CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 5月9日(土) CSI:8 科学捜査班×WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え! #6「絆に飢えた狼」

線路のそばの一軒家で、住人のカルメンと身元不明の少年が撲殺される。キャサリンとグレッグは現場検証を開始するが、途中で作業中止の指示が。現場で採取された掌紋が、FBIの暴力犯罪者逮捕プログラム「ViCAP」に登録された、6年前の誘拐事件の証拠と一致したのだ。現場に合流したグリッソムは、キャサリンたちと一緒にFBIの到着を待つ。
間もなく、FBIのNY支局失踪者捜索班のリーダー、ジャック・マローンがヘリコプターで到着する。表でブラスと挨拶を交わしたジャックは、屋内でグリッソム、キャサリンらと対面。キャサリンは、少年がこの家に住んでいたいた形跡はなく、泊まりに来ていた可能性が高いことをジャックに報告する。グレッグは、カルメンの鍵類はバッグの中にあり、財布から現金は抜かれていたものの、カード類はすべてテーブルの上に重ねて置かれており、指紋も拭き取られていたことを説明する。ジャックは、6年前の事件との共通点は撲殺された点だけだと語り、合同捜査を提案する。

その後、ロビンスによりカルメンと少年の検視が行われる。カルメンの死因は鈍器損傷。レイプされた痕跡も見つかる。一方、殺された少年の方は、6年前に誘拐された少年と同一人物なのかはまだ分からず。DNA鑑定の結果を待つ間、ジャックは6年前の事件の概要を説明する。
誘拐されたのは、ジェイソン・テイラー。病気で幼稚園を早退したジェイソンは、ベビーシッターのアパートにいたが、謎の男が侵入してベビーシッターを殺害。ジェイソンを誘拐した。犯人の外見的特徴は不明で、現場からは凶器と思われるバットが持ち去られただけ。ジェイソンは養子であり、実の両親の身元は不明。養父母に身代金の要求などは一切なく、犯人の動機も分かっていないという。犯人は、無作為にターゲットを選んだのだろうか?
その後、カルメンの宝石箱が空になっていることが分かり、犯人がカルメンの宝石を質入れした可能性が出てくる。また、部屋にはポーカーのトーナメント表があり、「273」と記された個所にマーカーが。パソコンではネット・ギャンブルのサイトが立ち上がっており、犯人はかなりのポーカーマニアらしいと分かってくる。
CSIおよびジャックは、ホテルで行われているポーカーの競技大会の会場に出向き、そこで参加者ナンバー273の男を捕らえる。彼の名はトム・マイケルズ。ジャックは先に彼の取り調べを行いたいと申し出て、乱暴とも言える手段で彼を尋問。その結果、マイケルズは教会の指導役から金を盗んでポーカーの元手にしていただけで、死んだ少年は彼の息子エヴァンだったことが明らかになる。マイケルズは、元恋人のカルメンにエヴァンを預けてポーカーの大会に行ったが、その間に悲劇が起きたのだ。
その後、殺された少年は確かにマイケルズの息子エヴァンであり、6年前に誘拐された少年とは別人と証明される。ジャックはマイケルズに無礼を詫び、犯人逮捕に全力を尽くすと約束する。
ホッジスの調べにより、エヴァンの首とシャツに付着していた粉末は、市販の肥料であることが判明。また、カルメンのレイプ検査の結果も出て、2人の男の精液が検出されたことが明らかになる。1人はマイケルズ、もう1人は未解決のレイプ殺人に関与している人物のもの。どうやら、ジャックとCSIが追う犯人は連続殺人鬼のようだ。
ニックとブラスは質屋に出向き、犯人がカルメンの宝石を質入れした後、タンジールス・ホテルに向かったとの情報を得る。そして、ホテルの監視カメラの映像をチェックし、「ハーグリーン・ハーベスト」というロゴの付いたキャップをかぶった犯人らしき男の姿を確認する。
そんな中、今度はボルダーシティの住宅街で、瀕死の男性が少年に助けを求める。男性は病院に搬送されるが死亡。ベジャラノ刑事とともに被害男性の自宅に向かったサラは、屋内で妻の死体を発見する。恐らく、カルメンとエヴァンを殺した犯人が、カルメンの家から持ち去った金槌で夫妻を殺害したのだろう。また、遺体の状況から見て、犯人は妻をレイプして殺すのを夫に見せていたことも分かってくるが、サラはこのむごい事実に大きなショックを受ける。
グリッソムは、ボルダーシティの現場から400メートルほど離れた鉄道の側線に向かっていた。カルメンの家も今回の被害者たちの家も線路に近いと気付いたからだ。犯人は肥料の付いた手でエヴァンを殺害したことが分かっているが、この側線を通る貨物列車は大量の肥料を運搬している。グリッソムは、犯人は鉄道で移動しているものと推測。後に、側線付近で起きた未解決の類似事件を調べた結果、多数の事件がヒットする。
一方、ホテルの監視カメラの映像の調べが進み、犯人らしき男が、あるポスターに目を留めていたことが明らかになる。それは、ボルダーシティにほど近いカジノのポスターで、ジーナという名札を付けたウェイトレスの写真が載っていた。また、犯人はこのポスターを見た直後に、公衆電話でジーナ・ファレンティーノという女性の電話番号を番号案内に問い合わせていたが、彼女の番号は未登録だったことも明らかになる。
ニックはジャックとともにカジノを訪ね、前日、ジーナにしつこく話しかける男性客がいたという情報をつかむ。また、ニックは男が記入した税務書類を入手。付着した指紋を照合した結果、窃盗罪の前科があるテリー・リー・ウィッカーが犯人だと判明する。彼が出所したのは6年前の誘拐事件のちょうど4ヵ月前。ジーナとは元夫婦だった。
時を同じくして、ボルダーシティの現場から盗まれた銃で警官が射殺される事件が起きる。その様子はパトカーに備え付けられたカメラで録画されており、警官が助手席に手を振っている姿が確認される。同乗していたのはジーナだろうか? その直後、警官が射殺された現場近くの操車場で、乗り捨てられたジーナの車も発見される。グリッソムとジャックは、ウィッカーが列車で逃げたものと見て、走行中の列車に飛び乗る。そこで、「ハーグリーン・ハーベスト」のキャップをかぶった男を見つけるが、彼はウィッカーではなく、100ドルをもらう代わりにキャップをかぶって列車に乗った囮だと分かる。列車を降りて操車場に戻ったグリッソムとジャックは、乗り捨てられた車のトランクからジーナの死体を発見する。
そんな矢先、ジーナの息子コービーが通う小学校より連絡が入り、ウィッカーと特徴が一致する人物が、ジーナの車でコービーを迎えに来ていたことが発覚する。ウィッカーが助手席に乗せていたのは、ジーナではなくコービーだったのだ。グリッソムとジャックは、ウィッカーがコービーの実の父親であり、息子を取り戻すのが彼の目的だと悟る。
その頃ウィッカーは、コービーと一緒に長距離バスで東へと向かっているのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ViCAP(ヴァイキャップ)

Violent Criminal Apprehension Programの略で、暴力犯罪者逮捕プログラムのこと。FBIの「危機的事件対応グループ」(Critical Incident Response Group)の「国立暴力犯罪分析センター」(National Center for the Analysis of Violent Crime)の一部門。暴力犯罪、特に殺人、動機不明・無作為・性犯罪絡みの誘拐、犯罪絡みの失踪、性的暴行事件、犯罪絡みの身元不明遺体のデータ収集を行い、パターン分析による犯人の割り出しで事件解決を目指す。

グアンタナモ収容所
キューバ東南部のグアンタナモ湾に位置するアメリカ海軍の基地内にある収容所。2002年からは、アフガニスタンやイラクで拘束されたイスラム過激派テロ容疑者の収容所としても使用されており、長期間に及ぶ尋問と拷問が行われたことで知られている。最近、オバマ大統領がこの収容所の閉鎖を命じたことでも注目されている。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「そっちは科学で、こっちは足で」 by ジャック

ラスベガスCSIと合同で捜査に当たることにした、、FBIのNY支局失踪者捜索班のリーダー、ジャック・マローンの一言。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ついに実現!夢のクロスオーバー!

CSIシリーズと同じくジェリー・ブラッカイマー作品である「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」とのクロスオーバー・エピソードがついに実現! 「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」の主役であるジャック・マローンが、ラスベガスにやって来た!
最初は、FBIという立場からか、態度に威圧的な部分が見られたジャック。時に感情的になる性格である彼は、マイケルズの取り調べでも強引な面を見せる。失踪者の捜索で時間とのせめぎ合いに慣れているため、結論を急ぐ習性が身についているのだ。
しかしながら、合同で捜査を進めるうち、特にグリッソムとは徐々に距離を縮めていった感が。彼のオフィスにある豚の胎児のサンプルを見つけた時には、わざわざメガネをかけてそれを確認する一幕も。また、グリッソムがサラと社内恋愛していると察したジャックは、自分が以前サマンサ(FBIのNY支局失踪者捜索班メンバー)と 不倫関係にあったことを思い起こさせる発言をしていた。
ジャックを演じるアンソニー・ラパーリアは、2002年に「そりゃないぜ!? フレイジャー」でエミー賞を、2004年には「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」でゴールデン・グローブ賞を受賞している。また、ジャックの日本語の吹き替えは、あおい輝彦さんが担当している。
犯人のウィッカーを演じていたは、「デッドウッド ~銃とSEXとワイルドタウン」のソル・スター役などで知られるジョン・ホークス。サラとともに被害男性宅に踏み込んだベジャラノ刑事を演じていたのは、「サード・ウォッチ/NY事件ファイル」(WOWOWで2000~2006年に放送)のカルロス・ニエト救命士役、アンソニー・ルイヴィヴァー。操車係を演じていたのは、「プリズン・ブレイク」のチャールズ・ウエストモアランド役のミューズ・ワトソン。

2009.5. 9|CSI:8 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/44955569

この記事へのトラックバック一覧です: 5月9日(土) CSI:8 科学捜査班×WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え! #6「絆に飢えた狼」:

コメント

コメントを書く