CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 10月10日(土) #1「消えた屍」

M7_01_1_2 ホレイショが撃たれたという知らせを受け、飛行場に駆けつけるカリーとデルコ。しかし、そこにホレイショの遺体はなかった。先に来ていたウルフによれば、遺体はすでにモルグに運ばれたとのこと。デルコはモルグへと急ぐが、結局モルグにもホレイショの遺体はなく、すでに連邦捜査官に引き渡された後と判明する。
飛行場では、カリーが捜査を開始。トリップの話から、ホレイショが飛行場にいたのは、ジュリアとカイルが自家用ジェットでプエルトリコに発とうとしていたからだと分かってくる。2人はホレイショが銃撃された現場を見ていたのだろうか? あるいは、2人が銃撃に絡んでいるのだろうか?

飛行場には、ナタリアとモルグから戻ったデルコも合流。ナタリアは、ホレイショの血だまりに靴跡を発見。別人のものと思われる凝固した血液も見つける。後の調べで、凝固した血液は、昨日刑務所で殺された囚人、ブレット・ハンソンのものと判明。死んだ男が直接飛行場に来ることはできないことから、CSIは24時間以内に出所した人物に的を絞り、ディアズという男にたどり着く。ディアズは、現場でホレイショが死んだ証拠写真を撮り、それをフアン・オルテガに送信したことは認めるが、ホレイショ射殺については否認する。
ディアズが撮った写真の血だまりには狙撃犯らしき男が映り込んでいたことが分かり、カリーとデルコは飛行場の格納庫上を調べる。そこには、はがれた絆創膏が。カリーは、ATF捜査官のコールドウェルが同様の絆創膏を貼っていたことを思い出す。
鑑定の結果、ホレイショの遺体引き渡し書類の筆跡とコールドウェルの筆跡が一致することが判明。コールドウェルは関与を否定するが、ホレイショの殺害時刻に「完了した」というメッセージを携帯電話から送信していたことが明らかになる。では、そのメッセージの送信相手は? 相手のナンバーに電話をかけてみると、何と応答したのはウルフだった。
カリーとデルコに追及されたウルフは、フアン・オルテガやロン・サリスからホレイショの身を守るため、死の偽装工作に協力したこと打ち明ける。この作戦はホレイショ自身の指示で、コールドウェルが射撃を、ウルフが血だまりの偽装を担当。ウルフがコリン・マディソンの取り調べを途中で抜け出したのは、この偽装を行うためだったのだ。
その頃、ホレイショはジュリアの家にいた。ホレイショは、カイルと2人で安全な場所に身を隠すようジュリアに指示。自分は地下に潜ると説明すると、ジュリアの家を出てエバーグレイズへ。そこで、以前に命を助けたミゲルに会い、調達してもらった1,000万ドルを受け取る。さらに、ホレイショはイェリーナの元へ向かうと、ミゲルから受け取った大金を彼女に託し、ロンとの接触を指示する。
デルコはコールドウェルとともに刑務所に行き、フアンと面会。ヒューズド・アロイ弾(以下アロイ弾)を売った相手を言うよう迫るが、フアンは応じない。デルコとトリップはフアンを車に乗せ、ギャングの縄張りを徘徊して取引相手を吐かせる作戦に出るが、その最中に現金輸送車の襲撃に遭遇。デルコが一般人の女性を助けている隙に、フアンは逃走する。また、襲撃にはアロイ弾が使われていたことが判明する。
その直後、デルコはホレイショと再会。デルコは、なぜ自分でなくウルフに協力を頼んだのかとホレイショに詰め寄る。ホレイショは、デルコを巻き込みたくなかったのだと説明。この言葉に、デルコも納得する。
一方、襲撃現場を調べていたカリーは、現金輸送車の窓ガラスに皮膚が付着しているのを発見。後にラボで分析した結果、ギャング団「クリプト・キングス」のメンバー、トッド・キーナーのものと分かる。クリプト・キングスはフアンの傘下ではない。つまり、アロイ弾はすでに広く出回っているということになる…。
イェリーナは、ホレイショの指示通りロンと接触する。自分は世界的な軍事産業グループの一員だと言い、アロイ弾をすべて回収した上で自分に売ってほしいと交渉するイェリーナ。ロンはイェリーナから金を受け取ると、弾が手に入ったらマリーナに来るよう言い残してその場を立ち去る。
その後、現金輸送車の襲撃には信号機を操作する携帯端末が使われていたことが明らかに。端末のID番号から、クリプト・キングスに潜入しているジェイクの端末と分かる。カリーはジェイクと会って事情を聞くことに。ジェイクは、突然カリーの前から姿を消したことをわびると、ATFに呼び戻されてクリプト・キングスの囮捜査を担当しているのだと説明。カリーは、クリプト・キングスがアロイ弾を入手した証拠をつかんでほしいとジェイクに頼む。
ロンは、クリプト・キングスに接触し、フアンが先月売ったアロイ弾を倍額で買い戻す。イェリーナはその様子を自分の目で確認。ホレイショに報告する。
CSIはジュリアたちの行方も追っていたが、いまだ消息はつかめず。そんな中、ディアズから押収した携帯電話が重要な手がかりになると見たウルフは、着信時の位置情報から三角測量でエバーグレイズの飛行場にフアンがいることを割り出すのに成功。ホレイショはデルコとともに飛行場に向かい、フアンを無事逮捕する。コールドウェルはフアンの逮捕を喜んでホレイショに礼を言うが、出回っているアロイ弾をすべて回収するという任務がCSIにはまだ残されていた。
ジェイクは自らの身を危険にさらしながら、現金輸送車の襲撃に使われた銃をクリプト・キングスのアジトから持ち出してきてカリーに手渡す。これにより、囮捜査官だとばれてしまったジェイクは、しばらく身を隠さざるを得ない状況に。カリーは、これ以上ジェイクの身を案じて待つことはできないと告げ、ジェイクは去っていく。
ジュリアは、マリーナでロンと会う。ジュリアが心変わりしているとも知らず、彼女に気を許すロン。そこに、ホレイショが姿を現す。ロンはホレイショに向けて発砲し、ホレイショも応戦。ホレイショの弾はプロパンボンベに命中し、クルーザーは大爆発する。ロンもこの爆発で死んだかに思われたが、結局死体は見つからず。ホレイショは、ロンを捜し続けると誓うのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
フアン・オルテガ

防弾チョッキも貫く非常に危険な弾「ヒューズド・アロイ弾」の売買の大元。第6シーズンの最終話では、彼の手からアロイ弾がロン・サリスの元に渡っている。
フアンを演じているのは、本家ラスベガスでカヴァリエ刑事を演じているホセ・ズニーガ。

ロン・サリス
ホレイショの元恋人ジュリアと結託し、不動産詐欺などの悪事を重ねてきた過去のある実業家。第6シーズンでジュリアと結婚。事実上、カイルの父親となり、ホレイショを悩ませる。ロンを演じているのは、「プリズン・ブレイク」のリチャード・サリンズ役などで知られるキム・コーツ。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「たとえ何があろうと、奴を見つける」 by ホレイショ

宿敵ロン・サリスを見つけ出すという決意をあらたにした、ホレイショの一言。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ホレイショは無事!

ホレイショがいないマイアミなどあり得ない!と思いながらも、ハラハラしながら迎えた第7シーズンの第1話。結局、ホレイショが撃たれたのは、フアンやロンを油断させるための偽装工作だったというのが真相。この工作には、ATF捜査官のコールドウェルとウルフらが協力していた。
デルコは、自分ではなくウルフに協力を仰いだホレイショに対して、「なぜ!?」という思い。それは、デルコを危険に巻き込みたくないというホレイショの配慮だったことが後に明らかになるが、ならば、ウルフなら危険な目に遭っても仕方ないという判断だったのか!? 作戦の秘匿性を重視し、あえて自分に近しいデルコをあざむいたのだと考えられなくもないが…。
また、今回の捜査にはイェリーナのほか、別件で潜入捜査中だったジェイクも協力。久しぶりに再会したカリーとジェイクのカップルだったが、ついに破局が決定的に。これで、カリーとデルコのロマンスに障害がなくなった!?
それにしても、ロンの死体が上がらなかったということは、ホレイショとの戦いはまだ続くということ? どうやら、ホレイショの気が休まることはなさそうだ。

2009.10.10|CSI:マイアミ7、エピソードガイド|コメント(8)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/46437271

この記事へのトラックバック一覧です: 10月10日(土) #1「消えた屍」:

コメント

シーズン6〓最終回…‘えー!?どういう事?’と思ってましたが…そう言う事だったんですね!! 納得!!
以前…‘スパイ’探し出す時もウルフを、使いましたよね!
ロン・サリスは、何処へ!?
ジェイクが、カリーの元から居なくなったという事は…デルコに障害がなくなったって事ですよね!!この2人の関係も、この先どんな展開があるのか楽しみです。

投稿: ホレイショ好き | 2009.10.11 00時10分

竹若拓磨さんは何故降板してしまったのでしょうか?急に変わるなんて違和感あるな~なんか別人みたいだから元に戻して!

投稿: 竹若さんは何処に? | 2009.10.11 21時49分

ホレイショは大丈夫!と思いながらも長かったですよ。
ウルフ、シーズン6最終回があれじゃあ、疑ってしまいますよね。
こめんね、ウルフcoldsweats01
クルーザー爆破でロン・サリスは?と思ったらやっぱり生きていそうw(゚o゚)w
またドキドキする週末を迎えそうです。


竹若拓磨さんですが、どこかのサイトで「病気治療に専念する為」
との事でしたね。
デルコだけでなく、他の役すべて降板されたようです。
病気の完治、復帰をお祈りいたします。

投稿: RION | 2009.10.12 08時06分

そうでしたか病気なら仕方ありません。竹若さん早く元気になって戻ってきて下さい!。竹若さん戻ってくるまでは字幕版みる事にします。(ZⅡみたいに後味悪い理不尽な理由かと思っていました)

投稿: 竹若さんは何処に? | 2009.10.12 09時48分

ジュリアの「あとは離婚ね」ってとこがウケたあ!

カリーとジェイク・・まさかの・・だね

デルコの声優には違和感があるけど阪口さん頑張ってたねえ・・
CSI=マイアミ7ゎ我慢するけど・・8になったら戻ってきてほしいなあ・・

阪口さんにも応援を・・だね

投稿: ゆゆぅ | 2009.10.12 17時02分

ロン・サリスはラストでいきなり顔の傷が増えてたけどあれは、、、?
取引の時はなかったけど、なにかあったんでしょうか。

投稿: けん | 2009.10.13 04時02分

ロン・サリスの傷、確かにそうですよね!
どうも、本当は殴られてボコボコにされるシーンがあったのに、編集でカットされたらしいです。
フルで全部見たかったですよね~。

投稿: パイソン | 2009.10.13 05時55分

デルコの声に、ん?そうかぁ、病気降板ですか。じゃあ、CSINYの…名前を忘れてしまった。sweat01そちらも、降板したのかしら?
竹若さん、病気を治すことに専念されるそうですね。お大事に。
デルコはホレイショから頼まれたウルフに面白くないようだけど、ホレイショは自分に近いデルコを使うよりも、そして、敵を欺くにはまず、味方から…とも言うし、適材適所とも思う。あまり、ムキにならない方がいいと思うよ。何よりも、敵はロン・サリス。生きてる、絶対!新たな敵も現れるようだし、そちらに向きましょ。その方が、チームのためになると思う。

投稿: マック娘 | 2009.10.13 22時12分

コメントを書く