CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 6月16日(土) #23「勇気ある者」

セントラルパークで、海兵隊のプライス伍長の刺殺体が見つかる。護身術を体得した海兵隊員が、なぜ抵抗の跡もなく殺されたのか疑問を抱きながら、マック、ダニー、フラックが調査を開始。検死では、数日前にできた痣が複数見つかる。
プライス伍長のポケットには、「あなたのエリー」と刻印されれた腕時計とライマメが残されていた。また、ズボンにはシミ、靴には擦った跡が見つかる。ライマメの出所を追ううち、いかさま賭博を行うロンドという男が捜査線上に浮上するが、彼はプライス伍長を騙したことは認めるものの犯行は否定する。

やがて、ズボンのシミと靴の擦り跡から検出された物質は、バナナ・ビールと真ちゅう磨きの成分であると判明し、事件の夜、プライス伍長がヤード・バーという店に立ち寄っていたことが明らかになる。プライス伍長は店でエリーという女性を探していたと言うが、彼女が誰なのか手がかりは掴めない。
マックは元海兵隊の経験から、犯人は2人で、1人目はすぐに倒したが2人目の不意打ちに遭い刺されたのではないかと推測する。そして、その推測どおり、怪我を負った人物をマークするうち、ある男の存在が浮上。結局、その男の妻ステイシーが、プライス伍長を刺したことが判明する。ステイシーは日頃から夫の暴力を受けており、その夜もセントラル・パークで夫に殴られていた。偶然そこに出くわしたプライス伍長は、ステイシーを助けようと夫を倒したが、逆に夫をかばう彼女に刺されてしまったのだ。
後に、エリーはプライス伍長の亡くなった戦友の恋人で、ヤード・バーで働くアレクサンドリアだったことが分かる。彼女に形見の腕時計を届けようとした帰り殺されてしまったプライス伍長だったが、腕時計は無事に“エリー”の元に渡ったのだった…。

一方、車の中から男女の見分けもつかないほど焦げた焼死体が見つかる。死体は臓器の形状から女性と判明。ホークスは身元を割り出すべく復顔を試みるが、再現された顔はなんとエイデンのものだった。それを知って愕然とするメンバーたち。犯人逮捕を強く誓い、捜査に挑む。
まず嫌疑がかけられたのは、焼けた車の所有者ライト。しかし彼は、車の窓ガラスに残されていた耳跡の主ではなかった。本人は浮気の最中に車を盗まれたと主張しており、後にその主張の裏付けが取れる。
事件の前週、エイデンは偶然会ったステラに、決着を付けたい問題があると話していた。その問題が何だったのか探ろうと考えたマックとステラはエイデンのアパートを捜索し、彼女がレイプ犯のD.J.プラットを追い続けていたことを知る。
犯人はプラットに間違いない。しかし、プラットは例によって犯行を否認。車から採取したペンキは、D.J.プラットが作業で使っていたペンキと一致するが、ごく一般的なもので証拠としては不十分だった。
ところが、エイデンが車の肘掛に残した噛み痕が、プラットの腕の噛み痕と一致し、車から採取した耳跡もプラットのものだと判明する。エイデンは命懸けでプラットに噛み付き、彼の耳を車の窓に押し付け、証拠となるよう肘掛にも自分の歯型を残したのだ。彼女の執念によって遂にプラットは逮捕された。

事件解決後、レストランのバーに集うマックたちメンバー。エイデンとの思い出を語りながら、彼女を偲んで酒を酌み交わすのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
フリート・ウィーク

アメリカ海軍(US Navy)の誕生を祝うイベントで、海軍に従事した人の名誉を称えるお祭りです。期間中は、マンハッタンの埠頭に各国の軍艦が停泊し、水兵、海軍などによるデモンストレーションなどが行われます。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「エイデンはプラットに殺されることを覚悟したんだろう。だから手がかりを。私なら気付くはずと…」 by マック

プラットに殺されることを覚悟しながら歯形を残したエイデン。恐怖の中にいても正義感を失わなかった彼女は尊敬に値します。そして、彼女の必死のサインを見抜いたマック。エイデンの死が無駄にならなくてよかった…。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
エイデンが殺されるなんて…

まさかエイデンがこんな形で再び登場することになるとは…。メンバーのショックはよっぽどのものだったに違いありません。エンディングで、笑いながらエイデンとの思い出を語り合うメンバーの姿に、精一杯彼女の死を悼む気持ちが表れていましたね。

2007.6.16|CSI:ニューヨーク2、エピソードガイド|コメント(18)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/15271474

この記事へのトラックバック一覧です: 6月16日(土) #23「勇気ある者」:

コメント

シーズン1からのエイデンファンだったので、こんな結果になろうとは・・・
ただでさえエイデンがクビになっちゃてガッカリしてたのに追い討ちです。

投稿: 水瓶座の人間 | 2007.06.17 00時08分

私が、NYを見始めたのが、1の最後
エイデンが辞める所からだったのです
・・・・そして、とうとうこんなことになるとは・・・
1からも見直していますが
・・・・
これからもNYチーム、がんばれーです

投稿: りこりん | 2007.06.17 00時33分

衝撃的な話しで、私の中では今シリーズでは一番印象に残る作品になりました。
エイデンの行動を無駄にはしたくないと躍起になるマックたち・・・他の話ではみることが無かった表情がたくさんあったと思います。

事件が解決した時には、感動して本当に泣きました。来週が第2シリーズ最終回とはまだ思いたくないくらいです。CSIニューヨークをこれからも見続けていきたいです。

投稿: ヒイラギユナ | 2007.06.17 01時00分

マック、エイデンのサインに気づいてくれてありがとう!
ところで、海ドラマニア兄イチローより、「6月のWOWOW MAGAZINE 映画解説P27とP29をチェックせよ!」との司令。何とそこには、あのホレ様とマックの姿が・・・。調査の結果、来週はニコラス・ケイジ特集。N・ケイジと共演するふたりを映画(「死の接吻」「スネーク・アイズ」)でチェックできるのだ。特に最近ご無沙汰のホレ様。12年前の主演映画「死の接吻」はかなり気になる。

投稿: uraura | 2007.06.17 17時02分

エイデンの死にショックし、来週が最終回だなんて
ショック倍増でした ゥワーン(ノTДT)ノ

正義が勝利したのですが
悲しくてなりません(-公- )

ブラッカイマー作品の大ファンのワタクシデスが
今回は、号泣でした。

投稿: farrell | 2007.06.17 17時14分

 ダニーの話もステラの話もショッキングでしたが、今回が1番ショッキングでした…。
 エイデンが殺されるのを覚悟で証拠を残した歯形…マックだったら気付くと信じてつけたと思うと…泣けてきます。

 ですが、ダニーがあそこまで怒るとは…マック以上にショックが大きかったかもしれなかったですね。シーズン1では、一緒に事件を解決していたし…。ラストでエイデンの事を語るシーンを見ていると、相手にされなかったんですね。

投稿: 緋神霧夏 | 2007.06.17 17時33分

衝撃的でした… 復顔しているときの緊張感といい、さすがはCSIです。
ますますCSI:NYが好きになりました★シリーズ中でもっともキャラクターの内面を掘り下げているのはNYだと思います!
ここ数回で、ダニー、ステラ、リンジーのことが明らかになったので、最終回でフラックやマックについてのエピソードがあることを期待しています♪

投稿: TTT | 2007.06.17 21時12分

ホークスが復顔作業をしている姿を見て
『そう言えばエイデンは復顔が得意だったな・・・』
ってエイデンを思い出していたら・・・
黒焦げの被害者がエイデンでした・・・。
あまりのショックに呆然としてしまいました。

でも、殺されると自分の運命を悟った瞬間
これまで証拠不十分で有罪に出来なかったプラットを
自分の死をもって有罪にしようと歯形を残したエイデンに感動しました。
悲しいけれど、正義感の強いエイデンらしい最期だったように思います。

投稿: あろあ | 2007.06.17 22時33分

 予告からの嫌な予感がしてましたが、エイデンが殺されるなんて、ショックでした。
 マックが歯形に気付いてくれた事が救いでした。

 今回、軍曹の件もマックの内面が見えた気がしました。
 微かにマックは明らかに憤っていました。
海兵隊時代の仲間意識を今も持ち続けているのですね。

 予告見ると、最終回も嫌な予感がします。
私は「あの人」が結構好きなので…

投稿: DRACHE | 2007.06.18 11時34分

勇気ある者
1人は痴話げんかとはいえ暴力を振るわれる女性を救ったにもかかわらず、その助けた女性に殺されてしまう。
そして、もう1人は正義を貫くためにわが身を犠牲にして嘗ての仲間を信じ命を落としたエイデン。
どちらもマックの信念で報われた。
どちらのエピソードも目頭が熱くなった。
そして、エイデンを偲ぶメンバーの乾杯
心の中で一緒に乾杯していたのは自分だけじゃないでしょうね
CSI:シリーズでメンバーが死ぬのはこれで2回目だったかなぁ 
どちらも女性ってとこが物悲しい
今回のは凄く思いいれがあるキャラクターだったから余計ショックでした。
出来れば、もう死んでほしくない・・・

来週がもう最終回かぁ
早く、CSI:NY3が始まらないかな~
楽しみに待つしかないですね

投稿: まっさ~ | 2007.06.18 13時31分

エイデンの残した証拠に気づいたマックはすごいなぁと改めて思いました。
それに怒りをあらわにするダニーに冷静になるようにいう場面にも驚かされました。
NYメンバーにとってつらい事件ばかりが続いて、見ている私も心が痛いです。
最終話もやはり大変なことになりそうですね…
最終話、気合いを入れてみないといけないですね。

投稿: ノア | 2007.06.18 13時52分

ここ数日、色々と忙しかったため、CSIで癒されようと思ってたのに....
    エイデンが死!!!!!?????
NYが来週で最終回!!!!!?????
 ダニーはエイデンの事が好きだった!!??
かなりのショックでした.......(/□\;)

投稿: 華連 | 2007.06.18 15時02分

エイデンもスピードルもロックウッドも素敵だったのに。
ドンちゃんは大丈夫なんでしょうね、ブラッカイマーさん。
ホレイショの奥さんは撃たれるし、ステラは恋人撃っちゃうし、ニックは虫と閉じ込められるし、カリーの場合は自らだし、マックはテロだし、キャサリンは男運ないままだし。
あ~来週が気になって仕方がないわ、CSI:シリーズ。

投稿: もこ | 2007.06.18 23時37分

エイデン、また出て欲しいな~と思っていたら、とんでもない事に!!衝撃的でした。でも、警察は辞めてもエイデンは仲間なんですね。ホロリ。
しかし、ダニーって、週末にエイデンの手料理を食べていた??彼女がいるのにリンジーともアヤシイし。やはり謎の人物です☆
来週で最終回なんて、またまたホロリ・・・

投稿: すみれママ | 2007.06.19 11時37分

伍長の胸元の勲章をスラスラと読み上げていくマックをあっけにとられた感じで見ていたダニー君が面白かった。元海兵隊の知識を存分に発揮したマックでした。
それにしても伍長の遺品から時計が預かり物だと気づき、盗難車の肘掛のエイデンの歯型から犯人の腕にも噛み傷があるとふんだマックの着眼点には脱帽します。
エイデン・・・専門だった復顔を自分がされる側になるとは何とも皮肉。
信念を持って犯人逮捕にかけた彼女の勇気に敬意を。そして、早すぎる彼女の死に哀悼を!
ダニー君、彼女のチキン料理は絶品!だって、そんなにお呼ばれしてたのか?・・でも、結局はふられたんだね。

投稿: rito-mas | 2007.06.20 00時21分

最近どのCSIシリーズも、目頭が熱くな場面が多いような気がするのは、私だけでしょうか・・・・・・

投稿: めかにっく | 2007.06.20 21時38分

エイデンの死はとても残念です。しかもあんな無残な姿で死んでしまうなんて!しかももう最終回。しっかりと見ようと思ってます。

投稿: きなこ | 2007.06.23 20時46分

いくら復顔が専門だったからって、いくら名字がBurnだからって、あんな展開、ひどすぎます。まだ若かったのに、変わり果てた姿になってしまって…。彼女の執念が犯人逮捕に結びついたことだけが唯一の救いでした。

投稿: yummy | 2007.06.24 16時49分

コメントを書く