CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 6月23日(土) #10「王女メディアの息子」

公園で息子が姿を消したとの通報を受け、グリッソムたちメンバーが現場に向かう。失踪したのは6歳になるジェシーで、通報したのは母親のカレン。父親ドワイトは、4年前アフガニスタンで戦死していた。カレンによると、ほんの一瞬目を離した隙にブランコからジェシーがいなくなったと言う。ブランコ周辺では、青い野球帽を被った男が目撃されており、カレンもその男のことを覚えていた。
警察犬はジェシーのジャケットを元に捜索を行うが、手がかりは得られない。ウォリックは公園のトイレで、血痕と子どもの下着を発見する。

キャサリンはカレンの自宅を訪ね、最近のジェシーの写真とDNA鑑定用の歯ブラシなどを提供してもらう。また、ガレージでは包装したままのジェシー宛のプレゼントを発見。送り主はドワイトの両親であるマシューズ太佐夫妻だった。夫妻は、ドワイトの葬儀以来ジェシーに会っていないという。しかしマシューズ太佐は、妻には内緒でジェシーを訪ね、カレンに追い帰されていたことをブラスに告白する。
グレッグは隣家の住人マックラッケンに話を聞くが、彼はジェシーの失踪はカレンに対する罰だと語る。4年前、飼い犬がカレンに殺されたと疑っていたからだ。
やがて、歯ブラシのDNAとトイレの血痕のDNAは一致しないことが分かる。ただし、血痕は性犯罪で仮釈放中のコナー・デイリーのものと判明。ウォリックが彼に事情を聴きに行くが、ジェシー失踪と結びつく証拠はない。デイリーもまた、野球帽の男を公園のトイレで見かけていた。

警察は、野球帽の男が事件に関与しているものとみて、マスコミを通じて情報提供を求める。間もなく、コンビニの店員の通報により、野球帽の男ビクターが逮捕される。ビクターは、妻のバレリーとジェシーらしき少年と一緒におり、少年は無事保護される。
知らせを受けたカレンはさっそく署を訪れるが、少年はバレリーが自分の母親だと主張し、バレリー自身も少年は自分の息子だと主張する。
そんな中、カレンが持っていた最近のジェシーの写真は、ビクター家のブログからダウンロードした写真の合成だったことが分かる。さらにDNA鑑定の結果、少年はビクターとバレリーの息子アダムと判明する。嘘をついていたのはカレンということになるが、2歳までのジェシーの写真は本物であり、彼女に息子がいたことは確かだ。では、本物のジェシーはどこにいるのか?

カレンの自宅の裏庭が捜索され、ジェシーの死体を埋めた痕跡が見つかる。また、カレンは産褥精神病を患っていたことが判明する。4年前、カレンはジェシーにも軍人の道を歩ませようとするマシューズ太佐と夫の葬儀の席で衝突。混乱した彼女は、夫と同じようにジェシーを失うことを恐れ、産褥精神病の治療に処方されていたオランザピンでジェシーを毒殺して裏庭に埋葬したのだ。その後、隣家の犬が匂いを嗅ぎつけたため、遺体は別の場所に移した。その証拠に、彼女の車にはジェシーの頭皮と毛髪が残っていた。
その後の4年間、空想の世界で生きていたカレン。インターネットで見つけたアダムにジェシーの姿を重ね、最新のアダムの写真が撮影された公園まで足を運んだ。そして、公園で実際にアダムがブランコに乗っている姿を見つけ、空想と現実がシンクロしてしまったのだ。ジェシーの埋葬場所は、カレンが自白しない限り分からない…。

一方、ニックを拉致した男ゴードンの娘ケリーが仮釈放になり、ニックに会いにくる…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
王女メディア

紀元前5世紀のギリシャ三大悲劇詩人の一人エウリピデスによる傑作。夫に裏切られ、国を追放されることになったメディアは、復讐のため、夫の新しい花嫁とその父である王、さらには自分の息子2人を殺してしまうのです。この壮大な子殺しの悲劇は、絵画や映画、舞台などさまざまな芸術の題材となっています。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「でも殺人だ」 by ブラス

祖父も父親も軍人…そんな軍人の家系に生まれたジェシー。カレンは、ジェシーが軍人になり、夫のように命を奪われることを恐れたばかりに、このような犯行に及んだのですが、確かにこれは殺人以外の何物でもありません。倒錯した母性、恐ろしい…。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
グリッソム少年の過去、ニック拉致事件のその後

キャサリンとの会話の中で、グリッソムは9歳のときに父親を亡くしていたことが明らかに。今でこそ鋭い洞察力と冷静さが持ち味のグリッソムですが、さすがに当時は父親の死を簡単には理解できなかったようですね。
そして、ゴードンの娘ケリーがニックの元へ! 彼女の再登場は今後のエピソードに影響を与えそうな予感!?

2007.6.23|CSI:6 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(7)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/15487053

この記事へのトラックバック一覧です: 6月23日(土) #10「王女メディアの息子」:

コメント

まだ見れてません・・・↓ぜひぜひ録画を見て楽しみたいと思います!

投稿: aquimi | 2007.06.23 23時17分

ニックの髭が・・・

投稿: わたげ | 2007.06.23 23時36分

ケリーのいきなりの登場にびっくりしました.
今後の展開にドキドキですね.

投稿: まなぶん | 2007.06.24 00時35分

そうニックの髪型チャット違和感がある!
初めから母親が怪しかったね。

投稿: いしやん | 2007.06.24 12時08分

ケリーの登場が、ニックの今後にどう関与するのか
とても気になります。またウォリックが子供の失踪に
なげく母親の気持ちを重くうけとめたり、子供に
対しての態度が、とても優しかったのもなんとなく
意味があるのかなぁと気になりました。

投稿: mimi | 2007.06.24 19時55分

最近、私の地区ではCSI3を地上波放映しているのでとても嬉しく見ています。
今のところの予定では、マイアミのDVDBOX3が順調でゆけば年内発売予定の様で楽しみです。
延期等してほしくないですね^^;

投稿: カナタ | 2007.06.30 16時34分

なんだか見終わったときにズーンと心が重たくなってしまった。キャサリンが同じ母親としてカレンを信じたかったのかなーって気がしました。ウォリックは結婚してからやさしくなりましたよね、ニックの髭がなくなってうれしいのはわたしだけ?

投稿: reiママ | 2007.07.01 15時12分

コメントを書く