CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 2月9日(土) #18「仮面の下」

マイアミ一の不動産開発業者、ドミニク・ウィットフォードの妻アシュリーが主催するパーティーの最中、ドミニクが胸を撃たれて2階のバルコニーから転落。氷のオブジェに体を貫かれて死亡する。
現場に到着したホレイショたちCSIは、さっそく捜査を開始。ドミニクの秘書ジョシュは捜査に協力的で、有力者だったドミニクには多くの敵がいたとホレイショに語る。デルコは2階の部屋を検証し、床に落ちた銃を見つける。さらにデルコは、血痕に証拠マーカーを置いていくが、負傷の後遺症による複視のため同じ血痕に2つマーカーを置いてしまう。ウルフは、離れた場所に別の血痕を見つけ、ラボで鑑定させることにする。そして、デルコのミスに気付き、それをそっと指摘。しかしデルコは、後遺症はないと突っぱねる。

アレックスはドミニクの検死を行い、心臓発作の形跡などを明らかにする。カリーは、アレックスが摘出した弾を調べ、部屋に落ちていた銃が凶器だったことを確認。銃の製造番号から、信託資金で遊び暮らすニール・マッシーに辿り着く。しかし、後の調べで、ニールのアリバイは証明される。
バレイラはウルフが見つけた血痕のDNAを鑑定し、血痕の主はアシュリーであることを突き止める。デルコとナタリアはさっそくアシュリーを呼んで事情を聞くが、彼女は鼻血を出しただけと説明。サングラスを置き忘れたまま署を後にする。そして、サングラスに気付いたデルコがアシュリーを追いかけて目にしたのは…迎えの車の中にいるもう1人のアシュリー。彼女は一卵性の双子で、事情聴取に訪れたのは妹のケイラだったのだ。
ナタリアは双子を呼び寄せて事情を聞く。幼い子どものそばにいてやりたいというアシュリーに代わって取り調べを受けたと弁明するケイラ。死んだドミニクすら、アシュリーたちが双子だったことを知らなかったようだ。また、2人のDNAは同一のため、どちらが部屋にいたのか血痕から証明することは難しい。
その後、アレックスが重大な事実を明らかにする。撃たれてバルコニーから落ちたのは、ドミニクに成りすました別人だったのだ。死んだ男性は、大掛かりな整形手術を受けてドミニクの影武者となったグレッグ・ラムジー。秘書のジョシュが手配した男だ。ジョシュは、ドミニクが再び狙われるのを恐れて真実を言えずにいたという。
本物のドミニクに会うため建設現場を訪れたホレイショとウルフは、逃走しようとするドミニクを捕まえる。身の危険を感じ、撃たれると思って逃げたと主張するドミニク。彼は安全強化のために影武者を雇っていたことを認めるが、事件への関与は否定する。彼は、自分の無事をまだアシュリーに知らせていないようだ。
その後、ウルフは建設現場の土の山から、女性のバラバラ死体を発見する。被害者はドミニクの会社で働いていたミア・グラハム。死体を切断するのに使った刃物の破片から、彼女を殺したのはジョシュだと分かる。ジョシュは、秘書の座をめぐってミアと対立。ののしられてカッとなり、犯行に及んだのだ。
引き続きドミニク殺害について調べていたトリップは、昨年、ドミニクが射殺されそうになった事件の報告書を探し出す。当時妊娠8ヶ月だったアシュリーはこの事件が引き金で倒れ、緊急帝王切開で出産したと記録されている。そして、事件の容疑者リストには、なんとニール・マッシーの名前があった。
カリーは再びニールの事情聴取を行い、去年の事件はアシュリーを狙った犯行だったことを自供させる。ニールはドミニクと結婚する前のアシュリーと付き合っていたが、双子の妹と共謀した彼女に現金や銃を盗まれた。犯行は、アシュリーへの報復のためだったのだ。殺人未遂の罪に問われるとニールに告げたカリーは、ナタリアに電話して再び双子と会うよう頼む。
ナタリアは、ウィットフォード家で再びアシュリーとケイラに面会する。そして、アシュリーが息子ノアを出産した経緯について触れ、なぜ雑誌に載ったビキニ姿のアシュリーに帝王切開の手術痕がないのか問い詰める。すかさずケイラは不妊体質のアシュリーに代わって自分がノアを産んだと言い出すが、ノアの妊娠期間にケイラがアフリカにいたこともナタリアは調べ済みだった。真実を述べない限りノアは児童福祉局に引き渡すしかないと迫るナタリア。その直後、第3のアシュリーが姿を現す。そう、アシュリーたちは三つ子で、ノアを産んだのは3人目の姉妹ベスだったのだ。姉妹は一生裕福に暮らすためにドミニクに狙いを定め、子どもを産んだ上で離婚してお金を得る計画を立てていのだ。
誰がドミニクを殺したか立証するには血液証拠に頼るしかないと考えたホレイショは、デルコとナタリアに血液の抗体検査をするよう指示する。その結果、血液からは妊娠中に作られるRh抗体が検出されず、IgG抗体とIgM抗体が検出されたため、デング熱に感染したことがあるケイラが犯人だと分かる。そして、証拠を突きつけられてののしり合う3人は、父親のドミニクがノアを育てると聞いて驚く。それもそのはず、このとき初めてドミニクが生きていたことを知らされたのだから…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
デング熱

アジアや太平洋諸島、アフリカなど熱帯亜熱帯地域に広く分布するウイルスによって引き起こされる感染症。デング熱ウイルスを保有する蚊に吸血されることにより感染する。一般に対症療法だけで特効薬はなく、特別な治療を行わなくても軽症で済むケースが多い。
このデング熱に感染すると、血中にIgG抗体とIgM抗体が作られることから、エピソードでは、アフリカに行っていたケイラが犯人と判明している。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「抗体を調べろ、抗体だ」 by ホレイショ

ホレイショがCSIチーフらしく科学面からアドバイス! 同じDNAでも抗体を調べれば違いが分かるというわけ。そもそも三つ子以上の多胎児が一卵性で生まれてくる確率は極めて低いらしく、それが影武者のいる男性と結婚する確率と掛け合わせると、天文学的な数字になりそう…。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ウルフの励まし、デルコに届かず!?

自分が目を撃たれたときのことを話し、デルコをさり気なく励ますウルフ。しかし、その思いやりも、今のデルコには届かないのか…。そして、デルコはこの後遺症を克服できるのか!?
ちなみに、今回三つ子を演じていたのは、1人の女優(Leslie Bibb)。違和感のない映像に、技術力の高さを感じました。

2008.2. 9|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(3)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/40045361

この記事へのトラックバック一覧です: 2月9日(土) #18「仮面の下」:

コメント

ノアちゃん、チョー可愛いー!ホレ様も演技とは思えないメロメロ顔でしたね。それにしても、一卵性三つ子とは、ブッ飛びなストーリーですね!
デルコは物がダブって見えるなんて…再手術??心配です。

投稿: えっちゃん | 2008.02.10 10時02分

双子かと思えばなんと三つ子?!ナタリアでなくとも「やられた」と言いたくなります。
最後に三人が連行されていきましたが、すべて一人の女優さんが演じていたんですね?
一人三役なのか、もとから三つ子を使ったのか不思議に思ってました。撮影技術に驚きです。
怪我の後遺症がまだ残るデルコ。仕事に支障が出なければいいのですが・・・
それなりに気遣いを見せるウルフ。少しは突っ張らなくなったのかな?

投稿: rito-mas | 2008.02.10 23時54分

一人三役を感じませんでしたね。
さすがです。
ノアくんは天使のような赤ちゃんでした。
ホレイショは実際にもパパですから、自然な笑顔なんでしょうね。
去年のプレミアのときも、オフは子供の相手をしてるって言ってましたもの。
オムツ換えをするホレイショが想像出来てしまいました。

デルコ、完全復活は出来るのかな。

投稿: RION | 2008.02.12 09時03分

コメントを書く