CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 12月22日(土) #12「愛の残骸」

ナタリアが運転する車をジェイクが乗るパトカーが追う。スピーカーで呼び止められたナタリアは、車から降りるなり逮捕される。元夫ニックの殺害容疑だ。
場面は8時間前にさかのぼる。ナタリアは、自宅で殺されたベンジャミン・ローズの事件を調べるためローズ邸へ。現場には、清掃員としてニックも来ていた。彼からデートの予定があると聞かされたナタリアは心中穏やかではなかったが、ウルフらと現場検証を行い石版から指紋を採取。ホレイショは、ベンジャミンのズボンに何者かの血液が付着しているのを見つける。

その後、指紋はオーディオ設置業を営むジェフ・マードックのものと判明。ホレイショたちが彼を訪ねると、ジェフは2、3日前に仕事でローズ邸に行っただけだと話す。
その後、ズボンの血液の鑑定結果を聞きに行ったナタリアは、バレイラがニックのデート相手と知りショックを受ける。ニックは危険な男だとバレイラに忠告するナタリア。そんな中、血痕は前科のあるローレン・スローンのものと判明する。
ローレンは現在セラピストで、ベンジャミンは彼女の患者だった。診察の継続を断られて腹を立てたベンジャミンが花瓶を割り、その破片で手を切ったとローレンはナタリアに説明する。
アレックスはベンジャミンの検死を済ませ、死因は銃創のような胸の傷だったことをホレイショに報告する。発射体が見つからなかったことから、ホレイショは再度ローズ邸を調べるようウルフに指示。ローズ邸に向かったウルフは、ただちに清掃作業を中断させ、血溜りの中から小さな紙片を発見する。
その頃デルコは、ニックが自宅で殺されたとの連絡を受け、ナタリアもそれを知り動揺する。その後、デルコは現場でトリップと合流するが、捜査は夜勤のCSIとジェイクが行うとホレイショから告げられる。ナタリアと関係のあるホレイショたちは、利害の抵触にあたるため捜査できないのだ。
デルコはしぶしぶ捜査から手を引くが、侵入の形跡がある窓ガラスを調べるよう夜勤のCSIに指摘する。案の定ガラスには部分掌紋と指紋が。ニックの寝室には女性といた形跡があり、女性のものらしき毛髪も見つかる。やがて…掌紋と指紋がナタリアのものと一致し、ナタリアは逮捕されることになる。
掌紋・指紋だけでなく、ベッドの毛髪のDNAも一致したとジェイクに聞かされたナタリアは、ニックと寝ていたことは認めるものの、殺人やストーキング行為は否定する。しかし、ジェイクはナタリアの言い分を信じない。そんな中、自分がニックを殺したとバレイラがホレイショに申し出る。デートでニックの部屋を訪れた彼女は、彼が急に乱暴になったため突き飛ばして逃げたというのだ。バレイラはジェイクに事情を話すが、ジェイクはナタリアをかばっているだけだと考える。
アレックスは、ニックの拳に歯の跡を見つける。それを聞いたウルフは、デルコとニックが喧嘩していたことを思い出すが、DNAサンプルはCSIチームの誰とも一致せず、現場清掃員のフィリップと一致する。ホレイショがフィリップを問い詰めると、現場で盗みを働くニックをたしなめようとして殴られたとフィリップは弁明する。
ホレイショはナタリアに会いに行き、知っていることをすべて話すよう説得する。結局、ナタリアがニックのアパートでバレイラを見たことを認めたため、ホレイショはジェイク、バレイラ、ナタリアの3人で話をさせる。ナタリアは、バレイラを心配してニックのアパートに様子を見に行き、彼女がニックを突き飛ばしたのを目撃したと証言するが、やはりジェイクは信じようとしない。
一方、ウルフがローズ邸の血溜りで見つけた紙片は空包の痕跡だったことが分かる。空包を扱う銃器店をたどった結果、再びジェフ・マードックが捜査線上に浮上。ホレイショは、ニックが複数の事件現場で盗みを犯していたことをジェイクに知らせ、それを受けたジェイクはニックが盗んだ盗品を調べ直して血の付いたピアスを見つける。鑑定の結果、血痕は殺されたベンジャミンのもので、ピアスのポストに付着した上皮組織はローレン・スローンのものと判明。これで、2つの事件が1つにつながった。
捜査は進み、ローレンは旧姓で、実はジェフと結婚していたことが明らかになる。さらに、ジェフが空包を装填した銃を所持していたことも判明。カリーはローレンに、銃のグリップに化粧品のチークの粉が付いていたこと、ローズ邸にピアスが落ちていたことを理由に彼女を追及する。結局ローレンは、ベンジャミンと浮気をしていたことを認め、彼に別れを承知させるために銃で脅し、誤って殺害したことを自供する。
また、ニックの死因は鈍器による頭部への外傷だと判明する。凶器が残した奇妙な形の工具痕に見覚えがあるホレイショは、ジェフを連行。ジェフは、ベンジャミンを殺したローレンをかばうため現場にピアスを拾いに行ったこと、そこでニックとフィリップの会話を聞き、ニックがピアスを盗んだことを知ったこと、ピアスを取り返そうとニックの部屋に行き成り行きでニックを殺してしまったことを認める。
取調室を出たホレイショは、ロッカールームでナタリアを見つける。ニックの荷物が入った箱を前に、うなだれるナタリア。ホレイショは、ニックとの幸せな思い出を胸にとどめるようナタリアに話す。ナタリアは頷き、ホレイショの肩にもたれかかるのだった…。


【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「じゃあその思い出を胸にとどめておけ。いいな?」 by ホレイショ

ニックの荷物の中に、幸せだった頃の思い出を見出したナタリア。ホレイショはこのセリフを言いながら、心の中でレイモンドを思い出していたのかも。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ジェイクが白衣!?

ATF捜査官だったジェイク、いつの間に殺人課の刑事になっていたかと思えば、今回は白衣でニックの所持品を検証。白衣姿もなかなか新鮮。
ローレン・スローン役で登場していたSharon Lealは、学園ドラマ「ボストン・パブリック」のマリリン役の女優。

2007.12.22|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(6)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/17433701

この記事へのトラックバック一覧です: 12月22日(土) #12「愛の残骸」:

コメント

最後はナタリアにもらい泣きでした(T_T)離婚したナタリアとニックだけど、幸せな時もあったんだよね…。よし!その思い出を胸に留めておけ!いいな!のホレ様のセリフ、泣けました~。
それにしても、ジェイク!!ちょっと(?)腹立ちました。


投稿: えっちゃん | 2007.12.22 23時27分

辛い思い出じゃ無くて、幸せな時を覚えておけというホレ様のセリフとてもすてきでした。
それに比べてジェイクむかつきました~。でも、最後ホレ様に負けてたので少しスッキリ(笑)

投稿: みらい | 2007.12.23 01時16分

あくまでも自分の勘に当てはめて捜査を進めているジェイクと確実に犯人へと辿り着くホレイショ。
証拠品の扱い方における捜査官の実力の差をしっかりと見せ付けてくれました。
犯人を連行してジェイクに「用済みだ」の一言で切り捨てたのには気分スッキリ!!
しかし、ホレイショに「次はどうすればいいかわかるな?」なんて証拠のヒントをもらったり、「証拠品から犯人を付きとめるものだ」みたいに言われたりするようではまだまだCSIに関わる捜査官としての努力が必要なようですね?ジェイク君?
その自信過剰と思い込みの激しさはいずれ彼自身を追い込むことになりそうな・・

証拠品を盗んだが為に殺される羽目になったニックは自業自得としても、遺留品の中の二人の写真を手に「幸せだった時もあった」と涙ぐむナタリア。立ち直ったら、次はいい人選んでくださいナタリアさん!
そんな彼女に肩を貸すホレイショはやっぱり女性に優しいなぁ!

投稿: rito-mas | 2007.12.23 13時26分

人間関係がグジャグジャな回でしたね。
ジェイクの捜査もアカラサマだったし。
今回、ナタリアはともかく、バレイラの方が問題ある気が…

次回予告のホレイショが人間離れしているような気がしたのは私だけでしょうか。

投稿: DRACHE | 2007.12.23 23時07分

やっぱりジェイクは嫌いです。
いつの間に殺人課の刑事になったんでしょうか。
夜番のCSIは申し訳ないけれど頼りない。
チーム・ホレイショにはかなわないですね。
ナタリアはニックが亡くなった事で、もう彼から
嫌がらせされる事は無くなったけれど、かつては
愛した人が殺されてしまったのはやはり辛い事だと思う。
そんなナタリアを気遣っているホレイショはさすがです。

投稿: RION | 2007.12.24 22時03分

なんか最近一つの事件で二つの犯行というパターンが多すぎますね。
制作者ももう少し変えて欲しい気がします。
ジェイクが何故にナタリアを犯人にしたがるのが理解できないなあ。

まあ、元夫が亡くなりナタリアも複雑ながらホッとしたんじゃないかなあと思います。

投稿: 天雷 | 2007.12.26 01時08分

コメントを書く