CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 【ミニコラム】#13「ラストショー」で使われた曲&スペシャル・ゲストは?

#13「ラストショー」で、お歳を召しても愛らしいロイス・オニールを演じていたのは、あのフェイ・ダナウェイ! フェイ・ダナウェイと言えば、なんと言っても『俺達に明日はない』でのボビー役が有名ですよね。ボニー&クライドが無数の銃弾を浴びる衝撃のラストシーンには、一種の様式美すら感じさせられたものです。
当事は20代だった彼女も、今は60代。しかし、決して色褪せない魅力が画面からあふれていましたね。自ら最期を演出する痛快なロイス役が見事にはまっていました。
エピソードそのものの作りも面白かったし、オールド・ラスベガスの雰囲気も素敵でしたが、やはりフェイ・ダナウェイの存在感がこのエピソードに華を添えていたのは確かでしょう。

そして、オープニングで古き良きラスベガスの映像と華やかなパーティーのムード盛り上げていたのは、フランク・シナトラの「ALMOST LIKE BEING IN LOVE」。エンディングをを飾っていたのも同じくフランク・シナトラの曲で「WHERE ARE YOU」。どちらも今回のエピソードにピッタリとはまっていて素敵でしたね。

2007.7.15|CSI:6 科学捜査班、ミニコラム|コメント(4)トラックバック(1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/15653199

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニコラム】#13「ラストショー」で使われた曲&スペシャル・ゲストは?:

» CSI/フェイダナウェイ トラックバック やっぱり、猫がすき
先週の「CSI」のゲストスターはなんと、大女優フェイダナウェイ。彼女の「俺たちに明日はない」はあまりにも有名な映画ですよね。大女優過ぎてドラマの雰囲気が少し違ってましたね。美しい最期を遂げさせてやって・・ほんと綺麗に撮ってあげてた。私はフェイダナウェイ...... [続きを読む]

受信: 2007.07.21 21時05分

コメント

今回のエピはフェイさんとバックに流れる音楽で
いつもとはひと味違ったものになっていたと思います♪
音楽と昔の映像がかもし出す素敵な雰囲気は
「コールドケース」を思い出しました。

投稿: mimi | 2007.07.15 14時45分

さすがベガス!大女優がゲスト出演で、なんともゴージャスでした。彼女の存在感が画面を華やかにしてくれたのと、映画のようなオチで、後味が悪くないのがいいです。これだけロングシリーズになるとネタも大変でしょうけど、いつも楽しませてもらっています。

投稿: ririka | 2007.07.16 21時31分

大物の引き際の難しさ。プロは死までも演出することに完敗。やっぱ、ドラマに音楽って大切。重要。震えるほど素敵だった。

投稿: もこ | 2007.07.16 23時21分

荘厳な雰囲気にゾクゾクしました。
映画もドラマも音楽がないと味気ないものになってしまうなーと改めて実感しました。
上の方もおっしゃっているように、コールドケースもその点とてもよいですよね!

投稿: DA | 2007.07.21 10時08分

コメントを書く