CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 2月2日(土) #5「オイディプスの悲劇」

路地で発見された若い女性の死体。死因は頭部の刺し傷で、左手には特徴的な痣が残されていた。胸には「死が2人を分かつまで」という文字がデザインされたタトゥが。オーメンという名前とともに相手の名前も彫られているようだが、えぐられていて判読できない。捜査はダニー、ホークス、リンジーが担当する。

ダニーはオーメンの下着からスーサイド・ガールズのロゴの痕跡を見つけ、創始者のミッシーを訪ねる。彼女によると、被害者はオーメンというステージ・ネームを持つカレンザ・サンダース。昨晩は一緒にパンク・ショーに出演していたという。ダニーは、同じくスーサイド・ガールズのメンバーであるアミーナが社会奉仕活動で使っているゴミ刺し棒に血が付いているのに気付くが、後の調べで血液はネズミのものだと分かる。
その後、オーメンの頭部の傷から靴墨の成分が見つかり、ダニーとリンジーがヒールで殴り殺された可能性を検討していると、オーメンの母親がCSIにやって来る。ダニーはリンジーに応対を頼むが、「母親は苦手」とリンジーは拒否。結局ダニーが母親の応対をする。
捜査は進み、パンク・ショーに出ていたスーサイド・ガールズのメンバー、アルのヒールが凶器と分かる。しかし彼女は、ステージで汚れたヒールを捨てただけだと説明。ホークスはオーメンのタトゥを修復し、相手の名前がアルだったことを突き止める。
アルはパンク・ショーの会場でYモンスターともめており、ダニーはYモンスターを、リンジーは再びアルを取り調べる。Yモンスターは、オーメンがガールフレンドのアルと別れて落ち込んでいたのでタトゥを入れてやったと供述。アルは、オーメンが自分の名前をタトゥに刻んでいたと知り涙を流す。
その後の調べで、オーメンの手の痣はYモンスターのハーレーのキックスターターによるものと判明する。Yモンスターの本名はアルバート。略せばアルだ。ダニーの追及を受けたYモンスターは、タトゥに入れた「アル」が自分ではなくスーサイド・ガールズのアルだと知り、カッとなって犯行に及んだことを認めるのだった…。

一方、マックとステラは、ストリートバスケの聖地ラッカー・パークのコートで死んでいたチョッパーの事件を調べる。死因は鈍器による額の損傷。右手首に火傷の跡があり、右足も複雑骨折していた。チョッパーは、NBAの期待の星ダンテ・ホープを相手にワン・オン・ワンの対戦で勝利し、5万ドルの賞金を獲得したばかりだった。
さっそく、チョッパーの腕に刺さっていたガラスの部分指紋が照合され、それがダンテの指紋だと分かる。しかし、ダンテは事件への関与を否定。事実、彼の犯行を裏付けるだけの証拠はない。
その後、チョッパーが持っていたグリーティングカードから、ある教会の名前が浮上する。神父に話を聞きに行ったマックとステラは、チョッパーが八百長を持ちかけられたが断ったという話を聞かされる。また、チョッパーの火傷が教会のキャンドルによるものだと見たマックは、キャンドルの中に落ちたボタンを見つける。
チョッパーの元妻ケンドラが、チョッパーの獲得賞金5万ドルの小切手を現金化したことも分かる。マックはフラックとともにケンドラを訪ねるが、彼女は復縁を望んでいたチョッパーから貰ったものだと説明。そんな中、ケンドラとチョッパーの息子トーラスが帰宅する。
ステラは、教会で拾ったボタンのデザインとチョッパーのズボンに付いていた跡を手がかりに、八百長を持ちかけたヘクターを探し出す。警察に気付いたヘクターは慌てて盗品らしき時計を捨てて逃走するが、フラックによって取り押さえられる。取り調べに対してヘクターは、八百長を持ちかけたことだけは認めるが、殺しについては否定する。
ヘクターが捨てた時計を調べるうち、強盗に遭ったと通報したリリーとクレイ夫妻の存在が浮上し、マックとステラが夫妻を訪ねる。夫妻の家には真ちゅうのリンゴがデザインされた「最優秀教師賞」のプレートがあったが、上部の茎が欠けていた。それがチョッパーの額に刺さっていた真ちゅうの破片だと気付いたマックは、すぐさま夫妻を追及。リリーは、ラッカー・パークで試合を観た帰りに強盗に遭ったこと、その直後、車のパンクを修理しているところに脚をケガした男が現れ、恐怖心からプレートで殴ったことを打ち明ける。夫妻は殴り殺した相手が試合に出ていたチョッパーだったと聞かされ、ただただ愕然とするのだった…。
場面は変わり、回想シーン。試合に勝ったチョッパーは、八百長に応じなかったことでヘクターから車でケガを負わされる。痛む脚を引きずってリリーとクレイ夫妻に助けを求めるものの、今度は怯え切ったリリーの殴打で致命傷を負ってしまうチョッパー。それでも力を振り絞ってラッカー・パークに這い戻った彼は、最期に愛するケンドラの名前を叫んで息絶える。皮肉にも、リリーとクレイ夫妻を襲った強盗が息子のトーラスだったとは知らずに…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
オイディプス

ギリシャ神話の登場人物で、王ライオスが神の神託にそむいて妻イオカステとの間にもうけた息子。後にオイディプスは、実の父を父と知らず殺し、実の母を母と知らずに交わることになる。このことから、オイディプスの名は「エディプスコンプレックス」の語源になっている。エディプス・コンプレックスとは、母親に独占欲を抱くあまり父親に敵対心を持つ男児の潜在意識のこと。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「ワオ、中速飛沫血痕だな、ステキだ」 by ホークス

一体、どこがステキなのか!? そんなホークスの感性の方がステキです。ちなみにホークス役の楠さん、アフレコ収録では「中速飛沫血痕」となかなか正しく言えずに苦労したとか。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
スーサイド・ガールズ

「創造性・個性・知性とエロティシズムが共存しあって、人々を魅了するエンターテインメントが生まれる」という思いを原点に立ち上げられたのが、「suicidegirls.com」。規制のルールにとらわれない、自由な発想の新しいカルチャーとして多く支持を集め、毎週100万アクセスを記録するまでにサイトは急成長し、“SG”ファンは世界に飛び火。スーサイドガールとして登録された1300人以上のモデルたちは、サイト上で写真を公開したり、コミュニティで音楽、アート、エンターテインメントから、政治、経済、海外情勢など幅広い分野で意見交換したりしているそう。また、Webだけでなくコンサートやイベント活動を行ったり、書籍やDVD、ファッションブランドを発表したりするなど、彼女たちは常に魅力的な企画を世に送り出し続けています。
今回登場したスーサイドガールたちは、オーメンを除く全員が実在のキャラクター。ご興味のある方は、「suicidegirls.com」でチェックしてみて。

2008.2. 2|CSI:ニューヨーク3、エピソードガイド|コメント(4)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/17896482

この記事へのトラックバック一覧です: 2月2日(土) #5「オイディプスの悲劇」:

コメント

本当にホークスの感性って・・・。
あの返り血を素敵だなんて!
それにしてもダニーがハーレイに飛びついたのはすごいですね!

投稿: Mirai | 2008.02.03 09時17分

ホークスの感性は私には理解不能です(笑)しかし、リンジーは昔母親と何かあったのかな?気になります。ダニーがハーレーに飛びついた所はかっこ良かったです☆
スーサイド・ガールズの人達は堂々としてカッコイイ生き方だな~と感じました。自分の生き方に胸をはれる人ってすてきだと思います(^^)v

投稿: みらい | 2008.02.03 15時47分

今回の話はリンジーの過去を少々感じるような
話でしたね。
気になります!
しかし、ダニーに平手したお母さん・・・
凄いねwww

投稿: pigulet2005 | 2008.02.06 10時00分

実の息子が強盗した相手に助けを求めて殺されてしまうチョッパーの最期は皮肉ですね。
遺品を片付けるマックとステラの姿がやるせなさそうでした。
ニクソン=スーサイドのお誘いを断ったダニー。でも、ちょっと迷ってましたか?
アダムが以前に彼女達のメンバーを誘って振られたのは以外だった!?

投稿: rito-mas | 2008.02.07 00時13分

コメントを書く