CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 8月16日(土) #17「青春のあやまち」

高校のバスケチームのエース、ライアンと彼のガールフレンドでチアリーダーのメーガンが、金曜日の試合後に突如姿を消す。早速グリッソムらCSIは、2人が通っていた高校へ。学生用駐車場では、消えたライアンのバンの代わりにわずかな血痕が発見される。また、グラウンドのタックル練習台には飛び散った血しぶきの跡と大量の血痕が、体育倉庫のドアには蹴破られた時に付いたと思われる靴跡が、地面には落ちたガラスの破片が、倉庫内のトレーニング機器には結びつけられた2本のロープが残されていた。

事件の夜、メーガンは親友シーラの家に泊まると話していたことから、シーラが署に呼ばれて事情聴取を受ける。しかしシーラは、メーガンはライアンと会う約束をしていたと語るだけで事件に心当たりがない様子を見せる。
その後、現場で見つかったガラスの破片はカメラのレンズと判明。最後にライアンが携帯電話で話したのが高校の写真教師ダイアン・ケントナーと分かり、ウォリックが彼女を訪ねる。ダイアンは、ライアンとの電話は試合中に撮影したスナップについてだったと話し、チャーリーという男子生徒がメーガンに夢中だと言及する。
やがて、現場で見つかった血痕はライアンのものと分かり、メーガンをレイプし損ねたライアンが口封じに彼女を殺害したというグレッグの推理は成り立たなくなる。CSIは捜査範囲を広げ、高校の脇の路上で血染めのメーガンのスニーカーとアクセル痕、車のウィンカーとフロントグリルの破片を発見。メーガンはひき逃げに遭ったというニックの推測通り、近くで虫の息となったメーガンが発見される。
また、行方不明となっていたライアンのバンが空き地で乗り捨てられているのが見つかり、ウォリック、サラ、ソフィアが現地に向かう。バンのフロントは無傷で、キーは刺さったまま。運転席に血痕の付着は見られなかったが、荷物スペースには大量の血が付いた寝袋が残されていた。
一方、メーガンは病院に運ばれ、何とか命を取りとめる。彼女に思いを寄せいるという男子生徒、チャーリーも病院に駆けつけており、ニックは彼に事情を聞く。しかしチャーリーは、ライアンは犬野郎だと話すだけだった。
ライアンのバンの調査は進み、車内からは女物のパンティやピンクの携帯電話が見つかる。また、大量の血が付いた寝袋には多数の精液のしみのほか、毛ジラミが付着していたことが判明。程なくして、ピンクの携帯電話の持ち主はシーラと分かり、ブラスは署内にいる彼女に事情を聞きに向かう。しかし、驚くべきことにシーラは部屋で死んでしまっていた…。
ロビンスはシーラの検死を行い、死因は硬膜外出血と断定。ちょうどメーガンとライアンが消えたのと同じ頃に、頭頂部に食らった一撃が原因との見解を述べる。さらに、彼女がデジタルカメラ用メモリーカードを飲み込んでいたことが判明。毛ジラミに感染していたことも分かり、彼女もライアンと性交渉を持っていた可能性が強まる。
その後、シーラが飲み込んだメモリーカードには、体育倉庫で縛り上げられて恥辱的な懺悔のスピーチを読み上げさせられているライアンの映像が記録されていることが判明。拷問を行った者の1人のはシーラだと分かる。また、ライアンのコミュニティ・サイトに、彼がこれまでに関係を持った女性のリストが掲載されていることも明らかに。その中には、シーラのほか、写真教師のダイアンの名前も含まれていた。バンに付着していた数々の指紋の中で、唯一ヒットしたのはダイアンの指紋。メーガンを轢いた車の車種はサーブと特定されたが、ダイアンの車もサーブというは単なる偶然なのか? ウォリックは再びダイアンに事情を聞くが、彼女は事件への関与を否定。しかし、ダイアンは令状によりDNAサンプルの提供を余儀なくされる。
やがてメモリーカード内の映像の解析は進み、拷問を行ったのはシーラとチャーリーだったことが判明し、チャーリーが署に連行される。そして、ニックから追及を受けたチャーリーは、シーラとともにライアンを拷問したことを認め、何が起きたのか涙ながらに話し始める。拷問の途中でロープがほどけ、ライアンがカメラを取り戻そうと猛烈な勢いで襲ってきたこと。メモリーカードを飲み込んだシーラの頭部にライアンがカメラを投げつけ、逆上したシーラがライアンをタックル練習台へと突き飛ばして死なせたこと。当初ライアンと2人きりで体育倉庫にいたメーガンは恐怖で逃げ出し、自分とシーラがライアンの死体をバンに乗せて空き地に放置したこと…。しかし、バンにはライアンの死体はなかった。死体はいったいどこへ行ったのか?
その後、毛ジラミの分析結果が出て、やはりダイアンもライアンと寝ていたことが判明する。早速ブラスはダイアンの自宅に向かうが、彼女はドレッサーにレンタル倉庫の契約書と鍵を残して姿を消していた。グリッソムたちは、写真スタジオとして使われていたレンタル倉庫に急行し、奥でライアンの死体に寄り添って死んでいるダイアンを発見する。その様子は、さながら死の芸術と言ったところか…。部屋のスクリーンには、ライアンを突き飛ばすメーガンの映像が映し出されていた。ライアンを殺したのは実はメーガンだったのだ。そして、躁鬱病を患っていたダイアンは、メーガンがライアンを殺したことを知り彼女を車で跳ねとばすと、ライアンの死体を奪って自分も服毒自殺を遂げたのだった…。
事件の真相が明らかとなり、ニックは意識を取り戻したメーガンと話しをする。最後まで何も覚えていないと主張するメーガンだったが、最後には「罰はもう十分受けてるわ」と一言。結局、メーガンは不起訴となるものの、事故で半身不随の身に。ライアンとシーラは死に、チャーリーは逮捕された。こうして、関係者全員が報いを受ける形で事件は収束するのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ミセス・ロビンソン

「10代の男子学生を教える40前の女性教師は、みんなミセス・ロビンソンてわけ?」というダイアンの発言に出てきたミセス・ロビンソンは、映画『卒業』で青年を誘惑する中年主婦の名前。サイモン&ガーファンクルの曲としても有名。
メメント・モリ
ラテン語で「死を思え」の意。芸術作品のモチーフとしてしばしば使われる。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「好きな時に記憶喪失になれるなら、僕も忘れたい過去がいっぱいある」 by ニック

覚えていないと言い張っていたメーガンに「死なせたなら、悪かったと思う…」と言わしめたニックの一言。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
グリッソムの髭を剃るサラ!

エピソードのエンディング、「私を信じる」というサラに対し「心から」と答えるグリッソム。グリッソムの頬にカミソリを当て、ゆっくりと髭を剃っていくサラ…。2人の関係を象徴する絶妙な描写!
メーガンを演じていたLyndsy Fonsecaは、日本でもお馴染みの海外ドラマ「デスパレートな妻たち」の第4シーズンに準レギュラーで出演。ブリトニー・スピアーズが出演して話題たため日本未公開ながらも知名度上がった「How I Met Your Mother」にも出演。

2008.8.16|CSI:7 科学捜査班|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/42180065

この記事へのトラックバック一覧です: 8月16日(土) #17「青春のあやまち」:

コメント

コメントを書く