CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 6月21日(土) #24「奪還」

ブルックリンの倉庫で、大規模な麻薬摘発が行われる。フラックは、特捜班の指揮を執って現場に突入。アイルランド系ギャング1名を射殺し、メンバーを逮捕。さらに、コカイン900kgを押収する。また、驚くべきことに、現場ではギャング団の元締めであるギャビン・ワイルダーの死体が見つかる。ギャビンは身内の裏切りに遭い、50口径の突撃銃で撃たれたようだ。

一方、ダニーはリンジーと一夜を過ごし、朝を迎えていた。ダニーは遅番、リンジーは9:00までに出勤する予定だったが、リンジーを気遣うダニーは、彼女に代わって先に出勤する。そして、マックの指示を受け、現場倉庫を調査するアダムのフォローに向かう。
その頃、CSIでは押収されたコカインと銃器の保管作業が進行していた。ホークスはギャビンを撃ったと思われる突撃銃から指紋を採取。マックはペイトンからロンドンへのヴァケーションの誘いを受ける。そんな中、CSI館内でガス漏れ事故が発生。職員が続々と避難を始める。
現場倉庫に到着したダニーは、さっそくアダムの姿を捜す。すると「ダニー、危ない!」というアダムの声が。一瞬の隙をつかれたダニーは、倉庫に残っていたギャングたちに拉致されてしまう。先に拉致されていたアダムは、拷問の末にCSIの身分証を奪われ、駐車場とラボの暗証コード、押収した麻薬や銃器のありかを無理やり言わされていた。
CSIにはガス会社の職員が到着するが、マックとステラはガス漏れが偽装であることに気付き始めていた。インターネットなどの通信回線がすべてダウンしているのは不自然だし、大量のコカインが運ばれてきたばかりというのもタイミングが良すぎるからだ。やがて、マックは、ガス会社の職員たちがコカインを取り戻しにきたギャングの残党だと見抜き、彼らの計画を阻止すべくステラとともに館内にとどまる。また、まだ館内の麻薬ラボに残っていたホークスも、ギャングの計画を察知する。
拉致されたダニーとアダムは、何とかギャングに抵抗しようと画策していた。そんな中、ダニーはギャングの指示でフラックへ電話をかける。この電話を受けたフラックは、初めてダニーたちがギャングの人質となっていることを知る。
時を同じくして、マックとステラも丸腰でギャングに応戦する術を模索していた。そして、内線システムのメッセージで、まだホークスも館内に残っていることを知る。そんな矢先、ギャングの残党を率いるリーダー、コルム・ガンもマックたちの存在に気付いて始末しようとするが、誤って仲間のジョーイを射殺。この間に、マックは残党の1人を捕らえ、身動きが取れないよう即席の爆破装置につなげる。さらに、射殺されたジョーイの死体を見つけると、銃弾を取り出すようホークスに指示する。
現場倉庫前では、遅れて出勤したリンジーがフラックたちと合流する。リンジーがダニーの安否を気遣う中、フラックは、倉庫の中にいるギャングたちから、今朝捕まった仲間たちを全員釈放しろとの要求を受ける。この時、フラックはまだ、CSIでガス漏れを仕組んだ連中が倉庫内にいるギャングの仲間だと気付いてはいなかった。
その頃ホークスは、ジョーイの死体から銃弾を取り出していたが、異変に気付いて様子を見に来た残党の気配に気付き、見事その男を取り押さえる。そして、男が持っていたアダムのIDを奪い取ると、取り出した銃弾を携えてマックたちの元へ。さっそくその銃弾を調べたマックは、それが、半年前に元IRAのテロリストを追って銃殺されたFBI捜査官、キャンディス・ブロートベントを撃ったのと同じ銃から発射されたものであることを知る。また、館内のエレベーターのボタンから採取された指紋は、ギャビンを撃った突撃銃の指紋と一致。コルムがギャビン殺しのホシであり、キャンディスを殺した犯人でもあることが判明する。
その間に、ギャングたちは突撃銃で金庫扉を焼き切り、コカインを運び出そうとしていた。しかし、ステラがエレベーターを止め、ホークスが地下駐車場への出口をブロックしてそれを阻止する。
一方、倉庫ではダニーとアダムが健闘を見せていた。2人は連係プレーによってギャングに硫酸をかけて反撃。そこへNYPDが突入し、倉庫内のギャングたちは逮捕される。また、現場にガス会社の装備品があるのを見つけたフラックは、ようやくCSIで実行されているコルムの計画に気付き、急いでCSIに戻る。リンジーは、救出されたダニーに付き添う。
そして、フラックたちがCSIに到着。建物から出ようとするコルム以外の残党を、無事逮捕する。マックはまだ館内でコルムと一騎打ちを繰り広げいたが、コルムが爆破装置の引き金であるレーザーに触れたためフロアが大爆発。建物の外にはガラスの破片が散らばり、人々が逃げ惑う。果たしてマックは大丈夫なのか? ステラたちは、マックを救おうと正面玄関へ駆け寄る。すると…ドアを開けて出てきたのは紛れもなくマック。一同は、ほっと胸をなでおろす。そして、マックは…駆け寄ってきたペイトンの肩を抱くと、建物に背を向けて歩き出す。思わず「どこへ行くの?」と声をかけるステラ。マックは一言「ロンドン」と答え、そのままCSIを後にするのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ヘルズ・キッチン

アイルランド系移民が多く、非常に治安が悪かった地域。近年はヤッピーに人気のエリアに変貌している。正式名称はクリントン地区。映画『ウエストサイド物語』の舞台となった場所でもある。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「ロンドン」 by マック

事件解決後、ステラが「どこへ行くの?」と声をかけられたマックの答えがコレ。なかなか気の利いた締めくくりでした!

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ベッドシーンに始まり、ベッドシーンに終わる第3シーズン!

第3シーズンもこれでフィナーレ。第1話はいきなりマックのベッドシーンが登場し、視聴者の間に衝撃が走りましたが、最終話ではダニーとリンジーのベッドシーンが登場。ベッドシーンに始まり、ベッドシーンに終わるというのは、CSIシリーズでも異例ですね。
そんなロマンスのほかにも、メンバーにはさまざまな出来事が起こった第3シーズン。ステラのエイズ疑惑事件、リンジーの裁判、トゥルビー刑事逮捕にまつわるマックとフラックの対立、そしてマックに対する内務監査、査問会…。幾多の試練を乗り越えたメンバーたちが、次にどんな活躍を見せてくれるのか。今から第4シーズンへの期待が膨らみます。

2008.6.21|CSI:ニューヨーク3、エピソードガイド|コメント(7)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/41526261

この記事へのトラックバック一覧です: 6月21日(土) #24「奪還」:

コメント

シーズンラスト!迫力のストーリーでした!普段は銃撃戦なんてあまりなかったので、爆破シーンまで、ドキドキ息を詰めて見入ってしまいました。次のシーズンが待ち遠しい!

投稿: KEI.F | 2008.06.22 18時57分

これはドラマの枠を越え、まさに映画さながらの内容と緊迫感でした!
マックの大ファンである私には最後の最後までテンション上がりっぱなしで、CSI:NY至上最高のエピソードだと感じました。
シーズン4まで待ちきれません(>_<)!!

投稿: まーちゃん | 2008.06.23 12時39分

ダニー、頑張ってましたね。本当に痛々しい事になってましたし。
マックとステラ、それにホークスもどうこの状況を展開させていくんだろうとハラハラ見ていましたが。
しかし、脅しで爆発するように見せかけていると思っていたんですが、本当に爆発するように縛りあげていたんですね。
後始末が大変ですね・・・。

投稿: Mirai | 2008.06.23 19時16分

最初から最後まで緊張しっぱなしでした。
マック、ステラ、ホークスの、ギャングへの迅速かつ冷静な対応、さすがとしかいえないです。
即席の爆弾をさくさくと作っちゃうマック…すごい…。
ダニーもアダムもがんばってましたね。見ててつらかった。。アダムに硫酸を持ってくるようにいって、ダニーがオトリになった場面なんて、超どきどきしました。バレなくてよかった=3

それと、ダニーとリンジーのシーン…びっくりした(笑)


今からシーズン4が待ち遠しいです!

投稿: miyu | 2008.06.23 20時25分

え~!?もう最終回!?残念やなぁ、と思いながら観ました。が、最初から緊迫した雰囲気で、引き込まれてしまいました!
リンジーの「目が覚めたら、メモを残してあなたがいなくなってた」という言葉が暗示的で、どうなるの~!?と心配しながら観ていましたが、結局ハッピーエンドでよかったです。
最後のゲーリー・シニーズのインタビューで、ダニーとリンジーの恋の行方は、同じラボ内の恋愛なので、慎重に考えていきたいって言ってたけど、自分のことは棚に上げてって感じの言い方をしてたので、オイオイって思っちゃいました。

投稿: てんちゃん | 2008.06.28 10時03分

今回の話なら映画館に行って観たとしても
満足して帰れる内容。
おいおい、また誰か死ぬのかと思わず思ってしまいましたが
予定調和だろうとなんだろうと何よりです。
なぜ日本のドラマには、喜怒哀楽がないんだ・・・。
登場人物がどうなろうとどうでもいいというドラマばっかりだ。

投稿: あいう | 2008.06.29 22時53分

CSI:NY3のアナログ二ヶ国語の再放送やってくれないのかなぁ~?
WOWOWにリクエストメールを送ったら、「アナログ二ヶ国語の再放送は予定していません。」という返事でした。ちょっとショック!!もう一度見たいなぁ~。9月にデジタル放送で再放送があるけど、我家の環境は見られないし・・・。いつも新シーズンが始まる直前にアナログで再放送をしてくれますよね。今回はやってくれないのかな!?

投稿: 月子 | 2008.08.12 14時38分

コメントを書く