CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 「CSI」オフィシャルガイドブックが発売されました

070519 CSIファン待望のオフィシャルガイドブックがついに登場!
ラスベガス、マイアミ、ニューヨーク、3つのCSI情報が満載の「教えて!CSI: 科学捜査班/マイアミ/ニューヨーク」が、本日日経BP社より発売されました。ぜひこのガイドブックを手に入れてさらに「CSI」をお楽しみください!
(オフィシャルブックの詳しい情報はこちらから)

なお、ブログにコメントをお寄せくださった方の中から抽選で10名様に、このガイドブックをプレゼントするスペシャル企画も実施中。コメントはプレゼントのお知らせのエントリーだけでなく全エントリーが対象となりますので、各エピソードの感想などぜひお気軽にコメントしてください。締切は5月31日(木)です!
6月1日(金)からはCSIグッズプレゼント第2弾も予定していますので、どうぞこちらもお楽しみに!

2007.5.19|お知らせ |コメント(13)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/15117511

この記事へのトラックバック一覧です: 「CSI」オフィシャルガイドブックが発売されました:

コメント

オフィシャルガイドブックをCSI検定の
よこのバナーからAmazonにいって
かなり早いうちに予約したのに・・・
来週の発送予定です。だって(TT)
週末ゆっくり見たかったのに~残念

投稿: mimi | 2007.05.19 21時03分

もうとにかくはまっています。

投稿: たかはし やすこ | 2007.05.24 16時51分

ガイドブックいいですね!!感激!!
気が付けばホレイショのことを
考えている時があります(笑)
中でもマイアミが
いっちばん好きなシリーズです。
もう繰り返し何度も見てます。
旦那もあきれ気味で。
だって好きなんだもん!!

投稿: ぎん | 2007.05.25 00時47分

ガイドブックがでたのですね。今まで断片的にしかみれてなかったので是非読んで話を整理したいと思ってま~す。

投稿: はらぼん | 2007.05.27 18時34分

CSIシリーズは大好きで、最初の回から欠かさず観ています。
どのシリーズも好きですが、
ベガスとニューヨークには実際に旅行で
行った事があるので、特に思い入れが強いです。なんといっても、45分という短い時間の
中で、あれだけハラハラドキドキさせるドラマは他にないと思います。
これからも応援していきます。

投稿: まゆりん | 2007.05.27 23時47分

「CSI」オフィシャルガイドブックを待ってましたよ。
「CSI:科学捜査班」開始からいっぺんにファンになりました。その後「CSI:マイアミ」「CSI:NY」と3つのシリーズを毎週見続けています。毎回違ったシチュエーションで、凝ったシナリオには感心させられています。
今回のガイドブックにはいろいろと知らないことが載っているようで楽しみにしています。

投稿: 西坂幸光 | 2007.05.29 15時47分

コラムを書いてくださってるlumiさんのコメントを読んで、一人で大笑いしちゃいました。だってわたしもCSIみながらおいしくご飯いただいてますから(笑)。

投稿: あずママ | 2007.05.29 17時00分

csiオフィシャルブックガイドプレゼント係

投稿: 西由紀子 | 2007.05.29 21時57分

やはり何と言ってもラスベガスcsiでしょう。メンバーそれぞれの人物造詣が深く、一人一人に思い入れがたっぷりなので、もう他人事とは思えません。なかでも、この仕事の為に生まれて来たようなグリッソム主任のペダンチックな発言にはいつもわくわくさせられます。次はどんな格言を口にしてみんなをけむに巻くのだろうかと。昆虫学に限らず彼は何事に対しても学究的視点から捉えようとし、その博学ぶりは他者の追随を許しません。事件に対する姿勢も、多のcsiとは違って感情をほとんど交えず、興味深い研究テーマに取り組む学者のそれです。難事件であればあるほど、あたかも新しいおもちゃを与えられた子供のように目を輝かせて、楽しみながら謎を解いてゆきます。ですから、事件解決迄の過程は、彼にとっては趣味と実益をかねた研究の時間であり、まさに天職に恵まれていると云えます。そのうえ仕事に対する真摯な情熱で結ばれている優秀な部下に囲まれて、これぞ理想の職場と、羨望を禁じ得ません。また彼自身も、まさに私の理想とする上司像です。ですから、CSILVを見ていると、仕事とは?上司とは?同僚とは?何ぞやと、つい思索的になってしまうのです。そこにはしばしば新しい発見があり、自然と自らの人生を重ね合わせてドラマと対比している自分に気付きます。
また、チームの他の面々も、一人一人が人間味にあふれ、それぞれが弱みをさらけ出す場面が盛り込まれており、感情移入せずにはいられません。

投稿: ニック | 2007.05.29 23時33分

どのシリーズも楽しみに見ています。それぞれ個性的な役者さんばかりなので、このガイドブックで詳しく知りたいと思っています。

投稿: sumire | 2007.05.30 05時12分

ベガスが一番のお気に入りですが、他のシリーズも大好きです。

ガイドブックもとても楽しみにしていて、ようやく手に出来たのですが、まだ読めてません(泣)  早くどっぷりとCSIの世界にはまれる日を夢見て、お仕事中です…

投稿: みよちん | 2007.05.31 10時03分

ガイドブック楽しく読みました♪
マイアミはまだ2までしか見てないんですが
4からブレンダンくんが出るってのが楽しみです(^。^)

投稿: みふぁ | 2007.06.03 20時31分

ガイドブック面白かった~~。
特に名セリフセレクションは大うけ
特にホレイショ・・・。マイアミは彼だけの名セリフで一杯ですね(笑)
グリッソムを演じるピーターセンさんのことを知りたかったので、詳しく経歴が載っていたので読んでて、さらにファンになりました!
写真が沢山載ってたら、もっとうれしかったかな^^
でも大満足のガイドブックでした~。

投稿: モグラん | 2007.06.05 12時52分

コメントを書く