CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 1月17日(土) #13「母の誘惑」

億万長者の慈善家ビル・ウィンストンが、自宅の書斎で射殺される。現場に駆けつけたホレイショとウルフは、第一発見者であるウィンストン家の使用人、パメラから話を聞く。彼女によると、高級不動産の売買に携わっているビルの妻が、資産家たちを集めて島の競売の説明会を行っていたため、家には多くの人物が出入りしていたとのこと。ホレイショが続けてビルの妻からも話を聞こうとすると、1人の女性が姿を現す。彼女こそが、ビルの妻ジュリア・ウィンストン。彼女を一目見たホレイショは、衝撃を受ける。何と彼女は、ホレイショが潜入捜査時に付き合っていた女性、つまりカイルの母親だったのだ。

ジュリアは、カイルを自分の母親に預けっぱなしで消息すら知らない様子。ホレイショがなぜカイルを知っているのか、カイルはどこにいるのかホレイショに尋ねる。ホレイショは、カイルは拘置所にいると答えると、今度はジュリアにビルとの関係について質問する。ジュリアは、ビルとは2ヵ月前にカイロで結婚したばかりだと話す。
カリーとナタリアは、ビルの書斎を調査。デスクには一部血痕が付着していない場所があったことから、何者かが机から書類を持ち去ったらしいことが分かる。また、顧問弁護士ラリー・ホプキンズの名入りのペンが落ちているのも見つかる。
カリーはホプキンズを訪ねて事情を聞く。彼は、銃声がしたので部屋に飛び込んだと説明。依頼人の利益を優先するため、通報はせずに書類だけ持ち出したことは認めるが、秘匿特権を盾にその書類の提出を拒む。カリーは捜索令状を取って出直すことにする。
一方、この日はカイルの裁判が行われる日でもあった。デイド署の取調室には、裁判の段取りを打ち合わせる州検事補のレベッカと被害者キャスリーン・ニューベリーの姿があった。カイルを成人の犯罪として有罪にするつもりでいるレベッカにとって、キャスリーンの証言は何よりも重要だ。
その頃、カイルは拘置所で裁判におびえていた。ホレイショはそんなカイルのためにスーツを用意してやり、不安がる息子を励ます。また、ホレイショは、カイルの親権申請の手続きを進める。
アレックスはビルの検視を行い、胸から銃弾を取り出す。あいにく弾は変形していてデータベースで照合不可能だったが、ビルの着衣や銃創の様子から、彼は正面から向き合って撃たれたのではなく、前かがみになっているところを下方向から撃たれたことが分かってくる。
アレックスの情報をもとに、デルコとナタリアは再びウィンストン邸へ。書斎の床下に設定されたワインセラーに入り、レーザーで弾道を検証する。その結果、ビルはワインセラーの通気口から撃たれたことが判明。通気口に付着していた血液と毛髪から、ホワイトカラー犯罪の前科があるロブ・メイソンが捜査線上に浮上する。しかしメイソンは、インサイダー情報を盗み聞きするためにワインセラーにいただけだと弁明。発射残渣も陰性と出る。
その後、ホレイショとデルコは捜索令状を携えてホプキンズの元へ。ホプキンズがしぶしぶ出してきた書類は、ジュリアとの結婚を無効にするための届出書だった。ジュリアの素性をホプキンズに調査させたビルは、彼女が15年で5つもの偽名を使って詐欺行為に及んでいたことを突き止めていたのだ。ホレイショは、届出書に口紅の痕跡を見つけると、すぐにジュリアに疑いの目を向ける。ビルの資産をあてにしているジュリアにとって、婚姻無効は殺害動機として十分だ。
ホレイショはウルフにジュリアを探させるが、彼女の行方は分からない。ジュリアがカイルに会いに行った可能性に気付いたホレイショは、急いで拘置所に連絡。案の定、ジュリアがカイルに面会していることが分かり、自分も拘置所へと急ぐ。拘置所には、母性をアピールしてカイルを慰めるジュリアと、母との再会に口元をほころばせるカイルの姿が…。ホレイショはジュリアを外に連れ出し、婚姻無効の届出書を見たかどうか問い詰める。ジュリアは届出書を見たことは認めるが、ビル殺害については否定。しかし、彼女の車から凶器とおぼしき銃が発見される。
その後、ラボで銃を調べた結果、ジュリアではなくメイソンの指紋が検出され、ジュリアがメイソンにはめられた可能性が出てくる。カリーは改めてメイソンを取り調べ、再び発射残渣のテストを行う。その結果、ポケットに発射残渣が残っていたことが判明。追い詰められたメイソンは、ジュリアに取り引きを持ちかけられビル殺害に応じたことを白状する。横領した金で賄賂を配り、やっと億万長者たちの取り巻きとなったメイソンだったが、過去の犯歴をジュリアに知られ、秘密を明かさない代わりに夫を殺すよう指示されたというのだ。ジュリアの指示通り、ビルを殺害して撃った銃を現場に残していったと主張するメイソン。確かに、自分がはめられたように見せかけるため、ジュリアがわざと自分の車に銃を置いた可能性も考えられるが、ジュリアに結びつく物的証拠がない以上、警察は彼女に手出しはできない。
裁判所ではカイルの裁判が始まる。判事は被害者キャスリーンの証言を求めるが、そこにキャスリーンの姿はない。レベッカは休憩を申し入れ、キャスリーンが行方不明になったことをホレイショに報告。ジュリアが裁判の結果を待たずに親権取得の申請をしたことを知っているホレイショは、彼女がキャスリーンの失踪に関わっているものと推測する。
キャスリーンの身を案じたホレイショは、デルコとウルフを彼女の自宅に向かわせる。しかし、部屋にはすでにキャスリーンの姿はなく、残されていたのは空のバッグと札束の帯。どうやら、キャスリーンは大金を手にして行方をくらましたようだ。後の調べで、空のバッグの底に大理石の清掃用に使われる溶剤が付着していたことが分かり、大理石を用いた邸宅に住むジュリアの関わりがますます濃厚になる。莫大な遺産を相続したジュリアが、キャスリーンに金を渡して逃亡させたのだろうか? ナタリアはウィンストン邸に行き、ジュリアを尋問。ジュリアは、キャスリーンに金を渡したことを認めるが、慈善事業だと言わんばかりの態度を見せる。
結局、キャスリーンからの証言が得られなかったことで、カイルの事件は棄却されることに。これで、カイルは自由の身となる。CSIはキャスリーンの捜索を続けるが、ETCの記録により、すでに彼女がデイド署の管轄外に出たことが判明。カリーは何か嫌な予感を抱く。
一方、ホレイショとジュリアの双方から親権を申請されたカイルは、ジュリアと暮らす決心をする。不安を抱きながらも、「あの子を頼む」とジュリアに言うことしかできないホレイショ。
その頃、ガムテープで体の自由を奪われたキャスリーンは、車ごとエバーグレイズの湿地に沈められようとしていた。カリーの嫌な予感が的中していたことを、この時はまだ誰も知らないのだった…。


【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「まだ愛してるくせに」 by ジュリア

ジュリアを逮捕するホレイショに「時間のムダよ」と言うジュリア。「なぜだ?」と聞き返したホレイショに対する彼女の一言がコレ。
今回、初お目見えとなったジュリア。演じるのは、1989年から1993年放送の人気青春ドラマ「セイブド・バイ・ザ・ベル」のジェシカ役でレギュラーを務め、映画『ショーガール』のヒロイン、ノミエ役でも知られるエリザベス・バークレー。人気テレビドラマ「Lの世界」の最新第6シーズンにも複数話ゲスト出演中。ちなみに、本人の公式ホームページは、ジュリアの印象とは異なりラブリーなイメージ。
■エリザベス・バークレー公式ホームページ

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ついに登場! カイルの母親ジュリア

いつか登場するだろうと期待されていた、カイルの母親ジュリア。演じるエリザベス・バークレーは身長178cm。ヒールを履けば182cmのデヴィッド・カルーソを軽く超えてしまうほどの長身で、初回から、ホレイショをも圧倒する強烈な個性を放ってくれた。そしてこのジュリア、過去に5つもの偽名を使って詐欺行為に及んでいたというから恐ろしい。こんな危険な女性にカイルを託さざるを得なかったホレイショの心境は、察するに余りある。今後、彼女がどのようにエピソードに絡んでくるのか目が離せない。

2009.1.17|CSI:マイアミ6、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/43758065

この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日(土) #13「母の誘惑」:

コメント

ついに登場sign03カイルの母親sweat01
これから、どうホレ様と絡んでいくのか、ストーリー展開に期待しますhappy01
ラスト、ワニのいる沼地にブクブクとキャスリーンの車が沈んでいくシーンはトリ肌が立つくらい恐ろしかったです

投稿: えっ | 2009.01.21 14時29分

カイルママ、とっても美人さんでしたね。
子供の為とはいえ、なんでもしてしまいそうでthink
これからホレイショとどうなっていくのか楽しみです。
カイルには・・・ホレイショを選んで欲しかったです。

投稿: RION | 2009.01.24 21時35分

コメントを書く