CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 4月12日(土) #15「五番街のゴースト」

五番街のブランドショップ、マドックスの女性用試着室で、警備員のジェフが射殺される。試着室には、焼き切られた盗難防止用タグなど万引き犯の痕跡が。防犯カメラには、ゴーストのようにぼやけた犯人らしき女性が映っていた。捜査はステラとダニーが担当する。
アダムの調べにより、犯人がゴーストのように映っていたのは、衣服に再帰反射材が使われていたためと分かる。また、同じ日にグッチやフェラガモなどのブランドショップからも万引きの被害届が出されていたことが判明。犯人は万引きのプロのようだ。

残されたタグのバーコードを復元したダニーは、盗まれた商品がどれも高額商品ばかりだったことを明らかにする。高額商品なら、店員がケースから商品を出したはず…。ステラはマドックスの店員マリッサに事情を聞きに行き、目立った身なりの女性にバッグを見せたという証言を得る。そんな矢先、別の高級店で同じ手口の万引き事件が発生する。
その後、防犯カメラの映像により、犯人がある店で指輪を偽物とすり替えて盗んでいたことが分かる。偽物の指輪を店から押収したステラは、それに付着した唾液のDNAを分析。犯人がプロプラノロールという薬を飲んでいたことを突き止める。防犯カメラに映った犯人には、虐待によるトラウマ症状を示す動きが見られたことから、犯人はトラウマ治療のためにプロプラノロールを飲んでいる治験者100人のうちの1人である可能性が濃厚に。結局、これが決め手となりエーヴァ・ブラントが逮捕される。しかし彼女は、万引きについては犯行を認めるものの、警備員の殺害については否認する。
そんな中、彼女のバッグの中からカードの読み取り機が見つかる。何者かが客のカード情報を盗むために仕込んだのだろう。エーヴァはそれを知らずにバッグを盗んだのに違いない。
結局、読み取り機に付着した指紋の1つが、元服役囚のクリス・キャンベルのものと一致し、マドックスの店員マリッサとクリスによる犯行が明るみに出る。ダニーに尋問を受けたマリッサは、カード情報を盗んでいたことをジェフに見抜かれ脅迫されていたこと、クリスはそれに応じずジェフを射殺したことを自供する。
ステラはエーヴァに殺人容疑が晴れたことを伝えながら、夫の虐待から逃げ出して万引き犯になった彼女の境遇に同情を示す。そして、「もし誰かに聞いてもらいたくなったら…」と自分の名刺を彼女に差し出すのだった…。

一方、マックとホークスは、植物園の迷路で発見された男子学生の遺体を調べる。死因はアブサン・スプーンによる頚動脈の切断。ポケットにはトーマスとエディの試験票があり、現場ではインクの代わりに血が入った万年筆や、衣服の切れ端なども見つかる。
捜査を進めるうち、被害者はトーマスとエディと同じチェルシー大学の学生、ブライアン・ミラーと判明する。また、万年筆の持ち主はトーマスで、中に入った血はブライアンのものと分かり、早速マックたちはトーマスを訪ねる。彼はブライアンに替え玉を頼んだことは認めるが、万年筆は数か月前に落としたと弁明。エディもまた、ブライアンに試験の替え玉を頼んだことを認める。
マックの元には、亡くなった妻クレアの実子リードが訪ねてくる。ブライアンと友達同士だった彼は、大学に存在する「キングス・アンド・シャドウズ」という秘密結社の暴露記事を、ブライアンが書こうとしていたことをマックに伝えに来たのだ。マックとホークスは学生寮に出向き、ブライアンのパソコンから暴露記事を見つけ出す。そして、事件の夜、記事のために結社に潜入していたブライアンが脱会の儀式に参加する予定になっていたことを知る。事件は結社による行き過ぎた制裁の結果かと思われたが、メンバーであるトーマスの証言により、儀式によってブライアンが死んだわけではないと分かる。
その後、学生寮に戻ったリードは、部屋で何者かに襲われる。彼のパソコンには「記事を書くな」のメモが。リードは、試験の替え玉のことを記事にまとめていたのだ。しかし、不正をやめるなら記事を公表しないとリードはブライアンに約束しており、ブライアンもまた、トーマスとエディの案件を最後に替え玉はやめるとブライアンに約束していた。
結局、現場から採取した衣服の切れ端に残されたガンマ線の痕跡から、放射線トレーサーの結合試薬を使った実験をしていたエディがブライアンを殺したことが明らかになる。エディはこれまで、ブライアンに試験の替え玉を頼んで好成績を維持してきたが、彼が替え玉をやめることにしたため殺害に及んだのだ。ルームメイトが死ねば精神的苦痛を負ったとして、成績をオールAにする特例措置が受けられると考えたためである。外科医の父親の過度な期待に追い詰められての犯行だった…。
事件解決後、替え玉の件を暴露しておけば事件を未然に防げたのではないかと、リードは自分を責める。マックは、そんなリードを慰めるのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
アブサン・スプーン

アブサン酒専用の穴あきスプーン。アブサンは、ニガヨモギなどを主成分としたリキュールの一種で、幻覚等の向精神作用があることから多くの国で違法とされている。

大学に存在する秘密結社
アメリカには、大学の学生が所属する秘密結社が実在するのは有名な話。中でも、イェール大学の「スカル・アンド・ボーンズ」には、2004年のアメリカ大統領選挙を戦ったケリー氏(民主党)と現職のブッシュ大統領(共和党)も所属していたと言われています。
この「スカル・アンド・ボーンズ」を題材にした映画が『ザ・スカルズ 髑髏の誓い』(2000年)。偶然にもこの映画に、ホークス役のヒル・ハーパーが出演しています(ウィル役)。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「私の部屋に来てみませんか?」「クモがハエに言いました」 by マック&ホークス

マザーグースの、クモとハエの話の教訓を引用したセリフ。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
リードと再会したマックは…

事件をきっかけにリードと再会したマック。「母さんのお墓はどこ?」と訪ねるリードに、遺体が見つかっていないことを伝えるマック。このシーンには、なかなか切ないものが…。
それからアダム。何かとエピソードに絶妙なスパイスを与えてくれている彼ですが、実は父親から暴力を受けていたらしいことが判明。ユニークなキャラの裏側は、意外と複雑なのかも。

2008.4.12|CSI:ニューヨーク3、エピソードガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/40760268

この記事へのトラックバック一覧です: 4月12日(土) #15「五番街のゴースト」:

コメント

アダムがお父さんから暴力を受けていた
らしい話の流れに切なくなったし、
ステラが取調室で女性と暴力の話をしている
時も切なかった・・・

投稿: pigulet2003 | 2008.04.15 10時32分

スカルズに1にはラスベガスのグリッソム主任も出演していますね。

投稿: NANA | 2008.10.27 08時35分

コメントを書く