CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 5月9日(土) CSI:8 科学捜査班×WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え! #6「狼の末路」

実の息子コービーを連れて、長距離バスで逃走中の連続殺人犯、テリー・リー・ウィッカー。ラジオで自分が指名手配されていると知った彼は、息子の体調が悪いという理由でバスを途中下車する。
それから数時間後。ウィッカーの捜索を続けるFBIのNY支局失踪者捜索班のリーダー、ジャック・マローンと、ラスベガスCSIのチーフであるグリッソムは、アリゾナ州ヒルサイドの駐車場にいた。門の鍵が壊されて、車のキーが盗まれたという通報を受けたのだ。犯人は恐らくウィッカーだろう。グリッソムは、盗んだ車が駐車されていた場所で、睡眠薬の包装が捨てられているのを見つける。ウィッカーはコービーを薬で眠らせているようだ。グリッソムはジャックをヒルサイドに残し、ウィッカーに殺されたジーナの車を調査するためラスベガスに戻る。ジーナはウィッカーの元妻であり、コービーの母親である。

その頃、FBIのNY支局では、失踪者捜索班のメンバー、サマンサ、ビビアン、マーティン、ダニー、エレナもコービーの捜索に手を尽くしていた。彼らは、今回誘拐されたコービーが、6年前に誘拐されたジェイソン・テイラーと同一人物かもしれないと推測する。
その後、コービーが通っていた学校に立ち寄ったジャックは、コービーを迎えに来たのは確かにウィッカーと確認。ウィッカーは、ジーナとともに事前に学校を訪れていたことを知る。さらに、コービーの親友アンジェリカの話から、ウィッカーがコービーに実の父親だと名乗り出たこと、ウィッカーがツーソンへの家族旅行を計画していたことも分かってくる。
間もなく、ヒルサイドの駐車場から盗まれた80年代のビュイックが、ツーソンで乗り捨てられているのが見つかる。近くには、土を掘り返した跡が。ジャックはそこを再び掘り返し、白骨死体を発見する。そんな中、ウィッカーはツーソンから飛行機でニューヨークに移動したとの連絡が入る。なぜ、彼は危険を冒してニューヨークへ戻ったのか? ジャックは首をかしげる。
FBIのNY支局には、グリッソムが自ら証拠品を届けにやって来る。ツーソンに埋められていた白骨死体は子供のものと分かったが、着衣に首から何か下げているような跡が見られたため、この場でもう少し調査したいというのだ。突然の訪問に驚くジャックだったが、エレナに地下のラボまでグリッソムを案内させる。
また、オフィスにはウィッカーの妹シルヴィアも到着する。ウィッカーとジーナはコービーが生まれる直前に結婚してすぐに別れたため、彼女はコービーと面識がないらしい。シルヴィアは、兄は息子を傷つけるような人間ではないと主張し、最後にウィッカーに会ったのは6年前で、その時に手みやげとして宝石類をもらったと話す。
捜査は進展し、徐々にウィッカーの行動パターンが見えてくる。妹のジーナと連絡が取れている時期と比べて、ジーナと連絡が取れていない時期には犯行が増えていたのだ。同時にグリッソムの調査も進み、ツーソンの白骨死体は6年前に誘拐されたジェイソン・テイラーと判明。失踪者捜索班は、ウィッカーがコービーと間違えてジェイソンを誘拐して殺害したものとにらむ。ウィッカーは、ジェイソンを自分の子供だと思い込んでいたため、大事な何かを遺体の首に下げて丁寧に埋葬したのかもしれない。
そんな矢先、ジーナの車の中に残されていたカードが、ウィッカーが1996年に住んでいたアストリアのウェリング通りで盗まれたものと判明。ジャック、グリッソムらはウィッカーが住んでいたアパートに急行する。部屋のビデオデッキにセットされたテープには、まだ赤ちゃんだったコービーをウィッカーが幸せそうに抱く姿が…。そしてマーティンは、住人と思われる男の死体を見つける。ウィッカーは、コービーが生まれて幸せだった頃に戻りたかったのではないかと想像するジャック。グリッソムは、明らかにウィッカーの犯行手口であることを確認し、女性の口紅が付いたカップを証拠品として持ち帰る。
一方、ビビアンとマーティンは、過去にウィッカーを診ていたセラピストを捜し出し、彼から事情を聞く。そして、セラピストの話から、ウィッカーが幼少時代に経験したある出来事が明らかになる。当時、まだ幼かったウィッカーは、父親、弟と金属探知機を持って宝探しに行った。父親は金色のメダルを発見。ウィッカーはそれが欲しかったが、父親は弟に与えた。いつも弟が優遇されていると感じていたウィッカー。彼の頭の中で虫が鳴き始め、その音を止めるためにウィッカーは石で弟を殴ったというのだ。ウィッカーは後から作り話だと弁解したそうだが、警察に問い合わせた結果、彼の弟は頭部の外傷による事故で死んでいたことが分かったという。ジェイソンの首に下げられていたのは、そのメダルだろうか?
その後、被害者宅にあったカップに付着した口紅と通話履歴が決め手となり、売春婦のロキシーが捜査線上に浮上。ジャックとエレナは彼女と面談する。ロキシーは、ウィッカーは昔からの客だと語り、部屋に着くなり「子供を泣きやませろ」「サンドウィッチを作れ」と命令されたと説明。殺しには無関係だと弁明する。彼女によれば、ウィッカーは徐々に暴力的な態度になっていったらしく、コービーと思われる少年は、泣きながら「あのビデオをもう1回見たい」とウィッカーにすがっていたという。そして、その様子を見て気味悪く感じたロキシーは、早々にその場を逃げ出したらしい。
また、ロキシーの証言により、ウィッカーはトヨタ車のキーを持っていたことが判明。30分前にニューアークで起きた傷害事件の現場にもトヨタの盗難車があったことが発覚し、ダニーとマーティンはニューアークへ。被害男性は、車の中に1人でいるコービーを目撃しており、コービーのシャツの袖口に血しぶきが付いているのに気付いて「助けはいるのか?」と声をかけていたことが明らかになる。コービーは母親に電話してほしいと言ったそうだが、戻って来たウィッカーが男性をナイフで襲い、その間にコービーは逃走。ウィッカーはコービーの後を追ったのだという。急いで捜し出さなければコービーの命が危ない。グリッソムは、ウィッカーがジェイソンを埋葬した後でシルヴィアに電話をしていたことに着目。ウィッカーからシルヴィアに電話があることに期待する。
ジャックとビビアンは、ウィッカーから電話がかかってきたら、できる限り会話を長引かせるようシルヴィアに協力を頼む。最初は兄が殺人鬼だとは信じられないといった様子のシルヴィアだったが、ビビアンから被害者たちの写真を見せられると、被害者たちが身に付けているアクセサリーが兄からもらったものと同じだと気付き、捜査への協力に同意する。
やがて、グリッソムの読み通り、シルヴィアの元にウィッカーから電話がかかってくる。何とか会話を長引かせようするシルヴィアだったが、途中で耐えきれなくなってジャックが電話に。ジャックは、被害者たちから盗んだ宝石をシルヴィアが持っている以上、シルヴィアも共犯として逮捕される可能性があるとウィッカーに告げる。そして、シルヴィアを巻き込みたくないならコービーを解放して自首するよう取引を持ちかける。
結局、ウィッカーは取引場所の鉄道車両基地にやって来る。ジャックはコービーの引き渡しを要求するが、ウィッカーは自分の子供を手にかけることはできなかったと言い、コービーを逃がしたと主張。そして、妹に殺人鬼としての本性を知られたことに絶望したウィッカーは、自分の頭に銃を突きつけ自殺を図る。
こうしてウィッカーは死亡するが、コービーの行方は分からないまま。ビビアンとダニーは、コービーが逃げた路地裏から近い貨物列車の引き込み線にターゲットを絞り、そこにジャックを向かわせる。到着したジャックは貨車の扉を開け、中でうずくまっているコービーを発見。保護されたコービーは、残された唯一の肉親であるシルヴィアの胸に抱かれるのだった…。
事件は解決後。ジャックには、まだ気の重い仕事が残されていた。ジェイソンの家族に訃報を伝えに行かなければならないのだ。グリッソムはジェイソンの自宅前までジャックに同行するが、ジェイソンの家族と対面はせず。車の中から、ジャックの背中をそっと見守るのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」

CSIシリーズと同じく、米CBS局で放送されている刑事ドラマ。スタートは2002年。本国では、現在第7シーズンを放送中である。日本では、スーパー!ドラマTVが第4シーズンを放送中。製作総指揮はCSIシリーズと同じジェリー・ブラッカイマー。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「(今の仕事を)辞めようと思ったことはあるか?」 by ジャック

ジェイソンの家族に訃報を伝えに言った際のジャックの一言。これに対しグリッソムは、「毎日だ」と答えている。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
クロスオーバー・エピソードが完結

徐々に明らかになる殺人鬼ウィッカーの犯行の数々。グリッソムも事件解決のために、単身FBIのNY支局に乗り込む。これに驚いたのはジャック。失踪者捜索班のメンバーであるサマンサ、エレナはグリッソムを奇異な目で見る。というのも、証拠品とともに姿を現したグリッソムには、化学薬品の異様なにおいが染みついていたようなのだ。グリッソムにとっては当たり前のことだが、ラボになじみのない彼女たちには強烈な印象を残したようだ。
さて、後半の見どころはやはりエンディング。息子や妹、愛する人たちを傷つけたくないと思いながら、殺人の衝動に打ち勝つことができないウィッカーの悲しい最期。そして、6年前に失踪したジェイソンが、すでに死んでいたのだと家族に伝えに行かなければならないジャックの辛さ。ジャックとの会話により、グリッソムは毎日のように、今の仕事を辞めたいと感じていることも明らかになった。日々発生する凶悪犯罪、それを食い止めることができない無力さを感じているのは、サラだけではないようだ。


「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え! シーズン4」
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて毎週月曜夜10:00ほか放送中!

2009.5. 9|CSI:8 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/44955646

この記事へのトラックバック一覧です: 5月9日(土) CSI:8 科学捜査班×WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え! #6「狼の末路」:

コメント

今回の合同捜査の最後に流れていたエンデング曲のタイトルを教えて下さい。

投稿: 麻衣 | 2009.05.10 06時43分

最近、ドラマの内容に関係ない変なコメントが載ってますよねsign02こないだは『クリミナル・マインド』にも載ってました。ああいうのとっても気分、悪いです(-_-#)何とかして下さいsign03annoy

投稿: 匿名希望 | 2009.05.10 11時44分

とても、見応えのあるドラマになっていた。人をひきつけ、続きを見たいと思わせるドラマとはこういうものではないか…?と思う。ずっと、某国営放送BSで放送を見ていたこともあり、WITHOUTFBI行方不明者を捜せのオープンニング曲は懐かしい思いがした。
捜査する側の苦悩。捜査結果を伝えてなくてはいけない苦悩。前後編ともに良く出ていた。やはり、海外ドラマは違う!
予告で、もしかして、サラって…番組を降りるのかしら?

投稿: マック娘 | 2009.05.13 16時53分

コメントを書く