CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 4月25日(土) #16「壁の向こう側」

五番街のショーウィンドウに女性が倒れ込んで死亡する。現場に駆けつけたのはマック、ステラ、フラック。現場の状況から、女性はハイヒールを溝に取られて転倒した事故死と分かり、マックは残業続きのステラを先に帰宅させる。
自分のアパートに戻ったステラは、部屋に入る直前、隣人のボニーと通路で挨拶を交わす。彼女の部屋からは女の子が騒ぐ声が。ボニーは、姪を預かっているのだと説明し、うるさくなるかもしれないと先にステラに謝る。

その後、ステラは就寝するが、異変を察知して目を覚ます。どうやらアパート内で火災が発生しているようだ。住人に避難を促すステラ。ボニーの息子ジェイソンの姿が見えないことに気付くと、ボニーの部屋に体当たりで突入してジェイソンを救出する。先に姪を連れて避難していたボニーは、ジェイソンも自分と一緒に避難したと思い込んでいたと語り、ジェイソンの無事を知って安堵する。
翌朝、火事の現場検証が行われることとなり、マック、リンジー、ホークス、フラックらもステラのアパートにやって来る。ステラは、スプリンクラーが故障していて作動しなかったとマックに報告。出火元と思われる部屋では、焼死体が発見される。遺体は黒こげだったが、おそらくその部屋の住人、ショーン・ノーランだろう。ノーランには放火の前科があるため、今回も彼の犯行が疑わしいが、一般的に放火犯は少し離れたところから火事を見物したりニュースを見たりして悦に入るもの。ステラは、ノーランは自殺かもしれないと推測する。
その後、シドの検視により、被害者は男性ではなく女性、つまりノーランではなかったことが判明。また、被害者の死因は火事によるものではなく、火事の発生前に死んでいたことも明らかになる。では、ノーランは今どこにいるのか? CSIはノーランを手配するとともに、現場で採取した証拠の調べを進めることにする。また、ステラは、火事で焼けた自分の部屋で発見した、「助けて」と書かれたメモの分析をアダムに依頼。ホークスはノーランの部屋にいた金魚の色の変化に着目し、被害者は少なくとも火事の2日前には死んでいたという仮説を立てる。
やがて、ノーランの身柄が拘束され、フラックによる取り調べが始まる。そして、ノーランの証言により、被害女性は留守中に金魚の世話を頼んでいたマーラ・ブロンソンと判明。ノーラン自身は、保険業界のコンベンションに出席するため1週間ボストンにいたと主張し、放火を否定する。
その後、詳しい検視結果が出て、マーラの死因は事故による大量の内出血と分かる。車の事故でエアバッグが作動した衝撃で、脾臓破裂のケガを負っていたのだ。脾臓は傷ついても自覚症状がないことがあるため、マーラは事故後も通常通りの生活を送り、数日後にノーランの部屋で倒れて死に、火事で焼けたのだ。
さらに、新たな事実も発覚する。リンジーがノーランの部屋のフローリングの断片を詳しく調べた結果、火元はノーランの部屋ではないと分かったのだ。このため、マックたちはアパートの模型を使って実験を実施。火元はボニーの部屋以外に考えられないという結論を導き出す。
早速マックたちは、ボニーの部屋を捜索。そこで、指紋が付いたライターを発見する。また、火元ではないノーランの部屋が最も激しく燃えていたのは、彼の部屋の窓が開いていたためだと分かる。火は酸素を求め、天井のダクトを伝って一気にノーランの部屋に燃え広がったのだ。
ラボではボニーの部屋で見つかったライターの指紋の照合が行われるが、ボニーやジェイソンのものとは一致せず。しかし意外なことに、誘拐が報道されている6歳の少女、ベイリー・オデールの指紋と一致する。ボニーは、誘拐したベイリーのことを姪だと偽っていたのだ。ほどなくして、乗り捨てられたボニーの車が発見されるが、ボニー、ジェイソン、ベイリーの行方は分からない。
その後、ボニーがアパートの火災に関する損害金を保険会社に請求していることが判明。CSIは、1時間以内に小切手を取りにくるよう保険会社からボニーに連絡させ、保険会社の前で待ち伏せて彼女の逮捕に成功する。
署ではすぐにボニーの取り調べが行われる。フラックは、ボニーからベイリーの居所を聞き出そうとするが、ボニーは「今いるところの方が幸せ」だと言うだけ。しかしながら、以前、かつてシングルマザーとして出産した娘を取り上げられた経験が、誘拐の動機になっているらしいと分かってくる。
そんな矢先、ボニーの衣服に「サンドプレイン・ジェラーディア」という北米固有の絶滅危惧種に指定された植物の花粉と、有毒化学物質が付着していたことが分かり、彼女はサンドプレイン・ジェラーディアを違法栽培している場所にいた可能性が強まる。リンジーは、有毒物質を排出している市内の工場と、空き地や空きビル、温室の場所などを突き合わせて、該当するビルの割り出しに成功する。
その直後、アダムの調べにより、ステラの部屋にあった「助けて」というメモは、2年前にジェイソンによって書かれたものと判明する。ステラが今のアパートに越してきた当初、ジェイソンがステラの部屋に向けて穴を開けるというトラブルがあったが、それはこのメモを押し込むためのものだったのだ。当時、のぞきが目的だと思ってジェイソンを責めたステラは、彼のSOSを見逃していたことを後悔。そして、ジェイソンもボニーに誘拐されたのだと確信する。
その後、ステラはマックらとともに、リンジーが割り出したビルの屋上に急行。そこでジェイソンとベイリーを見つけて保護する。こうしてベイリーは、無事母親の元へ。ステラは署に連れ帰ったジェイソンに対し、過去に壁の穴の件で責めたことを詫びる。またジェイソンは、ベイリーと一緒にライターで火を付けたのは警察を呼ぶためだったとステラに告白。自分の本当の名前は、オースティン・タナーだと明かす。
ボニーに嘘を吹き込まれて、自分は実母にとって不要な存在だと思い込まされてきたオースティンだったが、署には彼の実母が迎えにやって来る。マックは、オースティンは実母への信頼を失っている可能性があると彼女に説明し、時間をかけてオースティンと向き合うよう助言する。こうして、オースティンもまた実母との再会を果たし、ステラは事件解決にほっと胸をなで下ろすのだった。
一方、ダニーはルーベンの母リッキと一夜をともにしていた。ルーベンの死で傷ついている2人が、互いに慰めを求め合った結果のことだった。そして、リッキがまだダニーの部屋にいる時に、リンジーから電話でランチに誘われたダニーは、用事があると言って断ってしまう。ルーベンの一件以来、ダニーが自分と悲しみを分かち合おうとしないことに傷ついてきたリンジーは、ダニーとの別れを覚悟するのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
フラッシュオーバー

爆発のように一気に燃えがる火災現象のこと。映画のタイトルにもなった「バックドラフト」と混同される場合があるが、フラッシュオーバーが、空気供給をうけながら火災拡大していく過程で起きるのに対し、バックドラフトは、空気不足でいったん火災成長が抑制された後に発生するという点で大きな違いがある。

NYSPIN(ナイスピン)
ニューヨーク州警察情報ネットワークのこと。

アンバー警報
「CSI:7 科学捜査班」#6「虚ろな心」を参照。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「貪欲さは常に命取りに…」 by マック

保険会社に協力を頼んで、ボニーをおびき出す作戦を考えついたマックの一言。ボニーは、案の定これに釣られて逮捕された。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ステラがまたまた災難に!

第2シーズンでは、正当防衛で恋人フランキーを射殺。第3シーズンではHIV感染疑惑で苦しみ、今シーズンでは、危うくマックのストーカー、ドリューに利用されそうになったステラ。そんな災難続きの彼女が、今度は火事に見舞われるハメに。まさか、誘拐犯が隣に住んでいたとは、運が悪いにもほどがある。
しかしながら、彼女には運がいいとも言える一面も。「うちは1部屋余ってるよ」を声をかけてやるマック。ステラのためにノーランを厳しく取り調べるフラック。彼女には信頼できる仲間に囲まれているのだ。
さて、一方でダニーが大変なことに! ルーベンの一件でリンジーとの間にできた溝が、ついに決定的なものになってしまったのだ。しかも、リッキと寝てしまうなんて…。このままダニーとリンジーは別れてしまうのだろうか?

2009.4.25|CSI:ニューヨーク4、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/44774444

この記事へのトラックバック一覧です: 4月25日(土) #16「壁の向こう側」:

コメント

ダニーが、あんなことしちゃうなんて、とてもショックです。リンジーがかわいそう。でも、なんとか仲を修復してもっといい関係になってほしいな。

投稿: ちえ | 2009.04.26 00時12分

はじめまして
この回の冒頭にものすごい早口でノリの良い女性ボーカルの曲が流れたのですが誰の何ていう曲かご存知ありませんか?

投稿: あらぱいま | 2009.04.26 13時52分

私も、ダニーにショックでしたweepリンジーとの関係修復出来るのかなsign02sign02
でも、マックがステラに「ひと部屋空いてるから…」っていう優しさ、ステラの「遠慮しとくわ。だってイビキをかくから…」って、なんか二人の信頼関係が成せるセリフですよね~confidentステキshineshineって思いましたwink

投稿: えっ | 2009.04.29 10時38分

ワ~ォ!ダニーが、リンジーを裏切るとは。ルーベンのママとはお互いの傷をなめあっているだけの気もするが…。この先を見守りましょ。
ステラのあの不安そうな半分泣き顔。自由の女神と揶揄されるステラだけど、本当は不安で誰かに頼りたいと言う気持ちがあるのだと思う。マックからの心遣い、信頼の深さ。大人だなぁ~。と思わされるが、本来の大人の信頼関係とは、ああいうものなのかもしれない。

投稿: マック娘 | 2009.04.29 17時46分

>あらぱいまさん
Operator Pleaseの
『Just a song about Ping Pong』です。
私も苦労して探しました^^

投稿: こばはる | 2009.04.30 06時12分

コメントを書く