CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 5月5日(土) #4「奇跡の星」

オリオン座流星群が輝く夜、砂漠に隣接する郊外の住宅に何者かが侵入し食料をあさる。気付いた住民が後を追って庭に出ると、男性の遺体を残して一斉に逃げ出す浮浪者のような集団の姿が。彼らの足跡を辿り燃えた車と軍の古い地下施設を見つけたグリッソムとキャサリンは、施設内の簡易ベッドで死んでいる男女11人の若者を発見する。周囲にはペットボトルと漏斗が落ちており、薬物を飲んで自殺を図ったものと思われた。ヘブンズ・ゲート事件に似たカルト教団の集団自殺のようだ。また、12人目のベッドは空いており、プラネタリウムのように装飾された教祖の部屋ももぬけの殻だった。

ウォリックは、住宅に残された靴跡は12人分でうち11人分が施設で自殺した遺体と一致することを突き止める。残りの1人は逃げたのか? 教祖の行方もいまだ不明である。
やがて、燃えた車のナンバーと免許証から、庭に捨てられた男性は旅行代理店に勤めるタイ・ベントリーと判明する。ブラスは代理店の責任者を訪ね、ベントリーにはエマという元恋人がいたことや、最後に接客した客ジョセフ・ダイアモンドと口論していたという事実をつかむ。この時ダイアモンドは、オーストラリア行きの片道航空券を買っていた。
また指紋を手がかりに、死んだ11人のうちの1人は大学生のマシュー・ディケンズと判明。キャンパスの友人の証言で、マシューはエマに勧誘されダイアモンドが率いる教団に染まっていったことが分かる。
一方、集団自殺の現場で見つかったボトルからウォッカと致死量のケタミン(即効性の全身麻酔薬)が検出され、ソフィアが液状のケタミンを常用する動物病院を当たる。グリッソムとキャサリンは砂漠で群れるコンドルを追い、遺棄されたBMWと殴り殺されたダイアモンドの死体を発見する。
FBIの情報によると、ダイアモンドは本名サイモン・プレスという詐欺師だった。彼はカルト教団を組織して若者を勧誘・隔離・洗脳し、心配する親から金を巻き上げていた。これまでは集団自殺に見せかけて若者に睡眠剤を飲ませ、眠っている間に金を持ち逃げしていたが、今回は若者たちを眠らせる前に殺されたことになる。
一方、信者の親が子どもに送った手紙が見つかり、11人の身元が割れる。遺体確認のため親たちをモルグへ呼ぶと、アビゲイルという少女の親だけが来ていないことが明らかになる。同じ頃、以前アビゲイルが勤めていた動物病院でケタミンが盗まれていたことが分かり、消えた1人がアビゲイルだと判明する。さらにタイヤレバーの指紋と施設で押収した漏斗の指紋が一致。ダイアモンド殺しもボトルにケタミンを混ぜたのもアビゲイルだったのだ。さっそくブラスたちは彼女の母親の家を訪ねるが、アビゲイルは逃走し、ケタミンを飲んで自殺を図る。しかし、保護された彼女は一命を取りとめる。
アビゲイルは、ダイヤモンドに恋して熱狂的な信者になったものの、彼が詐欺師と知りカッとなって殴り殺した。また、施設の場所を突き止め元恋人のエマを連れ戻しに来たベントリーは、エマに拒まれため警察に通報すると騒いだ。そのため、口を封じようとエレベーター・シャフトに突き落として殺害し、誰かに埋葬してもらえるようわざと人目につきやすい場所まで遺体を運んだのだ。そして施設に戻り、ドリンクにケタミンを混ぜ自殺を幇助。最後に自分も死ぬつもりだったが、怖気づいて母親の家に転がり込んだのだった。教えを信じていた他の信者の夢を守ろうとしたアビゲイルは、彼らがオリオン座流星群とともに天に昇ったと思い込み独りうらやむのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
ルクソールのピラミッド

ルクソールは多くの遺跡を有するエジプトの都市。しかし、キャサリンが言っていたルクソールは、ラスベガスにあるエジプトをテーマにしたホテルの名前。ピラミッド型の建物があり、キャサリンが見たのはこのピラミッドのことです。

ヘブンズ・ゲート事件
1997年3月、米カリフォルニア州サンディエゴ郊外で、カルト集団「ヘブンズ・ゲート」の信者および教祖のマーシャル・アップルホワイトら男女39人が、ヘールボップ彗星の到来とともに集団自殺を遂げた事件。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「もし宇宙のどこかの星で他の生命体が我々を見ているとしたら、人間とは関わりたくないと言うだろう」 by グリッソム

グリッソムの決めゼリフは、いつもどこか格言めいていて知的。静かにずっしり響きます。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
ウォリックの奥様初登場!

電撃結婚で周囲を驚かせたウォリック。そのお相手ティーナがついに登場! なかなかの美人、しかもお医者様ときた! 彼女を見たらキャサリンはどう思うかしら…。

2007.5. 5|CSI:6 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/14927695

この記事へのトラックバック一覧です: 5月5日(土) #4「奇跡の星」:

コメント

ティーナはnurseでは?

投稿: schlecht | 2007.05.09 21時23分

コメントを書く