CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 6月23日(土) #24「守るべきもの」

証券会社のビルで警備員の死体が見つかる。捜査に訪れたマックとフラックは、血痕を辿るうち爆弾を発見。ビル周辺の人々の避難をリンジーに指示する。マックとフラックもビル内に残った人々を避難させるが、社員のスミスと逃げようとした矢先に爆発が起きる。
リンジーは、必死でマックに電話するが応答はない。そこへステラ、ダニー、ホークスが到着。さっそく、ダニーとホークスはビル内の捜索に向かう。現場前にはさまざまな機関のスタッフが集まり、国土安全保障省(DHS)のエレンが指揮を執ることとなる。

ダニーらが捜索を続ける頃、マックはスミスの無事を確認。さらに、重傷を負って激しく出血するフラックを発見し、海兵隊時代の経験を活かして止血を試みる。間もなく3人は救出され、フラックは病院に搬送される。
ステラたちは、爆弾の破片の収集、爆風のパターンの分析を続ける。やがて、C4という軍用爆弾が使われていたことが判明。マックはフラックの体内から取り出した破片をラボに持ち帰り、携帯電話が起爆装置だったことを突き止める。そんな中、犯人から次の爆発を予告する電話がマック宛にかかってくる。
起爆装置の携帯電話を分析した結果、返信を求めるコードに応じてエレンがかけた電話が爆発の引き金になったことが分かる。エレンによれば、そのコードを知るのは内部の人間だけ。DHSでは、2週間前にノートパソコンが盗まれていた。
その後も何度か犯人から電話が入るが、ことごとく逆探知に失敗する。しかし、犯人が送ってくる数字が、マックが海兵隊時代にベイルートで兵舎爆破に遭った日を示していたことから、犯人がマックの過去を知っている可能性が強まる。

マックは、携帯電話のリモート電源機能を使い、爆弾がチェルシー大学に仕掛けられていることを見破り起爆装置を解除する。やがて、犯人が残した体毛からはハロペリドールが検出され、犯人が統合失調症を患っていることが分かる。また、犯人は廃棄業者を装って処分前のC4や雷管を州兵駐屯地から盗み出したことが判明し、業者のロゴ入りの車から犯人のアジトが割れる。
アジトに踏み込んだマックとステラは、そこで盗まれたDHSのノートパソコンを発見する。犯人はそのパソコンから軍の記録にアクセスし、マックの情報をリサーチしていた。また、何度も海兵隊に志願しながら心理評価で落とされていたことも分かり、犯人は一種の軍隊狂信者だとマックは推測する。そこへ再び犯人から爆発予告の電話が入る。
ステラとともに急いで街に戻ったマックは、エレンの部下レッシングの靴に青い粉が付いているのに気付く。ビルに入っていないはずの彼の靴に、爆破後のビル内に散乱していたコピー機のトナーが付着していたことは、犯人がレッシングであるという何よりの証拠だった。
次の爆破のターゲットである劇場に向かったマックたちは、そこでレッシングの姿を見つける。エレンに銃を突きつけて脅す彼に対し、マックは海兵隊の上官として命令し、武器を取り上げて投降させる。

事件解決後、マックはベイルートでの爆破事件を思い出す。当時、重傷を負った伍長は、マックの手を握り返すことなく死んだ。今度こそは仲間を死なせはしない。フラックの病床で、願いを込めて彼の手を握るマック。するとフラックは…その思いに応えてゆっくりと手を握り返すのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ベイルート米海兵隊兵舎爆破事件

マックが、1983年10月23日にベイルートで自爆テロに遭遇したと言っていましたが、この事件は実話です。事件は、イスラム教シーア派の政治組織であるヒズボラによるもので、大量の爆薬を積んだトラックで米海兵隊兵舎に突っ込み、米兵241人が犠牲となりました。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「聞こえたら手を握ってくれ。手を握るんだ、フラック」 by マック

ベイルートで苦い経験があるマック。今度ばかりは仲間を死なせたくないという強い思いが心に響きました。マックの胸には大きな傷跡が残っていましたが、本当の傷跡は心の中に深く刻まれていたんですね。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
マックを支えるステラ

フラックが入院する病院で、ダニーとリンジーが仲良く帰った後もマックに付き添うステラ。その自然な心遣いに、マックとの信頼関係の強さを感じました。これからもステラには、さり気なくマックを支えていってほしいと思います。

2007.6.23|CSI:ニューヨーク2、エピソードガイド|コメント(7)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/15508361

この記事へのトラックバック一覧です: 6月23日(土) #24「守るべきもの」:

コメント

ドンの怪我にびっくり(!◎□◎)
マックの怒った姿もかっこよかった~★☆
今日で最後だと思うと、すごく悲しいです泣
チームの深い愛が感じられ、とっても感動しました。。。。
最後のマックとドンとのシーンでは、ジーンと感動してしまいました(.>△<.)
早く、第3シリーズが始まってほしいです!!

投稿: 華連 | 2007.06.24 00時10分

シーズンフィナーレ!感無量の傑作エピソードでした!

CSIのクオリティの高さに舌を巻くしかありません。そこいらの映画より凄い!

何より大好きなマックにまたも男惚れしてしまいました。病院で、ダニーに『何かあれば電話を』と言われ、指でOKとしてた時の顔、所作がもうたまりません。

顔には人生が出るといいますが、マックのあの顔はどれだけ素晴らしい人生を歩んできたのでしょう…

そんなマックとも半年のお別れ。。ってシーズン3も放送してください!

投稿: ごろあわせ | 2007.06.24 00時36分

最終回というだけでドキドキしていたのに
次から次へとそのドキドキを増すような
話の展開でした。メンバーのつながりの
強さを改めてみる事が出来たり、次の
シーズンがより楽しみになる、とても
見ごたえのあるエピだったと思います。

投稿: mimi | 2007.06.24 07時48分

フラッグがっ!!来シーズンは戻ってきてくれるのでしょうか!?心配( ̄へ ̄|||)来シーズンはいつ放送なんだろう?待ちきれないですね=*^-^*=

投稿: koshihikair | 2007.06.24 12時42分

ソファに座って見ていましたが、マックとドンが爆発に巻き込まれた瞬間、思わずテレビの正面に移動して正座してしまいました。
マックが瓦礫の中から立ち上がるシーンにほっと溜息をつき、すぐにドンの怪我を見てまたショックを受けました。
ラストの病院でのシーンでは、NYメンバーの支え合いに感動しました。
しばらくNYメンバーに会えなるのが悲しいです。ドンが元気に戻ってきてくれるのを楽しみに待っています。

投稿: ノア | 2007.06.24 15時10分

最後のマックがフラックに「手を握れ」という所では思わず涙が…。その前にメンバーが病院に自然と集まる所やステラがマックと病院に残る所でもメンバーの絆の強さが見えた気がします
フラックの事も気になるので早くシーズン3が見たいです。終わったばかりだけど今から待ちきれないです☆

投稿: みらい | 2007.06.24 18時23分

終わってしまいましたね。フラックが気になります。
でもでも、ダニーとリンジー、何故一緒に帰る?シーズン3では、もっと進展してるのでしょうか??まさかベガスのウォリックのように、突然結婚して登場!なーんて、やめてくださ~い。

投稿: すみれママ | 2007.06.28 12時43分

コメントを書く