CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 3月8日(土) #22「燃え尽きて」

クレアとブレットのカップルが住む家が火事になり、ブレットは死亡、クレアはプールに飛び込んで一命を取り留める。ドアのガラスは内側に割られており、状況から見て放火の可能性が高い。デルコは、割れたガラスに指紋が付いているのを見つける。
ホレイショは、生き残ったクレアから事情を聞く。彼女によると、元恋人のアンソニーからストーキング行為を受けていたらしい。ホレイショは、さっそくアンソニーを捜しに行き、彼の車を見つけて銃を構える。しかし…そこにいたのはイエリーナだった。現在、私立探偵をしている彼女は、アンソニーの依頼を受けて彼を監視していたらしい。イエリーナは、奇しくもアンソニーのアリバイの証人となる。

その後ホレイショは、アンソニー本人からも話を聞く。なぜ私立探偵を雇ったかと問われたアンソニーは、クレアが何かを企んでいると感じたからだと説明する。
アレックスはブレットの検死を行い、彼の死因は高温の空気を吸い込んで肺胞が破裂したことによる窒息と断定する。そして、歯に挟まっていた異物の分析をナタリアに依頼。その異物は人間の肉と判明し、DNAからマイケル・リプトンの存在が浮上する。
署に呼ばれたマイケルは、ウルフにしか話をしないとだんまりを決め込む。仕方なくウルフを呼び出すトリップ。一度も見たことがない男だとウルフはトリップに嘘をつくが、実は2人は知り合いだった。というのも、ウルフは賭け事でマイケルに1万ドルの借金を作っていたのだ。取調室でマイケルと2人になったウルフは、借金を帳消しにする代わりに釈放しろとマイケルに迫られる。しかし「これ以上君に話す気はない」と言い残し、ウルフは取調室を出て行く。
ウルフから取り調べを引き継いだナタリアは、ブレットとの関係についてマイケルを追及する。これに対しマイケルは、ブレットの会社に姉の結婚式の前金を騙し取られて争っただけだと説明。その後マイケルは保釈となるが、ホレイショは彼の監視をイエリーナに依頼する。
ガラスに付着した指紋を調べていたデルコは、それがロン・クレイマーという男のものだと突き止める。さっそくロンのもとに向かったカリーは、なぜ現場に指紋があったのか彼を追及。ロンは、火事を目撃して助けようとしたが、手に負えそうになかったのでそのまま立ち去ったと弁明する。
デルコとカリーは再び火事現場に戻り、着火源と思しきライターを発見する。ライターからはクレアの指紋が検出されるが、持ち主はブレットの共同経営者ジェフ・ゼイダーのものと判明。ホレイショは彼を訪ねて事情を聞くが、ジェフは事件への関与を否定する。クレアの元恋人(アンソニー)の嫌がらせで会社の経営が悪化し、ブレットと手を切るつもりだったと話すジェフ。彼は、犯行時刻には1人で家にいたと主張する。
マイケルの後を追っていたイエリーナは、衝撃的な映像を撮ってホレイショに見せる。映っているのは、現金をマイケルに渡すウルフの姿。署に戻ったホレイショはウルフを問い詰めるが、彼は真実を隠す。
放火調査官の捜査が進み、ライターが火種ではなく、気化したガソリンに温水器の口火が引火したのが出火原因と判明する。現場でススの付いていないガラスの破片が見つかったことから、ロンがガラスを割ったのは発火前と分かり、ホレイショが彼を尋問する。追い詰められたロンは、放火については否定しつつも、アンソニーの依頼でブレットを撃つつもりだったと告白。その事実を受け、トリップはアンソニーを署に連行する。
その後、火事現場の2階から2つの遺体が発見される。遺体はいずれも検死解剖されており、カリーは唯一の生存者であるクレアが真相を知っていると推測。それを裏付けるかのように、クレアの衣服からガソリンの痕跡が検出される。
改めて取り調べを受けることになったクレアは、なぜガソリンが衣服に付着していたのか追及されると、アンソニーから逃れるために自分とブレットの死を偽装しようとしたことを認める。遺体は、ブレットが大学の理学部から調達。毎晩アンソニーが家にやって来ることを知っていたクレアは、あらかじめガソリンを撒き、アンソニーを放火犯に仕立てるつもりだったのだ。しかし、彼を待つうちに眠りに落ちた2人は、気化したガソリンが発火したことに気付かず、その結果ブレットは帰らぬ人に…。アンソニーが勝ったのだと嘆くクレアに対し、カリーは同情の意を示す。
ホレイショは、ロンが窓を割ったことが火事を誘発したとし、ロンを雇ったアンソニーを殺人の共謀罪で逮捕する。
一方、内務調査を担当するリックは、ウルフに解雇を通告する。「ラボのみんなを守るためにしたことだ」と話すウルフ。リックにバッジと銃を取り上げられると、落胆して署を後にする。その姿を、ホレイショは窓越しに見つめていた…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
クレア役:Rebecca Gayheart

今回、クレアを演じていた女優はRebecca Gayheart。実は彼女、「グレイズ・アナトミー」で“フェロモン男”マークを演じる、Eric Daneの奥様なんです。お2人の結婚は2004年10月。なかなかの美男美女カップルですね。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「地雷騒動の後は空飛ぶ温水器かよ」 by トリップ

まさに災難…。吹っ飛んできた温水器で新車を滅茶苦茶にされてしまったトリップの一言。お気の毒ではあるのですが、なんだか微笑ましいアクシデントに見えてしまうのは、トリップの人柄のせいでしょうか。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
イエリーナが再登場!

銃を構えるホレイショの前に現れたのは、なんとイエリーナ。現在は私立探偵を仕事にしているとか。エンディングでは、そんな彼女の仕事を「危険だ」と心配するホレイショの姿が。「いつも心配してくれてる」という彼女の言葉に対し、「これからもだ」と答えるホレイショの眼差しが印象的でした。
そして、もう1つ見逃せないのが、カリーとデルコの2人。カリーの指に刺さったガラスをデルコが取り除いてやるシーンには、ただならぬムードが!?
さらに、ウルフはCSIをクビに! いったいこれからどうなるの!?

2008.3. 8|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/40391019

この記事へのトラックバック一覧です: 3月8日(土) #22「燃え尽きて」:

コメント

トリップの『空飛ぶ温水器』には笑えましたsmileそれにしてもイェリーナの再登場にはビックリそしてイェリーナが登場するところにリックありおまえこそストーカーかっsign02カリーとデルコは良い感じlovelyなのに、ウルフはクビになっちゃうしshock何か波乱の幕開けって感じですね。

投稿: ぎっちょ | 2008.03.09 16時45分

オープニング後のゲストにソフィア・ミロスの名前が出たときはびっくりしましたねー!まだ出てくるのかな??

ウルフ!驚きました・・デルコの麻薬の時はあれほどすったもんだしたのに、あんなにあっさりクビになてしまうとは・・

ウルフ好きなので、キャラクターが掘り下げられて嬉しいですけど。

しかし、ホレイショにまで嘘ついちゃいかんでしょ、ウルフ。まだまだ青いですな、ウルフ!そこが好きなんです。

投稿: ごろあわせ | 2008.03.10 21時55分

地雷に吹き飛んだ温水器と、トリップはついてませんねdown
申し訳ないけどcoldsweats01笑ってしまいました。
angryウルフはギャンブル中毒?
ホレイショに与えられたチャンスを自ら捨ててしまってクビになるなんて、
いったい彼はどうしてしまったのshock
イエリーナはsunマイアミにレイJrと残ったんですね。
これからもホレイショと何かあるんでしょうか
なんといっても「家族」だし。
マイアミシーズン5はあと2話ですよね。
ラストまで本当に見逃せないし、早くシーズン6が見たいですね。

投稿: RION | 2008.03.11 09時10分

コメントを書く