CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 11月17日(土) #7「残酷な性」

改造車で危険な技を見せるイベント「サイドショー」。出場者のデクスターは、サンルーフから身を乗り出したまま疾走する大技(ジャック・イン・ザ・ボックス)を披露している最中、電飾のケーブルにひっかかって首を切断、死亡してしまう。サイドショーが行われているとの通報を受けた警察が現場に到着したときには、観客たちはすでに現場を立ち去った後。現場の状況を見たホレイショは、ただの事故ではないと推測する。
デルコとウルフが詳しく現場を検証していると、マイクというドキュメンタリー監督が撮影の許可を求めにやって来る。デルコはマイクを追い返すが、後にウルフが撮影を許可する。

その後、デクスターは死んだ後で車に轢かれていたことが分かる。タイヤ痕から、デクスターのスポンサーであるブリンという女性が捜査線上に浮上。彼女はサイドショーの主催者で、ショーの模様をネット配信して投資を募っていた。デクスターが死んだ際の映像も、しっかり記録しているという。
また、現場で採取したビール瓶の指紋から、電気機器メーカーの研修生エヴァンが、ショーの会場でビールを配っていたことが判明する。エヴァンは事件への関与を否定するが、今回はいつもよりも早く警察が来たと証言。その言葉を聞き逃さなかったホレイショは、通報者がエヴァンの父スティーブ・ダンラーだったこと突き止める。ダンラーは、息子がサイドショーの打ち合わせをしているのを偶然聞き、心配になって通報しただけだと説明する。
やがて、事件が起きたサイドショーの映像が、インターネット上にアップされる。さっそく映像を確認したカリーは、デクスターがケーブルに接触する寸前、油圧により車高が上がっていたことに気付く。再びブリンが署に呼ばれて事情を聞かれるが、その際、彼女の携帯電話がメッセージを着信。別のサイドショーが行われようとしていることが分かる。
ホレイショとデルコがサイドショーの開催場所に向かうと、そこにはデクスターの車を運転するルークの姿があった。デクスターとは友人同士だったというルーク。彼は事件現場からデクスターの車を盗み、逃走する際に遺体を轢いたことを認めるが、殺人については否定する。また。その会場では6台もの盗難車が見つかり、ホレイショは重大な事件が隠されていることを予感する。
捜査は進み、デクスターの車の油圧装置は、トランスミッターで遠隔操作されたことが明らかになる。電気機器に詳しいエヴァンの犯行を疑ったデルコとウルフは彼の家を訪ねるが、家に近付いた途端、ガレージの扉に激突しながら車が飛び出してくる。乗っていたのはエヴァン。彼はデルコに助け出される。どうやら、車にはガソリンではなくジェット燃料が入れられていたらしい。ウルフはこの地区の地下に、ジェット燃料を輸送するパイプラインが張り巡らされていることを思い出す。
カリーとウルフはパイプライン上を辿り、燃料を盗むためのポンプがある家を発見する。家主の話によると、その家のプール工事を請け負っているのは、なんとダンラーが経営する工務店。ポンプのバルブからは血痕が見つかる。
その頃、デクスターの車のトンランスミッターを調べていたデルコは、携帯電話がトリガーとなって油圧装置が作動したことを突き止める。そして、受信機のメモリーから、ブリンが犯人だと判明する。ブリンは、より衝撃的な映像を撮るため、わざと事故を起こそうとしたのだ。事故があると盛り上がるのは“人間の性”だというブリン。そんな彼女に対してカリーは、“人間の命の問題”だと憤りを示す。
一方、バルブに付着した血痕は、デクスターのものだと判明する。しかし、死者の血液がどうやってバルブに付着したのか? ウルフは、デクスターの車を盗んだルークが媒介となったと睨む。ルークは取調べを受けるが事件への関与を否定し、間もなく証拠不十分で保釈されてしまう。
しかし、そこで諦めないのがホレイショたちCSI。ルークと盗難車の関係に着目し、税関の積荷目録からある飛行場を絞り込む。そして、飛行場に向かったホレイショとトリップは、格納庫でルークを発見して逮捕。さらに、盗難車や盗んだ燃料を飛行機に積み込もうとしていたダンラーを捕らえる。息子を心配してサイドショーのことを警察に通報したと話していたが、すべては警察の目をそらすための作戦だったのだ…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
弓状紋

指紋の形状の一つ。指紋は大きく、渦状紋、蹄状紋、弓状紋に分類され、それ以外の形状は変体紋として一括されます。弓状紋は弓やり状の線のみで構成されている指紋のことで、日本人では2%程度。日本でも海外でも、とても珍しい形状の指紋です。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「こんな父親を忘れることを願おう」 by ホレイショ

父親の悪行を知らず、ケガを負わされることとなったエヴァン。彼を気の毒に思うホレイショの優しさが表れた一言。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ドキュメンタリー監督、マイク・ドイル

CSIの取材にやってきたマイク。演じるのは「4400 未知からの生還者」シリーズのカイル役でお馴染みのChad Faust。今回はウルフが取材をOKしたところまでだったので、近いうちに再登場しそうですね。
ちなみに、ブリン役は「The OC」のアンナ役で知られるSamaire Armstrongでした。彼女には、日本で育った経験があるそうです。

2007.11.17|CSI:マイアミ5、エピソードガイド|コメント(9)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/17090268

この記事へのトラックバック一覧です: 11月17日(土) #7「残酷な性」:

コメント

カリー姉さんカッコ良かったです!人間の生命の問題って、怒ってて…素敵でした。最近、ウルフが今回は大丈夫かな?って心配する自分に気付きました。だけど、いい加減ナタリアを許してやれよー(`o´)

投稿: えっちゃん | 2007.11.17 23時47分

 この所思うのは、ナタリアが可哀想よりも、ずっと疑われたウルフの身にもなれないのだろうか?限度はあるが私だったら、腑に落ちないですね。
 付き合い始めた女性がスパイなら、尚更でしょ。ウルフを責めるのは、どうかと思います。何故、そう思えないのでしょうか?ちゅうか元警官なんだから、その辺り不信がるのも無理からぬ部分があるでしょ。責めるけど、自分がウルフの立場になったら、どう思います?

投稿: 緋神霧夏 | 2007.11.18 00時01分

段々とウルフが少しナタリアを認めて来たのかな?と少し思いました。時間は掛かっても信じあえる仲間になって欲しいです。
でも今回は嫌な事件でしたね。ビジネスの為に人を傷つけようとしたり、息子よりお金を取ったりと…。最後のホレ様のセリフがとても心に残りました

投稿: みらい | 2007.11.18 01時25分

弓状紋って珍しいんですね。ドラマを見ながら家族で確認したら、父が弓状紋でした。

びっくり。

しかし、ウルフとナタリアはチームの一員として感情を抑えることは出来ないんでしょうか?

ウルフの気持ちはわからなくもないが。。。
今後の変化に期待しましょう。

投稿: ラニ | 2007.11.19 01時49分

ベガスでもドキュメンタリーのスタッフがCSIを取材。というエピがありましたね。
マイアミでもそんなエピが登場。ウルフ曰く、後日取材スタートと言っていましたが、ベガスのようにストーリーになるのかな。

投稿: Kぴ | 2007.11.19 14時34分

ナタリアに対するウルフの対応は仕方ないかな、と思っています。
スパイだったのはナタリアなんですもの。
ナタリアがウルフの命を救うような事でもなければ
ウルフは変わらないかもしれませんね。

デルコの服装が、イマイチ馴染めないんですが・・・

デルコファンの方、ごめんなさい。

投稿: RION | 2007.11.19 20時54分

最後のホレイショのセリフは優しいというよりも、勝手な言い分を繰り返す父親に向かって「上手く行けばエヴァンは忘れてくれるだろう…」(And hopefully..Hopefully forget.)と、皮肉ぽくてキザな言い方ですね。見上げた先には一体何が見えたのでしょうか。
The O.C.とCSIマイアミの撮影所は同じですね。Samaire Armstrongも久しぶりで懐かしかったでしょうね。

投稿: josetangel | 2007.11.20 23時19分

はっきりと首が飛ぶのはいつ見ても嫌な感じです。

最近主流のネットビジネスにメスを入れた感じでしたね。人気番組がやると影響大きそうですね。

投稿: ポーラー | 2007.11.21 13時02分

>改造車で危険な技を見せるイベント「サイドショー」

出てくる車が、AE86とか S14シルビアとか、三菱エクリプスとか…

トリップの自動車泥棒に関する台詞が「トヨタやマツダが多い」

マイアミの若い”あーいった”連中は日本車がお気に入りなのか…へぇ!と思ったエピソードでした。

投稿: 七色亭撫肩 | 2010.10.21 22時08分

コメントを書く