CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 ホレイショ来日密着レポ「来日記者会見」編

071218_06 「CSI:マイアミ」の熱血チーフ、ホレイショ・ケインを演じるデヴィッド・カルーソが緊急来日! 12月18日(火)、東京都新宿区のパークタワーホールにて「ホレイショ捜査官来日記者会見」および「CSI:マイアミ プレミア試写会」が開催されました。
当日は、15:00よりプレス向けの「ホレイショ捜査官来日記者会見」、19:00からは「CSI:マイアミ プレミア試写会」がスタート。記者会見には、CSIの大ファンという叶姉妹もスペシャル・ゲストとして登場し、CSIシリーズの中でも最も熱い男ホレイショにふさわしい、華やかなイベントとなりました。今回は、その中から、記者会見での模様をレポートいたします!

●記者会見スタート。ホレイショがついに姿を現す!
071218_07 14:00の受付開始後、続々とパークタワーホールを埋めていく報道陣たち。正面に設けられた壇上に、あと数分後にはホレイショが立つと思うと何だか信じられない気分です。
記者会見のスタートが近付き、会場にナレーションが流れると、さあ、いよいよホレイショことデヴィッド・カルーソの登場です。会場脇の扉から姿を現したデヴィッド・カルーソは、まさに画面でみるホレイショそのもの!画面で見るクールで洗練された印象はそのままに、ダンディーでセクシーなオーラをガンガン放つデヴィッド。思わずその雄姿に目を奪われていると、さっそく、司会のWOWOWアナウンサー中野知美さんから、さまざまな質問がデヴィッドに投げかけられます。
まずは日本の印象を聞かれたデヴィッドは、「日本に来るのは初めてなのに、不思議とリラックスし、安心して過ごせます」と返答。日本人の勤勉さは、デヴィッド自身の真面目な気質と共通するものがあると語ってくれました。

●ずばり、「CSI:マイアミ」の魅力は?
071218_08 「ラスベガス、マイアミ、ニューヨークと、3つのCSIシリーズがありますが、マイアミならではの魅力は?」という質問には、マイアミという土地柄の魅力を挙げたデヴィッド。「マイアミはとても国際色豊かなところ。世界各国からさまざまな人種の方々が各々の風土を持ち寄っています。ホットなだけでなく、エレガントで洗練された顔を持つマイアミの良さを、番組を通してみなさんにお伝えしたい」とコメント。
ホレイショという役柄については、「彼はロールモデル。彼のようになりたいと強く思える役に出会えたのは幸運なことです。勇敢かつ冷静沈着で、人のために犠牲を払うとことも厭わない彼の姿勢には学ぶべきものがあります」と、ご自身とホレイショのキャラクターの違いを話してくれました。
現在全米では第6シーズンを放送中の「CSI:マイアミ」。今後のホレイショは、これまでにも増して人生の転機に直面するとのこと。今後の見どころもしっかりアピールするデヴィッドでした。

●質疑応答に、日本語版ホレイショを演じる石塚運昇さんが登場!
071218_09 会場からの質疑応答では、「CSI:マイアミ」のラボクルー、ダン・クーパーの日本語吹き替えを担当している横尾博之さんから「ホレイショはダンとなかなか目を合わせてくれないんですよ。もしかしてダンのことをいじめていませんか?」とおちゃめな質問が。デヴィッドはユーモアセンスたっぷりに、「あなたのようなハンサムな人に対しては、きちんと目を見て話しますよ」と切り返します。
続いて、「ホレイショの決めポーズはご自身のアイデアですか?」と日本語版ホレイショを演じる石塚運昇さんから質問があがると、「あなたも髪を赤くそめて、サングラスをかけて!」とデヴィッド。「決めポーズはホレイショのトレードマークですから、いつもどう見せるか研究しています」とその奥義の裏側を明かしてくれました

●デヴィッドの娘さんが壇上へ!
071218_19_2 今回の来日には、23歳になるデヴィッドの娘グレタさんも同行。記者会見の様子を見守っていたグレタさんを、デヴィッドが壇上に招く一幕もありました。
壇上に上がったグレタさんは「『CSI:マイアミ』はいつまで続くの?」とデヴィッドに質問。「シリーズが長く続けば続くほど、各国のファンの存在がますます重要になってきます。ぜひ日本でも撮影してみたい」と、「CSI:マイアミ」ならぬ「CSI:TOKYO」の可能性に前向きなデヴィッド。そんなことを言われると、本当に期待が膨らんでしまいます!

●ゴージャスな叶姉妹がゲストとして登場!
071218_02_2 司会の中野アナウンサーから「突然ですが、カルーソさん、綺麗な女性はお好きですか?」との問いかけが。娘のグレタさんを前に、少し答え辛いかと思うと「Sure!」と即答するデヴィッド。そして、スペシャル・ゲストとして登場したのは、ゴージャス姉妹として有名な、叶恭子さんと美香さんのお2人。この日も華やかなドレスで、日本女性の美しさをデヴィッドに見せ付けます。
071218_18 記者会見前にすでに叶姉妹とのご挨拶を済ませていたというデヴィッドは、自ら「ホレイショ人形」(写真)を叶姉妹にプレゼントされたとか。恭子さん、美香さんに挟まれて「僕はもうここを動きません!」と笑顔を見せるデヴィッド。ホレイショとは一味違うキュートな一面を見せてくれました。
トークセッションでは、ホレイショのような男性をどう思うかとの問いに対して「仕事第一の人なので、寂しいかも」と恭子さん。美香さんは「事件を良い方向に導いてくれる安心感があり、ホレイショは頼りがいのある男性。でも、自分の気持ちを表に出さない方なので、遠くから見守っていたい」とのことでした。
すでにCSIシリーズの製作総指揮者であるジェリー・ブラッカイマーと面識があるという叶姉妹。お2人のゲスト出演にデヴィッドが期待を寄せる場面も。終始笑顔のデヴィッドと会場を華やかに盛り上げる叶姉妹との3ショットがなんともゴージャスだった記者会見は、なごやかなムードのうち無事終了しました。

●ハマーから降りる叶姉妹をエスコートするデヴィッドの姿も!
071218_10_2 ホレイショと言えば、サングラスや仁王立ち、立膝だけでなく、あのハマーもトレードマークの一つ。今回、CSIのロゴが入ったハマーでパークタワーに駆けつけるデヴィッドと叶姉妹の姿を写真に収めることができました。車を降りると、後部座席に乗っている叶姉妹の手を取り、やさしく降車をエスコートするデヴィッド。その紳士的な立ち振る舞い、みなさんにも見せてあげたかった!!

というわけで、今回は記者会見の模様をレポートさせていただきました。後編としてプレミア試写会での模様も追ってご報告する予定です。お楽しみに!

2007.12.20|CSI:マイアミ5、お知らせ |コメント(3)トラックバック(1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/17429420

この記事へのトラックバック一覧です: ホレイショ来日密着レポ「来日記者会見」編:

» ホレイショ・ケイン 紹介 トラックバック ホレイショ・ケイン,ホレイショ来日密着レポ「来日記者会見」編
ホレイショ・ケインのDVDを見たことがありますか? あのしぐさは、ホレイショ・ケインにしかできませんよね。 絶対に見逃せないショットではないでしょうか。 まだまだホレイショ・ケインのことが知りたくなってきました。 ホレイショ・ケインって、良い性格してると思いませんか? 本当に元気でサワヤカですよね。 どうりで業界関係者からも好かれるわけです。 これ以上に魅力的な人は、ホレイショ・ケイン以外には居ないのではないでしょうか。 ホレイショ・ケインは、私にとって目標とすべき人物です。 あの丹精な素顔が... [続きを読む]

受信: 2007.12.28 23時26分

コメント

ホレ様ぁ~!レポートを見ただけで、胸がいっぱいになりました。感動です!オーラのある方なのね~。参加された方々、本当に羨ましい…。CSIマイアミinJAPANが実現されればいいですね。

投稿: えっちゃん | 2007.12.21 07時02分

舞台挨拶のほうは実際に拝見できましたので
内容がわかりますが、来日記者会見は見れなかったので
このレポはありがたいです!
ハマー見たかったです。
もっと早く会場に行けばよかったな。

投稿: RION | 2007.12.21 07時20分

はじめて投稿させていただきます。

CSI:マイアミシリーズを観始めてまだ半月の超どビギナーですが、はやくもハマりまくってしまいました♪♪

理由はもちろん、
どこまでも正義感に熱く頼れるCSIのスーパーチーフ☆ホレイショ・ケインの存在に他なりません。
彼がいれば全米屈指の犯罪地帯マイアミの“悪”も根絶しちゃうこと間違いないでしょう!!
気候が暑いであろうはずのマイアミにあって、いつもダークスーツに身を固め黙々と犯人を追いつめるそのお姿。。。たまりません。

そんな自分がハマリ出して間もなく、
意中の“ホレイショ様”があちらからはるばる来日してくださるなんて…なんだか運命を感じてしまいます(笑)

強烈な個性のキャラクター“ホレイショ”の主演俳優であるでデヴィッド・カルーソ氏の来日を機にCSI:シリーズの日本での知名度・人気がもっともっと高まればいいですね。

"世界で最も視聴者の多いアメリカ番組”
マイアミシリーズは特に世界で放送
している国の数も多い作品ということなので、
日本での浸透に期待大です☆
「2△」「プリズン・~~」に負けるな!

投稿: daiya | 2007.12.21 19時03分

コメントを書く