CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 3月1日(土) #21「修羅場」

離婚が泥沼化したアサートン夫妻が、財産分与をめぐり港で騒ぎを起こす。妻のローリーは、チェーンソーで夫ハンクのヨットを壊そうとし、ハンクはハンクで、それなら自分で沈めるとばかりにヨットに向けて発砲。そこへ、通報を聞いたホレイショたちが駆けつける。アサートン邸の中では、ハンクの専属トレーナー、マンディが死んでいた。

トリップは夫妻に事情を聞くが、2人とも事件への関与を否定。ハンクは、今朝自分のランボルギーニを盗んだ犯人の仕業ではないかと推測する。その後、盗まれた車は、スタン・ロックウッドという男性の死体とともに発見される。当初、スタンは車泥棒と思われたが、実はローリーから正式に車を買い受けた人物と判明。デルコは車のドアに残された靴跡を採取し、ナタリアは、ヒアリの巣の上に車のキーが落ちているのを見つける。
アサートン邸では、ウルフとアレックスが捜査を進めていた。公平に財産分与をするまでの措置として、レーザー光線で二分された屋内…。試しにウルフが手をかざすと、途端にアラームが鳴り響く。それを解除してくれた夫妻の息子ネイサンは、ハンクはマンディと、ローリーはプールの清掃係ポールと浮気していたと話す。アレックスは、マンディの死因は鈍器による頭部損傷だとし、ウルフは凶器らしき花瓶を発見して持ち帰る。
やがて、花瓶にはローリーの指紋が付いていたことが分かる。彼女は、花瓶は自分のお気に入りで、嫌がらせをしようとする夫に奪われたものだと説明。そんな中、マンディの体に残っていた精液が、彼女の夫トッドのものだと判明する。さっそく署に呼ばれるトッド。彼の肩に壁の石膏の粉が付着しているのに気付いたホレイショは、事件現場の壁と一致するはずだと彼を追及。逃れられないと悟ったトッドは、浮気に腹を立てて妻を殴り殺したことを認める。
デルコの前には、以前関わった詐欺師のカルメンが姿を見せる。彼女のせいで示談の和解金を支払うはめになったデルコだが、後遺症のためそれを思い出せない。カリーはデルコのフォローにまわり、その場をうまく取り成す。
その後、プール清掃係ポールが、アリに噛まれて治療を受けていたことが分かる。彼の靴跡は車に残された靴跡と一致し、有罪はほぼ確定的に。しかし、彼の弁護士で、ローリーの弁護士でもあるウェイクマンが、デルコの後遺症の件を持ち出して「フライ審理」を申請。デルコが採取した靴跡は、証拠能力を失ってしまう。
いったん捜査から外されたデルコは、ポールが手先しかアリに噛まれていなかったことを指摘する。すぐにアサートン邸に向かったカリーは、ポールの車の中から長袖の上着を押収。そんな彼女の目の前を、ローリーの車が走り去る。どうやら、夫妻共同名義の貸金庫の差し止め命令が解除されたらしい。カリーから連絡を受けたデルコは銀行に急行し、貸金庫を奪い合う夫妻を器物損壊などの容疑で逮捕する。
銀行の外では、ハンクの弁護士コムデンとローリーの弁護士ウェイクマンが待ち構えていた。ヨットが破壊されたことで2人の資産は事実上底を突き、住居の所有権を譲渡しない限り弁護は続けられないという。保釈を望む2人は、やむを得ず所有権を譲渡する書類にサインする。
その頃、ポールの上着のファスナーに被害者の皮膚が付着していたことが分かる。取り調べを受けたポールは、自分がもらうはずだったランボルギーニをスタンから取り返そうとし、争ううちに彼を殺したことを認める。
一方、夫妻が奪い合っていた金庫の中身はなぜか空だった。引き出しの権利を持つネイサンに事情を聞きに行ったカリーは、自宅が差し押さえされたことを彼に報告。ネイサンは今後の相談のためにコムデンを訪ねることにし、カリーは一緒に事務所に付き添い、腹部を刺されたコムデンを発見する。これは、夫妻の財産を独り占めしようとするウェイクマンの犯行なのか? ホレイショは彼女に話を聞くが、潔白を主張するウェイクマンは、うっかり夫妻の隠し口座について言及してしまう。それを聞き逃さなかったホレイショは、守秘義務違反だと指摘。この訴えにより、彼女は弁護士資格を剥奪される。
デルコは現場に戻れることになり、カリーとともにアサートン邸で凶器の捜索にあたる。カリーはネイサンから借りたリモコンでレーザーのスイッチを入れてみる。すると、一カ所だけ違う方向を示すレーザーが。照射口には、凶器のケーキナイフが隠されていた。
ナイフにはハンクの血液とローリーの指紋が付着していたが、夫妻はお互いに罪をなすり合い、真相はよく分からない。そんな中、貸金庫の中に入っていたピアスと腕時計を、夫妻がそれぞれ身に付けていることに気付くホレイショ。貸金庫の中身をコムデンが盗んだと気付いた夫妻は、いがみ合いから一転、この時点で協力し合うことにしたのだ。サインした書類と貸金庫の中身を探すべくコムデンの事務所に侵入した2人は、コムデンが戻ってくると彼を激しく追及。最後には、金庫から持ち出された結婚式のケーキナイフで彼を刺し殺したのだ。
夫妻の犯行を知っていたネイサンは、凶器のナイフを発見させるためにわざとカリーにリモコンを渡したようだ。周囲を傷つける両親を引き離すためだったと話すネイサン。皮肉にも、夫妻はネイサンの親権を奪い合ったことは一度もなかった…。


【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「離婚が修羅場なのはよく分かりますが、殺人も同じですよ」 by ホレイショ

まさに“修羅場”といった様子のアサートン夫妻。そんな2人を冷静な目で見るホレイショの一言。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
カリーがデルコの頬にキス!

カルメンに対応してくれたカリーにお礼を言うデルコ。そんな彼にキスを返すカリー!「今の何だったの?」とナタリアが突っ込みを入れていましたが、ついつい深読みしたくなるのは彼女だけではないはず。ちょっと気になるシーンでした。
この回でローリー役を演じていたのは、「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」のキンバー役で知られるKelly Carlson。

2008.3. 1|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(5)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/40290787

この記事へのトラックバック一覧です: 3月1日(土) #21「修羅場」:

コメント

今回の一番の被害者はネイサンだと思いました。両親が自分の親権を争わずに財産ばかり…、まるで自分がいらないと言われてると感じたのでは(;_;)
それにしても、カリーとデルコどうなるの~。あれは唯のお礼?それとも何か意味あるのーーー!!

投稿: みらい | 2008.03.02 00時19分

詐欺師カルメンに、お金は働いて稼ぐものよsign01って言ったカリー姉さんsign03アッパレでしたそれにしても、カリーとデルコの雰囲気が…でも、あの二人ならOK牧場さ
来週の予告のウルフぅ~dogちょっと心配です

投稿: えっちゃん | 2008.03.02 17時10分

かけがえのない財産であるネイサンを欲しがらない夫婦なんて酷すぎますweep
かわいそうなネイサンだけど、負けずに大人になって欲しいですgood
デルコとカリー、いい感じでしたね。
デルコの笑顔は久しぶりって思いました。
あの二人なら祝福したいですheart04
ホレイショの次に大好きなアレックスのインタビュー、嬉しかったですhappy01
アレックス姐さん、いつか日本に来て欲しいです。
そして予告ではウルフがバッジを・・・
いったいどうなってしまうのdespair

投稿: RION | 2008.03.03 22時41分

アサートン(夫)の吹き替えがジャッキー・チェンで有名な石丸博也だった。

投稿: ヒラテフテフ | 2010.09.06 03時40分

やっぱりキンバーでしたか。
わかってスッキリしました。

投稿: キンバー | 2010.12.14 19時30分

コメントを書く