CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 3月28日(土) #12「ネバーランドの悲劇」

ドロシア・ホテルの前庭に設置された、人工的な冬景色のデコレーション「ウインター・ワンダーランド」。ここで戯れていた1組のカップルが、同ホテルのオーナー、フィオナ・チザムの死体を発見する。彼女は「アッパーイーストの悪い魔女」と呼ばれるくらい周囲からの評判が悪く、現場に集まった野次馬からは喜びのあまり拍手がわき起こるほど。殺害の動機を持つ人物は、大勢いるようだ。

現場では、ステラ、リンジー、ホークスが捜査を開始。フィオナの胸の小さな丸い刺し傷から流れ出た血液の向きから、殺害されたのはほかの場所である可能性が高いことが分かってくる。また、彼女の鎖骨には血染めの指紋のような痕跡も。手首には、チェーンが切れたストラップがかかっていた。
その後、シドの検視により、フィオナの死因は凍傷による急性心不全と判明。外見にはそれほど異常が見られないのに、なぜか心臓だけが凍っていたことが明らかになる。リンジーは、鎖骨に付いていた血染めの指紋のような痕跡からDNAを採取。分析の結果、痕跡はノーリッチ・テリアという種類の犬の鼻紋だったことが分かる。また、チェーンの切れたストラップに、ペットのノミよけの薬剤が付いていたことも判明。どうやら、ストラップは、フィオナの飼い犬オットーのリードだったようだ。
ステラとリンジーは、ホテル前の路上でホテルのコンシェルジュ、ティナから話を聞く。彼女によれば、フィオナは昨晩、オフィスで誰かを怒鳴りつけていたとか。ステラたちはフィオナのオフィスに向かい、血が付いたほうきなど、争いの痕跡を見つける。
DNA分析の結果、ほうきに付いた血液は、2週間以内にポリオと髄膜炎の予防接種を受けた男性のものと判明。接種者リストから、医学博士のハリソン・グリーンが捜査線上に浮上する。博士は、児童基金ハートセイジ・インターの創設者。フィオナが、今年からこの基金への多額の寄付を打ち切ったことも分かり、一気に博士への疑いが強まるが、彼の犯行を裏付けるだけの証拠は見つからない。
そんな中、ホークスの調査により、ストラップのチェーンが切れた理由が判明する。チェーンは、液体窒素によって凍ったためにもろくなっていたのだ。これにより、フィオナの胸の傷は液体窒素のタンクのノズルによるもので、そこから噴き出した液体窒素が彼女の心臓を凍らせた可能性が濃厚に。ホークスは、「ウインター・ワンダーランド」でスノーマシンが使われていたことを思い出し、リンジーとともにホテルの液体窒素のタンク置き場に向かう。そして、ノズルに血液反応のあるタンクを発見。フィオナがぶつかった衝撃でタンクが地面に倒れ、その拍子にフィオナの胸にタンクのノズルが突き刺さったらしいと分かってくる。タンクのバルブには、何者かの皮膚も付着していた。
その後の調べで、バルブの皮膚はティナのものと判明。彼女が2日前にドロシア・ホテルを解雇されていたことも明らかになる。取り調べを受けることになったティナは、フィオナが死んだのをいいことに、解雇されたことを内緒にしてホテルに居座ることに決めたことは認めるが、フィオナ殺害については強く否定。バルブを触ったのは、溶けた雪だるまを修復するためだったと説明する。
やがて、フィオナの飼い犬オットーが見つかる。オットーの口には男性の血液が、首輪には焼き栗と炭の成分が付着していたことが分かり、ドロシア・ホテル前に焼き栗の屋台を出しているフィリックス・ホールが容疑者に浮上。フラックとステラは倉庫に向かい、フィリックスの屋台を調べる。すると、屋台から血液反応と人間の皮膚が。それらはいずれもフィオナのもので、オットーの口に付いていた血液もフィリックスのものと分かったため、犯人はフィリックスだと証明される。彼は、ホテル前での営業をやめるようにフィオナに言われたため、腹を立てて彼女に抗議。言い争って彼女を突き飛ばし、殺してしまったのだ。
その後、意外にもフィオナがホテルを従業員のために遺したという報道がなされる。19歳で家を出て、ドロシア・ホテルのメイドをしながらMBAを取得してオーナーの地位まで上り詰めたフィオナ。彼女には従業員だけが家族だったのだ…。

一方、マック、ダニー、ジェシカは、朝の渋滞時にスクールバスとタクシーに挟まれる形で発見された女性の死体について調べる。子供のケンカに気を取られていたバスの運転手が急ブレーキを踏んだところ、突然女性の死体が現れたらしい。マックは、急停止の衝撃でバスの上から女性の死体が前方にすべり落ちたことを見抜くが、なぜバスの上に女性の死体があったのかは不明。女性は額に星形のシールを貼っており、真冬なのにネグリジェ1枚という姿。胸元には青い塗料で「ウェンディ」という文字が記されていた。バスの中からは、血の付いた野球帽が見つかる。
“ウェンディ”の検視を行ったシドは、彼女が死んだのは事故発生時からさかのぼること8、9時間前で、死因は下腸間膜動脈を切られたことによる失血と断定。凶器はフック状との見方を示す。また、“ウェンディ”は、死ぬ直前にセックスをしていたことも判明。右肩には、妖精の形をした痕跡が残されていたことも明らかになる。ネグリジェ姿のウェンディ、フック(船長)、妖精(ティンカーベル)…。事件は「ピーターパン」に関係しているのか?
マックは、人形を使った落下実験を行い、“ウェンディ”の死体は地上10.5メートルの高さからバスの上に落とされたことを突き止める。アダムは、胸の「ウェンディ」の文字はフィンガーペイントで書かれたもので、爪の間に挟まっていたのは子供用粘土、額の星のシールとフィンガーペイントから出た指紋は同一人物のものであり、データベースには該当者がいないことをマックらに報告。証拠品の内容から、幼稚園の教室やおもちゃ屋との関連が濃厚となる。その後、幼稚園への不法侵入が相次いでいることが発覚し、昨晩被害にあった幼稚園が犯行現場として浮上。マック、ダニーらが幼稚園の教室を調べた結果、モビールに付着した血痕や拭き取られた血だまりの跡、凶器とおぼしきフックなどが見つかる。やはり、この教室が犯行現場で間違いないようだ。教室からは、妖精の形の凹凸がある錠剤や、数字を羅列したメモが挟まれた「ピーターパン」の絵本も発見される。
その後、スクールバスの中で見つかった野球帽には、被害者の兄弟のDNAが付着していたことが判明。ロゴがウォール街の証券会社、スタンウェル&リンフォード社のものであったことから、“ウェンディ”の身元は同社の社員マイケルの妹、レスリーと分かる。また、マイケルの証言により、レスリーが昨晩パーティーに出かけていたこと、その際に野球帽はかぶっていなかったことも明らかになる。
ラボで錠剤を分析していたアダムは、それが強烈な幻覚作用をもたらす新合成ドラッグ「フォクシー」であることを突き止める。ウェンディがフォクシーを摂取していたことも分かり、彼女が死亡する前にハイになっていたことが確実に。また、「ピーターパン」の絵本に挟まっていたメモの数字は暗証番号であり、「今夜11:30にダンヒルでアリスが待ってます」というメッセージがやり取りされていたことも判明。ダンヒル幼稚園に向かったマックとダニーは、フォクシーの幻覚作用で幼児返りした若者たちを発見し、全員を署に連行する。
連行された若者たちの中には、手首にあざのあるブライスという男もいた。ブライスのあざの形状は凶器のフックと一致。パーティーの参加者たちの証言から、スクールバスを盗んだのもブライスだと分かる。しかし、その後の調べで、フックに付着したDNAはブライスのものではないと判明。ところが、フックに付いていたのと同じDNAが、例の野球帽にも付着していたことが明らかになる。犯人は証券会社の誰かなのか? スタンウェル&リンフォード社で麻薬検査をしていたことを思い出したマックは、令状を取って検査用のサンプルを取り寄せることに。その結果、犯人は同社の新人タイラーと判明する。彼は、レスリーとともにパーティーに参加。自分は正気の状態で、フォクシーでハイになったレスリーをレイプした。しかし、フォクシーの効果が切れて我に返ったレスリーが「兄さんに言うわ!」と言って抵抗を始めたため、とっさに彼女を刺し殺し、遺体をスクールバスの上に投げ捨てたのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
アッパーイーストの悪い魔女

『オズの魔法使い』に出てくる「西の悪い魔女」のもじり。

ブルームボール
アイスホッケーの変種。スケートを履かずにスニーカーを履いて行う。スティックの代わりにブルーム(ほうき)を使い、パックの代わりにゴムボールを用いる。フィオナに、ほうきで顔を傷つけられたグリーン博士に対して、フラックがブルームボールという表現を引用した。

ウータン・クラン(Wu-Tang Clan)
ヒップホップ・ミュージックを代表するアメリカの人気集団。実際に、アダムがヘッドホンで聴いていた曲は、Santogold "Say Aha"。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「人に何かを悟らせるには相手が生きてなきゃね」 by ステラ

フィオナを殺害したフィリックスに対する、ステラの痛烈な一言。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
フラック、屋台の不衛生さに辟易…

ニューヨーカーに人気の屋台。しかし、その衛生管理の実態を見たフラックは、かなりのダメージを受けた様子。しばらく、屋台のスナックを食べることはなさそう…。
一方、エンジェルが少年ルーベンの死についてダニーを慰める一幕も。ダニーは、この事件では相当なショックを受けているはず。ダニーは、今後どうやって心の傷を埋めていくのか?

2009.3.28|CSI:ニューヨーク4、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/44491351

この記事へのトラックバック一覧です: 3月28日(土) #12「ネバーランドの悲劇」:

コメント

このエピソードの最初に流れる曲はどんな名前ですか?
教えて下さい★

投稿: このエピソードの曲について | 2009.04.01 21時38分

The Black Ghostsの"The Repetition Kills You"だと思います!

投稿: あまこ | 2009.04.02 16時34分

コメントを書く