
その後の調べで、ダンが浴びていた燃焼促進剤は、ジョニーと一緒に盗んだハイオクガソリンと一致。ガソリンの添加剤から、出どころはアラゴ・フューエルというガソリンスタンドと特定される。カリーとウルフは早速ガソリンスタンドへ。店長のネルソンによれば、トレーラーを牽引した黒のエスカレードが店先に止まっていたが、ガソリンは入れていないとのこと。そんな中、ウルフは地下タンクにつながる給油口に不審な傷を発見。ネルソンが若い女性に誘惑されてトイレで性行為に及んでいる隙に、トレーラーのポンプを使ってガソリンが盗み出されていたことが判明する。その量、およそ1,500ガロン。金額にしておよそ7,000ドル。大掛かりな手口からして、組織犯罪である可能性が高い。
その後、ネルソンが使用したコンドームから、アンドレア・リネルという女性のDNAが検出される。ホレイショとナタリアはアンドレアを取り調べるが、アンドレアは、ガソリンをただで入れてもらうために店長と寝ただけだと弁明。組織的なガソリン窃盗行為とは無関係だと主張する。
やがて、ガソリンスタンドの近くにあるATMの防犯カメラの映像から、黒のエスカレードのナンバーが判明。ナンバープレートは偽装だったが、捜索指令を出した結果、カリーが該当車両を発見する。カーチェイスを繰り広げて、エスカレードを追うカリー。距離を開けられた隙に、犯人はエスカレードに火をつけて逃走する。しかし、焼け残ったグローブボックスから、人間の爪と携帯電話などの証拠品が見つかる。
結局、爪はジョニー・ヤンのものと判明。ガソリン泥棒を繰り返していたため、爪甲剥離症で爪がはがれやすくなっていたジョニーは、ビーチの駐車場でエスカレードの中をあさった際に爪を落としたのだ。あらためて取り調べを受けることになったジョニーは、誰にも危害は加えていないと弁解しつつも、エスカレードのグローブボックスから何冊ものパスポートを盗み出したことを認める。
その後、ジョニーの寮の部屋からパスポートが押収される。パスポートはすべて女性のもので、全員20代で中南米出身、滞在先の住所もすべて同一。組織的な人身売買が行われている可能性が濃厚だ。ホレイショたちは、滞在先として登録されている住所に向かい、廃墟ビルに突入。建物の中で、アンドレアを発見する。「誰かに話したら命はないと脅されていた」と語るアンドレア。人身売買の被害者だった彼女は、組織の命令でガソリン泥棒に荷担させられていたことを認める。また、組織がガソリンを盗んでいたのは、女性たちを長距離移送するためのガソリン代を浮かせるためだったことも分かってくる。
一方で、ダンに火をつけた道具の特定も進められていた。MiniRAE(ミニレイ)を使って調べてみると、エスカレードのグローブボックスに残されていた携帯電話から炭化水素が。携帯電話はスタンガンに改造されており、これがダンに火を付けた凶器であることが分かってくる。さらに、携帯電話からは駐車係のサム・ラフリンの指紋が検出され、彼の敷地内でガソリン窃盗に使われたトレーラーも発見される。
取り調べを受けることとなったサム。最終的には、アラゴ・フューエルの地下タンクからガソリンを盗んだこと、ビーチの駐車場でエスカレードからガソリンを抜いているダンを見つけて懲らしめようとガソリンを浴びせたこと、その直後にスタンガンを使ったら、思いがけなく引火して彼を死に至らしめたことを認める。そして、自分はあくまでも雇われて窃盗にかかわっただけだと主張する。
サムが、黒幕が誰なのか断固として口をつぐむ中、ウルフはサムの家で本物のエスカレードのナンバープレートを発見。登録者を調べた結果、ビーチパーティーのホスト、ポール・サンダースが黒幕と判明する。ポールは運送会社を所有しており、それを隠れ蓑にして女性たちの移送を行っていたようだ。ポールの運送会社に急ぐホレイショたち。まさに女性たちが移送されようとしている現場に踏み込み、見事ポールの逮捕に成功するのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ボクサー様姿勢(pugilistic attitude)

焼死体によく見られる、腕、肘間接、膝を曲げたボクサーが試合をしているような姿勢のこと。拳闘家姿位とも言う。

MiniRAE(ミニレイ)
携帯型の揮発性有機化合物(VOC)用のガス検知器。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「お前にぴったりの地獄がある」 by ホレイショ

事件の黒幕、ポール・サンダースに対する一言。これぞ、ホレイショの真骨頂!

【鑑賞MEMO:キャラクター】
新たな検視官、タラ・プライスが登場!

今回から新たな検視官としてタラ・プライスが登場。演じるのは、「4400 未知からの生還者」のイザベル役でブレイクしたメガリン・エキカンウォーク。実力派として知られる彼女の投入に期待が高まる。
ポール・サンダース役は、「ブレイド ブラッド・オブ・カソン」のマーカス役で知られるニール・ジャクソン。ガソリンスタンドの店長は、「恋するマンハッタン」でゲイリーを演じていたウェスリー・ジョナサン。
なお、今回の原題「Won't Get Fueled Again」は、「CSI:マイアミ」のテーマ曲、ザ・フーの“Won't Get Fooled Again”をもじったもの。

2009.10.17|CSI:マイアミ7、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/46462977

この記事へのトラックバック一覧です: 10月17日(土) #2「断末魔のマイアミビーチ」:

コメント

またまた…出ました!!‘人身売買’

女性達の後ろから、現われるチーフ!! かっこいい。

新検視官タラ・プライス。可愛いですね!!

投稿: ホレイショ好き | 2009.10.18 00時08分

「今いったのは誰だ・・・・誰だ!!!」って犯人がどなって・・
「私だ・・」ってホレイショが言ったとき・・めっちゃ爆笑・。
おまえが言ったのかよ~的な笑

人身売買の話・・なんか多いねえ・


タラ・プライス・・可愛い仔だったね。アックスとゎ大違い・・笑
でもアレックスの方が経験豊富だものお!

ぁあ・・CSI=マイアミ6の最終話で撃たれて死んだ検視官・・あの人の方がよかったけどぉ・・

アレックスゎまた再び再登場するらしいからぜひ見てみたいなああ

投稿: ゆゆぅ | 2009.10.18 09時38分

デルコの声に違和感を感じていたら・・・。
竹若拓磨さん、ドーソンズ・クリークからファンでした。
心より復帰を願っています。

   

投稿: よっちゃん | 2009.10.19 15時41分

人身売買の話しだった。ビーチパーティの主催者が、何となく、怪しい…と思っていたが案の定、そうだった。しかも、自分の先進国のバカな考えを持っているだろう持論をとうとうとしゃべるしゃべる。だけど、違うんだ。人身売買は、世界で問題になっていることでもある。アメリカであろうと日本であろうとEUであろうと。
ホレイショが、女の子達の後ろにいて2列になった時の姿のあらわし方、思わず、お~ッ!斜めに立ってまあ!すごく、スタイリシュッ!

投稿: マック娘 | 2009.10.24 02時48分

やっぱり、デルコの声優さん変わってたんですね…。ちょっと残念…。

投稿: シュレーディンガー | 2014.08.05 23時20分

コメントを書く