CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 11月24日(土) #8「監禁の餌食」

高速道路の料金所で、ある車に同乗していた女性が「殺される」と書かれた血染めの紙幣を手渡す。ホレイショとカリーはさっそく料金所に向かい、紙幣に付着した血痕は人間のものだと確認。カリーは監視カメラの映像を調べるが、ナンバープレートは特殊なシールが貼られていたため判読不能。同乗女性の手首に索痕が見られることと、どこかの駐車券が写っていることだけが手がかりだった。
ホレイショはカリーを現場に残し、別の死体発見現場へと移動する。向かった先は防波堤。被害者はレズリー・アンダーソンで、手首に索痕が見られた。料金所で血染めの紙幣を手渡した謎の女性と同一人物かと思われたが、アレックスの検死により、死後2日以上経過していることが判明。謎の女性とは別人で、2人は同じ犯人に襲われた可能性が強まる。

駐車券を調べていたウルフは、それがあるレストランのものだと突き止める。また、レズリーの衣服に付着した微物が古い建物の屋根瓦の一部であることが分かり、ある廃屋の存在が浮かび上がる。ウルフはトリップとその廃屋を捜索し、屋内にいたトミーという男を捕らえる。ホレイショはトミーを取り調べるが、彼は失踪した婚約者ジルを捜していただけだと説明する。
また、ウルフは廃屋の中にあった金庫を破り、「記念品」と思われる大量の女性の写真と彼女たちの私物を発見する。
ラボに持ち帰られた「記念品」を見て驚いたのはナタリアだった。その中に、妹アニヤの写真が含まれていたからだ。紙幣の血痕とナタリアのDNAを比較した結果、謎の女性はアニヤと判明。ホレイショは、金庫から発見された写真の女性たちを特定するため、記者会見を開いて情報を募る。
ナタリアはアニヤのアパートに行く。そして、ルームメイトの証言で、ある男が「オーディションに受かった」と電話をかけてきていたことが分かる。スターを夢見ていたアニヤは、その知らせを聞いてとても喜んでいたらしい。
デルコは女性たちの写真を調べ、撮影したのはモノクロフィルムでの撮影技術に長けた人物だと推測する。その結果、ジョンというカメラマンが浮上。カリーとウルフはスタジオを訪ね、別のカメラマン、ラポルトの手引きでジョンを見つけ出す。やがて、殺されたレズリーの下着に付着していた精液がジョンのものであることも判明するが、ジョンはセックスをしただけだとレズリー殺害を否認する。
その後、アニヤのアパートの留守番電話に残されていた男の声が、ラポルトの声だということにウルフが気付く。ホレイショはラポルトを追及するが、彼が犯人であるという証拠は揃っていない。
そんな中、トミーがホレイショを訪ねてやって来る。失踪中のジルから別れの手紙が来たというのだ。便箋に施されたエンボス加工が手がかりとなり、ある内装カスタム専門店が浮上する。カリーとウルフはその店に向かい、ナンバープレートにシールが貼られた不審車を発見する。その車はシートの張替えのために持ち込まれたというが、中にはアニヤのものらしき血痕が残されていた。
店主から得た情報で、あるボートに向かったホレイショたちは、船内の寝室で拘束されたジルを保護する。彼女はレイプされていなかったが、なぜかボートの寝室の鍵を飲み込んでいた。彼女は、犯人に依存感情を抱くストックホルム症候群になり混乱していたのだ。ジルから犯人の名前を聞き出すことは難しい。
CSIが焦りを募らせる中、押収した不審車の中から花崗岩が見つかる。花崗岩と言えばガバメント水路の防波堤。ホレイショらCSIは防波堤に急行し、岩の間に埋められている女性を助け出す。女性によると、犯人はやはりラポルト。今は別の女性とスタジオにいるはずだと語る。
ホレイショが急いでスタジオに向かうと、確かにラポルトとアニヤがいた。逃げようとするラポルトの後に回り、鮮やかに彼を捕らえるホレイショ。アニヤは無事救出される。
アニヤの無事に安堵しつつも、他の被害者たちの安否を気遣うナタリア。CSIの捜査に終わりはないのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
アンセル・アダムス

ウルフがジョンを「アンセル・アダムス気取り」と称していましたが、アンセル・アダムスは、アメリカの著名な写真家。モノクロ写真、中でもカリフォルニア州ヨセミテ渓谷の写真で有名です。1984年死去。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「あのね、お譲ちゃん。テレビに顔出しばかりしてないで、新聞記者の仕事をちゃんとしなさい。じゃ、御機嫌よう」 by カリー

目立ちたがりやで、自身を売り込むためなら被害者を危険にさらす報道もいとわないエリカ。そんな彼女に、カリーが痛快に一撃を食らわす! まさにクール&ビューティー。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
おじさんが金庫破り!?

なんでも、おじさんが金庫破りで、11歳にその技術を伝授されたというウルフ。まさか、現場でその技を披露するとは…。
トミー役で出演していたのは、「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」で司令官の息子ジェイクを演じていたCirroc Lofton。ちなみに「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」の第1、第2シリーズの日本語版では、ジェイクの吹き替えをウルフの声でお馴染みの浪川大輔さんが担当。

2007.11.24|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(10)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/17150466

この記事へのトラックバック一覧です: 11月24日(土) #8「監禁の餌食」:

コメント

今回は最後までハラハラでした( ̄○ ̄;)ナタリアの妹アニヤが最後の最後まで見つからなかったし…。ウルフのオジサンが、金庫破りの名人で、11歳でその技を伝授ぅ??おいおい!って思いました。それと、カリー姉さん!カッコ良かったです!感情的なナタリアをなだめ、キャスターのエリカに、お嬢ちゃんって、流石、天晴れ!
ウルフも過去のこだわりを忘れて、必死に手掛かりを探して…。良かった!良かったぁ(⌒~⌒)

投稿: えっちゃん | 2007.11.24 23時18分

今回はカリー&ウルフがかっこ良かった~。カリーのエリカに言った「お譲ちゃん」のセリフがサイコー!ウルフも今回はしっかり協力して、ようやくチームが1つになったかな?でも、ウルフの金庫破りはビックリ。意外な所で役にたつものですね(笑)

投稿: みらい | 2007.11.25 12時13分

あまりにも憎まれっ子になりすぎてた揺り戻しか、ウルフ、ちょっといい子になってきてますね。最後はやっぱりホレイショの独壇場でしたが、今回はウルフの活躍があって解決したように思います。カリーも最高!ただ、なんか、すっかり姉御になってますが・・・可愛いカリーも久しぶりに見たいです。

投稿: ririka | 2007.11.25 19時54分

クライマックスで、ホレイショの撮影会みたいになってたけど・・?さすがです。もうあれがないと物足りなくなってるホレイショ麻薬ですねー。

投稿: やあや | 2007.11.26 11時43分

今回、ラストが凝り過ぎでしたね。
なかなか、進まなくてちょっともどかしかった。

カリーの「お嬢ちゃん」良かったです。

投稿: DRACHE | 2007.11.26 19時11分

ウルフよかったです!
金庫破りの技もそうですが、ナタリアに対する気遣いが。
見ていてうれしくなってしまいました。

投稿: Mirai | 2007.11.26 19時33分

ナタリアの妹さんが無事でよかった。
実際の事件と同様だっただけに、ナタリアの
気持ちがよくわかりますね。
ウルフのナタリアに対しての感情は、これで少しは良くなるかな。
今回はウルフがよくがんばってくれましたね。

カリーのエリカへの一言は貫禄の差!
エリカはまったく懲りない人なんですね。

投稿: RION | 2007.11.26 22時28分

高速の料金所で、あんな綺麗なおねえさんが働いているなんて驚き!!日本じゃ考えられない。もしかして、大学生のバイト?
そんなマイアミの事情も垣間見えるストーリーでした。
これは、ますます本筋以外も見逃せないね!

投稿: xhenlong | 2007.11.28 09時14分

カリーが本当にかっこよかったです^^
今風に言うと、男前度があがってますね♪

投稿: mimi | 2007.11.29 19時58分

カリーの一言にスカッとしました!今回は凄くカッコ良かったです。

投稿: sou | 2007.11.29 22時52分

コメントを書く